モナリザ モナ と は 何 の こと。 太る原因になるモナリザ症候群とは?その症状と改善方法

モナ・リザ

モナリザ モナ と は 何 の こと

レオナルド・ダ・ヴィンチによって描かれた「モナ・リザ」で謎めいた笑みを浮かべる女性は、旧家であるゲラルディーニ家の女性、リザ・デル・ジョコンドだといわれています。 Mayo Clinic Proceedingsで医師が発表した内容によると、モナ・リザの謎めいた雰囲気は、甲状腺機能低下症によるものだという可能性があるとのこと。 mayoclinicproceedings. livescience. html ダ・ヴィンチは、ゲラルディーニ家のフランチェスコ・デル・ジョコンドが出産を終えた妻の絵を描いて欲しいと依頼したことを受けて、1503年ごろからモナ・リザを描き始めました。 過去にも、絵のモデルであるリザは遺伝性疾患の1つである家族性高コレステロール血症を患っていたのではないか?と考える論文が発表されたことがありました。 モナ・リザに見られる皮膚疾患や右手の肥大といった症状は家族性高コレステロール血症の症状の1つです。 しかし、歴史上、リザは63歳まで生きていたと考えられており、当時の限られた治療では家族性高コレステロール血症の患者が高齢まで生きられたとは考えられにくいことから、論文の著者である心臓専門医のMandeep Mehra氏と共著者のHilary Campbell氏は別の可能性を考えました。 2人の研究者が示した可能性は、リザが甲状腺機能低下症だったということ。 甲状腺機能低下症は甲状腺ホルモンの分泌量が不十分になり、代謝に影響を与えるもので、疲労・体重増加・肌の乾燥・筋力低下・関節の痛みや腫れ・髪の量の減少・高脂血症といった症状が現れます。 また、肌が黄色くなったり、甲状腺腫、甲状腺の肥大がみられることも。 モナ・リザで描かれている女性は肌が黄みがかっており、髪は生え際が後退し薄くなっていて、眉が消え、喉が肥大しています。 これらの症状は甲状腺機能低下症のものと一致します。 また、絵が描き始められる数カ月前にリザは出産を終えていますが、出産は甲状腺機能低下の原因となり得るとのこと。 満面の笑みではなく、薄いほほ笑みを浮かべているのも、筋力低下や運動能力の低下によるものの可能性があると、研究者はみています。 もちろん、実際にリザが甲状腺機能低下症だったのかどうかを知ることはできません。 肌が黄みがかっているのは、絵の劣化が理由である可能性もあります。 ダ・ヴィンチは実験的な絵画技法「スフマート」を作り出したといわれており、ほほ笑みはスフマートが作り出した陰影の結果ともいわれています。 「我々の理論は妥当性のある多数の説明の1つであり、それぞれの理論は個人的・集団的バイアスがあることを認めなければいけない」と研究者は述べました。 外部サイト.

次の

モナ・リザは誰がモデルなのか?ダ・ヴィンチが生涯絵を手放さなかった理由、瞳と背景にある文字の意味│赤い空

モナリザ モナ と は 何 の こと

モナリザのモデルは誰? モナ・リザのモデルが誰であったのかはわかっていない。 初めこの絵は「ヴェールをかぶったフィレンツェの娼婦」と呼ばれていた。 ヴァザーリは、モナリザのモデルは、フィレンツェの富豪フランチェスコ・デル・ジョコンドの妻であると記している。 この他にも、ナポリ公妃コスタンツァ・ダヴァロス、ミラノ公妃イサベラ・ダラゴーナ、侯爵夫人イザベラ・デステなどの人物が、モナリザのモデルの可能性を指摘されることがあるが、いずれも確証はないようだ。 元々は男性の絵?ダヴィンチ本人? モナ・リザのモデルを巡る憶測は止まる所を知らない。 この絵はフランチェスコ・デル・ジョコンドという男性の肖像画であるという議論や、「モナ・リザはダ・ヴィンチの自画像である」と発表する研究者まで登場する混乱振りだ。 結局、現在まで500年以上モデルが確定していないこと自体が一つのミステリーでもあり、その神秘性がモナ・リザの魅力を高めている大きな要素の一つなのだろう。 追記 2008年1月 モナリザのモデルは商人の妻だった?! 2008年1月中旬、名画「モナリザ」のモデルについて、ドイツのハイデルベルク大学図書館から重要な発表がなされた。 発表によれば、「モナリザ」のモデルは、フィレンツェの富豪フランチェスコ・デル・ジョコンドの妻リザ・デル・ジョコンドであるとのこと。 この発見により、諸説入り乱れてきたモデル論争に終止符が打たれるのかどうか、今後の動向を見守りたい。 関連ページ 『最後の晩餐』、『モナ・リザ』などの絵画のみならず、彫刻、建築、数学天文学など様々な分野で研究を残した万能の天才。 ゴッホ、ピカソ、ルーベンス、フェルメールなど、世界的に有名な画家による絵画・美術作品の解説.

次の

モナリザの謎と秘密まとめ!レオナルドダヴィンチの名画に関する不思議

モナリザ モナ と は 何 の こと

<そもそもモナリザ症候群てナニ?病気なの?> 「モナリザ症候群」とは「Most Obesity kNown Are Low In Sympathetic Activity」の頭文字を取ってつけられた言葉で、 「肥満者の大多数は交感神経の働きが衰えている」という意味です。 モナリザ症候群は病気ではなく、いわゆる衰えの一つと考えられ、1991年にアメリカのジョージ=ブレイ教授が大規模な調査に基づき交感神経が肥満に関係していることをつきとめました。 そしてこの 交感神経の働きが鈍くなって太りやすくなってしまう状態のことをモナリザ症候群と呼びます。 医学が進んでさらに肥満のメカニズムが明らかになり、現在では 交感神経の働きが代謝を悪くし肥満の原因になってしまうことは間違いないとされています。 モナリザ症候群になりやすい人、回避する方法 モナリザ症候群の何が怖いかって、それは「それほど 食べていないのに太る、もしくは痩せられない」ということです。 最近なんだかお腹が出てきたと、 漠然と年齢のせいにしがちですが、じつはモナリザ症候群の可能性が高いのです。 モナリザ症候群になりやすいのは、 『不規則な生活』や『過度のストレス』を抱えている人です。 どちらも 自律神経(活動のための交感神経と休息のための副交感神経)の活動バランスを乱してしまうからです。 <モナリザ症候群を回避するには自律神経を整えることが大事>• 毎朝10分程度、日光を浴びる• 規則正しい生活をする• ストレッチなど適度な運動をする• アルコールを控える モナリザ症候群の3割は自分で治すことができない モナリザ症候群に関しては他のサイトでも説明されているとおり一般的によく知られた話です。 その一つがモナリザ症候群の2〜3割の人は たとえ生活習慣を見直しても治らないということです。 少食なのに太っていたり、それこそお茶碗一杯のご飯でも太ってしまう人が実際に存在し、その原因が食生活や生活習慣とはまったく無関係の場合があるということです。 脳重量のわずか0. 直接脳に働きかけることで改善される可能性がある! 脳の視床下部から分泌されるホルモンを促すことで交感神経が活発になることがわかったので、そこに働きかけることで 太りにくく痩せやすい体質に改善することができるというわけです。 ニキビケア・毛穴ケア• シワ・たるみ改善• フェイシャル• アンチエイジング ( 1店舗) 都内最高のハンドマッサージ体験! ハンドマッサージ技術の素晴らしさと気持ちのいい接客に感動! 体験コース料金: ¥3240〜 体験コース所要時間:7 0分 体験できるコース内容• ボディ• ヘッドスパ• フェイシャル• フェイシャル•

次の