もう 行か ない で よね 歌詞。 想いあい

想いあい

もう 行か ない で よね 歌詞

おなじ話 作詞 佐藤良成 作曲 佐藤良成 唄 ハンバートハンバート どこにいるの? 窓のそばにいるよ 何をしてるの? 何にもしてないよ そばにおいでよ 今行くから待って 話をしよう いいよ、まず君から どこにいるの? 君のそばにいるよ 何を見てるの? 君のこと見てるよ どこへ行くの? どこへも行かないよ ・・・・・・ ずっとそばにいるよ それから 僕も君を見つめ それから いつもおなじ話 どこにいるの? となりの部屋にいるよ 何をしてるの? All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。 ハンバートハンバートさん『おなじ話』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 ハンバートハンバートさん『おなじ話』の歌詞 オナジハナシ words by サトウリョウセイ music by サトウリョウセイ Performed by ハンバートハンバート.

次の

the shes gone 想いあい 歌詞

もう 行か ない で よね 歌詞

ひとりぼっち 誰ひとり いなくなった この街で コメント• 新曲来たーっ! -- 夜弥 2017-04-22 06:11:15• サビがめっちゃなんかジーンってくる… -- くろ 2017-04-22 19:08:20• 神 -- 名無しさん 2017-04-23 14:06:39• 仕事が早いww乙です!40さん自体が神www -- るか 2017-04-23 18:23:37• 超共感!良い曲ですね! -- 名無しさん 2017-04-24 19:00:05• 初めと終わりの「ひとりぼっち 誰ひとり いなくなった この街で」って2種類の捉え方ができる…さすが40mp様! -- コロ山コロ 2017-04-25 17:06:09• はじめて聴いたとき泣きそうになった T-t -- けいた 2017-05-11 21:21:33• 神っすなあ、、、いいわ -- 名無しさん 2017-06-28 18:38:55• いい曲だな。。 -- 名無しさん 2017-11-01 21:44:46• 明るいメロディーの中に哀愁があって、寂しい切ない曲だ... -- 山田美妙 2020-05-10 13:41:24• もしかしてトリノコシティの続編? -- 名無しさん 2020-06-05 22:31:57.

次の

ひとりぼっちのひとりごと

もう 行か ない で よね 歌詞

先日、こんな歌を見付けた。 西島三重子の「もう森へなんか行かない」という歌である。 なお歌詞は、聞きながらのメモなので、正確ではない。 (一部聞き取れない・・・) <西島三重子の「もう森へなんか行かない」> 「もう森へなんか行かない」 作詞・作曲:Guy A. Bontempelli 訳詞:西島三重子 今日 季節が 変わるように 青春が 行ってしまう 夏の草を 刈り取るように 時の流れが 連れて行くの 思い出して あの日のこと 私たちは 森へ行った 花を摘んで 口笛を吹き 夢を見ては 語りあった もう森へは 行きはしない 夢見ていた 少女の日は 森の中に 忘れ去られた 秘密の歌 夢の呪文 夜 とばりが 降りるように 青春は 去っていった 音もたてず 私の髪に 密やかに ヴェールをかけて いつの間にか 忘れていた あなたの名も あの歌さえ 帰る道も 雨に消されて 風の音に 振り向くだけ もう森へは 行きはしない 過ぎた時を 追いはしない ただ 意味なく 笑った日々は 退屈には 余りあるけど ()によると 「「もう森へなんか行かないMa jeunesse fout l'camp」は、フランスのシンガー・ソングライター、ギイ・ボンタンペッリGuy Bontempelliの作詞・作曲です。 彼の作った曲は、ジュリエット・グレコ、ダリダ、ニコレッタ、バルドーほか多くの歌手に歌われています。 フランソワーズ・アルディがこの曲を歌ったのは、1967年。 TBS系列で放送された山田太一脚本のドラマ「沿線地図」で挿入歌として使われて、日本でも有名になりました。 ジャン=クロード・パスカルJean-Claude Pascalものちに歌っています。 原題は「私の青春は逃げて行く」という意味で、「もう森へなんか行かない」というのは、歌詞に含まれるフレーズ。 あまりにも知られているので、この題名のままにします。 ・・・」 だそうだ・・・ この歌は、聞いていると同じようなフレーズが繰り返され、何とも不思議な雰囲気・・・。 1967年発売の作品である。 <フランソワーズ・アルディの「もう森へなんか行かない」> 雰囲気がほとんど同じ・・・。 でもなぜこの歌が気になったのか・・・。 旋律が実に日本的ではないか? 毎回言っているが、これら自分の知らない歌を発掘するのが、FM放送受信の醍醐味である。

次の