仁王 2 武器 熟練 度。 【仁王2】激強銃ビルドの作り方!銃と大砲だけで戦い続けられる!|くろせる戦記

【仁王2】激強銃ビルドの作り方!銃と大砲だけで戦い続けられる!|くろせる戦記

仁王 2 武器 熟練 度

熟練度は その武器や術アイテムを使用して戦う事で上がっていき、ゲージがMAXまで貯まるとレベルがアップしてスキル値を獲得できます。 また、各修行ミッションでは熟練度が一定値まで達している事が条件になっています。 武器の奥義ミッション:各武器毎に熟練度120000 忍術の奥義ミッション:忍術熟練度200000 陰陽術の奥義ミッション:陰陽術熟練度250000 本編攻略の際にメインで使用している武器は奥義ミッションが発生している頃には熟練度が18万に到達していると思いますが、使用していない武器は熟練度が足りずに奥義ミッションを受ける事はできません。 更に本作は 各武器の奥義スキルを習得する事でそれぞれトロフィーが存在するので、トロコンを目指す方は全ての武器で熟練度を上げる事になると思います。 ちなみに武器熟練度の最大値は50万でレベル30です。 このミッションは漆黒のサムライを倒すだけの簡単なもので、漆黒のサムライはかなり弱いので苦戦する事なく倒せると思います。 最初に結界符、昂妖符、浄纏符を使用 2. 漆黒のサムライに封気符と遅鈍符を使用 3. 下段や中段構えで攻撃(気力へのダメージが大きい攻撃を連発) 敵が守護霊を召喚したら一定時間敵が怯まなくなるので注意 4. 猛タイプの特技も使用しながら敵の気力を0にして組み討ち 5. また、効率を重視する場合は敵の体力がギリギリになるor気力全快で組み討ちができなくなったらわざと落命して再スタートした方が早いです。 ちなみに、私は既に忍術熟練度が50万以上だったので熟練度上げはしていませんが、忍術の術アイテムで倒せば忍術熟練度上げにも利用できます。 関連記事はコチラ 以上で『仁王2』の熟練度上げについてを終わります。

次の

【仁王2】 攻略 武器の熟練度稼ぎ 2分30秒で約9000稼ぐ方法(更新あり)

仁王 2 武器 熟練 度

【仁王2 攻略】効率の良い武器の熟練度稼ぎ。 但し、この奥義を取得する為の修行ミッションを受けるには、熟練度が18万も必要で通常プレイではとても行えない。 効率よく行おう。 3分8000=約1時間で18万行けます。 (この方法で『巻物』『符』を使う事で、『忍術』『陰陽術』の熟練度も増やせます。 ) 【やり方】 薄明篇のメインミッションである『衝天の魔』のボス『ダイダラボッチ』を倒す。 【ダイダラボッチ狩り予備知識】 予備知識として、熟練度は相手に与えたダメージが大きいほど溜まりが早い。 なので2周目(神器)を使うと良い。 また、ボス戦では守護霊が自動回収されるので失敗の心配は無し。 【ダイダラボッチ狩り:実践の流れ】 まず、『ダイダラボッチ』は、『ダイダラボッチ』の爪を破壊する事で気力を削って倒していく事になっている。 そして、この爪は片手で『5本』ある。 (なんとそれぞれにダメージ判定!攻撃が当たる場所が5個もあるので、一撃の合計ダメージが5倍(武器の熟練度の上昇スピードが5倍)。 ) 攻撃が当たった分だけ熟練度が上がるので、通常のボスの5倍速で熟練度を上げる事が可能! とにかく爪を破壊しまくれば熟練度は『5倍速』で上がる。 更に、ダイダラボッチのミッションは、ボスに到達するまでに時間がかかるが、ダイダラボッチを倒さずに自殺ルーラで社に戻ると再戦可能! 従って、ダイダラボッチとの戦闘だけ周回可能。 更に効率は上がる。

次の

【仁王2】レベル上限(カンスト)の仕様|必要アムリタ量

仁王 2 武器 熟練 度

術スキル値上げは一部アイテムでも可能 忍者・陰陽スキルはそれぞれ 『遺髪』という特殊なアイテムを使うとでスキル値を上げられる。 遺髪アイテムは、ミッションで入手することができるが、1度入手したら再度同じミッションで入手はできない。 入手しているかは、ミッション選択画面でR1を押して確認しよう。 半妖スキル値は魂代で上げる 半妖スキル値は熟練度ではなく「常世の残思」を溜めることでスキル値が増加する。 この 常世の残思は「魂代」を入手する 拾って社まで か、魂代供養を行うことで溜めることが可能だ。 常世払い・妖怪化では溜まらないので注意。 熟練度の効率的な稼ぎ方 武器スキル値上げは攻撃するのみ 各武器スキルはひたすら敵にダメージを与えていくのみです。 ただし、 ダメージが高ければ高いほど熟練度も稼げるようになっているため、熟練度を稼ぐ際は、その武器の補正に極振りし、敵を倒していくのがおすすめだ。 例えば忍術の場合、手裏剣よりもクナイでダメージを出した方が効率的ということだ。 忍・呪に極振りすると超効率的 術の威力や術容量が上昇する 「忍」「呪」に極振りすれば、当然術ダメージや術仕度でセットできる術が増える。 「六道輪廻の書」が余っているのであれば、術スキル値上げや熟練度稼ぎのために使うのが良い。 忍術・陰陽に関しては1周でかなり稼ぐことが可能だ。 武器スキルに関しては、通常のミッションを進行させるのが手っ取り早いと感じる。 御前仕合での熟練度稼ぎ方法 「御前仕合」が始まると目の前に「漆黒のサムライ」がいるため、装備した術を連発し、敵のHPがギリギリになるまで攻撃したらダメージをあえて受けて落命しよう。

次の