阿川 佐和子。 阿川佐和子の現在と若い頃の比較画像に驚愕!カップはEで昔は?

阿川佐和子さんのセルフカットのきっかけと自宅で髪をカットするコツあれこれ

阿川 佐和子

このたび、5月の始めにわたくし、阿川佐和子は63歳にしてようやく結婚いたしました。 その件について、週刊文春5月18日号にて報告させていただきました。 こんな高齢者の結婚を、わざわざマスコミの皆様にお伝えするような事柄とも思えませんが、普段、各界の著名なかたがたにインタビューをする立場上、まして週刊文春では「阿川佐和子のこの人に会いたい」にてゲストに根掘り葉掘り聞き出す対談連載を25年間も続けている身として、自分のことは「聞かないで!」と拒否するわけにはいくまいと覚悟を決め、無謀ながら文春砲の本拠地にて書かせていただきました。 些末なことと恐縮しつつ、ここに報告させていただきます。 相手は69歳の一般人で、バツイチです。 もはや定年退職した隠居の年齢ではありますが、幸いにして、まだ細々と教育関係の仕事を続けております。 残念ながら父は2年前に他界しているので正式な報告はできませんでしたが、もの忘れが進み始めた母や、兄弟、親戚、母の世話をしてくれているご夫婦など、ごく身近な人間には紹介し、入籍の報告をいたしました。 母はとうの昔に娘の結婚については諦めていたようで、今回のことを伝えると、「え?サワコが結婚するの?誰と?どうして?」と、かなりの驚きよう。 でもまもなく忘れるらしく、弟が、「さあ、サワコの結婚相手との食事会に出かけるよ」と言うと、「え?サワコが結婚するの?誰と?どうして?」を繰り返す始末。 いまだに会うたび、同じやりとりを続けております。 もはや母の頭の抽斗からは「娘が結婚する」という一大事業が完全削除されているらしく、今後も定着することはなさそうです。 こうなったら毎回、驚いてもらうしかありません。 相手を家族に紹介するための小さな食事会は執り行いましたが、それ以上、挙式や披露宴、パーティなどはいっさい予定しておりません。 まだ双方の親の介護もありますし、喫緊の仕事が詰まっている現状もあり、とりあえずは区役所に届けるという経験をしたことだけで、しみじみと実感しているところです。 実際問題、姓が変わるということは、パスポートも免許証も銀行口座も実印も保険証も、こんなにたくさん書き換え事業があると知り、あたふたするばかりで、まだその作業も終わっていない状況です。 苗字を変えるのは、面倒なものなのですね。 この歳になるまで知らなかったです。 今後はできることなら、互いの健康を気遣いつつ(これが何よりのテーマです)、足腰が丈夫なうちにできるだけたくさん好きなゴルフをし、おいしいものを「おいしいね」といい合い、くだらないことに笑い合って、ときどき言い争いつつ、穏やかに老後を過ごしていければ幸いかと存じます。 そんな阿川佐和子さんが2018年5月13日放送のバラエティ番組『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に出演。 結婚生活について明かしました。 番組では、冒頭から阿川佐和子さんの結婚の話に。 番組MCのくりぃむしちゅー・上田晋也さんから「生活は変わりましたか?」と質問をされると「楽になった」とコメントし、笑顔を見せます。 それでも、少しはぶつかることもあるそうで、阿川佐和子さんはこのように明かしました。 ちょこちょこありますよ。 例えば私は黒コショウが好きなのにあちらは白コショウが好きで。 朝ご飯を作る時に、「目玉焼き作る?」っていったら「うん」ていわれて目玉焼きを作ると、私はフタをして上を白くするのが好きなのに、相手は「白くするのが嫌いだ」っていうし。 なんかちっちゃいことがちょくちょくあって、段々集まってきて「何が気があって結婚したんだ!」って。 ーより引用 そんなことを思ってしまったという阿川佐和子さん。 ほかにも、皿を洗う順番が違うことなど、小さなすれ違いがあるといいます。 しかし、夫はそういった価値観の違いについて「いいじゃない。 趣味が倍になって」といったそうで、それを聞いた阿川佐和子さんはハッとなったそう。 「個室に本棚を持ち込み、父は文庫本を読んで過ごしていたんですが、私と母が見舞いに行くと、"おお、来たか"と顔をほころばせてね。 真っ先に口にするのが、"お前は大丈夫か"という母への気遣いなの。 帰り際、母の手を握って離さないこともありました。 癇癪(かんしゃく)持ちで、気難しい父だから、母も苦労したけど、父は母のことがこんなにも好きだったのかと驚きました」 ーより引用 阿川佐和子 母の介護について語る 阿川佐和子さんの母は、2012年ごろから認知症の兆候が見え始め、現在では介護が必要な状態だといいます。 日々、仕事と介護に追われる生活を送る中、阿川佐和子さんはいくつか介護をテーマにした本を執筆。 2018年6月に出版された『看る力』で明かされた持論は、多くの人を驚かせ、また共感を呼びました。 ・好物はノドにつまらない ・赤ちゃん言葉は使わない ・バカにしない、怒らない、とがめない ・介護は長期戦と心得よ ・後ろめたさをもつ ・認知症でも愛情は伝わる ・孤独死の何が悪い ・施設に預けるのは親不孝ではない ・定年後の夫は新入社員と思え ・夫源病にご用心 ・恋は長寿の万能薬 ・老人に過労死なし ・そこで働く人を見て施設を選ぶ ーより引用 そんな阿川佐和子さんが2018年10月20日放送のラジオ番組『Dream Heart』(TOKYO FM)に出演。 母とのエピソードを明かしました。 この日、ゲスト出演した阿川佐和子さんは、番組のパーソナリティである茂木健一郎さんとトークを展開。 同年9月に出版された阿川佐和子さんの著書『ことことこーこ』についての話題になります。 『ことことこーこ』は、離婚をきっかけに実家に帰ってきた40代の女性が、仕事と認知症の母の介護との両立に奮闘するという内容の小説です。 阿川佐和子さんは、自身の境遇にリンクするこの小説を書くにあたっての想いを語りました。 介護のことを考えると、ただひたすら暗い、つらい。 自分が書いても読んでもつらいっていうふうになるのがいやだから、なんとか明るい介護小説が書けないかなって思って。 母が、性格が基本的に明るいんです。 その母を見ていると笑っちゃうことが多いので、こういうエピソードをつなげて。 本当は暗いんだけれども、楽しいものも時々あるよっていうのが伝わるような小説を書いてみたいなっていうのが、1つの起因ではありました。 ーより引用 つらくて暗い介護を、どうにか明るい気持ちに持っていけないかと思い、『ことことこーこ』を書いたという阿川佐和子さん。 実際、阿川佐和子さんのお母さんが明るいこともあって楽しい時もあるといい、1つのエピソードを明かしました。 ある日、お母さんが「これがおいしい」といったオクラの名前を、1分後には忘れてしまうということを何度か繰り返した後、阿川佐和子さんは思わず「どうしてそんなに忘れちゃうの?」と聞いてしまったそう。 するとお母さんは少しすねてしまったといい「私だって覚えていることはあるもん」といったそう。 そして阿川佐和子さんが「何を覚えてるの?」と尋ねると、お母さんは「んー、いま、何を覚えているかを忘れちゃった」と答えたといいます。 阿川佐和子さんはお母さんの反応に「すごい切り返しだ」と感心してしまったといい、「母は幸いなことに、本来持っていた、末っ子の素直な性格と明るい性格が物忘れしていても出ているから」と、その明るい性格に救われていることを明かしていました。 阿川佐和子の現在・これからは 阿川佐和子さんは現在、トーク番組『サワコの朝』(TBSテレビ系)でMCを務め、バラエティ番組『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)で進行役を務めるなど、多くのレギュラー番組を持っています。

次の

阿川佐和子の現在と若い頃の比較画像に驚愕!カップはEで昔は?

阿川 佐和子

経歴 [ ] の長女としてに誕生。 幼少期(2歳)の1年間はの伯母宅で育った のち、東京の、へと移る。 、西洋史学科卒業。 卒業後は職人を目指し、その過程で様々なアルバイトを経験。 、『』でリポーターを務め、より『』のアシスタントを務める。 からは『』のキャスターを務める。 にへ渡り、帰国後は『』のキャスターとなる。 硬派な報道番組に出演し続けていたため「報道キャスター」のイメージが強かったが、『』の進行役でやを筆頭に、などの強烈な共演者に臆することなく適度にツッコミを入れつつ進行に徹する姿がうけ、タレント性の才能も引き出される。 、エッセイ『聞く力』()を上梓 (同書は発表の「2012年年間ベストセラー」総合1位を記録し、 「2013年年間ベストセラー」においても総合3位を記録した )。 3月15日には、の4代目村長に就任し、初の女性村長となる。 とは同じ大学出身、かつ父親が有名作家同士であるなど共通点が多いために親密であり、共著も多くCMでも共演している。 に元・大学教授とのを提出、結婚したことが報道された。 男性の離婚を待った末の結婚であったため、一部で物議を醸した。 エピソード [ ] 自身の名前の由来 [ ] 「佐和子」という名前を名づけたのは父・弘之であるが、これは阿川家とは縁もゆかりもない「南佐和子」という女性の墓石から父が勝手に取ったものである。 これは、兄・尚之の出生時、父が(なぜか)女の名前しか用意しておらず、男児誕生のしらせを受けて病院へ向かう道すがら、偶然通りかかった立山墓地(の飛び地)の墓石の「南尚之」という文字が目に入り、この名前を拝借して尚之と名付けたため、次に生まれた佐和子も、同じ南家の墓石から名付けられた [ ]。 阪田寛夫一家との交流 [ ] 童謡「」などで知られると阿川弘之は友人関係にあり、 娘の内藤啓子やとは幼馴染で、鷺宮の同じ団地の阪田家にはしょっちゅう上がり込んでいた。 ある日、坂田に「お宅(阿川家)のかつお節弁当の作り方わかる?」と尋ねられ、楽曲制作のヒントを求めていると感づいた阿川は「みんなのうた」用の楽曲として制作されることを期待して詳しく説明をした。 そのアイデアは後年、作曲の合唱組曲「遠足」の第3曲「おべんとう」として発表された。 新幹線のぞみ号の名付け親 [ ] の名付け親である。 新型新幹線の名称決定委員に任命された際、鉄道好きの父・弘之から「日本国鉄の列車の名前は歴代すべてでつけられてきた」とのアドバイスを受ける。 候補に挙がった名前で大和言葉は「つばめ」しかなく、委員会の終盤に父の言葉とともに、最有力候補となっていた「希望(きぼう)」を大和言葉にすると「のぞみ」になることを述べ、最終的にこれが採用されることとなった。 TVタックル [ ] 過去の相手の何人かはとなっており、番組で再会することもしばしばある [ ]。 幻の『男女7人夏物語』出演 [ ] (25年)6月22日にフジテレビで放送(関西テレビでは6月15日に放送)された『』にゲストとして出演した阿川が語ったところによると、が主演したドラマ『』で主要登場人物7人のうちの1人を俳優以外から選ぶ方針があり、その人選の中で阿川もまた出演者の候補として挙げられていた。 しかし放送当時、阿川は報道系番組『情報デスクToday』に出演していたこともあり、事務所が阿川本人に無断で出演の話を断ってしまい、後にその事実を知らされた阿川は幻のドラマ出演をとても残念がった。 なお、その役はがつとめた。 受賞歴 [ ]• (11年) - 『ああ言えばこう食う』(との共著)でを受賞。 小説『ウメ子』でを受賞。 (平成20年) - 『婚約のあとで』でを受賞。 (平成26年) - を受賞。 家族・親族 [ ] 阿川家 詳細は「」を参照• 祖父・ ()• 祖母・ キミ(、・商・の娘)• 父・ (作家)• 兄・ (法学者)• 弟2人(生と生 母方の祖父が(建築家) 出演 [ ] テレビ [ ] 放送中• (、1998年2月 - ) - 進行レギュラー• (、 - 2009年10月)• (、2009年 - )• (・系列、2011年10月1日 - ) - MC• (TBS、1981年9月28日 - 1990年3月30日) - リポーター• (TBS、1983年10月 - 1989年9月) - アシスタント• (TBS、1989年10月 - 1991年3月) - サブキャスター• (TBS、1992年10月 - 1994年9月) - キャスター• (BSフジ、2004年4月 - 2007年2月)• (・、2005年10月2日 - 2007年3月25日) - MC• 阿川佐和子のゴルフ友遊録(、2007年10月6日 - 2008年3月29日)• 火曜日「第(2)ニッポン国・独立宣言」(、2007年12月3日 - 2009年4月2日)• (テレビ朝日、2016年10月3日 - 2017年2月13日)- レギュラー• 阿川佐和子&檀ふみの京都1泊2日懐かしレトロ旅(テレビ朝日、2014年7月20日)- 旅人• 長嶋茂雄の真実~父と娘の40年物語~(TBS、2015年1月3日)- MC• (、2007年5月7日 - 2015年3月23日 月曜日担当 )• (系列、2007年10月 - ) - 毎月第一日曜日• (、2010年4月) - 脚本担当• 「ミッドナイトトーク」(2011年度、奇数月月曜日コメンテーター) 通常は2年ごとにコメンテーターが更新されるが、2012年度は親友のに引き継ぐ。 阿川佐和子「え? そこまで言うの? 」(、ほか) CM [ ]• 新サンテドウ() テレビドラマ [ ]• (1983年1月2日、テレビ東京)• (2016年、NHK) - 沢静子 役• (2017年10月15日 - 12月24日、TBS) - 正岡あけみ 役• (2018年7月14日 - 9月14日、TBS) - 蒲生駒子 役• 第46作(2019年)• 第47作(2020年)• (2019年7月26日 - 9月13日、テレビ朝日) - 庄野ねじこ 役 映画 [ ]• (2000年)• ローレライ(2005年)• (2014年) 著書 [ ] エッセイ [ ]• 『笑ってケツカッチン』、1988年 のち文庫• 『走って、ころんで、さあ大変』、1990年 のち文庫• 『ときどき起きてうたた寝し』文藝春秋、1991年 のち文庫• 『メダカの花嫁学校』、1991年 のち• 『あんな作家、こんな作家、どんな作家』 1992年 のち文庫、ちくま文庫• 『その場しのぎの英会話 カタコトでも一年間住んじゃった』 カッパ・ホームス 1993年 のち知恵の森文庫• 『きりきりかんかん』文藝春秋、1993年 のち文庫• 『どうにかこうにかワシントン』文藝春秋、1994年 のち文庫• 『お見合いバンザイ…!? 『おいしいおしゃべり』、1996年 のち• 『無意識過剰』文藝春秋、1998年 のち文庫• 『旅の素 さわこのこわさ』 1999年 「タタタタ旅の素」文春文庫• 『今さらながらの和食修業』 1999年 のちbe文庫• 『いつもひとりで』、2000年 のち文春文庫• 『いい歳旅立ち』講談社、2002年 のち文庫• 『もしかして愛だった』大和書房、2002年 のち文春文庫• 『トゲトゲの気持ち』、2003年 のち文庫• 『サワコの和』 2004年 のち文庫• 『オドオドの頃を過ぎても』、2004年 のち文庫• 『空耳アワワ』中央公論新社 2005年 のち文庫• 『グダグダの種』大和書房 2007年 のち文庫• 『残るは食欲』 2008年 のち• 『魔女のスープ 残るは食欲 2』マガジンハウス 2010年 のち新潮文庫• 『娘の味 残るは食欲 3』マガジンハウス 2012年 のち新潮文庫• 『叱られる力 聞く力 2』文春新書 2014年• 『サワコの朝』大和書房 2015年• 『アガワ随筆傑作選』文春文庫「聞く力」文庫 2015年• 『強父論』文藝春秋 2016年 小説 [ ]• 『ウメ子』、1999年 のち文庫(第15回)• 『恋する音楽小説』講談社、2001年 のち文庫• 『マチルデの肖像 〜恋する音楽小説2〜』講談社、2003年 のち文庫• 『』講談社、2003年 のち文庫• 『スープ・オペラ』新潮社、2005年 のち文庫• 『婚約のあとで』新潮社、2008年 のち文庫(第15回)• 『ギョットちゃんの冒険』編 大和書房 2008年• 『うからはらはら』新潮社、2011年 のち文庫• 『』、2013年 のち文庫• 『正義のセ 2』角川書店、2013年 のち文庫• 『正義のセ 3』角川書店、2013年 のち文庫• 『負けるもんか 正義のセ』、 2015年 のち文庫 対談集 [ ]• 『男は語る 私と12人の話題の男たち』 1992年 のち文春文庫、ちくま文庫• 『阿川佐和子のこの人に会いたい』文春文庫、1997年• 『阿川佐和子のアハハのハ この人に会いたい 2』文春文庫 1999年• 『阿川佐和子のガハハのハ』文藝春秋、2001年 のち文庫(この人に会いたい3)• 『阿川佐和子のワハハのハ』文藝春秋、2003年 のち文庫(この人に会いたい4)• 『阿川佐和子の会えば道づれ この人に会いたい5』文春文庫、2007年• 『阿川佐和子の会えばなるほど この人に会いたい6』文春文庫、2007年• 『阿川佐和子の会えばドキドキ この人に会いたい 7』文春文庫、2009年• 『アガワ対談傑作選』文春文庫「聞く力」文庫 2015年• 『アガワ対談傑作選 追悼編』文春文庫「聞く力」文庫 2016年 共編著 [ ]• 『二人の手紙』 1994年 のち• 『ああ言えばこう食う 往復エッセイ』(檀ふみ共著)集英社、1998年 のち文庫• 『吉右衛門のパレット』共著 写真 新潮社 2000年• 『佐和子流人生の磨き方 ザ・ロングインタビュー 3』(編著 2001年• 『モテたい脳、モテない脳』共著 2003年 のち新潮文庫, PHP文庫• 『太ったんでないのッ!? 』(檀ふみ)世界文化社、2003年 のち新潮文庫• 『けっこん・せんか』(檀ふみ)文藝春秋、2004年 のち文庫• 『「夏彦の写真コラム」傑作選 2 1991-2002 』 編 新潮文庫 2004年• 『とサワコ』ピーコ共著 文藝春秋 2005年• 『アガワとダンの幸せになるためのワイン修業』檀ふみ 幻冬舎 2005年• 『男女の怪』共著 大和書房 2006年 のち文庫• 『すずめのほっぺはなに色ですか? 教えて! gooの本』マガジンハウス 2006年• 『古寺巡礼京都32 』共著 2009年• 『問答有用 対談集』編 ちくま文庫 2010年• 『あなたに、大切な香りの記憶はありますか? 』文藝春秋 2011年• 『センス・オブ・ワンダーを探して 〜生命のささやきに耳を澄ます〜』共著 大和書房 2011年• 『ぷくぷく、お肉』河出書房新社 2014年• 『アンソロジー ビール』パルコ 2014年 翻訳 [ ]• ベツィー・コーエン『嫉妬 女のホンネと心理』 知的生きかた文庫 1994 改題「嫉妬の心理学」2006年• ビビアン・フレンチ『あさごはんたべたのだれ? 』小学館 1997年• 『ジャックと豆の木』リチャード・ウォーカー話 ブロンズ新社 2000年• ノーラ・エフロン『首のたるみが気になるの』 2013年• 『』新潮社 2014年 のち文庫• A・A・ミルン『プーの細道にたった家』新潮社 2016年 朗読 [ ]• 阿川弘之「新潮CD 食味風々録」新潮社 2008年6月 関係する主な人物 [ ]• (悪党党総裁)• (悪党党党員)• (悪党党幹事長)• (政治評論家)• (『TVタックル』のナレーター)• (檀も以前『TVタックル』に出演していたことがある)• (父の友人・の長女であり互いに幼少時から知己の間柄)• (父の友人・童謡サッちゃん作詞)• (父の友人・の次女であり互いに幼少時から知己の間柄) 脚注・出典 [ ] []• 、、自著「ときどき起きてうたた寝し」1991年、、21-22頁• 中日新聞 2015年3月15日. 2015年3月29日閲覧。 産経新聞 iza 2017年5月17日. 2017年5月18日閲覧。 日本経済新聞 2017年5月17日. 2017年5月18日閲覧。 NEWSポストセブン 2017. 03 07:00 (女性セブン2017年6月15日号より、2019年12月5日閲覧)• 波 新潮社• フォーサイト 2018年2月4日• 「週刊文春」2007年3月15日号、「阿川佐和子のこの人に会いたい」より• さんまのまんま バックナンバー• 2014年10月16日. 2018年11月28日閲覧。 2014年10月15日. 2018年11月28日閲覧。 外部リンク [ ]• 2 2012年春より単独メイン。 3 月曜-木曜担当。 4 金曜担当。 5 サブキャスター兼務(蓮見は2012年10月から)。 6 後藤のメイン就任後はスペシャルアンカーとして随時出演(2008年3月まで)。 7 番組開始から1997年9月まで。 8 金曜日のみ出演。 9 筑紫哲也夏季休暇時のメインキャスター代理。 10 膳場貴子不在時のメインキャスター代理。 11 番組開始前、筑紫にキャスター就任の要請あり(実際のメインキャスターは)。 12 2018年10月から金曜日のみが担当。 第11回 () 「ブタの丸かじり」 ・ 「本が好き、悪口言うのはもっと好き」• 第12回 () 「子供より古書が大事と思いたい」 ・ 「花の脇役」• 第13回 () 「魔女の一ダース」• 第14回 () 「ロンドン骨董街の人びと」• 第15回 () ・ 「ああ言えばこう食う」 ・ 「ボタニカル・ライフ 植物生活」• 第16回 () 「モロッコ流謫」• 第17回 () 「屋上への誘惑」 ・ 「慶応三年生まれ七人の旋毛曲り」• 第18回 () 該当作なし• 第19回 () 「不眠の都市」 ・ 「昭和が明るかった頃」• 第20回 () 「忘れられる過去」 ・ 「」 第21回 - 第30回.

次の

阿川佐和子(しゃべくり007)でのワンピース(ドレス)の衣装のブランドが気になる

阿川 佐和子

Contents• 「阿川佐和子がセルフカットになったきっかけ」 「なぜ阿川さんはセルフカットをしているのか?」 ここって気になりませんか? その答えは 「ご両親の介護で忙しくなったから」でした。 最初にお母さんが心筋梗塞の手術を受けることになり 世話とアフターケアで大忙し。 さらにお父さん(故阿川弘之氏)が自宅で転んだのをきっかけに肺炎になる。 毎日アタフタと忙しいなかで美容院になんて行ってられなくなったそうです。 洗面所の鏡を見ながら 「美容室いきたいなぁ」と思ったときに 鼻毛切りばさみが目につき、少しずつ切っているうちに 段々大胆になっていき本格的にカットを自分でするようになったようです。 また、以前は美容院でいろいろやっている間に、資料を読んだり 仕事に関することができたけど、老眼になりメガネが必要になった。 しかし、雑誌もメガネが無いと読めなくなり 大切な3時間何もできないことが とても悔しくなったことでより美容室に行くのが億劫になったそうです。 阿川さんにとってのセルフカットは ・労力と時間をロスしない ・憂さ晴らし の2つの局面があるようです。 カットするのは、むしゃくしゃしたとき 下手すると5日に1回くらい切っていたりする そうですよ(笑) 「阿川佐和子流セルフカットの準備と道具」 自宅でカットをするとなると、私が一番気になるのは 「切った毛の処理」 美容室でカットしてもらうと、それほど短くしなくても ビックリするほど毛が床に散らばります。 さて、阿川さんはどうしているのかというと・・・ 1・大きな段ボールを洗面所のシンクに載せて蓋をする 2・上半身裸になるか、首元にビニール風呂敷を巻く (切った髪が衣服につかないようにするため) 上半身裸だったんですねっ! 察するに裸なのは暖かい季節で、 ビニール風呂敷使うのは寒いときなのでしょうね。 カットには道具が必要というわけで阿川さんが使っている道具ですが 初期のころは 鼻毛切りはさみと手鏡 鼻毛切りはさみは先が丸くなっているので 間違って皮膚を切ったりする心配が無いから。 その後ハサミはベルリンで買ったアンティークの床屋さんのはさみ も加わり、さらにテクニックが上昇。 30代のころ薄毛が気になってきたと 対談で漫画家の東海林さだおさんに打ち明けたら 送ってきてくださったそうです。 これを使って洗うと「ネイルをしていてもグワグワ〜と洗える」のだとか(笑) 余談ですが 東海林さだおさんは、 「ハゲないように」 あらゆる策を講じてきたと豪語する御仁 現在80歳をすぎてらっしゃいますが、昔よりずっと髪の量が多いんですよね〜。 ちなみに一番効果があったのは、「リアップX5」なんですって。 私も愛用してます。 さて、肝心の切り方ですがこれがまたオリジナリティに溢れています 「阿川さんのセルフカットテクニック」 まず、髪の毛全体を両手でつまみ上げながら 「どのあたりがモサモサしているか」をチェックする。 丁寧にチェックをすると、部位によって伸びる速度に差があることがわかり そこらへんを重点的にすいていけばモサモサ感が軽減される。 阿川さんの場合は、耳の後ろあたりの髪が伸びやすいそうです。 基本的にショートで、前髪は眉が隠れるか隠れないか 後頭部は段階的に短く(すごい!) 側頭部は耳にかぶせたり変化ができる長さに。 カットは髪をひと束つかみ、ハサミを縦に入れながら切る。 これは美容師さんに切ってもらっていたときに 鏡越しにテクニックを観察して覚えた切り方。 手鏡で後ろのカット具合を確認して 量が多かったらまたカットを繰り返す。 左右対象には厳格にこだわらない。 顔の輪郭に沿った髪を切りすぎなければ 後ろや横が多少アンバランスでもなんとか形になるそうです。 「阿川佐和子さんのヘアセット」 阿川さんのショートカットってふんわりとしたショートで 左右ちょっアシメトリーですよね。 ふんわりしたボリューム感は これは 逆毛とヘアーアイロンを使っているそうです。 逆毛も段々上達してきて、あのふんわりとした女性らしいショートをキープ。 雑誌の対談時は、ホットカーラーで巻いたりもしています。 顔にシミ、シワ、たるみが増えるにつれ 毛先がツンツンとしたストレートは似合わなくなりアイロンが重宝になったそうです。 パーマは5年間の間にかけたのは2回だけとのことです。 「阿川佐和子さんがショートヘアにした理由」 阿川さんって若いころはボブでしたよね? ご本人も一番似合っていた髪型「黄金時代の髪型」と言っているのが 肩につくかつかないかくらいのボブスタイル しかし30代半ばのころ、急に抜け毛が増えて 髪への負担を軽くしようとショートカットにしたのだそうです。 阿川さんも抜け毛に悩んでいたんですね。 その後何度かボブに戻そうとしたけど周囲の 「アガワはショートが似合う」の声に負けて髪を伸ばすことを断念。 これってヘアスタイルあるあるですよね。 自分ではあの髪型が一番にあっている! と感じているものと、周囲が似合うというものが違う・・・。 ところが阿川さん映画の役柄で、ボブのかつらを被ってみることになり 自信満々に被ってみたら 「全然似合ってない」と愕然としたそうです。 アガワさんが気づいた結論は、その髪型が似合っていたころの自分と 顔が全く違っていたこと。 自分が気に入っていたかつての髪型にすることで 顔の老化があらわになってしまったと。 阿川佐和子さんの白髪染め 阿川さんは白髪のヘアカラーはどうしているのかでしょうか? ヘアカラーももちろん、ご自分でされているとのこと。 マツキヨなど薬局に行き 「どのカラーが一番染まりますか?」 と店員さんに聞いてカラー剤を選んでいるそうです。 最後に いかがでしょうか? 阿川佐和子さんのセルフカット 読むとやってみたいなぁ〜と思うのだけど なかなか踏み切れません(笑) 実は私の知人に約2名セルフカット派がいるんですよ。 2人とも、一度やったら楽しくて もうやめられないって。 自分の体を使って、そんな楽しいことできるなんて 良いと思いません?(笑).

次の