女工哀歌 あらすじ。 【感想・ネタバレ】あゝ野麦峠 ある製糸工女哀史のレビュー

女工哀歌〈じょこうえれじー〉

女工哀歌 あらすじ

明治〜大正時代、信州へ糸ひき稼ぎに行った飛騨の若い娘達が吹雪の中を命がけで通った野麦街道の難所、標高1672mの野麦峠。 かつて 13歳前後の娘達 が列をなしてこの峠を越え、岡谷、諏訪の製糸工場へと向かいました。 故郷へ帰る年の暮れには、雪の降り積もる険しい道中で、郷里の親に会うことも出来ず死んでいった娘たちも数多い。 この峠には「お助け茶屋」と呼ばれる茶屋があり、旅人は疲れた体を休め、クマザサの生い茂る峠を信州へ、飛騨へと下っていった。 で知られ、女工哀史を語るうえで悲しい物語を秘めた所なのです。 1979年(昭54)、映画「ああ野麦峠」(監督 山本薩夫 主演 大竹しのぶ 新日本映画・東宝配給 )が製作され、日本中を沸かせました。 明治時代の生糸の生産は、当時の輸出総額の3分の1をささえていました。 現金収入の少なかった飛騨の農家では、12歳そこそこの娘達が、野麦峠を越えて信州の製糸工場へ「糸ひき」として働きに行きました。 そして、大みそかに持ち帰る糸ひきのお金は、飛騨の人々には、なくてはならない大切な収入になっていました。 年の暮れから正月にかけての借金を返すためにも、あてにされたお金だったと言われています。 2月も半ばを過ぎると、信州へ働きに行く古川周辺の娘達は古川の八ツ三旅館に1泊し、次の日高山で、あちこちの村々から集まってきた人達と一緒になりました。 宿屋の前には、山一・山二・片倉組・小松組などの岡谷の製糸工場の社名を書いた看板や高張り提灯が立ち、娘を送ってきた親と子の別れがいつまでも続きました。 「ええか、しんぼうするんやぞ。 ためらっていってこいよ。 (気をつけて行きなさい)」 「ツォッツァマ(お父さん)も病気しなれんなよ。 (病気にかからないように)」 娘は泣き、見送る親たちも涙をこらえて別れを惜しみました。 そして、何百、何千という女工が列をつくり、お互いに励まし合いながら、雪深い野麦峠を越えて信州へ旅立っていきました。 信州の工場では、わずかの賃金で、しかも1日に 13〜14時間 という長い時間働かされ、病気になっても休ませてもらえないくらい、厳しい生活だったそうです。 さらに女工の寄宿舎には逃げ帰ると困るので、 鉄のさん がはめられていました。 当時、実際に働きに行ってみえた明治生まれの人達に話を聞いてみました。 「雪が降ってくりゃ、野麦峠には銭が降ると思って行け。 と親にいわれたんやぜな」(明治15年生) 「おりだち(私たち)は、こんで(これで)飛騨とも別れるんやな、ツォッツァマ(お父さん)、カカサマ(お母さん)、まめでおってくれよ(元気でいて下さい)。 といって、飛騨と信州の境で、みんなでしがみついて泣いたんやぜな」 「 13のとき 、岡谷の山共製糸というとこへ7年契約で入ってな。 姉4人といっしょで、姉はみんな百円工女やったもんで、オリ(私)も負けんように働いたもんやさ。 みんなで稼いだ銭で、ツォッツァマ(お父さん)は毎年田んぼを買いなたと思うんやさ。 たしか、あのころ1反(10アール)で100円か 150円くらいやと思うけどな」(明治24年生) 「岡谷の大和製糸へ 14のとき から8年の間、野麦峠を越えて通ったんやぜな。 入ったときゃ10円、2年目は25円、3年目には45円、8年目にはたしか95円もらったと思うけどな。 そのほかに、賞与として1円、2円、3円、5円などを毎年ちょっとずつもらったんやさ」(明治31年生) 以上の話しでもわかるように、1年間働いて 100円 もらえる人は優秀な人で、だれでも1日も早く 100円工女 になれることを願っていました。 こうした涙ぐましい女工達の働きによって、国は生糸の輸出を増やし、娘を出した農家では、現金収入を得ることができたのです。 (参照 郷土古川より) 当時の百円の価値はどれくらいだったのでしょうか? 百円あれば家が建つといわれたほどでした。 米一升が、12銭3厘・酒一升が20銭。 (明治33年・100銭で1円) 当時の農家は、貧しくて白米は食べられず、ヒエや粟が混じった飯を食べていた。 どれくらいの人が糸ひき稼ぎにいったのでしょうか? 資料によると、旧山田村(神岡町)では300戸あるうち、560人が行った。 一軒で2,3人のところもあった。 国府村では、458名(明治43年)。 ひとつの村でこれだけの数であるので、飛騨全体では凄い数になると思われるが、他の地域では当時のそうした記録が残っていない。 女工哀史は粗悪な食事、長時間労働、低賃金が定説になっているが、飛騨関係の工女は食事が悪かった・低賃金だったと答えたものはいなかった。 長時間労働についても苦しかったと答えたのはわずか3%だけで、後の大部分は「 それでも家の仕事より楽だった 」と答えている。 それもそのはず、家にいたらもっと長時間、重労働をしなければ食っていけなかった。 (ああ野麦峠より).

次の

女工哀歌(じょこうえれじー) (2005)

女工哀歌 あらすじ

注目のレビュー:女工哀歌〈じょこうえれじー〉• 2008-10-08 by 内容が内容なだけに当然ながら中国当局からの撮影妨害が酷かったようで 監督が当初撮りたかった画と違うものを素材にしているせいか ドキュメントと称しながら演出過剰の部分が気になりました。 が、間違ったグローバリゼーションとはどういう事か、フェアトレードとは何かを 分かり易い素材で観せるという意味では意義深い作品になっているとは思います。 GAP、ZARA、H&M、ユニクロ… 安い事こそが消費...... 3人がこのレビューに共感したと評価しています。 2009-12-02 by 今朝のニュースで、今年のヒット商品番付なるものの紹介をしていました。 その中にランクインしていた「激安ジーンズ」。 大手スーパーが千円を切る価格でこぞって販売し、話題となりました。 ちょうどこの作品を観たばかりだったので、貧しい農村から出稼ぎに来た、十代の少年少女が深夜までほとんど休みなく働く実態が、すぐに思い出されます。 誰かが笑うために誰かが泣いている、そんな世界の相変わらずな不均衡に、複雑な...... 2人がこのレビューに共感したと評価しています。

次の

女工哀歌(エレジー)

女工哀歌 あらすじ

少女たちはどこに消えたのか? 家出中の女子高生ミチルを連れ戻す仕事を引き受けた私は、彼女の周辺に姿を消した少女が複数いることを知る。 好評葉村晶シリーズ (「BOOK」データベースより) 前回のをご覧頂いたツイ友のMさんから『探偵っつーよりハリウッド映画のスパイみたいw』とメッセ頂きまして。 そこで、もちっと現代ニッポンのリアルな探偵ヒロインは居ないものかと本棚を漁ってみたら…ありましたありました。 クールでもタフネスでもない、フリーの女性調査員・葉村晶が主人公の「悪いうさぎ」。 フリーの調査員といえば聞こえはいいが、要するに何でも屋、フリーターだ。 月に六十万以上稼ぐときもあれば、六千円のときもある。 忙しいときは寝るヒマもないし、仕事がなければ即、飢える。 六十万円稼いでワッハッハの月はあまり無い模様。 葉村さん、お暇な時は一組あたり九十円のイヤリング作りの手内職まで請け負う女工哀歌。 うっうっうっ、 フリーター稼業は厳しいのう。 ところで「悪いうさぎ」は葉村晶シリーズの3冊目にあたります。 で、長編としては1冊目。 私個人としては、シリーズ中で一番「悪いうさぎ」が好きなのですが、もしもこれから若竹七海の葉村晶シリーズを読もうという人がいるならば。 悪いことは言わない。 前2冊の短編から、手を出した方が良い。 ただでさえ災難続きのトラブル体質な葉村晶が、短編ならともかくとして、長編小説だと まるまる1冊分の災難てんこもりドンと来い状態。 細木数子もびっくりの大殺界で、読んでるだけで不幸に腹いっぱい。 んもぅ可哀相で涙ちょちょ切れちゃうよ。 作者の若竹七海は、主人公の葉村晶に何か恨みでもあるのかい?! どこらへんが災難なのかというと、そもそもの最初の1ページ目から。 家出した女子高生を連れ戻す依頼で、足の甲を骨折してナイフで刺されて入院&手術。 しかもやったのは同じ調査員仲間よ? その調査員仲間には謝罪されるどころか、逆恨みされて自宅アパートまで襲撃され、なおかつそいつのモンペママンに『うちの松夫ちゃんに精神的苦痛を与えた』とハンドバッグでぽかぽか頭を殴られるのよ? 家出少女は夜中に警察署まで呼び出すし、その果てに家まで押しかけてくるし、少女の親や知り合いに呼ばれて出向いても、水の一杯も出やしない。 数少ない友人は結婚サギにひっかかりそうだし、忠告しようと思えば逆ギレされる。 玄関にゴミはぶちまけられるしカラスには襲われるし、通りすがりの人には骨折した足を踏まれるし。 拉致されてトラックの荷台に二日間監禁されるわ、そのせいで暗所恐怖症にはなるわ、 乗ったタクシーの運転手さんには延々と痔の話をされるわ。 「アルマジロの尿が効くって話を小耳にはさんだんだけれど」 運転手は言った。 「アルマジロの尿っていったいどこで買えばいいのかわからなくて、困ってるんです。 これがいまいちばんの悩みですよ」 わたしは彼が心底うらやましかった。 「おまえはいいうさぎだな。 前のうさぎたちも、いいうさぎだったが、おまえほどじゃないな。 一度罠にかかったうさぎってのは、ホントにおとなしくなるもんだ」 災難続きの葉村さん。 着るのは赤いアノラック。 かぶるのは黒い、うさぎのかぶりもの。 んー、山登りとだけ言っておこうかな?ただの山登りじゃないけどね。 だって賞金200万円だしね。 だって災難続きの葉村さんだしね。 山道を行く、赤いアノラックを着た黒いうさぎが、果たして良いうさぎなのか悪いうさぎなのかは判らねど。 いやあ、探偵って大変。 ハリウッド映画のスパイとはちょっと違う、現代ニッポンのリアル(?)な探偵哀歌でした。 ところでアルマジロの尿って、いったいどこで売ってるんでしょうね? きっと葉村さんなら探し出してくれる。 運転手さん、ご依頼お待ちしてます。 シシドカフカが葉村晶ってのは「ずいぶん若返ったね~!葉村ちゃーん!」(原作では四十肩だし)と喜ばしいところですが、悪いうさぎか…とうとう…シシドカフカの世界残酷物語か…。

次の