データ 復元 ソフト。 ファイナルデータ シリーズ 無料体験版

Recuva のダウンロードと使い方

データ 復元 ソフト

【データ復元ソフトで復元できるもの】 誤ってごみ箱から削除してしまった「画像」「動画」「音楽」「メールデータ」「ドキュメント」などのデータファイル 実はファイルが削除されても、データはハードディスク(HDD に残っている可能性が高いため、磁気データそのものを読み取ることで削除してしまったデータを復元する仕組みです。 試しに「データ復元ソフト」で検索すると、途方に暮れてしまうほど数多くのデータ復元ソフトがヒットします。 無料版と有料版もあり、どのデータ復元ソフトを使用したらよいのか、安全なデータ復元ソフトはどれなのかわからない・・・という人も多いのではないでしょうか。 今回は、多くの人に使われている人気の「データ復元ソフト」の中から「ファイナルデータ」と「Recuva」を紹介しようと思います。 フリーソフト(無料)でデータ復元するなら【Recuva】 Recuvaは、イギリスの「Piriform」が開発したMicrosoft Windows向けのデータ復元ソフトです。 【Recuvaの特徴】• 基本的には英語• リムーバブルメディアのファイルの復元も可能• 初心者でも復元作業がしやすい• フリーソフト版以外にも有料版、ポータブル版もある 「Recuva」は海外製のデータ復元ソフトである 「Recuva」は、海外のデータ復元ソフトなので、公式サイトも英語なのですが、日本語にも対応しています。 インストール後に、使用言語(日本語)を選択することができるようになります。 「Recuva」はリムーバブルメディアのファイルの復元も可能 「Recuva」は、内蔵ハードディスク(HDD)はもちろん、SDカード、USBフラッシュメモリーなどリムーバブルメディアのファイルの復元も可能です。 「Recuva」は初心者でも復元作業がしやすい 「Recuva」は、パソコン初心者でも簡単に目的の作業ができるように、操作の手順を対話形式で誘導してくれるため、データの復元作業が簡単にできます。 スキャンが終了すると、ファイルの状態が「高確率で復元可能」なら緑、「低確率で復元可能」なら黄色、「復元不可能」なら赤といった具合に一覧表示されます。 プレビュー機能で画像やテキストなどを確認しながら、復元したいファイルと復元先を指定すればOKです。 95)、ポータブル版もあります。 有料版には「Virtual hard drive support」「Automatic updates」「Premium support」が付きますが、データ復元だけが目的であれば、無料版でも充分でしょう。 インストールの手間なくUSBメモリから直接動作させたい場合は、ポータブルタイプの「Recuva — Portable」がオススメです。 ポータブル版は、復元したかったデータに別のデータを上書きしてしまったために、復元できなくなってしまったという事態を避けることができるため便利です。 また、ハードディスクの空き容量不足、セキュリティのためインストールが制限されているパソコンでもデータの復元作業を行うことができます。 【ファイナルデータ特別ネットワーク版】 Macデータの復元 デジカメの画像や、音楽データのみの復元ソフト「フォトリカバリー」であれば、3,980円(税込)なのですが、「ファイナルデータ特別復元版」は6,480円(税込)、ファイナルデータ復元+Office修復は9,180円(税込)、ファイナルデータ特別ネットワーク版は9,480円(税込)と高額になってしまう点がデメリットといえるでしょう。 「ファイナルデータ」は操作が簡単でサポートがしっかりしている 「ファイナルデータ」のデータ復元は、画面に表示されるガイドに従って答えていくだけでOK。 パソコン初心者でも簡単な操作でデータを復元することができます。 有料版というだけあって、サポートもしっかりしており、自力での復元に行き詰まった時も、電話やメールで相談することができます。 「ファイナルデータ」には無料体験版がある 無料体験版では、ファイルが復元可能かどうかをスキャンして調べることはできますが、ファイルの復元をするためには製品の購入が必要になるので注意が必要です。 ただ、無料体験版でスキャンした結果を保存しておけば、製品購入後、スキャンすることなくすぐに復元することができます。

次の

無料データ復元・復旧ソフト

データ 復元 ソフト

データ復元ソフトとデータ復旧業者、どっちにする? 現在パソコンでのデータ処理は、すでに私たちの日常作業になっています。 どんなに気をつけても、データ紛失を完全に回避するのは難しいと言われています。 物理的損傷によるデータ紛失、例えばHDDが破壊されアクセスできなくなるなどの場合、専門業者に頼むのが一番効果的な方法と思われます。 勿論、かなりの費用がかかっても仕方ないです。 とはいえ、論理的な原因によるデータ紛失であれば、データ復元ソフトを利用して復旧を行うことが可能です。 必要な費用は人工サービスの復元業者と比べたらずっと安くて、特に復元ソフトを販売する一部の大手会社はお客様を引き付けるため、も提供しています。 お金がかかる製品版よりは復旧スピードや、復元可能のデータ量が劣るものの、復元したいデータの量が少ない場合なら非常に良い選択です。 むやみに大量なデータ復旧ソフトを試すと、上書きのリスクを上げて逆にデータの復旧がしづらくなるリスクもあります。 いくつか優れるデータ復旧ソフトを体験して、それでも復旧できない場合、専門業者に頼むのが最善です。 では、優れるデータ復元ソフトにはどんな特徴があるでしょうか? データ復元ソフトを選択する基準• それなりの復旧率:まず言っておきたいのは、どんな場合でも完璧に紛失したデータを取り戻せるデータ復元ソフトは存在しないとのことですが、復旧率があまりにも低すぎると意味がありません。 安全性:優秀なデータ復元ソフトなら、パソコンやドライブでのオリジナルデータにはほぼ影響を与えません。 特にウイルス対策ソフトに危険性が検出されたデータ復元ソフトはできれば使わないほうがいいです。 対応するデータ種類の幅:画像、ビデオ、ドキュメント...復元できる紛失データのタイプの多様性は、自分の目的の形式が対応しているか、それぞれのソフトを比べる必要があります。 復元プロセスのスピード:無料のデータ復元ソフトでも、復元プロセスのスピードは、なるべく速い方がいいです。 また、データ復元ソフトで対処できるのは、あくまでも 論理的な原因による紛失されたデータの復元です。 物理的な損壊、例えば、ディスク破損、水没などの場合は、専門の復元業者に頼むのが正しい対処になるかと思います。 正確な対処をするのも、データ復旧成功率をあげるヒントになります。 おすすめの無料データ復元ソフト さて、前で述べた要素を踏まえて、ここで皆さんに一つのおすすめしたいがあります。 それは EaseUS Data Recovery Wizard Freeです。 無料バージョンですが、製品版との違いは、ほぼ 復元可能のデータ量だけ!もちろん製品版では、復元できるデータ量は制限されていませんが、 無料版でも最大2GBのデータを復旧することができます。 フォーマット復元、内蔵及び、、など幅広いデータ紛失場面に対応しています。 実際のところ、2GBも結構なサイズで、誤削除やフォーマットなどにより紛失されたデータが極端に多くない場合、 EaseUS Data Recovery Wizard Freeを使うのは、とても効果的です。 操作する手順はわずか三つのステップで、誰でも簡単に使いこなせます。 では、操作手順を見てみましょう。

次の

無料体験版

データ 復元 ソフト

データ復元ソフト ディスクの故障や誤操作で「大切なファイルがなくなってしまった!」ということは十分ありえます。 あるいは、突然の停電、地震などの災害でパソコンが壊れてデータが読み取れなくなることもあります。 「データ復元ソフト」は、このようなときにファイルを復元する(元に戻す)ソフトです。 ただし、必ず復元できるとはかぎりません。 どの程度復元できるかはトラブルの程度によります。 もとの状態を100としたとき、100に復元できればベストですが、80くらい復元できる場合もあれば、10くらいしか復元できない場合もあります。 しかし、その10にとても重要なデータが含まれているなら、ソフトを用意しておく価値は十分あります。 現在、データ復元ソフトを販売している主要な国内メーカーは「 ジャングル」と「 AOSテクノロジーズ」の2社です。 この2社は、データ復元ソフトとして次のシリーズを出しています。 ジャングル…… 完全復元シリーズ• AOSテクノロジーズ…… ファイナルデータシリーズ 各シリーズとも、復元するデータの種類によって製品が異なるので注意が必要です。 どちらも実績・歴史のあるシリーズですので、種類さえ間違わなければ問題なく利用できると思います。 以下で、各シリーズの製品の特徴を紹介しますので参考にしてください。 また、今回はイーザスソフトウェアというメーカーのデータ復元ソフトも取り上げてみました。 なお、体験版が用意されているものは、必ず試用することをおすすめします。 補足ですが、データ復元に関しては専門の業者もあります。 泥水につかったりさびてしまったりしたディスクからデータを復元するといった対応もしてくれますので、本当に重要なデータを復元したいときは、検討する価値はあると思います(ただし、それなりの金額はかかります)。 1.完全データ復元 PRO15(完全復元シリーズ) PDF、画像、動画、圧縮ファイルなど、300種類を超えるファイルに対応したデータ復元ソフトです。 4K動画の復元にも対応し、Outlookをはじめとするメールソフトのメールデータの復元にも対応しています。 また、最新版では、USBブート作成機能を使用して別のパソコンで「USBブート版」を作成し、問題の発生しているパソコンのデータを復元する機能も用意されています。 「ファイルやフォルダが見つからない」「ごみ箱を空にした」「ディスクをフォーマットした」「ドライブが認識されない」「Windowsが起動しない」……こうしたトラブルが起きたとき、ファイルを救出することができます。 操作方法もシンプルです。 「不安なのでとりあえず1本用意しておきたい」という方にも、安心しておすすめできる1本です。 復元対象のメディアを選択すると、復元可能なデータが一覧表示される。 <関連サイト> 3.完全ドライブ復元15(完全復元シリーズ) ドライブやパーティションを丸ごと復元するソフトです。 「ドライブが起動しなくなった」「パーティションを誤って削除してしまった」「ドライブが見えなくなった」「USBメモリを不用意に抜いたら次から認識されなくなった」……等々のトラブルに対応できます。 Windowsが起動しなくなった場合は、別のパソコンで「USBブート版」を作って、トラブルの発生したパソコンのドライブやパーティションを復元することもできます。 ディスクやパーティション関連のトラブルでは、対応を誤るとデータがすべて失われる危険もありますので、用意しておくと安心できる1本です。 ウィザード(対話)形式でドライブを復元できる。 <関連サイト> 5.ファイナルデータ11 プラス 特別復元版(ファイナルデータシリーズ) ディスクの故障、ファイルやメールの誤操作、誤ったフォーマットなどにより失われたファイルを復元するツールです。 トップメニューに用意されているのは、「ファイルの復元」「デジカメ画像の復元」「メールの復元」「高度な復元」の4つ。 選択するとディスクのスキャンが始まり、自動的に復元が行われて見つかったファイルが表示されます。 Windowsが起動しない場合は、CD-ROMやUSBメモリから起動することもできます。 機能的には、ライバルとなる「完全データ復元 PRO15」と「完全ドライブ復元15」の2製品を合わせたような構成となっています。 1本でできるだけ広くカバーしたい方には、おすすめの製品です。 とにかくなんでも復元したいという人におすすめ。 <関連サイト> 6.ファイナルデータ11 プラス 復元+Office修復(ファイナルデータシリーズ) 通常のファイル復元機能に、マイクロソフトのOfficeファイルの復元・修復機能を追加した製品です。 名前からは、Officeファイルだけに対応している印象を受けますが、実際には誤って削除したファイルや誤ってフォーマットしたドライブからもファイルを復元できます。 ただし、やはり本製品の最大の特徴はOfficeファイルへの対応です。 具体的には、次のOfficeファイルに対応しています。 たんにファイルを復元するだけでなく、文字化けが発生しているファイルを修正したり、失われた書式や図表を復元したりできるので、Officeファイルを大量に持っている方なら、ぜひ検討したい製品です。 通常の復元に加え、Officeファイルの復元・修復にも対応している。 <関連サイト> 8.EaseUS Data Recovery Wizard Free 無料版も パソコン用のさまざまなツールを開発しているイーザスソフトウェアの開発したデータ復元ソフトです。 無料版と有料版がありますが、無料版は復元可能なデータ量が500MBまででサポートがないという制限がありますが、それ以外は有料版と同じ機能が使えます。 対応できるトラブルは多岐にわたります。 誤操作によるファイル・フォルダの削除、誤ったフォーマット、パーティションの削除、ディスクの物理的な障害など、あらゆるケースに対応できるのが特徴です。 使い方もシンプルです。 起動後、ドライブを指定するとスキャンがスタートし、復元可能なファイルが一覧表示される仕組みです。 何より無料で復元できるので、まずは本製品を試してみて、ダメな場合は有料版に切り替えてサポートを受けたり、別の製品を試してみてはどうでしょうか。 最初の1本として、おすすめの製品です。 起動後、スキャンするドライブを指定すると、復元できるファイルが一覧表示される。

次の