アナ と 雪 の 女王 2 オラフ。 オラフの声優が変更になった『アナと雪の女王』が金曜ロードSHOW!で放送! ピエール瀧から武内駿輔に変わったけど違和感なさすぎるー!!

アナと雪の女王

アナ と 雪 の 女王 2 オラフ

『アナ雪2』の作品情報・あらすじ 作品情報 原題 Frozen II 脚本 ジェニファー・リー 監督 クリス・バック ジェニファー・リー 出演 イディナ・メンゼル 松たか子 クリステン・ベル 神田沙也加 ジョシュ・ギャッド 武内駿輔 ジョナサン・グロフ 原慎一郎 製作国 アメリカ 製作年 2019年 上映時間 103分 おすすめ度 ディズニー初のダブルヒロイン(2人のプリンセス)で、大ヒットした前作 『アナと雪の女王』(2013)の続編となる今作。 脚本は前作と同じく 『シュガー・ラッシュ』などで知られるジェニファー・リーが担当しています。 あらすじ• 「雪だるまつくろう」• 「生まれてはじめて」• 「とびら開けて」• 「レット・イット・ゴー」 タイトルを見てもどんな曲だったか思い出せるくらい、前作はキャッチーな歌が多かったですね。 やっぱりディズニーアニメといえば歌の素晴らしさも魅力の大きな一つだと思います。 ディズニーの歴代作品を振り返りたい方は という記事でご紹介していますので合わせてどうぞ。 そういった意味で今作は、 前作に比べると歌という点ではキャッチーさはあまり感じませんでした。 今作の代表曲 「イントゥ・ジ・アンノウン」はサビの伸びも気持ちよく、印象的だったのですが、その他の歌については正直あまり印象に残りませんでした。 日本版に関しては、松たか子や神田沙也加は、前作と同じく安定した歌唱力で気持ちが入った力強い歌声で良かったです。 エンドソングに関しては前作と異なっています。 imdb. ご存じの通り、 2019年3月にこれまで担当していたピエール瀧が逮捕されてしまったことで、代役が必要となってしまったのです。 しかも、アナ雪シリーズにおいて「オラフ」というキャラクターは非常に重要な立ち位置をしているので、さらに良いのか悪いのかピエール瀧のオラフが絶妙なハマり具合があったことも重なり、代役はかなりのプレッシャーだったと思います。 鑑賞後の感想をいうと 「びっくりするくらいピエール瀧のオラフそっくり」なのです。 何かしらの違和感を感じるかと思っていたのですが、全くと言っていいほど違和感なく受け入れられました。 しかも代役を担当した声優の武内駿輔という方ですが、まだ22歳ということで驚きました。 この方『 アイドルマスター シンデレラガールズ』の声優も担当していて、普段は年齢から想像もできない渋い声の持ち主なんです。 ほとんどプロポーズのことしか考えていなかったです。 アレンデールとノーサルドラという2つの国をエルサとアナがそれぞれ治めるオチは、前作からすると2人が距離を置くという意味では意外な展開でした。 プリンセス2人、そして女性の活躍ということを活かした設計で個人的には挑戦している感じがして良かったです。 一方で、気になる点もチラホラと。 エルサの能力の背景ってどういうこと? アレンデールの国王の父とノーサルドラの母から生まれたということは分かるけど、アナとの違いや能力を得た根本的な理由が明かされないので気になりました。 第5の精霊だからと言う理由もなんとも不明瞭という感じ。 ダム壊す必要あったの? 祖父の行動がすべての元凶ということもあり、その象徴という意味では分からなくもないですが、ダムがあることで悪い影響があるようにも見えなかったです。 「水には記憶がある」という意味で争いの元凶となった記憶の開放という意味は伝わりましたが、引っかかる部分ではありました。 ダムの水はどこへ? この辺は野暮とも言えますが、ダムが決壊して流れてきた大量の水は一体どこへいった? 海面上昇しちゃうのでは….

次の

『アナと雪の女王2』吹き替え声優キャスト【まとめ】

アナ と 雪 の 女王 2 オラフ

目次(各項目をタップすると、その項目に飛びます。 アナと雪の女王の オラフの声優・ピエール瀧が逮捕… 2019年を騒がせた事件の中でも反響が大きかったのは、3月12日に麻薬取締法違反で逮捕されたピエール瀧さんの事件でしょう。 この不祥事ではやり、ピエール瀧さんの出演作がほぼ 非公開、そして演者変更がされるなどの影響がありました。 勿論「アナと雪の女王」でも演じていたオラフも代役が決定してしまいました。 これを聞いた時、世間ではかなり不安の声があったのを覚えています。 何故なら、ピエール瀧さんが演じていたオラフがとても人気だったからです。 本人からの風貌とは似ても似つかないコミカルでお茶目な声と歌で、大人にも子供にも人気があった オラフ声優の交代です。 不安な声が上がるのは当然です。 ピエール瀧さんの逮捕後、2019年6月に新しい声優に交代することが発表されました。 ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社は、『アナと雪の女王』に登場するオラフの日本語版吹き替え声優を交代することを決定しましたのでお知らせします。 引用:ディズニー公式 この公式発表後、オラフの代役は誰がやるのかとインターネットでは予想が繰り広げられていました。 やはりディズニーの万能神である 山寺宏一さんや、声質が似通っている 柳沢慎吾さんなど色々な方の名前が飛び出す中、 2019年6月22日に後任が決まりました。 10000RT:【公式発表】アナ雪「オラフ」役、声優・武内駿輔が後任に Disney DELUXEで配信中である『アナと雪の女王』関連作品のオラフ役の表記が、ピエール瀧から武内に差し替わった。 — ライブドアニュース livedoornews 武内駿輔さんという若手声優の方が抜擢されました。 武内駿輔さんのプロフィール 生年月日 1997年9月12日(22歳) 身長 174cm 出身地 東京都 事務所 81プロデュース 活動期間 2013年~ この発表で武内駿介さんを知った方も多かったと思いますが、若手俳優といえども、鮮烈なデビューから5年が経ち、声優界では かなり人気のある方です。 2015年に第10回声優アワード新人男優賞も受賞しております。 代表作はアニメ『アイドルマスター シンデレラガールズ』プロデューサー役や『KING OF PRISM』の大和アレクサンダー役などで、 年齢に不相応な低いトーンの渋い声が特徴的な声優です。 あまりにも年齢不相応な声なので、ファンやアニメオタクからは「違法おっさん」「日産のディーラー」「お前のような17歳はいるか」とまで言われております。 オラフの見た目に反して、イケメンボイスの持ち主です。 尚且つ好青年なイケメンでもあります。 実際にテレビ出演した時の映像がこちら。 全く違和感がないことがわかりますね! ただどちらかと言えば武内駿介さんの方が声を伸ばした時の抑揚感が低く感じます。 それと、別のシーンですが、哲学的な事セリフを言った時に唐突にイケメンボイスを出すオラフになったり、オラフのコミカルさを武内駿介さんが全面的に出していたのが映画を見ていて印象に残っています。 また、映画を見て初めて声優が交代したのを知った方も、良い!という意見が多いようです。 そういえば、アナ雪2のオラフの武内駿介さんすげぇ良かったな。 うーん。 感想難しい。 厳しい評価受けてる理由はわかった。 Disney作品として見た時にうーん? ってなる。 オラフがとにかく可愛かった。 神田沙也加の抜群の歌唱力に合わさって武内駿介の演技力がハンパなかった。 というかオラフに全部持ってかれた。 なぜなら、ディズニーには 「ディズニー・キャラクター・ボイス・インターナショナル部門」なるものが存在します。 オリジナルと変わらない吹替え声優を探すプロの集団がいるのです。 前作の「アナと雪の女王」から変わらないのは、 声優と歌がどちらもできる人材です。 しかもオリジナルとも引けを取らない人材として選ばれたのですがから、前作と同じかそれ以上の方として武内駿介さんが選ばれたのです。 違和感がなくて当然とも言えます。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今となってはほとんど全ての映像を武内駿介さんの声に変更されていますが、前作からの続投といわれてもおかしくない程に ハマり役となっている気がします。 Amazonmusicでは、その声の王子様のCDが視聴することができます! primeに加入していれば無料ですので、加入済の方はオラフ以外でも活躍する武内駿介さんの声を聞いてみてはいかがでしょうか?.

次の

【アナと雪の女王2】オラフの声優逮捕で代役は誰?変更で違和感ないか比較!

アナ と 雪 の 女王 2 オラフ

続編の出演について、アナ役の神田沙也加さんとエルサ役の松たか子さんは、意気込みをこのように語る。 アナ役・神田沙也加さん 『アナと雪の女王2』でもアナ役を演じさせていただくことになり、とても光栄に思っております。 より大人の女性らしさが増したアナとエルサの姉妹の絆、ドラマティックな歌にもご注目してご覧いただきたいです。 前作を、音楽も共にたくさん愛していただけたことが本当に嬉しかったので、続編を待ち望んでくださった皆様に感謝の気持ちを込めて、力を尽くしてまいります。 エルサ役・松たか子さん エルサがその力を与えられた秘密が明らかになる『アナと雪の女王2』、再びエルサに出会える喜びと、どんなストーリーが待っているのかというドキドキでいっぱいです。 また新しい世界での旅を、是非ご一緒に。 どんな人? 前作ではオラフの声の吹替はピエール瀧さんが担当。 『アナと雪の女王2』では、誰がオラフ役の吹替を担当するかに注目が集まっていた。 日本語版予告が解禁されると、オラフの新しい吹替は、若手人気声優のさんが務めると報じられた。 武内さんは、1997年9月12日生まれの22歳。 若手ながら、これまで多くのテレビアニメなどで声優として活躍してきた。 2016年の『第10回声優アワード』では、新人男優賞を受賞していた。 ディズニー関連では、2018年9月に発売されたコンピレーションアルバム『Disney 声の王子様 Voice Stars Dream Selection』の7曲目で、映画『アラジン』の『フレンド・ライク・ミー』を、人気キャラクターのジーニーさながら変幻自在の声で歌唱している。 (一部視聴は、こちら).

次の