マラト サフィン。 マラト・サフィン

マラト・サフィンとは (マラトサフィンとは) [単語記事]

マラト サフィン

t fin 基本 籍 出身地 : 生年日 体重 kg 選手 利き手 右 両手打ち 年 年 いわゆるズ世代 前後生まれ の代表的選手の一人。 とにかくのがしく、好不調の波が大きいことで有名な選手である。 四大大会では全と全で。 「ハマったら強い選手」というのは探せばそこそこいるが、こので四大大会で2度もする選手はしいのではなかろうか。 一方でが下がるとを破壊してしまったり、集中を切らしてしまう場面もよくみられた。 的には強なサーブとクの強打をにしていた。 特にスピンサーブとの評価が高い。 ので育ったため土のコートもそれほど苦手にはしていなかったようだ。 には全で準決勝まで進んでいる このときは同世代のに敗れた。 全直後はの勢いを止めるかと期待されたが、結局その後で1度もできず、限りで惜しまれながらした。 時のは位だった。 後もエキシビションをこなしていたようだが、のTLでは・ウォーズに参戦、でのラウンドにも出場している。 現役時代、・には一度も出ていなかった 来るといっててした年もあった ので、来日はには非常に驚かれた。 才能だけならフェデラー以上? サフィンをるときよく聞かれる言葉が「才だけなら以上」という言葉。 本気でより上だと考えている人はでも少数だと思うが、一方でハマッた時限定ならの選手ではないかと思わせるものはあった。 の全ではの王者をで圧倒しているし、の全準決勝で当時にあったをで下した試合は半ば化している 次にがコートの四大大会で敗れたのはの全準決勝なのだ。 5年に1回あるかないかの才の大が起きれば、そのときだけはのにだって勝ててしまう、というのを表した言葉が「才だけなら以上」ではないだろうか。 、と四大大会でしたので次のはかと期待したもいたかもしれないが、結局の全が最後のとなってしまった。 はできなかったが四大大会での最後の活躍としてはでの準決勝進出がある に敗退。 このときは当時3位に定着していたを2回戦で破っている。 また、これで全ての四大大会で準決勝進出となった。 そして政治家へ 、まさかの政界入り。 の下院選に与党:統一から立補して見事した。 この件についてサンは「彼ならきっとにもなれる」としたとか。 のといえば、故元は熱狂的なとして知られ、ップやフェド 前者は、はの別対抗戦、たく言えばの的なもの の会場にもに来ており、選手からも慕われていたらしい。 サフィンもいつか彼のような存在になるのだろうか。 ちなみにこのでは選手の・チャクベターゼも立補していたが、こちらは残念ながらならず。 はに最高5位を記録しているが、この当時はや故障もあってから離れていた。 に復帰したが、かつてのきは取り戻せずしている。 本人は否定しているが、になって疑惑が出ている。 同年、のプライベートのが漏洩し、顧客に対する助が明るみになったリークス事件において、サフィンも口座を持っていたことが判明している。 ただし判っているのは口座を持っていたことだけで、本当にしていたかは今後の捜結果を待つことになる。 その他のエピソード• 全時にを務めていた・ルンドはがで初したときのだった。 その後はの若手選手やの人スラス・のなども務めたが、彼らの導中はあまり結果が出なかったようだ。 のディナラ・サフィナもWTAを経験している。 途中から休養していたがになって正式にを表明した。 は四大大会スでは準3回に止まっており、WTA史上初めて四大大会がいまました経験者となってしまった。 と同じくの弱さが摘されていたが、それでもの前後にに立った選手とべればかにらしい成績だったので、ちょっとかわいそうなところもあった。 の全でを取った後、を下ろしてにを効にされたことがある。 く「最高のだと思ったんだよ!だからを下ろす気分になったんだ。 のTLでは同のをして登場、色男っぷりを見せ付けた。 ちなみに現役時代にはボックスにをらせたりもしていた。 主な実績• 在位9週• 全準2回 、• ス通算回数 15回• ス通算成績 4勝敗• 全は故障明けでから勝ち上がりながら決勝でに敗れている。 それだけに全でのは喜びもひだったことだろう。 関連動画 四大大会での活躍 大会ではで強かった。 試合もこの大会を選んでいる。 その他の 関連項目•

次の

マラト・サフィン: BLISTERING blog

マラト サフィン

経済面で苦しむ中、にプロ入りする。 4月から男子テニス国別対抗戦選手になる。 同年ので予選を勝ち上がったサフィンは、本戦の1回戦で、2回戦で大会前年優勝者のを破る大活躍で有名になった。 この時は地元フランスのとの4回戦まで勝ち進んでいる。 この年はでも4回戦まで進出し、18歳の早熟な才能を世界にアピールした。 は彼にとって飛躍の年となった。 でベスト8に進出し、世界トップ10入りを果たす。 同年の決勝でを6-4, 6-3, 6-3のストレートで破り、20歳の若さで4大大会初優勝を果たした。 20歳の若者が、ほぼ完璧な試合内容でを打ち破って初優勝したことは大きな評判となり、翌年の5月には第2回の最優秀新人賞を授与されている。 結局2000年は7大会で優勝し、11月20日付けのランキングで世界1位になるなど(年間最終ランキングは僅差で2位)名実共に世界のトッププレーヤーの仲間入りを果たす。 ではベスト8に進み、本大会の優勝者となったに6-7, 5-7, 6-3, 6-7で敗れた。 では、準決勝でに敗れて大会連覇を逃した。 この年、とダブルスを組んだ、でダブルス初優勝を飾っている。 では4回戦でを破り、準決勝でをフルセットの末に下して、2度目の4大大会決勝に進出するが、に敗れて準優勝に終わる。 ではベスト4に入り、に敗れた。 ではノーシードから、といった実力者を下し、準々決勝では当時世界ランク1位のを2-6, 6-3, 7-5, 6-7, 6-4で、準決勝ではを7-6, 7-6, 5-7, 1-6, 6-3で破り、2年ぶり2度目の全豪決勝に勝ち進んだ。 決勝ではの前に敗れるが、前年のブランクからの完全復活を強く印象づけた。 またの1つであるでを破り、大会最多タイとなる3度目の優勝を飾っている。 では、準決勝で4時間28分の激戦の後にを5-7, 6-4, 5-7, 7-6, 9-7で破ると、決勝で地元のを1-6, 6-3, 6-4, 6-4で破り全豪初優勝を果たした。 その後は怪我のためツアーを離脱することが多く、また満足いくプレーが出来ずにいたが、にて、28歳にして初のベスト4入りを果たす。 サフィンは2回戦で、当年度の優勝者を破って波に乗り、それまで好成績の少なかったウィンブルドンで自己最高成績を出したが、準決勝では第1シードのにストレートで敗れた。 はほとんどの大会で早々の敗退が続き、母国ロシアので準決勝に進んだのが最高だった。 での対戦が現役最後の試合となり、61位でそのキャリアを終えた。 サフィンは選手としても、・と2度ロシア代表の優勝に貢献した。 の決勝でを破った勝利は、ロシアのデビスカップ初優勝であった。 2000年(2位)、2002年(3位)、2004年(4位)と3度、年末トップ10に入り、にも出場した(うち準決勝進出2度)。 2000年から2001年にかけて、合計9週間に渡って世界1位に君臨し、ツアー通算15勝には、4大大会2勝とマスターズシリーズ5勝が含まれている。 サフィンは2011年12月のにから立候補して当選し、政治家になった。 2016年にロシア人として初めての入りを果たした。 ATPツアー決勝進出結果 シングルス: 27回 15勝12敗 大会グレード 2-2 0-0 5-3 1-3 7-4 サーフェス別タイトル ハード 10-5 クレー 2-4 芝 0-1 カーペット 3-1 結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア 優勝 1. 1999年8月23日 ハード 6—4, 7—6 13—11 準優勝 1. 1999年11月7日 カーペット 室内 6—7 1—7 , 2—6, 6—4, 4—6 優勝 2. 2000年4月24日 クレー 6—3, 6—3, 6—4 優勝 3. 2000年5月1日 クレー 6—4, 6—3 準優勝 2. 2000年5月21日 クレー 4—6, 7—5, 4—6, 7—5, 6—7 3—7 優勝 4. 2000年7月31日 ハード 6—2, 6—3 準優勝 3. 2000年8月20日 ハード 6—3, 6—7 2—7 , 6—7 2—7 優勝 5. 2000年8月28日 ハード 6—4, 6—3, 6—3 優勝 6. 2000年9月11日 ハード 6—3, 6—4 優勝 7. 2000年11月6日 ハード 室内 2—6, 6—4, 6—4 優勝 8. 2000年11月13日 カーペット 室内 3—6, 7—6 9—7 , 6—4, 3—6, 7—6 10—8 準優勝 4. 2001年2月4日 ハード 2—6, 3—6 優勝 9. 2001年9月10日 ハード 6—2, 6—2 優勝 10. 2001年10月22日 ハード 室内 3—6, 6—3, 6—3 準優勝 5. 2002年1月27日 ハード 6—3, 4—6, 4—6, 6—7 4—7 準優勝 6. 2002年5月19日 クレー 1—6, 3—6, 4—6 優勝 11. 2002年10月28日 カーペット 室内 7—6 7—4 , 6—0, 6—4 準優勝 7. 2003年4月27日 クレー 7—5, 2—6, 2—6, 0—3 途中棄権 準優勝 8. 2004年2月1日 ハード 6—7 3—7 , 4—6, 2—6 準優勝 9. 2004年4月18日 クレー 7—6 7—2 , 3—6, 3—6 優勝 12. 2004年9月13日 ハード 7—6 7—4 , 7—5 優勝 13. 2004年10月18日 ハード 室内 6—2, 6—4, 6—3 優勝 14. 2004年11月1日 カーペット 室内 6—3, 7—6 7—5 , 6—3 優勝 15. 2005年1月17日 ハード 1—6, 6—3, 6—4, 6—4 準優勝 10. 2005年6月12日 芝 4—6, 7—6 8—6 , 4—6 準優勝 11. 2006年10月9日 ハード 室内 4—6, 7—5, 4—6 準優勝 12. 2008年10月4日 ハード 室内 6—7 6—8 , 7—6 7—4 , 3—6 ダブルス: 6回 2勝4敗 結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア 準優勝 1. 1999年11月8日 カーペット 室内 2—6, 1—6 優勝 1. 2001年7月15日 クレー 0—1, 途中棄権 準優勝 2. 2001年10月22日 カーペット 室内 5—7, 4—6 準優勝 3. 2002年10月21日 カーペット 室内 6—7 8—10 , 3—6 準優勝 4. 2005年6月12日 芝 5—7, 7—6 8—6 , 3—6 優勝 2.

次の

ボリス・ベッカー

マラト サフィン

選手経歴 [ ] ジュニア時代、男子ジュニアシングルス部門でに敗れた準優勝がある。 同年にプロ入り。 翌3月のが彼のツアーデビュー戦で、予選勝ち上がりからベスト4に進出した。 でに初出場し、1回戦で第8シードのに敗れたが、翌週に開かれた地元の決勝でを下し、ツアー初優勝を果たす。 これらの好成績から、彼はシングルスランキングを年初の「348位」から年度末には「45位」にまで急上昇させ、1999年度のを受賞した。 で、フェレーロは初出場からいきなり準決勝まで進出し、クレーコートの王者に5-7, 6-4, 6-2, 4-6, 3-6で惜敗した。 同年9月に開かれたにもスペイン代表選手として出場し、第8シードとしてとの準々決勝まで進出した。 その後は特にクレーコートで圧倒的な強さを見せ続け、のでは、決勝でに3-6, 6-1, 2-6, 6-4, 6-2で勝利し、優勝している。 しかし、同年のでは2年連続の準決勝でに連敗する。 では、、、、といった強敵を次々と撃破し、初の決勝進出を果たすが、同じスペインの先輩選手に1-6, 0-6, 6-4, 3-6で敗れて準優勝に終わった。 で、フェレーロは2年連続2度目の決勝進出で悲願の初優勝を達成した。 この時は準々決勝でジュニア時代からのライバルだったを6-1, 3-6, 6-1, 5-7, 6-4とフルセットの末に破り、その後準決勝でを6-3, でも、ら過去の全米優勝者を撃破して決勝に進出したが、地元の新星に3-6, 6-7, 3-6で敗れて準優勝に終わった。 全米オープン終了後、フェレーロは初めて世界ランキング1位になった。 その後は故障の影響もあり、彼は長期間の成績不振に苦しんだ。 からまでの5年間は、ATPツアーで6度の準優勝に止まっていた。 その間、で初のベスト8進出があり、この準々決勝ではに6-7, 6-3, 1-6, 3-6で敗れた。 10月の以降、110大会もの間ツアー優勝から遠ざかっていたが、4月の決勝でを6-4, 7-5で破り、6年ぶりのツアー優勝を飾った。 それからでランキングが足りず、での出場であったにもかかわらず、3回戦で第10シードのを4-6, 7-5, 6-4, 4-6, 6-4の死闘の末に、4回戦では第7シードを破り、2人のトップ10プレーヤーを破った上で、2年ぶり2度目の準々決勝に進んだが、第3シードのに5-7, 3-6, 2-6のストレートで完敗した。 フェレーロは2012年10月のを最後に32歳で現役を引退した。 大会 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 通算成績 A A A 20—11 Q1 A 34—11 A A A 22—11 A A 23—12 脚注 [ ]• tennis365. net. 2012年10月24日. 2012年12月25日閲覧。 2012年12月25日閲覧。 2012年12月25日閲覧。 2012年12月25日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - のプロフィール (英語)• - のプロフィール (英語)• - のプロフィール (英語)• - バイオグラフィーとオリンピックでの成績 (英語)• juankiferri -• (スペイン語) タイトル 先代: 世界ランキング1位 2003年9月8日 - 2003年11月2日 次代: 受賞や功績 先代: ATP Newcomer of the Year 1999年 次代:.

次の