蜂窩 織 炎 フェレット。 フェレットにかまれ警官死亡 !! 感染症の蜂窩織炎が原因

蜂窩織炎の治療では「改善しなくても慌てない」:日経メディカル

蜂窩 織 炎 フェレット

県警によると、警部補は大分市の大分駅前交番で勤務していた02年6月26日早朝、「近くの公園にフェ レットがいる」と110番を受けて出動。 捕獲作業中に手をかまれ、3カ月後に感染症の蜂窩織炎(ほうかしきえん)を発症した。 警部補は入退院を 繰り返して治療を続けたが、 今年1月18日に同県別府市の病院で死亡した。 蜂窩織炎(ほうかしきえん)は、皮膚とそのすぐ下の組織に生じ る、広がりやすい細菌感染症です。 患部の皮膚に発赤、痛み、圧痛が みられるほか、発熱や悪寒が生じたり、より重篤な症状が現れたりする こともあります。 この感染症の治療には抗菌薬が必要です。 警部補の遺族から公務災害の申請を受けた地方公務員災害補償基金県支部は、かまれたことと警部補の死亡 に因果関係があるとして 7月26日付で公務災害と認定した。 フェレットは体長30~50センチほどのイタチ科の肉食性動物で、ペットとしても人気。 獣医師の佐伯 久・おおいた動物愛護センター所長(61)は 「フェレットも野生化すれば、野良猫などと同様、かまれた傷口から雑菌が体内に入って広がる可能性があ る」と指摘する。 県警によると、当時の記録が残っていないため、フェレットがペットだったか野生かは不明。 捕獲されたか どうかも分からないという。 蜂窩織炎(ほうかしきえん、cellulitis, phlegmon[e])とは、好中球の浸潤が限局せず組織内にびまん性に広がり 細胞間質を広範囲に融解し細胞実質を壊死させている、進展性の化膿性炎症である。 蜂巣織炎(ほうそうしきえん)、蜂巣炎(ほうそうえん)、フレグモーネともいう。 「蜂窩」とはハチの巣のことで、顕微鏡標本上に見える、浮遊している好中球をハチの幼虫に見立て 融解し切らずに残っている間質を巣の仕切りに見立てた名称である。 皮下組織などの疎性結合組織に好発する。 また、指趾の先端部皮下で発生したものは瘭疽(ひょうそ)という。 口腔内にできたものは口底蜂窩織炎と呼ぶ。 関節周囲に生じた蜂窩織炎は感染性関節炎の鑑別疾患となる。 1ヶ月病院に監禁されたわ。 決定的な治療法がなくて抗生物質と本人の免疫で快方に向かうのを見届けるしかない。 発見というか違和感や痛みを感じた時点で病院に行かないと手遅れになる場合もある。 糖尿病や免疫疾患などで、免疫が弱くなると再発することが多い。 俺の場合、2~3日我慢してから行ったけど、ふくらはぎがパンパンに浮腫んで激痛に耐えられなくなって病院に行った。 命の保証が出来ませんと言われ病院に監禁されて痛み止めも処方してくれず一週間くらい24時間抗生物質の点滴した。 ふくらはぎの筋肉が明らかに細菌に食われたところがボコボコへっこんだ状態になった。 あと足が紫色に変色して、神経痛が後遺症みたいに残ったわ。 あまり気にはならんけど。

次の

フェレット捕獲中かまれた警官、感染症治療続け17年後死亡…公務災害認定 : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン

蜂窩 織 炎 フェレット

皮膚の傷から細菌が増殖して発症 大分県警によると、男性警部補は当時、大分市内の交番に勤務。 2002年6月26日、「近くの公園にフェレットがいる」との通報を受けて出動し、フェレットを発見して捕獲しようとした際に手をかまれました。 その年の9月、蜂窩織炎と診断され、その後は治療のため、休職と復職を繰り返しましたが、今年1月に大分県内の病院で亡くなりました。 41歳でした。 県警は死因を公表していませんが、地方公務員災害補償基金大分県支部が、かまれたことと死亡との因果関係を認めて、今年7月26日付で公務災害と認定しました。 「蜂窩織炎」について、獣医師の増田国充さんに聞きました。 蜂窩織炎とはどういう病気でしょうか。 増田さん「感染症の一つで、皮膚に生じた傷から細菌が増殖することで発症します。 原因となる細菌は、黄色ブドウ球菌と連鎖球菌が代表的で、表皮(皮膚の表面)の下の層である皮下組織を中心に問題が生じます。 人間の場合、顔や脚に発生しやすく、とりわけ肌の露出が多くなる夏場に多発する傾向にあります。 肌が赤くなったり、腫れたり、痛みや熱い感じが急速に拡大したりして、発熱や頭痛、悪寒、関節痛、全身のだるさなどを伴うことがあります。 治療は、原因となっている細菌を特定し、その細菌に効果を示す抗生物質を使います。 合わせて生じている症状があれば、それも同時にケアをしていきます。 ただ、病変が広い範囲で、さらに時間が経過している場合は改善しにくいことがあり、重症化することもあります。 致死率は、一般的にそれほど高くありませんが、持病がある人、特に免疫関連の病気がある人は注意が必要です」 犬や猫への感染は? Q. 人間も動物も蜂窩織炎になるのでしょうか。 今回はフェレットが話題になっていますが、猫や犬なども感染しますか。 増田さん「蜂窩織炎は人間に特化した疾患ではありません。 今回のニュースでは、警察官が感染、発症したことが大きな話題となりましたが、動物も蜂窩織炎を発症することがあります。 たとえば、犬の『若年性蜂窩織炎』は、幼齢期に体の外からのさまざまな要因に対する十分な免疫ができていないことによって、広い範囲で細菌感染による病変を生じるものです。 他の動物も蜂窩織炎を発症する可能性があります。 今回は、フェレットによるかみ傷からの発症でしたが、フェレットだけでなく他の動物にかまれても同様に感染症を生じる可能性があります。 野生の動物に限らず、ペットも感染する可能性はあります。 たとえば、猫同士がけんかしてかまれた場合、皮下で細菌感染をすることがあります」 Q. 今回、死因は非公表ですが、かまれたこととの因果関係は認められています。 蜂窩織炎になって、16年たってから死亡する場合もあるのでしょうか。 増田さん「蜂窩織炎は問題の生じている範囲の広さや、原因となっている細菌などによって治療に対する反応が異なります。 また、先ほどの説明通り、免疫に関連した持病を持っているか否かによっても回復の仕方が異なります。 蜂窩織炎は病変部の範囲が広い場合が多く、原因の一掃が難しくなります。 このため、時間が経過している状態ほど治療も大変になることが多いのです。 今回のように、16年経過して残念ながら亡くなってしまうことは、あまり多いケースとはいえませんが、あり得ます」 予防法と注意点は? Q. 予防法はありますか。 ワクチンなどはないのでしょうか。 増田さん「蜂窩織炎を生じる病原体は非常にたくさんあります。 従って、すべての蜂窩織炎を予防できるワクチンというものは残念ながら存在しません。 野生動物、あるいは家庭で飼育している動物にかまれないように注意することが予防法となります。 人間の場合は、主に夏場、皮膚を露出した脚で発生しやすいといわれます。 野山に入るときや田畑の作業を行うときに皮膚を出さないようすることも予防策となります」 Q. 動物にかまれたり、ひっかかれたりした場合の注意点を教えてください。 どのような場合に蜂窩織炎を疑い、受診すべきなのでしょうか。 増田さん「動物によって生じた傷(かみ傷やひっかき傷)が強い熱を持つ、痛みが強いといった違和感がある場合、あるいは全身の倦怠(けんたい)感や発熱といった症状も生じているようであれば、速やかに診察を受けましょう。 動物が被害を受けた場合もほぼ同様です。 かみ傷やひっかき傷は、今回の蜂窩織炎だけでなく、皮膚のある箇所に集中してうみがたまる『膿瘍(のうよう)』や、それ以外の感染症を引き起こす可能性があります。 また、不調が表に現れにくい場合があるため、気が付いたときには症状が重くなっていることもしばしばあります。 yahoo. 16年も苦しみ亡くなられたということは抗生剤も効かなくなり傷も化膿して治らなかったのでしょうか… フェレットが逃げたとかで捕まえて噛まれてしまったのでしょうけど警察官は本来人間の安全を守るお仕事なのでしょうけど逃げた動物を捕獲したりドブなどに落ちた動物を助けたりとか通報されたらなんでもやらないといけないので大変なお仕事だなぁと思ってしまいます。 飼い主も勝手に捨てたりしないよう責任をもって飼って欲しいです! まさかフェレットで命をおとすと思っていなかったでしょう、、、 ご冥福をお祈りいたします 最近読んだ記事で、米国で飼い犬になめられたオーナーが、犬の唾液中にあるバクテリアが傷口から体内に入り肢体が壊死し、変色し両膝から下と片腕を途中から切断しなければなかったとあった。 自分も飼い猫をうっかり踏んずけてしまうという事故を起こし、驚いた猫にふくらはぎの下方をブスリと爪を立てられ、腫れだし赤く熱を持って救急クリニックへ行くはめになった。 ちょうどアキレス腱の走る箇所で、激痛で歩行不能。 2種類の抗生物質が効かず、3種目を飲みつつ、もしかすると血の塊が出来ているかもしれないし、それはエコノミークラス症候群と同じことで命取りになるからと超音波検査までやられて、まともに歩けるようになるまで1週間以上かかった。 私はこれくらいで幸運と言わざるを獲ない。。 こんなお若い方が、長く体調を崩され、このような事が原因で命取りになるとは。。。 御家族の無念さはいかがばかりか。。。 心よりお悔やみ申し上げます。 管理人の率直な感想 不幸な事故です。 ご本人もフェレットに噛まれて死亡するとは夢にも思わなかったでしょうし、長い闘病生活の辛さは筆舌に尽くしがたい。 フェレット・・・可愛いですよね。 飼いやすいのでペットとしても人気です。 もともとペットとして飼われていて逃げたのか、捨てられたのかわかりませんが、野生化すると病原菌を持つ場合がある。 最初から完全室内飼いならば大丈夫でしょうけど、屋外屋内を行き来できる環境でペットを飼っていらっしゃる方は要注意です。 今は野良犬を見かける機会はありませんが、可愛いからといって安易に野良猫に近づくことも避けなければいけない。 すべての蜂窩織炎を予防できるワクチンが無いという現実は怖い。 病原菌って何で存在するんだろう。 なんて考えるわけですが、 野生生物と人間との一種の境界線なのかもしれません。 警官を噛んだフェレットだって、自分の身を守ろうとしただけで、たまたま病原菌を持っていただけ。 不幸としか言いようがない。 人間だって、動物を虐待する心無い者が存在する。 野生生物との「共存」とは僕らが考える以上に難しいものであって、必ずしも必要なものではない気がします。 それぞれのテリトリーがあり、それぞれの生活をしている。 もちろん心優しい飼い主さんが現れるのであれば動物にとって幸せなことですが、野生動物にそんなことは予測できない。 警官がなくなった件は本当に悲劇としか言いようがないです。 ご自身はもちろん、現在ペットを飼っていらっしゃる方には感染しないよう是非気を付けていただきたいと思います。

次の

大分県警の男性警部補フェレットに噛まれ死亡!蜂窩織炎(ほうかしきえん)を発症!

蜂窩 織 炎 フェレット

男性警部補のプロフィール 男性警部補のプロフィールです。 項目 情報 階級 警部補 年齢 41歳 現住所 大分県別府市 勤務先 大分駅前交番 死亡原因 蜂窩織炎(ほうかしきえん)により死亡 スポンサーリンク フェレットとは 日本において本格的にペットとして認知され始めたのは1993年春、米国人のマイケル・E・ コールマンが臭腺除去、避妊手術を施したマーシャルフェレットを輸入して日本に紹介を始め た頃と言われている。 当初ペット流通業者の扱いは少なくペットショップミヤザワが取り扱い を主に行っていた。 マイケル・E・コールマンは国際フェレット協会を設立し、フェレットの 普及に努めた。 獣医師の野村潤一郎もその活動に参加し、飼育書を執筆したり、テレビ番組 「笑っていいともに!」に出演するなどして紹介を行った。 その活動が実り1995年頃から一般 的にも広く知られるようになった。 国際フェレット協会は公的な機関ではなく、半ば動物輸入 会社の性格を持つものであり、両氏の活動はマーシャルフェレットの宣伝活動でもあった。 そ のため現在でも日本ではマーシャルフェレットが1番のブランドとなっている。 フェレットの行動は、まるで成長しない子猫のようであり、一生活発で好奇心が強い。 しかし フェレットは、一般的にネコよりも人間に懐き、飼い主との遊びを好む。 トイレのしつけや簡単な芸を覚えさせることも可能で、YouTubeなどの動画投稿サイトでは飼 い主がフェレットに芸をさせている様子を撮影した動画が多数公開されている。 普段の鳴き声はあまり大きくなく、機嫌が良い時は「クックックッ」、機嫌が悪い時は 「シャーッ」と鳴く程度である。 また幼少の頃兄弟から引き離されるとさみしさのため 「ブェ、ブェ」というベビ泣きと呼ばれる泣き声もあげる。 いずれも小さな音であり、鳴き声 によって隣家や隣室に迷惑をかけることはほとんどない。 ただし、非常に驚いた時などは 「キャン! 」と犬が吠える程の大声で鳴くことが稀にある。 家畜用に品種改良されてきたため飼い主から離れたフェレットが自然界で生き延びることがで きる可能性は非常に低いと考えられている。 また、ペットのフェレットは、発情期に体臭が非 常に強くなったり、凶暴になることを嫌う飼い主が多いため、大手供給社のペットは去勢・避 妊されている。 このような理由から、逃げ出したフェレットが野生化して増え、群れを形成す るという心配はないと考えられている。 スポンサーリンク 蜂窩織炎(ほうかしきえん)について 蜂窩織炎(ほうかしきえん)とは、好中球の浸潤が限局せず組織内にびまん性に広がり、細胞 間質を広範囲に融解し細胞実質を壊死させている、進展性の化膿性炎症である。 蜂巣織炎(ほ うそうしきえん)、 蜂巣炎(ほうそうえん)、 フレグモーネともいう。 「蜂窩」とはハチの巣のことで、顕微鏡標本上に見える、浮遊している好中球をハチの幼虫に 見立て、融解し切らずに残っている間質を巣の仕切りに見立てた名称である。 皮下組織などの疎性結合組織に好発する。 また、指趾の先端部皮下で発生したものは瘭疽 (ひょうそ)という。 口腔内にできたものは口底蜂窩織炎と呼ぶ。 関節周囲に生じた蜂窩織炎 は感染性関節炎の鑑別疾患となる。 蜂窩織炎がある場合は関節穿刺が禁忌になるからである。 蜂窩織炎は連鎖球菌、黄色ブドウ球菌 、クロストリジウム属菌、ビブリオ・バルニフィカスな どによる皮膚感染症である。 感染部位は真皮から皮下脂肪組織である。 表皮に感染した場合は 伝染性膿痂疹となる。 顔面、四肢に好発し、境界不明瞭な局所の発赤、腫脹、疼痛、熱感が急 速に拡大する。 発熱、頭痛、悪寒、関節痛を伴うこともある。 ここまでいくと血液検査でも炎 症所見がとれるが、基本的には局所感染であるため、血液検査で炎症所見はとれないことが多 い。 深層の感染であるため、伝染性膿痂疹と異なり飛び火はしないと考えられている。 関節周 囲に生じたときは化膿性関節炎との鑑別が難しい。 化膿性関節炎では関節穿刺を行うが蜂窩織 炎の場合は化膿性関節炎を医原性に作ってしまうため関節穿刺が禁忌となる。 スポンサーリンク ネットの反応 こんな小動物に咬まれただけで17年もの間苦しめられて、短い人生を終えられたのですね。 本当に警察官の方には頭が下がります。 いろいろ憎まれたり、疎まれたりすることも多いと思いますが、ちゃんとした警察官の方は使命をもって取り組んでると思います。 亡くなられた警察官のかたのご冥福をお祈りします。 フェレットに噛まれ17年も苦しみ命を落とすなんて… 数年前に子猫が川に落ちたと通報されたらしく警察官と消防の方が救助しているのを見ましたが 庶民のためにいろいろなことをしなければならない職業のかたは大変だと思います! ご冥福をお祈り致します このフェレットはわからないけど、最近は色々な種類の動物を自宅で飼う人が増えてきた。 飼うからには知識は勿論、逃げないようにしっかりと管理してほしい。 町に猿やイノシシやマムシが出た時も警察が捕獲に立ち会ったりする機会がありますが、普段取り扱った事のない動物の捕獲要請については専門知識がないと怪我をする恐れもあるし毒性のある動物は危険だと思います。 なんでも警察が処理するのが正しいのかなと感じます。 県民の暮らしを今まで守っていただいた。 何か御遺族へでも、県民が寄付できる窓口とかないのかな。。。 少しでも力になりたいと思います。 お悔やみ申し上げます。 スポンサーリンク まとめ 庶民の為に働き犠牲となられた警部補やすらかにお眠り下さい。

次の