タウンページ。 商品・サービス|NTTタウンページ

タウンページいらない! 回収方法と全戸配布のユーザーセカンド

タウンページ

概要 [ ] 多くの国で発行されている ホワイトページ( White Pages)と呼ばれるものに相当するが、日本では青い表紙の企業名・緑の表紙の個人名の分冊となっている。 またタウンページと違い五十音順にただ並んでいるだけなので創作性がなくがないものとされ、様々なメーカーがハローページを取り込み、等でデータベースとして利用できるようにしたものを市販している。 最終版 [ ] 、・は2021年10月以降発行されるものをもって最終版とすると発表した。 各地域の最終版の配布は、2021年10月以降の発行スケジュールに基づいて行われる予定である。 明治23年 に「電話加入者人名表」と名付けて電話番号と加入者氏名を掲載して初めて配布されて以来、印刷配布物としての131年間の役目を終えることになる。 2020年6月18日、「ハローページ」の発行を2023年2月までに終えると、NTT東日本とNTT西日本が発表した。 配布方法 [ ] 全てのNTT東西の加入者は、加入地域の企業名のものが1冊無料で配布される。 申し込みを行うことで同一都道府県内の個人名・企業名のものを1冊は無料で、他の地域のものも送料を支払うことで入手可能である。 公立に行くと、その地域のハローページが蔵書されており、図書館内での閲覧が可能である。 なお、個人名編は現在(発行分以降)希望者にのみ配布されている。 また、他のの加入者も入手可能である。 他の電気通信事業者が有料もしくは無料で配布する場合と、NTTに有料配布を依頼する場合とがある。 掲載方法 [ ] NTTの電話加入者の場合、1掲載は無料である。 掲載拒否も可能である。 また、広告・多重掲載は発行の都度ごとの別料金となる。 また、他事業者加入の場合は他の事業者を通じて申し込むこととなっている。 その他 [ ] 大量の個人情報が掲載されているため、電話による勧誘などの事業に用いられやすい。 近年ではの実行犯にも多く利用されている実態があり 、ではデータ削除を呼び掛けたりNTTに掲載意思の再確認を要請するなどの対応を取っているところがある。 脚注 [ ]• NTT東日本. 20200618閲覧。 NTT西日本. 20200618閲覧。 朝日新聞. 2020年6月20日. 2017年5月27日. 2017年5月27日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

タウンページ・キャラクター事件 みずみずしいスイカ 事件

タウンページ

各種電話帳の発行等に係る事業• 各種データベース等の販売に関する事業• IT(情報技術)に関する次に掲げる事業• 1 コンサルティング、商品・サービスの企画、開発、販売等• 2 番号情報及びこれに関連する各種情報の収集、各種情報データベース・システムの構築等• 前記3を活用した各種情報処理及び各種情報提供事業• 広告事業一般に係る事業• 企業等からの委託による電話受付及び各種テレマーケティング事業• 電気通信機器及び情報通信機器並びに各種ネットワークサービス商品等の販売取次ぎに関する事業• コンピューターシステムの販売に関する事業• その他前各号に附帯関連する一切の事業 経営情報(公告).

次の

タウンページ・キャラクター事件 みずみずしいスイカ 事件

タウンページ

以前から実家が商売していたので、NTTのタウンページには いつも広告を載せていました。 でも時代はネット化が進み、タウンページもだんだん存在感が 薄くなってきて、以前ほどには反響も取れなくなってきて… そこでネット広告を考えるわけですが、これまでお世話に なってきたNTTのタウンページなので、そのインターネット版 である「iタウンページ」がいいだろう!と真っ先に思うわけです。 営業さんもそういう話をするし。 他社の電話帳的なサービスや、ぐるなび・ホットペッパーなどの ジャンル特化型メディア、地域情報サイトなどなど、 ユーザーの検索結果にヒットするように、膨大な投資をして サイトを作っているから、広告効果も高いわけです。 でもiタウンページは全くその辺の投資ができていない。 予算や人材が潤沢にあれば、ホームページもしっかり 作りこんで、独自でグーグルやヤフーにリスティング(PPC)広告 を出したりするのもよいのですが、そこまでお金や手間を かけづらい場合はどうするか。 自分の商売にあったメディアを探して、そこに広告を 出すのが最も有効です。 また、地域のお客様を集めたいのなら、地域情報に特化した 地域ポータルサイトなどもあります。 (地域によっては、すごくブランドがあって集客効果あるものも) また、電話帳的な情報サイトなら、iタウンページよりも 「電話帳ナビ」というサイトがおすすめ。 電話帳ナビは、すでに月間600万以上のアクセスがあるので、 その中でPRをうてば、効果的な集客ができる可能性が高いです。 ポイントは、「有力な情報サイト」というところ。 グルメの情報サイト等は、いくつも充実したポータルサイトが あるので、そこに広告を掲載するのがおすすめ。 一方、有力な情報サイトが見当たらないジャンルでは、逆に 電話帳ナビのような網羅的な電話帳・口コミサイトの方が 威力を発揮します。 具体的には、 歯科 内科 小児科 整形外科 耳鼻咽喉科 眼科 心療内科 婦人科 皮膚科 脳神経外科 精神科 口腔外科 循環器内科 神経内科 消化器内科 泌尿器科 総合病院 などの病院広告。 それに、植木屋・仕出し・不動産取引・貸しスタジオ・ 税理士事務所・鍵屋・・・ などのような、タウンページで集客効果が出せたような、 ニッチだけどいざという時に情報が欲しくなるような業態。 これらは、ジャンル特化型情報サイトになりにくいんですね。 かといって、単独で集客をするには効率が悪い。 なので広範囲の電話帳タイプの電話帳ナビが効果的。

次の