ウイカ bish。 ファーストサマーウイカのBiS時代のPVを調査!前貼りなし画像が衝撃!

BiSの初期から3期現在までのメンバー紹介|ファーストサマーウイカもいた|プロデューサーは誰

ウイカ bish

BiSのプロフィール BiS は、ふつうのアイドルグループとは違って、定期的に結成、解散を繰り返しているという、実に不思議なグループなのでした。 そのため、 BiS の歴史は、初期、 2 期、 3 期に分かれています。 初期は、 2010 年に結成されて、 2014 年に解散。 2 期は、 2016 年に結成されて、 2019 年に解散。 3 期は、 2019 年 6 月に結成されて、 2019 年 10 月現在、まだ 4 ヶ月しか経っておりません。 このような経緯があるため、 BiS は、実質的には、 2010 年から続いているともいえるでしょうが、メンバーもみんな入れ替わっていますし、結成時の初期と 2019 年現在の 3 期とでは、別グループともいえますね。 ほぼ全裸といっていい感じの MV を出したり、日本武道館から、解散ライブ実施を断られるなど、これまでにさまざまな話題を提供してきました。 さて、 2019 年 10 月現在の BiS の 3 期メンバーですが、芸名がそうとう奇抜になっています。 イトー・ムセンシティ部さん、ネオ・トゥリーズさん、チャントモンキーさん、トギーさんですね。 なお、 BiS の 3 期には、結成から 4 ヶ月しか経っていないとはいえ、脱退メンバーとして、マナコ・チー・マナコさん、ズズ・デスさんがいました。 BiSHのプロフィール 続いては、 BiS と名前が酷似している BiSH とは、どのようなアイドルグループなのか、見ていきましょう。 BiSH は、 BiS よりも歴史は浅く、結成されたのは 2015 年のこと。 以来、 2019 年に至るまで、メンバー脱退はあったものの、解散はまったくしておりません。 2019 年現在のメンバーは、アイナ・ジ・エンドさん、セントチヒロ・チッチさん、モモコグミカンパニーさん、ハシヤスメ・アツコさん、リンリンさん、アユニ・ D さん。 ちなみに、これまでの脱退メンバーには、ユカコラブデラックスさん、ハグ・ミィさんがいました。 このように、 BiSH のメンバーは、 BiS に負けず劣らず、芸名が奇抜。 それだけならまだしも、メンバーの個性も過激なものになっていて、音楽以外においても何かと話題を集めております。 トイレマニア、盗聴する、エレベーター内で脱いでしまうなど、趣味、特技も一風変わったものとなっていたのでした。 アイドルは個性がないとだめでしょうが、ここまで個性的となれば、話題には事欠かず、むしろ、やりやすいのかもしれませんね。 BiSとBiSHの違いと関係を時系列に分かりやすく解説 さて、なにかと似ている BiS と BiSH ですが、具体的にどのように違うのか、両者の関係を時系列で確認していきたいと思います。 BiS と BiSH は、ともに所属事務所は WACK でした。 ここまでネーミングも奇抜さも似ていますので、これは想定の範囲内でしょうね。 さらに、 BiS と BiSH は、音楽プロデューサーもいっしょで、渡辺淳之介さんでした。 さて、渡辺淳之介さんは、初期 BiS が 2014 年に解散した後、 BiS を作り直そうとしていました。 そこで誕生したのが、 2015 年結成の BiSH だったのです。 が、 2 期 BiS が 2016 年に結成されることになったため、 BiS と BiSH は、競合状態に。 しかも、 BiS のほうが先輩だったのに、 BiSH のほうが 2 期 BiS 、 3 期 BiS より早く結成されるという、ややこしいことになったのでした。 こうして時系列で見ていくと、両者は関係が複雑そうにも思えますが、案の定、噂があったようなので、次でさっそく、見ていきましょう。 BiSとBiSHのメンバー同士仲悪い噂の真相 実は、 BiS と BiSH には、メンバー同士の仲が悪いのではないか?という、不穏な噂があったとか。 はたして、真相はどうなっていたのでしょうね … ? さっそく探ってみたものの、さいわい、とくにこれといった根拠はなかったようですね。 やはり、 BiS と BiSH は、なにかと時系列で見た関係が複雑だったため、いろいろ憶測を呼んでしまったのではないでしょうか。 プロデューサーが BiS を作り直そうと BiSH を作って、 BiSH のほうが BiS よりもキャリアが長くなってしまったわけですからね。 なお、 BiS と BiSH は、合宿による合同オーディションも実施していましたが、ここでの様子からは、とくに不穏なものは感じられません。 やはり、両者に対立などはないとみていいのではないでしょうか。 BiS も BiSH も、それぞれ人気アイドルグループゆえに、複雑な経緯など、なにかと大変そうですね。 もっとも、おもしろいネーミング、変わったキャラクターなど、いずれも、メンバーに見どころの多いアイドルグループです。 これから両者が対立などしたりせず、仲よく共存していくことを期待したいところですね。

次の

ファーストサマーウイカのBiS時代のPVを調査!前貼りなし画像が衝撃!

ウイカ bish

誰しも人生で何人かはいる「あこがれた人」や「嫉妬する相手」。 「他人と比べない社会」を良しとする風潮の中で、それでも自分の中にある「羨ましい」「あの人みたいになれたら」の声に耳を傾けることで、次に頑張るべき課題や目標が見えてくるかもしれません。 今回は、2019年12月のライブを機に解散するBILLIE IDLEのメンバーで、タレントとしても活躍中のファーストサマーウイカさん、後編では「嫉妬」との付き合い方について伺いました。 前回、前々回のベッド・インちゃんまいさんと、夢眠ねむさんは「しないです」という2人だったのですが。 ファーストサマーウイカ(以下、ウイカ): 私はめっちゃしますね。 橋本環奈ちゃんのCM観て「わぁええなぁ……こんなんに生まれたら最高やん!」とか広瀬香美さんが歌ってるのとか聴いたら「こんなに歌うまかったら幸せやろなー!」とか。 人に対してすぐ羨ましいと思います。 ウイカ: ただ、嫉妬といっても、自分を卑下するようなことはあんまりないです。 「私なんて」みたいな感情よりは「ええなぁー!」っていう方。 ファミレスで友達の頼んだメニューを「そっち頼んだらよかったわぁ、一口ちょうだい!」みたいな羨ましさです。 たとえば、最近BiSHというグループがすごく人気があって、私はBiSという姉貴分の、血の繋がったようなグループにいたので、タイミングが違ったらBiSHにいる未来もあったかもしれない、なんて人に言われたり、自分でも思うことはあるんですけど。 でもそこで「あー!BiSHにいたらもっと売れてたのかもしれないのに!」じゃなくて「私がいなかったらBiSHは存在してなかったな」って思えちゃう。 ウイカ: 私の大好きな芸人さんと共演してたらそりゃもう、その度に血の涙を流して観てますよ(笑)。 でも、よく「嫉妬心があるから頑張れる」っていうじゃないですか。 私まさにそれで。 歌が上手い人が羨ましい、じゃあ、自分はどうやったら違う部分で魅力が出せるだろう?って考えたり、「BiSHが人気?オッケー、ここは人気に乗っかったろ。 どや、うざい先輩やろ?」って、おいしいとこどりでバネにしようと思えちゃう。 いわゆる「私が良いと思ってたものって、売れていくねん!」っていうあれです。 だから、いいなぁって嫉妬できる存在のまさにその「いいなぁ」の部分をうまく取り入れたら、自分の良さにできるんじゃないかって。 この「いいなぁ」とか「すてきやなぁ」ってフラットに思える感覚は消さないようにしていますね。 羨ましいって思える性格でよかった。 ウイカさんにとってどういう場所でしたか? ウイカ: 「唯一の、クリエイティブな種を撒いて花を咲かせるということをする場所」ですかね。 私、あまり率先してものづくりをするような人間ではないんです。 グループの活動として作詞をすることはあっても、普段からポエムを書いてきたというわけではない。 作詞や振り付けは、プロジェクトの中で人から勧められて「私がやったらおもしろいんじゃないか?」という感じで、戦略的にやらせてもらっていた。 あくまで自分のことはパフォーマー側だと思っています。 なので、そういう場がなくなるというのは結構大きいことかもしれません。 一貫して「来たモンは全部やる精神」って感じだったんですね。 よく、「流木のように生きたい」言ってるんです。 「バンドをやりたい」「女優になりたいかも?」発端はいつも自分、でもそこからは波に揺られるままに、たどりついた島に滞在していくような人生。 波や風という人や縁に左右されながら、どこかへ連れて行ってもらえるような生き方をしていきたいと。 だから、次にバンドなのか劇団なのかわからないけど、もしそういうものをゼロから作るような活動をするとしたら、それは人生で初めてのことになるかもしれないです。 流されるにしてはあまりにも涙も多い荒波すぎる20代だったように見ていて感じました。 ウイカ: たしかに、波に逆らうこともできたかもしれないし、何ならこの先、朽ち果てて沈んじゃうこともあるかもしれない。 でも、そんな自分をおもしろがれるか否かが大事だって思います。 ウイカ: そうそう。 29歳の女性がこの世界で戦っていくってなったら、相当ふんばらないと一瞬で消えちゃうだろうとか、どうやったら嫌味な感じに見えないだろうとか、いろんなことを考えます。 でも、私っていう流木、相当、稀有(けう)なところに流れ着きながらここまできてるんじゃないかと。 こんな変な経歴そうそういない。 それは、私が「圧倒的に普通な人間だったから」だと思うんです。 何ひとつ人より秀でてると自分では思ってません。 でも、それをできるだけ払い落とさない、要は、やってきたこと全部無駄にはしてこなかったつもりです。 実は私、声優の専門学校に1年だけ通って中退したんです。 こんな風に後々の人生に役立つんだなぁって思いました。 だから、困難なことや辛いことがあっても、全部明日のネタにしてやろうって思ってやっています。 たまに収録で滑って大泣きして帰ることもありますけど……。 ーーかなり落ち込むタイプですか? ウイカ: 新幹線で2時間半泣いて帰ってくるときとかありますけどね(笑)「なんであそこであれ言われへんかったんやろ」ってボロボロ泣きながら。 でもそれも次の収録でその話をしたら大ウケしたりすることもあるから、拾ったものは全部使うし、自分の身から出たサビですら使う。 多分これからも、そうやって生きていくと思います。 取材後記:「声優になりたい」という夢は黒歴史だったと話してくれたウイカさん。 「でも小学校の卒業文集の時に書いた「声優」という夢を、進路を決めるときに思い出して繋がって、その学校に通ったことが今、仕事に繋がって。 ずーっと昔の自分からバトンを繋いでもらってるんです。 グループの解散も、今ここで話していることや、この記事も、なにか次のバトンになるかもしれない。 これ『憧れバトン』って企画なんですよね? 私が次にバトンを渡す人にも、新しい発見があるかもしれない、それが私に返ってくるかもしれない。 そんな風に思います」。 とうれしい言葉をくださいました。 ウイカさんが「憧れた」次のバトンを受け取る人は……? 次回もぜひお楽しみに。 2014年、NIGO R プロデュースのもと「BILLIE IDLE R 」を結成。 女性5人組で楽曲リリースとライブ活動を行う。 本年12月の「LAST ORGY」ツアーをもってグループは解散する。

次の

BiSH アイナ・ジ・エンド、渡辺淳之介からの深夜の“求婚”エピソード明かす「私だけじゃなかったんだなって感じです」

ウイカ bish

ファーストサマーウイカ ファーストサマーウイカは 大阪府出身の28歳で、 ウイぽん、 ファッサマの愛称で親しまれています。 ちなみにファーストサマーは 本名である初夏からきています。 元々はTwitterでBiSのオーディションに応募したのがキッカケ。 過激な演出や幾多のライブを経て、BiS解散後はヒラノノゾミと共にBILLIE IDLEを結成。 現在のメンバーはファーストサマーウイカ、ヒラノノゾミ、モモセモモ、アキラ、プー・ルイの5人。 所属する 事務所はいきものがかりや藤木直人らと同じcubeで歌手としても俳優としても活躍しています。 またFMヨコハマで放送中のTresenの木曜日レギュラーDJとしても活躍しています。 特技はドラムで、10年ほどやっていたようです。 これはBiS時代の「太鼓持ち担当」の由来にもなっています。 またアダルトビデオ鑑賞が趣味という一面もあり、関連のイベントなどにも参加するほどのファンです。 テレビでの活躍 歯に衣着せぬ関西人ならではの喋りの巧みさに現在はバラエティ番組でも大人気なファーストサマーウイカ。 その火付けは2019年の1月に放送された「女が女に怒る夜 2019年愚痴始めSP」でした。 良い意味でアイドルらしくない立ち振る舞いは視聴者の間でたちまち話題に。 今夜くらべてみました通称今くらにも、実は関西出身の女という企画で出演。 水川あさみ、赤江珠緒と共にコテコテの関西弁を駆使して笑いをかっさらっていました。 3月14日にはヒルナンデスにも出演し、本名である「初夏」を意味中で繰り返すファーストサマーウイカの名を寺門ジモン式だと話し共演者を笑わせました。 普段よりも視聴者が増えることであろうGW中の5月2日に放送されたヒルナンデスにも出演し、サウナの魅力を紹介する回で、サウナ初心者としてタオルを纏って登場しました。 俳優としての活動 俳優としては2009年に「RETORUTO AUDITION 2009」を経て劇団レトルト内閣に入団しました。 同年10月2日には舞台 『哀願ソワレ ~ハーフビューティな彼女に愛の薔薇一票~』にて俳優デビューを果たしました。 主に舞台をメインとして活躍していた彼女ですが、2018年にミツカンのwebCMにも登場。 高橋一生扮する、〆野(しめの)さんが突然自宅にやってきて、3人家族の娘役・めぐみさんを演じました。 歌手としてのファーストサマーウイカ BiS時代でもその歌唱力が話題になったファーストサマーウイカ。 凛とした顔立ちと、ハッキリとした強い声は楽曲とグループにスパイスをもたらしています。 その歌唱力の高さは現在所属するグループBILLIE IDLEでも存在感を放っています。 BILLIE IDLEのオススメ曲を紹介します。 まずは「MY WAY」 ロックテイストの楽曲とファーストサマーウイカの歌声の相性がめちゃくちゃ良いです。 「そして、また、、」 ファーストサマーウイカは普段と一変して、清楚な雰囲気に。 前髪がある髪型も美しくファンを惹きつけます。 メンバーのプー・ルイによる作詞された歌詞も優しくて心がじんわりと温まります。 動画の最後にあるサプライズはメンバーも知らなかったそうです。 「エブリデイズ」 どんどん人を巻き込んで大きくなっていくシンプルかつ、どこか勇気が湧いてくるMVです。 次第に大円団となっていく様は今のBILLIE IDLEを彷彿とさせます。 ファーストサマーウイカが吹くハーモニカにも注目。 歌唱力もさるこもながら、ハーモニカを吹く姿はまさにクールビューティーを体現しています。 「エブリデイズ」では作詞も担当。 今後の活動 現在彼女たちはは5月26日まで続くインストアライブツアーの真っ最中です。 5月22日発売に発売されるニューシングル「僕らまだちっぽけな頃の話」を全額事前入金にて予約すると、特典会参加券もついてきます。 その後はシングルリリースに伴い、全国15都市を回るツアーが開催。 これはBILLIE IDLE史上最大規模のツアーで、2019年7月28日 日 にマイナビBLITZ赤坂からスタートします。 なんと、この会場限定で特典Tシャツ付きチケットも。 テレビを見てファーストサマーウイカが気になった方は、ぜひ会場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

次の