関口 教会 ミサ。 カトリック東京大司教区、主日のミサを動画配信

今後のミサ映像配信に関して

関口 教会 ミサ

カトリック東京大司教区の菊地功大司教(自身のツイッターより) それに先立つ2月26日、「」と題する文書で、「2月27日(木)から3月14日(土)まで、公開のミサを原則として中止」するとしていたが、公開ミサ中止の期間が延長されたことになる。 新型コロナ・ウイルス対策を検討する政府の専門家会議は9日、今の状況について「爆発的な感染拡大には進んでいない」としたものの、イベント自粛などの対策については継続するよう求めたことを受けたかたちだ。 安倍晋三首相も10日、新型コロナ・ウイルス感染症対策本部の会合で、大規模イベントの自粛について「今後おおむね10日間程度」はこれまでの取り組みを継続するよう求める方針を表明した。 菊地大司教は9日、「」という文書と動画を発表し、公開ミサ中止で直接聖体拝領が受けられない痛みを覚えている人に向けて励ましの言葉を語った。 これはその一部だ。 この困難な時期にあっては、互いの命を守ることを最優先に考え、豊かな思いやりの心で支え合うことを第一に考えてくださることを望んでいます。 今回のような、まれに見る状況に遭遇して、お一人お一人のこれまでの信仰生活の体験に基づいた、様々な思いが交錯していることと推察いたします。 こういったときだからこそ、わたしたちがキリスト者として、主イエスの体における一致へと招かれていることをあらためて思い起こし、一人で祈っているときであっても、それが目に見えない形であったとしても、わたしたちはつねに主イエスの体である一つの共同体に結ばれているのだという信仰における確信を深めていただくことを期待しています。 わたしたちはこの信仰を一人で生きているのではありません。 目に見えないきずなのうちに、ともに道を歩みながら、信仰を生きているのです。 「カトリック東京大司教区の皆様」に宛てた「新型コロナ・ウイルス感染症に伴う3月15日以降の対応」の全文は次のとおり。 新型コロナ・ウイルスによる感染症の拡大と重篤な症例が報告が相次ぎ、世界各地で公開のミサなど教会活動の中止が決められています。 一昨日にはローマ教区を含めイタリア全土のミサの中止も発表されました。 国内における感染のピークの時期も、まだ見通せていません。 こういった状況に鑑(かんが)み、3月15日以降の東京教区の対応を以下のように定めましたので、具体的な対策をお願いいたします。 1 3月15日(日)から3月29日(日)まで、東京教区のすべての信徒を対象に、主日のミサにあずかる義務を免除します。 2 3月15日(日)以降も当面の間、公開のミサを原則として中止します。 3 結婚式と葬儀については、充分な感染症対策をとった上で、通常通り行います。 4 ミサ以外の諸行事に関しては、規模が小さい集まりを除いて、できる限り延期または中止するようにご配慮ください。 実施する場合は、手指消毒はもとより、換気を充分に行い、互いの間隔を大きくとり、できる限り短時間で終了するように心がけてください。 なお、関口教会の信徒の方のご協力を得て、主日のミサをインターネットで映像配信していますが、これを当分の間継続しますので、映像を通じて祈りの時をともにし、霊的聖体拝領を受けられるように勧めます。 また主日に祈りを捧げる務めがなくなるわけではありませんから、教会共同体との一致のうちに、主日には祈りの時を持つように務めてください。 なお映像配信については、字幕などのサービスを常時提供できないこともあります。 担当してくださる方のボランティアとしてのサービスに頼っておりますので、ご理解いただきますようにお願いいたします。 3月30日以降の対応については、状況を見極めながら、医療専門家の助言をいただき、3月23日過ぎ頃に、あらためて発表いたします。

次の

聖週間ミサ・典礼の動画配信

関口 教会 ミサ

カトリック東京大司教区の菊地功大司教(自身のツイッターより) それに先立つ2月26日、「」と題する文書で、「2月27日(木)から3月14日(土)まで、公開のミサを原則として中止」するとしていたが、公開ミサ中止の期間が延長されたことになる。 新型コロナ・ウイルス対策を検討する政府の専門家会議は9日、今の状況について「爆発的な感染拡大には進んでいない」としたものの、イベント自粛などの対策については継続するよう求めたことを受けたかたちだ。 安倍晋三首相も10日、新型コロナ・ウイルス感染症対策本部の会合で、大規模イベントの自粛について「今後おおむね10日間程度」はこれまでの取り組みを継続するよう求める方針を表明した。 菊地大司教は9日、「」という文書と動画を発表し、公開ミサ中止で直接聖体拝領が受けられない痛みを覚えている人に向けて励ましの言葉を語った。 これはその一部だ。 この困難な時期にあっては、互いの命を守ることを最優先に考え、豊かな思いやりの心で支え合うことを第一に考えてくださることを望んでいます。 今回のような、まれに見る状況に遭遇して、お一人お一人のこれまでの信仰生活の体験に基づいた、様々な思いが交錯していることと推察いたします。 こういったときだからこそ、わたしたちがキリスト者として、主イエスの体における一致へと招かれていることをあらためて思い起こし、一人で祈っているときであっても、それが目に見えない形であったとしても、わたしたちはつねに主イエスの体である一つの共同体に結ばれているのだという信仰における確信を深めていただくことを期待しています。 わたしたちはこの信仰を一人で生きているのではありません。 目に見えないきずなのうちに、ともに道を歩みながら、信仰を生きているのです。 「カトリック東京大司教区の皆様」に宛てた「新型コロナ・ウイルス感染症に伴う3月15日以降の対応」の全文は次のとおり。 新型コロナ・ウイルスによる感染症の拡大と重篤な症例が報告が相次ぎ、世界各地で公開のミサなど教会活動の中止が決められています。 一昨日にはローマ教区を含めイタリア全土のミサの中止も発表されました。 国内における感染のピークの時期も、まだ見通せていません。 こういった状況に鑑(かんが)み、3月15日以降の東京教区の対応を以下のように定めましたので、具体的な対策をお願いいたします。 1 3月15日(日)から3月29日(日)まで、東京教区のすべての信徒を対象に、主日のミサにあずかる義務を免除します。 2 3月15日(日)以降も当面の間、公開のミサを原則として中止します。 3 結婚式と葬儀については、充分な感染症対策をとった上で、通常通り行います。 4 ミサ以外の諸行事に関しては、規模が小さい集まりを除いて、できる限り延期または中止するようにご配慮ください。 実施する場合は、手指消毒はもとより、換気を充分に行い、互いの間隔を大きくとり、できる限り短時間で終了するように心がけてください。 なお、関口教会の信徒の方のご協力を得て、主日のミサをインターネットで映像配信していますが、これを当分の間継続しますので、映像を通じて祈りの時をともにし、霊的聖体拝領を受けられるように勧めます。 また主日に祈りを捧げる務めがなくなるわけではありませんから、教会共同体との一致のうちに、主日には祈りの時を持つように務めてください。 なお映像配信については、字幕などのサービスを常時提供できないこともあります。 担当してくださる方のボランティアとしてのサービスに頼っておりますので、ご理解いただきますようにお願いいたします。 3月30日以降の対応については、状況を見極めながら、医療専門家の助言をいただき、3月23日過ぎ頃に、あらためて発表いたします。

次の

聖週間ミサ・典礼の動画配信

関口 教会 ミサ

今年で24回目となった「グレゴリオ聖歌・ラテン語による荘厳司教ミサ」。 1千人を超えるカトリック信徒らが心静かに祈りを深めた=8日、東京大司教区カテドラル関口教会聖マリア大聖堂(東京都文京区)で ローマ・カトリックの伝統に則った「グレゴリオ聖歌・ラテン語による荘厳司教ミサ」がこのほど、東京大司教区カテドラル関口教会聖マリア大聖堂(東京都文京区)で開かれ、会堂を埋め尽くした1千人を超えるカトリック信者らが心静かに祈りを深めた。 ミサは来月献堂50周年を迎える同カテドラルにささげられ、主司式を務めた東京教区長の岡田武夫大司教が、説教の中で「東京教区の中心の教会であるこのカテドラルを通して、キリストの光、キリストの恵み、力が人々に伝えられ、人々が癒やし、慰め、励ましを受け、またキリストを信じて歩む喜びで満たされますよう、聖母の取次ぎによって祈りましょう」と呼び掛けた。 荘厳なパイプオルガンの音と聖歌隊によるグレゴリオ聖歌、会衆全員が声を合わせて「Deogratias(デオ・グラッイアス=神に感謝)」と祈る歌声が鳴り響いた。 このミサは、信徒有志でつくる「カトリック・アクション同志会」(相良憲昭会長)の主催。 「国籍や言語、世代の違いを超え、脈々と受け継がれてきたカトリック本来のミサの良さを伝えたい」と1991年から毎年1回、秋の土曜日に同カテドラルを借り、司教に司式を依頼して開催しており、今年で24年目となった。 説教以外すべてラテン語で執り行う主司式は、教皇庁駐日大使を務めるバチカンの大司教のほか、故・白柳誠一枢機卿、ラテン語に堪能な溝部脩名誉司教らが歴任。 一昨年からは岡田大司教が務めている。 鉄筋コンクリートの打ちっ放しの大聖堂に荘厳な音色を響かせる東京カテドラルのパイプオルガン カトリックの典礼の根幹をなすミサは、1962年に「第2バチカン公会議」が開かれる以前には、世界中の教会でラテン語によって執り行われ、荘厳なグレゴリオ聖歌が歌われてきた。 もっとも、教会が全世界でより良く使命を果たせるよう、教会を刷新するために開かれた「第2バチカン公会議」以降は大きな転換がなされ、全世界の教会で母国語の使用が積極的に勧められた。 以来、日本でも日本語によるミサが当たり前となり、それと同時に、ミサの中でグレゴリオ聖歌や日本語の旧仮名遣いを用いた歌詞によるカトリック聖歌が歌われる機会はほとんどなくなり、公会議後に新しく現代の日本語で作られた典礼聖歌を中心に、教会によってさまざまな歌が取り入れられるなど、カトリック教会共通の「聖書と典礼」に基づきながらも形式にとらわれないミサが一般化している。 こうした変化を背景に、1991年から「グレゴリオ聖歌・ラテン語による荘厳司教ミサ」を開催してきた意味合いを、「カトリック・アクション同志会」の事務局長で、このミサを実現した立役者の一人でもある秋山晉一郎さん(76)は、「2000年の歴史を持つカトリック信徒として、その原点を今一度思い起こしてほしい、本物のミサを知ってほしい、という思いに尽きます」と説明する。 それはもちろん公会議後の教会の歩みを否定するものではなく、「日本人として日本語によるミサにあずかることができるのは悲願だったことでもあり、当然のこと。 公会議後の50年でカトリックの敷居が低くなり、地域により開かれた教会として良くなった面は非常に大きい」と評価する。 その一方で、「典礼と布教というのは車の両輪だ、ということを忘れてはいけない」と強調。 「典礼とは私たち信徒が秘跡にあずかることですから、それにふさわしい祈りの形があります。 なんでも厳格であればいいというのではないですが、なんでも改革すればいいというものでもない。 その意味で警鐘を鳴らしたかったという思いもあります」と同志会の思いを代表して熱く語る。 当時の教皇庁駐日大使の快諾を得て開催にこぎつけたが、初回の参加者は300人ほどで、「この人数で大丈夫かなあ、と不安でしたね。 それがまさか24年も続くとは。 ここ数年は若い世代の参加も増えていて、びっくりしています」とにこやかな表情を見せた。 荘厳司教ミサは毎年、司式者だけでも、主司式者と共同司式者の各大司教、司祭に、東京教区のみならず全国各地から十数人の司祭が顔を揃え、古くは「ミサごたえ」と呼ばれた侍者も十数人が務める。 この全員が聖堂内を練り歩く、入祭、閉祭の際の大行列は壮観だ。 また各教区の聖歌隊で構成する約120人の大聖歌隊に2人のオルガニストがグレゴリオ聖歌をはじめ荘厳な典礼音楽を支え、約2時間の長いミサの間、この大聖歌隊の指揮を秋山さんともう1人の指揮者で務めている。 すべてがラテン語で行われるこのミサに、初めて参加した一般の信徒らも一緒に歌い、その意味が理解できるのは、秋山さんら同志会が毎年手弁当で作る100ページ以上にもなる冊子(ミサレット)の力が大きい。 このB5版の冊子は開いて左側にラテン語の文字や譜線とフリガナ、右側に日本語、英語で意味が書かれ、しかもそれが一行ずつきれいに揃えられている。 「それにいちばん苦労する。 ちゃんとラテン語と日本語を一行ずつ揃えるのはとても荷がかかるんです」(秋山さん)。 このミサレットの制作一つとっても一冊約500円のコストが掛かっており、カテドラルの借用料や司式司祭への謝礼などを合わせると年1回のミサに約120〜140万円の経費が掛かることから、同志会では年会費5000円の正会員のほか、一口1000円からの賛助会員も募集。 現在約5000人の登録会員と約500人の賛助会員がいるが、登録会員の中にはすでに亡くなっている人も多く、年に一度のミサを続けていくためにも新たな正会員、賛助会員の確保が課題となっている。 カトリック・アクション同志会のメンバーが24年間作り続けている「荘厳司教ミサ」の冊子(ミサレット)。 左側にラテン語、右側に日本語と英訳を載せ、ラテン語によるミサの内容が日本人にも分かるように工夫されている。 荘厳司教ミサでは、グレゴリオ聖歌、ラテン語以外にもカトリックの伝統を大切に伝え続けてきた。 それは、ミサをあずかるに際した信徒の心構えだ。 というのも、現在、多くの教会では日曜の主日のミサでもベールを被って祈る女性の姿を見ることはあまりない。 また以前はどの教会にもあったひざまずいて祈るための台もない教会が珍しくなく、台があっても、ミサの中で最も重要な「聖変化」の場面においてもひざまずかずに立ったまま祈る信徒が多い。 さらに以前は聖体拝領もひざまずき、口で受ける信徒が多かったが、現在は手で受け取るのが普通になっている。 同志会では、こうした傾向が定着することを憂い、この荘厳ミサの時だけでもより神聖な気持ちでミサにあずかってもらおうと、写真でも分かるように、女性信者にはできるだけベールの着用を呼び掛けている。 今回のミサでも、聖変化のときには全員がひざまずいて祈り、御聖体も、汚れているとされる手で受け取るのではなく、司祭の手から直接口で受ける昔ながらのやり方を踏襲する信徒が多かった。 こうした伝統的なミサのあずかり方を奨励していることについて、秋山さんは、「ベールをかぶって静かに祈る女性には、隣の人も話し掛けられないでしょう?神聖な聖堂で、ミサという秘跡にあずかるのですから、ひざまずく場面ではひざまずき、できれば御聖体も口でいただくのがふさわしいと私は思っています」としみじみと話す。 現在では多くの教会で、通常、ミサが終わるとすぐに騒がしくなりがちだが、この荘厳ミサでは長いミサが終わった後にも荘厳なパイプオルガンの音が鳴り響き、じっとひざまずいたまま祈り続ける信徒の姿も見受けられた。 同志会では毎年ミサの感想を集めており、「ラテン語による御ミサにあずかれますこと、大変に有り難く、毎年楽しみにしています」「久しぶりのグレゴリオ聖歌に、子どものころの侍者を思い出しました」「最近カトリック信者になったものですが、とても魅力的な経験でした。 ラテン語に触れる機会はないので、またぜひお願いします」「ラテン語が不得手な岡田大司教様が頑張っておられる姿に、ひょっとしてこれは神の計らいなのかなと思ってしまいました。 ミサの途中から会衆が一つになったような気がして、感動して涙が出ました」「これがカトリックの御ミサなのだと心が震える思いがしました。 グレゴリオ聖歌は神に心を向け、静かに祈る場にふさわしい」といったコメントが多数寄せられている。 世界的に有名な建築家、故・丹下健三氏による名建築としても知られる、東京大司教区カテドラル関口教会聖マリア大聖堂。 来月8日の無原罪の聖マリアの祝日に献堂50周年を迎える。 秋山さんは、「私自身、小6で洗礼を受け、ミサごたえや聖歌隊に関わり、ラテン語もグレゴリオ聖歌も否応なしにたたき込まれました。 最初は、いろんな人から『老人のノスタルジアでしょう』と言われたこともありましたが、決してそんな気持ちで続けてきたのではありません。 これからもこれが本物のミサなんだ、こういうミサがカトリックには今も生きているんだということを示し続けていきたい。 いいものはいいんです。 若い世代にもぜひ一度その良さを知ってもらいたいですね」と話し、来年秋にも開かれる荘厳ミサへの参加と同志会への協力を呼び掛けている。 なお、今年の荘厳司教ミサには、日本聖公会東京教区主教の大畑喜道氏やウェスレアン・ホーリネス教団淀橋教会主管牧師の峯野龍弘氏らも参列。 ミサ後の懇親会では岡田大司教らを囲み、和やかに歓談する様子が見られた。 正会員と2口以上の賛助会員には、バチカンの動静や日本のキリシタン史などの情報が満載の同志会会報「ステラマリス」が届けられる。 クリスチャントゥデイからのお願い いつもご愛読いただき、ありがとうございます。 皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは 月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。 記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。 また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。 支払いはクレジット決済で可能です。 申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた 申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。 サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はをご覧ください。

次の