池田泉州銀行 多目的ローン 審査結果。 フリーローン

Webでの審査結果回答、ご契約手続について│目的ローン│りそな銀行

池田泉州銀行 多目的ローン 審査結果

今回の記事では、銀行系カードローンの「池田泉州銀行カードローン」についての口コミ&評判をまとめてみました。 池田泉州銀行のカードローンは3種類ある• 限度額300万円まで収入証明不要• パート・アルバイト・年金受給者・専業主婦も利用出来る• 来店不要・ウェブ完結出来る• キャッシュカードで借り入れ出来る• 使える地域が限定されている• 梅田ローンプラザで申し込むと最短30分で審査完了• 池田泉州SMBCモビットキャシングは現在取り扱っていない 池田泉州銀行カードローンは3種類の商品があり、ユーザーの使いやすいものを選ぶことが出来ます。 口座を持っていればウェブ完結出来る商品もあり、使いやすいカードローンと言えますが、金利が低いMax V(マックスファイブ)は申込みの条件が多く、条件を満たさないと使うことが出来ません。 詳しくは記事をご覧ください。 池田泉州銀行カードローンの基本情報 キャッシュカード一体型カードローン 金利 14. 95% 最大限度額 500万円 申し込み ウェブ・店頭・FAX・郵送 収入条件 借り入れ希望金額による 収入証明 必要 口座開設 必要 パッとサッと 金利 14% 最大限度額 30万円 申し込み ウェブ・店頭・FAX・郵送 収入条件 借り入れ希望金額による 収入証明 必要 口座開設 必要 池田泉州銀行カードローンの特徴と詳細情報 池田泉州銀行は大阪を中心とした銀行で、カードローンは3種類それぞれに特徴があります。 池田泉州銀行とは? 池田泉州銀行は関西で2つの地方銀行が統合された銀行です。 旧池田銀行は大阪府北部に旧泉州銀行は大阪府南部に経営地盤を持ち、2つの銀行は共に地方銀行で共通項が多くあったため、他の地方銀行やメガバンクとの競合に負けないために経営を強化しようと2010年に統合されました。 本店は大阪府大阪市に配置されています。 カードローン以外にも各種ローンを取り扱い、ユーザーが目的に合わせて選ぶことが出来る商品を揃えています。 ローン各種は営業エリアに住んでいないと利用することが出来ません。 池田泉州銀行営業エリア 関西地方で2府4県(大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、滋賀県)に住んでいる事がカードローン申込みの条件になっています。 東京やインターネット支店での取扱は行われていません。 キャッシュカード一体型のカードローン 池田泉州銀行に口座をお持ちであれば来店の必要がなく、 申込みから契約までウェブで完結する事が出来ます。 キャッシュカードとキャッシング機能が一体化していますので、使い勝手が良いという点と、金利が14. 5%一律なので分かりやすいと言う特徴があります。 借入条件 以下のすべての条件を満たす個人のお客さま• 契約時の年齢が満20歳~満70歳• 本人または配偶者に安定した収入のある人• 2府4県(大阪府・京都府・兵庫県・和歌山県・奈良県・滋賀県)に住んでいる人• 日本国籍の人もしくは永住許可等を受けている外国人の人• 保証会社の保証が受けられる人• 給与振り込み・住宅ローン・公共料金の引き落としなど2年以上の取り引きがある人が利用可能で、 最大限度額500万円で金利が一律5. 95%と比較的低い設定になっているのが特徴です。 使っているキャッシュカードにローン機能をセット出来るという点で見ても、条件を満たすことが出来れば使いやすい金融商品です。 借入条件 以下のすべての条件を満たす個人の人• 池田泉州銀行と2年以上の取引きが有り、かつ下記いずれかの取引きがある人 住宅ローン・給与振込・貸金庫定期預金 ・当行子会社が取扱うクレジットカード公共料金の口座引落とし(電気、電話、ガス、水道、NHKのいずれか)• 契約時の年齢が満20歳~満60歳の人• 税込年収が400万円以上の人• 現在の勤め先に2年以上勤務• 当行営業エリア内にお住まい• 日本国籍の人もしくは永住許可等を受けている外国人の人• 10万円と30万円の2つの限度額のうちから1つ選ぶことが出来て、限度額の範囲であれば何回でも繰り返しご利用出来ます。 借入条件• 契約時の年齢が満20~65歳の人• 毎月安定的な収入があり、保証会社の保証が受けられる人• 営業エリア内にお住まいの方• 日本国籍の人、または永住許可等を受けている外国人の人 資金用途 自由(事業資金を除く) 借入金額 10万円・30万円 年利率 14. 5% 返済方法 返済金額を毎月10日に、自動引落し 貸越残高 約定返済額 10万円型 5,000円 30万円型 10,000円 保証会社 株式会社池田泉州JCB 池田泉州銀行カードローンの口コミ 使うカードローンの種類で審査の厳しさに差があります。 池田泉州銀行カードローン(キャッシュカード一体型)は専業主婦や年金受給者も借入が出来る対象に入っていますので、多くの顧客を獲得したいと言う意図が読み取れます。 そのため、それほど厳しい審査ではないと推測されますが、もちろん専業主婦でも配偶者の方に安定継続した収入がなければ借り入れることが出来ません。 Max V(マックス ファイブ)は申込みの段階から条件が厳しいので、初期段階からフルイにかけられていると思われます。 条件を満たした人しか申込みが出来ないからこそ金利は一律で低めの設定になっており、顧客サービスの側面も持ち合わせていると言えるでしょう。 金利が低めと言う事は回収出来ない時のリスクも取ってしますので審査はそれ相応の厳しさだと推測されます。 パッとサッとは借り入れ出来る限度額が低い割に収入証明が必要な事もあり、それなりの審査が行われると思われます。 金融事故など、信用情報の確認などは事前にしておくことをオススメします。 金融事故の詳細ついては下記の記事を参考にしてください。 池田泉州銀行にはカードローン以外にも多彩な各種ローン商品が用意されています。 池田泉州銀行ではカードローン以外にも、その他各種ローンにおいて多彩な商品が用意されています。 簡単にご紹介したいと思います。 住宅ローン 住宅ローンには大きく分けて新築費用として使える商品と他社からの借り換えで使える商品の2つがあります。 新築・購入・リフォーム・借り換えと使うことが出来ます。 どちらも当初10年間は固定金利の場合は新築費用の金利は0. 75%・借り換えの金利は0. 団体信用生命保険の加入や金利を「変動金利型」・「一定期間固定金利型」・「全期間固定金利型」の3つから選ぶことが出来ます。 マイカーローン 新車・中古車の購入と借り換えに使うことが出来ます。 金利は変動金利型で2. 875%となっており、最長10年で1,000万円借り入れが出来て、最短3営業日に融資が可能です。 交通傷害保険がついて、仮審査結果は3ヶ月間有効です。 教育関連ローン 一括借り入れ型とカードローン型の2種類用意されています。 一括借り入れ型の金利は2. 875%でカードローンは3. 5%となっており、在学中は利息のみの支払いで最大3,000万円まで借入可能。 融資スピードについても、最短3営業日に融資が可能で借り換えも可能となっております。。 仮審査結果はこちらも3ヶ月間有効です。 リフォームローン 金利は通常2. 875%でエコ・バリアフリー・耐震の場合は2%となっています。 最短3営業日で融資が可能で、50万円以下は収入証明不要。 最大1,000万円まで融資可能となっており、仮審査の有効期間は3ヶ月です。 婚活・育活応援ローン 年利3. 975%で資金使途証明が不要です。 不妊治療・出産・子育て関連に使うことが出来て、最大300万円まで融資可能です。 多目的ローン 年利4. 375%と2. 875%(プレミアム)で最大1,000万円まで融資可能です。 300万円まで収入証明不要となっており、資金使途が明確であれば色々な事に使えます。 空き家対策応援ローン 年利3. 475%で最大500万円まで融資可能です。 300万円以下は収入証明不要で、改築・改装、防災防犯設備、土地の再利用、解体などに使うことが出来ます。 フリーローン 年4. 5~14. 5%で最大500万円まで融資可能。 300万円以下は収入証明不要となっており、他社借り換えにも使うことが出来ます。 おまとめローンにも利用可能なので、詳しくは下記の記事を参考にしてみてください。 池田泉州銀行のローンは営業エリアに住んでいないと使えない• カードローンは3種類ある• 2年以上の取り引きがあればMax V(マックス ファイブ)の方がお得• カードローン以外のローンも用途によって使い勝手が良い 池田泉州銀行カードローンは3種類ありますが、取り引きが2年以上あり、条件が満たされるのであれば、Max Vの方がキャッシュカード一体型の方よりお得に使うことが出来ます。 審査から融資まで、即日と言う事がありませんので、急いでいる人には不向きなカードローンと言えるでしょう。 また営業エリアに住んでいる事が条件ですのでその他の地域に住んでいる人には使えません。 キャッシュカード一体型のカードローンは、金利が一律なので少額の融資を希望する人とっては金利が高く感じられるので、全国対応しており、金利が納得出来る商品を使われる事をお勧めします。 金利 4. プロミスカードローンの特徴• 即日融資も可能!最短1時間• 土 日祝でも新規即日借り入れも可能• 安定収入があればパート・アルバイトもOK• 借入可能かカンタン3秒診断有り• 夜間申し込みで翌朝早くから借入可能 スマホ1台あればすぐに申込可能です。 既にプロミスでお金を借りている方はプロミスの30日間無利息サービスを利用することができません。 その場合には、他の無利息サービス対応カードローンを利用することをおすすめします。 以下にアコムがそれに該当します。 限度額最大で800万円がが魅力のアコムカードローン 金利 3. 0~18. アコムカードローンの特徴• 限度額最大で800万円までに• どうしても銀行系カードローンがいい場合には、ネット銀行の方が無駄な人件費などがかかってない分お得なことが多いです。 おすすめは楽天銀行スーパーローン!ただし、即日融資には対応してないので早く借りたいなら上で紹介したカードローンがおすすめです。 金利 1. 9~14. 5% 限度額 800万まで 審査時間 最短翌日 融資速度 最短翌日 楽天銀行スーパーローンの特徴• 限度額最大で800万円までに• 楽天銀行の口座不要!• 即日融資はできないので早く借りたい方は上で紹介した別のカードローンがおすすめ どうやって選ぶべき?カードローンの選び方 管理人のおすすめの選び方としては、50万円未満のお金を借りるならば、 原則収入証明書不要で書類を揃える面倒が省けるプロミスをおすすめします。 こちらのサービスであれば同様の30日間無利息サービスが付きます。

次の

フリーローン(無担保型) : 三井住友銀行

池田泉州銀行 多目的ローン 審査結果

記事の目次• 池田泉州銀行のフリーローン 消費者金融やクレジットカードのキャッシングなど、複数の借入がある場合、それぞれに対して返済が必要になり、金利負担も多くなってしまいます。 また、それぞれ異なる返済日によって、返済管理がしにくくなり、延滞してしまうリスクが高くなってしまいます。 これら複数のローンは、おまとめローンで一本化することで、毎月の返済額や利息負担を軽減することができます。 さらに、返済日が1つになることで、返済管理がしやすくなり、延滞するリスクも低くなります。 大阪府に本店を置く地方銀行の「池田泉州銀行」で複数のローンをまとめる場合、カードローンやフリーローンを利用して借り換えすることになります。 おまとめローンとして利用する場合には、フリーローンの方が向いていますので、この記事では、池田泉州銀行のフリーローンで借り換えする際の、審査基準や審査に通るためのポイントなどを解説していきます。 フリーローンで借り換えする際の注意点 一部の銀行ではおまとめ専用の商品を提供しており、このローンであれば、すべてをまとめられるだけの金額が借りやすくなっています。 しかし、池田泉州銀行のように、おまとめ専用の商品がなく、フリーローンをおまとめローンとして利用する場合には、すべてをまとめられるだけの金額が借りられない可能性が高いです。 また、申し込みできる要件に、年収や勤続年数を設けているものもありますので、パートやアルバイトなどの低所得者では、申し込みすらできないこともあります。 フリーローンで複数のローンを借り換えする場合には、これらのことに注意して利用しなくてはなりません。 ですが、フリーローンは、おまとめ専用商品よりも低い金利が設定されていることも多いですので、借りることができれば、より有利な条件で借り換えできる可能性があります。 関連記事をチェック! 池田泉州銀行フリーローンの口コミ 池田泉州銀行で複数のローンをまとめる場合に利用できる商品は、「フリーローン」と「多目的ローン」です。 これらの商品の審査基準などを解説する前に、まずは実際に利用した人などの口コミを紹介していきたいと思います。 フリーローンに関する口コミには、• 行員の対応が悪い• 大事なことを説明していない• 謝罪をまともにできない などというように、商品に関するものよりも、行員の対応や態度に対する内容がほとんどであり、評価も低いです。 口コミだけですべてを判断することはできませんが、内容を見る限りでは、あまり取引したくない銀行という印象を受けます。 フリーローンの審査基準 ここから、本題であるフリーローンの審査基準などについて解説していきます。 先ほどもお話ししましたように、池田泉州銀行で複数のローンをまとめる場合には、2つの商品のいずれかで行うことになります。 借り換えをするためには、借りるローンを選ばなくてはなりませんので、まずは商品ごとの申込基準や借入条件を紹介していきます。 さらに、申し込みをしてから、審査結果の連絡が来るまでの期間についても紹介していきたいと思います。 フリーローン 池田泉州銀行の「フリーローン」は、自由な資金に利用できる一般的なフリーローンです。 では、この商品の申込基準と借入条件を紹介していきます。 利用対象者• 契約時年齢満20歳以上70歳未満の方• 安定収入のある方• 池田泉州銀行の営業エリア内に居住している方• 日本国籍の方、または永住許可等を受けている外国人の方• 5%~14. 5% 返済方法 元利均等返済 (借入金額の50%以内でボーナス返済併用可) 担保・保証人 不 要 保証会社 エム・ユー信用保証㈱または㈱ジャックス 多目的ローン 「多目的ローン」は、資金使途が明確になっているものをローンの対象としており、高額借入・長期返済が可能な商品です。 この商品の申込基準と借入条件は、以下のようになっております。 利用対象者 以下のすべての条件を満たす個人の方• 借入時年齢満20歳以上満65歳未満、最終返済時年齢満70歳以下の方• 安定、継続した収入のある方• 池田泉州銀行の営業エリア内に居住している方• 日本国籍の方、または永住許可等を受けている外国人の方• では、池田泉州銀行のフリーローンや多目的ローンを申し込んだ場合に、どれだけの期間で審査結果の連絡が来るのでしょうか。 審査スピードについて公表しているのは、多目的ローンであり、申し込みをしてから2~3営業日程度で連絡するとしています。 また、融資スピードに関しては、3営業日~1週間で借入できるとしています。 銀行によっては、審査結果が連絡されるまでに1週間~2週間かかるところもありますので、池田泉州銀行の審査スピードは早いといえます。 なお、多目的ローンをこれだけの期間で審査結果の連絡や融資をすることができますので、フリーローンについても審査スピードや融資スピードは早いと予想されます。 金利は審査によって決まる 池田泉州銀行の「多目的ローン」は、審査に通ると一律4. 375%の金利が適用され、条件を満たすことで2. 875%という非常に低金利で借りることができます。 一方で、「フリーローン」は、4. 5%~14. 5%と幅広い金利が設定されていますが、実際には「4. 5%」「6. 0%」「8. 0%」「10. 0%」「12. 0%」「14. 5%」のいずれかが適用されます。 どの金利が適用されるかは、審査によって決まりますので、実際に申し込んでみないことにはわかりません。 フリーローンの審査は主に保証会社が行いますので、保証会社では、保証の可否を判断するとともに、どのような金利を適用するのかということも審査しているといいことです。 一般的に低い金利が適用される人というのは、信用が高く、返済されないリスクが低い人です。 反対に、高い金利が適用される人というのは、信用が低く、返済されないリスクが高いと判断される人です。 複数のローンをまとめる場合、適用される金利によってメリットの大きさが変わりますので、できるだけ信用を高めた状態で申し込むことが望ましいといえます。 金利で審査の通りやすさがわかる どんなに良い条件でフリーローンや多目的ローンを借りられるといっても、審査に通らなければ何も意味がありません。 ですので、審査の通りやすさというのも重要となりますが、フリーローンや多目的ローンの審査は通りやすいのでしょうか、または通りにくいのでしょうか。 まず、審査の通りやすさというのは、金利を見るだけで簡単に予想することができます。 金利を構成する要素の中で、特に金利の高低に影響するのが「保証料」であり、これが多くなるほど金利が高くなります。 保証会社では、多くの保証料を得ることで、リスクの高い人でも保証することができるようになりますので、「金利が高い=審査が通りやすい」となります。 フリーローンの上限金利は14. 5%と高めに設定されていますので、審査は通りやすいと予想されます。 対して、多目的ローンの金利は、通常でも4. 375%と低く設定されていますので、審査は通りにくいと予想されます。 審査に通るためのポイント 先ほどもお話ししましたように、フリーローンや多目的ローンは、審査に通らなければ意味がありませんし、通ったとしても高い金利が適用されればメリットを多く得ることができません。 フリーローンなどの審査に通りやすくする、金利を低くするためには、以下のポイントを押えたうえで申し込むことが大事です。 申し込みの内容は正確に記入する• 他のローンを延滞なく返済する• しっかりとした返済計画を立てる これらのポイントは、ローンを申し込むうえで基本的なことなのですが、信用が高い人ほど、基本的なことができている人であり、信用でお金を借りるローンにおいては非常に重要となります。 では、審査に通りやすくなるポイントを、それぞれ詳しく解説していきます。 申し込みの内容は正確に記入する ローン申込書の内容は、申し込み時点の情報を正確に記入することが基本です。 ですが、中には、どうしても審査に通りたいがために、内容を偽って記入する人もいます。 偽る内容で特に多いのが、「年収」や「勤務先・勤続年数」であり、審査で有利になるような数値などを記入します。 しかし、保証会社はこれまでに多くの審査をしてきた実績がありますので、勤務先の業種や勤続年数から、ある程度の年収を把握しています。 また、個人信用情報機関には、勤務先の情報も登録されていますので、偽りの内容が記入されていることがすぐにわかります。 申し込みの内容に偽りがある場合、リスクが高いと判断されますので、審査で通ることはありません。 もしも、仮審査で通っていたとしても、契約までにばれてしまえば、保証を取り消しされてしまいますので、内容は正確に記入しなくてはなりません。 他のローンを延滞なく返済する 申し込みの時点において、他のローンで延滞している場合には、一種のブラック状態となっていますので、審査に通ることはありません。 また、申し込みの直近6ヶ月以内に延滞がある場合、返済能力が低いと判断されますので、審査に通ることが難しくなってしまいます。 ローンは返済能力がなければ借りることができませんので、申し込みの直近6ヶ月以内に延滞がある場合には、最後の延滞を解消してから6ヶ月以上は申し込みしないようにしましょう。 個人信用情報機関には、延滞の情報がおよそ2年間登録されていますが、6ヶ月以上前の延滞であれば、それほど審査に影響が出ることはありませんので、審査に通る可能性があります。 しっかりとした返済計画を立てる フリーローンは最長10年、多目的ローンは最長15年というように、どちらのローンも長期返済が可能となっています。 長期返済することのメリットは、毎月の返済額を軽減できることですが、その分、残高が減るスピードが遅くなり、金利がかかる期間が長くなります。 複数のローンをまとめる場合、必要以上に返済期間を設定してしまうと、まとめる前よりも返済総額が多くなってしまうことがあります。 総返済額が多くなってしまうような申し込みは、きちんと返済計画を立てていないと判断され、審査に通ることが難しくなってしまいます。 適正な返済額を知るためには、申し込みの前にシミュレーションすることでわかりますので、しっかりと計画を立ててから手続きしましょう。 なお、池田泉州銀行のホームページでは、さまざまなシミュレーションをすることができますので、これを利用して試算することをおすすめします。 申し込み方法 フリーローンや多目的ローンに申し込むための方法には、• インターネット• FAX• 窓口 の3つがあります。 インターネットから申し込む場合は、池田泉州銀行のホームページにある専用ページで、必要な項目を入力し、送信することで、いつでも手続きできます。 FAXで申し込む場合は、先にホームページから申し込み用紙をダウンロード・印刷し、必要事項を記入したうえで、専用ダイヤルに送信して手続きできます。 窓口での申し込みは、銀行が営業する平日の9時~15時までに行き、担当者と相談しながら手続きすることができます。 申し込みの流れ フリーローンや多目的ローンを申し込み、融資されるまでの流れを紹介していきます。 まず、簡単な流れとしては、• 仮申込み• 審査結果の連絡• 正式な申し込み、契約• 融資実行(融資金の入金) となります。 申し込みは、先ほど紹介したいずれかの方法で行い、池田泉州銀行で受付すると、審査を保証会社へ依頼します。 保証会社で審査が終わると、その結果が銀行に通知され、銀行から電話または郵送で申込者へ連絡されます。 審査に通った場合、正式な申し込みと契約手続きが必要となりますので、窓口でこれらの手続きをします。 契約手続きまでが完了すると、融資が実行されて融資金が返済用口座へ入金されますので、それを借り換え対象ローンの返済に充て、その後は毎月返済していくだけとなります。 申し込みに必要な書類 フリーローンや多目的ローンを申し込むために必要な書類は、• 本人確認書類(運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど)• 返済予定の通帳、印鑑(銀行印) となります。 多目的ローンの場合、これらの書類の他に、資金使途を確認できる資料の提出が求められますので、借り換えの場合は返済予定表や利用明細書などが必要となります。 ただし、借入金額が300以下の場合は、資金使途を確認できる資料は提出不要としていますので、高額な借入の時だけ必要となります。

次の

池田泉州銀行カードローンの申し込み方法・審査・使い方について

池田泉州銀行 多目的ローン 審査結果

記事の目次• 池田泉州銀行のフリーローン 消費者金融やクレジットカードのキャッシングなど、複数の借入がある場合、それぞれに対して返済が必要になり、金利負担も多くなってしまいます。 また、それぞれ異なる返済日によって、返済管理がしにくくなり、延滞してしまうリスクが高くなってしまいます。 これら複数のローンは、おまとめローンで一本化することで、毎月の返済額や利息負担を軽減することができます。 さらに、返済日が1つになることで、返済管理がしやすくなり、延滞するリスクも低くなります。 大阪府に本店を置く地方銀行の「池田泉州銀行」で複数のローンをまとめる場合、カードローンやフリーローンを利用して借り換えすることになります。 おまとめローンとして利用する場合には、フリーローンの方が向いていますので、この記事では、池田泉州銀行のフリーローンで借り換えする際の、審査基準や審査に通るためのポイントなどを解説していきます。 フリーローンで借り換えする際の注意点 一部の銀行ではおまとめ専用の商品を提供しており、このローンであれば、すべてをまとめられるだけの金額が借りやすくなっています。 しかし、池田泉州銀行のように、おまとめ専用の商品がなく、フリーローンをおまとめローンとして利用する場合には、すべてをまとめられるだけの金額が借りられない可能性が高いです。 また、申し込みできる要件に、年収や勤続年数を設けているものもありますので、パートやアルバイトなどの低所得者では、申し込みすらできないこともあります。 フリーローンで複数のローンを借り換えする場合には、これらのことに注意して利用しなくてはなりません。 ですが、フリーローンは、おまとめ専用商品よりも低い金利が設定されていることも多いですので、借りることができれば、より有利な条件で借り換えできる可能性があります。 関連記事をチェック! 池田泉州銀行フリーローンの口コミ 池田泉州銀行で複数のローンをまとめる場合に利用できる商品は、「フリーローン」と「多目的ローン」です。 これらの商品の審査基準などを解説する前に、まずは実際に利用した人などの口コミを紹介していきたいと思います。 フリーローンに関する口コミには、• 行員の対応が悪い• 大事なことを説明していない• 謝罪をまともにできない などというように、商品に関するものよりも、行員の対応や態度に対する内容がほとんどであり、評価も低いです。 口コミだけですべてを判断することはできませんが、内容を見る限りでは、あまり取引したくない銀行という印象を受けます。 フリーローンの審査基準 ここから、本題であるフリーローンの審査基準などについて解説していきます。 先ほどもお話ししましたように、池田泉州銀行で複数のローンをまとめる場合には、2つの商品のいずれかで行うことになります。 借り換えをするためには、借りるローンを選ばなくてはなりませんので、まずは商品ごとの申込基準や借入条件を紹介していきます。 さらに、申し込みをしてから、審査結果の連絡が来るまでの期間についても紹介していきたいと思います。 フリーローン 池田泉州銀行の「フリーローン」は、自由な資金に利用できる一般的なフリーローンです。 では、この商品の申込基準と借入条件を紹介していきます。 利用対象者• 契約時年齢満20歳以上70歳未満の方• 安定収入のある方• 池田泉州銀行の営業エリア内に居住している方• 日本国籍の方、または永住許可等を受けている外国人の方• 5%~14. 5% 返済方法 元利均等返済 (借入金額の50%以内でボーナス返済併用可) 担保・保証人 不 要 保証会社 エム・ユー信用保証㈱または㈱ジャックス 多目的ローン 「多目的ローン」は、資金使途が明確になっているものをローンの対象としており、高額借入・長期返済が可能な商品です。 この商品の申込基準と借入条件は、以下のようになっております。 利用対象者 以下のすべての条件を満たす個人の方• 借入時年齢満20歳以上満65歳未満、最終返済時年齢満70歳以下の方• 安定、継続した収入のある方• 池田泉州銀行の営業エリア内に居住している方• 日本国籍の方、または永住許可等を受けている外国人の方• では、池田泉州銀行のフリーローンや多目的ローンを申し込んだ場合に、どれだけの期間で審査結果の連絡が来るのでしょうか。 審査スピードについて公表しているのは、多目的ローンであり、申し込みをしてから2~3営業日程度で連絡するとしています。 また、融資スピードに関しては、3営業日~1週間で借入できるとしています。 銀行によっては、審査結果が連絡されるまでに1週間~2週間かかるところもありますので、池田泉州銀行の審査スピードは早いといえます。 なお、多目的ローンをこれだけの期間で審査結果の連絡や融資をすることができますので、フリーローンについても審査スピードや融資スピードは早いと予想されます。 金利は審査によって決まる 池田泉州銀行の「多目的ローン」は、審査に通ると一律4. 375%の金利が適用され、条件を満たすことで2. 875%という非常に低金利で借りることができます。 一方で、「フリーローン」は、4. 5%~14. 5%と幅広い金利が設定されていますが、実際には「4. 5%」「6. 0%」「8. 0%」「10. 0%」「12. 0%」「14. 5%」のいずれかが適用されます。 どの金利が適用されるかは、審査によって決まりますので、実際に申し込んでみないことにはわかりません。 フリーローンの審査は主に保証会社が行いますので、保証会社では、保証の可否を判断するとともに、どのような金利を適用するのかということも審査しているといいことです。 一般的に低い金利が適用される人というのは、信用が高く、返済されないリスクが低い人です。 反対に、高い金利が適用される人というのは、信用が低く、返済されないリスクが高いと判断される人です。 複数のローンをまとめる場合、適用される金利によってメリットの大きさが変わりますので、できるだけ信用を高めた状態で申し込むことが望ましいといえます。 金利で審査の通りやすさがわかる どんなに良い条件でフリーローンや多目的ローンを借りられるといっても、審査に通らなければ何も意味がありません。 ですので、審査の通りやすさというのも重要となりますが、フリーローンや多目的ローンの審査は通りやすいのでしょうか、または通りにくいのでしょうか。 まず、審査の通りやすさというのは、金利を見るだけで簡単に予想することができます。 金利を構成する要素の中で、特に金利の高低に影響するのが「保証料」であり、これが多くなるほど金利が高くなります。 保証会社では、多くの保証料を得ることで、リスクの高い人でも保証することができるようになりますので、「金利が高い=審査が通りやすい」となります。 フリーローンの上限金利は14. 5%と高めに設定されていますので、審査は通りやすいと予想されます。 対して、多目的ローンの金利は、通常でも4. 375%と低く設定されていますので、審査は通りにくいと予想されます。 審査に通るためのポイント 先ほどもお話ししましたように、フリーローンや多目的ローンは、審査に通らなければ意味がありませんし、通ったとしても高い金利が適用されればメリットを多く得ることができません。 フリーローンなどの審査に通りやすくする、金利を低くするためには、以下のポイントを押えたうえで申し込むことが大事です。 申し込みの内容は正確に記入する• 他のローンを延滞なく返済する• しっかりとした返済計画を立てる これらのポイントは、ローンを申し込むうえで基本的なことなのですが、信用が高い人ほど、基本的なことができている人であり、信用でお金を借りるローンにおいては非常に重要となります。 では、審査に通りやすくなるポイントを、それぞれ詳しく解説していきます。 申し込みの内容は正確に記入する ローン申込書の内容は、申し込み時点の情報を正確に記入することが基本です。 ですが、中には、どうしても審査に通りたいがために、内容を偽って記入する人もいます。 偽る内容で特に多いのが、「年収」や「勤務先・勤続年数」であり、審査で有利になるような数値などを記入します。 しかし、保証会社はこれまでに多くの審査をしてきた実績がありますので、勤務先の業種や勤続年数から、ある程度の年収を把握しています。 また、個人信用情報機関には、勤務先の情報も登録されていますので、偽りの内容が記入されていることがすぐにわかります。 申し込みの内容に偽りがある場合、リスクが高いと判断されますので、審査で通ることはありません。 もしも、仮審査で通っていたとしても、契約までにばれてしまえば、保証を取り消しされてしまいますので、内容は正確に記入しなくてはなりません。 他のローンを延滞なく返済する 申し込みの時点において、他のローンで延滞している場合には、一種のブラック状態となっていますので、審査に通ることはありません。 また、申し込みの直近6ヶ月以内に延滞がある場合、返済能力が低いと判断されますので、審査に通ることが難しくなってしまいます。 ローンは返済能力がなければ借りることができませんので、申し込みの直近6ヶ月以内に延滞がある場合には、最後の延滞を解消してから6ヶ月以上は申し込みしないようにしましょう。 個人信用情報機関には、延滞の情報がおよそ2年間登録されていますが、6ヶ月以上前の延滞であれば、それほど審査に影響が出ることはありませんので、審査に通る可能性があります。 しっかりとした返済計画を立てる フリーローンは最長10年、多目的ローンは最長15年というように、どちらのローンも長期返済が可能となっています。 長期返済することのメリットは、毎月の返済額を軽減できることですが、その分、残高が減るスピードが遅くなり、金利がかかる期間が長くなります。 複数のローンをまとめる場合、必要以上に返済期間を設定してしまうと、まとめる前よりも返済総額が多くなってしまうことがあります。 総返済額が多くなってしまうような申し込みは、きちんと返済計画を立てていないと判断され、審査に通ることが難しくなってしまいます。 適正な返済額を知るためには、申し込みの前にシミュレーションすることでわかりますので、しっかりと計画を立ててから手続きしましょう。 なお、池田泉州銀行のホームページでは、さまざまなシミュレーションをすることができますので、これを利用して試算することをおすすめします。 申し込み方法 フリーローンや多目的ローンに申し込むための方法には、• インターネット• FAX• 窓口 の3つがあります。 インターネットから申し込む場合は、池田泉州銀行のホームページにある専用ページで、必要な項目を入力し、送信することで、いつでも手続きできます。 FAXで申し込む場合は、先にホームページから申し込み用紙をダウンロード・印刷し、必要事項を記入したうえで、専用ダイヤルに送信して手続きできます。 窓口での申し込みは、銀行が営業する平日の9時~15時までに行き、担当者と相談しながら手続きすることができます。 申し込みの流れ フリーローンや多目的ローンを申し込み、融資されるまでの流れを紹介していきます。 まず、簡単な流れとしては、• 仮申込み• 審査結果の連絡• 正式な申し込み、契約• 融資実行(融資金の入金) となります。 申し込みは、先ほど紹介したいずれかの方法で行い、池田泉州銀行で受付すると、審査を保証会社へ依頼します。 保証会社で審査が終わると、その結果が銀行に通知され、銀行から電話または郵送で申込者へ連絡されます。 審査に通った場合、正式な申し込みと契約手続きが必要となりますので、窓口でこれらの手続きをします。 契約手続きまでが完了すると、融資が実行されて融資金が返済用口座へ入金されますので、それを借り換え対象ローンの返済に充て、その後は毎月返済していくだけとなります。 申し込みに必要な書類 フリーローンや多目的ローンを申し込むために必要な書類は、• 本人確認書類(運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど)• 返済予定の通帳、印鑑(銀行印) となります。 多目的ローンの場合、これらの書類の他に、資金使途を確認できる資料の提出が求められますので、借り換えの場合は返済予定表や利用明細書などが必要となります。 ただし、借入金額が300以下の場合は、資金使途を確認できる資料は提出不要としていますので、高額な借入の時だけ必要となります。

次の