メインクーン ラグドール。 メインクーン|里親募集|ジモティー

メインクーンとラグドール、ミックス猫の特徴とは?

メインクーン ラグドール

ラグドールの子猫の体重推移【1歳まで】 ラグドールの体重推移 平均体重 ㎏ 生後1ヵ月 0. 5~1. 0 生後2ヵ月 0. 5 生後3ヵ月 1. 5~2. 0 生後4ヵ月 2. 5~3. 0 生後5ヵ月 3. 0~3. 5 生後6ヵ月 3. 5~4. 5 生後7ヵ月 4. 5~5. 0 生後8ヵ月 4. 5~5. 5 生後9ヵ月 5. 0~6. 0 生後10ヵ月 5. 0~6. 5 生後11ヵ月 5. 0~7. 0 生後12ヵ月 5. 0~7. 5 上記はあくまでラグドールの平均的な体重推移です。 オス・メスの違いによっても上記の体重から上下することもあるので、 あまり上記の数字にとらわれることなく参考程度に見てください。 避妊・去勢手術のタイミングによってもその後の体重推移に変化が出るので一概には言えないところです。 先に書いたようにオス・メスの違いによっても上下しますし、骨格や体格 身長 によっても上下してくるので理想的な体重というのは数値だけでは測れません。 基本的に生後1歳までは子猫が欲しがる時に食べられるだけご飯を与えて大丈夫 です。 肥満を心配する方もいますが、この時期は一般的な猫の倍近い速さで急激に体が大きく成長していきます。 その分、一般的な中型猫よりも多くの栄養を必要とするためです。 肥満や成長不良が気になる方は、健康診断の際に獣医に相談するか、を見れるようにしておくと良いでしょう。 ラグドールの1歳~2歳の標準体重 一概には言えませんが、2歳頃にはラグドールの平均体重とも言われる4~8㎏程度に成長します。 ただし、これもあくまで 一般的な傾向としての話です。 オス・メスの違いによってそもそも成猫時の体重も大きく変わるので1~2歳時の体重も変わってきます。 特にオスは大きくなる傾向にありますが、メスは小さい子だと4~5㎏という子も少なくなく、「一般的な猫とあまり変わらないサイズ感」なんてことも珍しくありません。 オスの子でも生後9カ月から体重が増えずに2歳時に5㎏という子もいます。 ラグドールをはじめ、「大型種」を飼っている方としては「最終的に大きく育ってくれたら良いな」という期待があるのは当然のことだと思うんですが、大型種の子でも大きくなる子と小さい子がいるのであまり期待しすぎないのも大切かもしれませんね。 もし、 1歳を過ぎても4㎏に満たないようなら一度獣医に相談した方がよいかもしれません。 ラグドールの2~3歳での平均体重 ほとんどの場合、体の成長は2歳までで止まりその後はラグドールの特徴でもある毛が伸びてきて風格が出てくるといった時期です。 なので 平均体重も4~8㎏から変わりありません。 もちろん、2歳時に小柄な子が2歳以降もゆるやかに成長するパターンもあります ラグドールはメインクーンと似ていて同じ大型種として見られることが多いんですが、メインクーンは2~3歳の頃も体が成長しますが、ラグドールの場合は体の成長は止まり単純に体重が増えていくケースが多いです。 なので2歳頃から成長は止まり、移行は猫としての成熟期として毛吹きが良くなってくる時期です。 ここでダイエットフードなどにすると資質が少なく毛ヅヤが悪くなる原因にもなるので高たんぱく・高脂質なフードを与え、量でカロリーコントロールしてあげると良いでしょう。 ラグドールの成猫時の標準体重【オス・メス】• オス5~8㎏• メス4~6㎏ ラグドールは成猫になるとだいたいオスで5~8㎏、メスで4~6㎏くらいになります。 「成猫」といっても、一般的な猫が1歳で成猫になるのとは違い、ラグドールなどの大型種は3歳頃までゆっくりと成長を続けます。 完全に成長が止まる3~4歳頃を成猫 とし、上記に当てはまるか見ると良いでしょう。 但し、あくまで標準体重です。 4歳時に5㎏に満たないオスもいれば、7㎏オーバーのメスもいます。 大型種ではありますが、成猫になっても小さめの子はいます。 それから、単に体重だけで「太りすぎ・痩せすぎ」を決めるのは危険です。 長毛種のラグドールは見た目では判断が難しいですが、を元に体格で判断しましょう。 自信が無い方は健康診断などの際に獣医に相談してみて下さい。 「ラグドールの体重が増えない」時の対処法 「ラグドールの体重が増えない」と悩んでいる方は「」を参考にしてみてください。 基本的に無理に食べさせる必要はありませんが、子猫が欲しがるときに食べられるだけ与えていて体重が増えないのであれば、問題ありません。 もし「」と比べて明らかに体重が少ない場合は獣医に相談した方が良いでしょう。 体重だけでは病気なのか?栄養不足による成長不良なのか?といった判断はできません。 よくネットの掲示板で体重について相談している方がいます。 しかしこれはおすすめできる内容ではありません。 回答者は同じラグドールを飼っているというだけの素人の場合が大半で、質問者からの月齢・体重だけで体重が多いのか?少ないのか?を回答しているに過ぎません。 不安をあおる形になってしまいますが、そばにいるあなたが体重に対して疑問や違和感があるならまずは獣医に相談して下さい。 ラグドールは「世界一体重の重い猫」と呼ばれることがありますが、 「世界一大きい」とは違うということを認識する必要があります。 そのため、10㎏を超える個体もいると言われていますが、BCSで見たらただの肥満体系の可能性も十分に考えられます。

次の

メインクーン|里親募集|ジモティー

メインクーン ラグドール

ラグドール自体が、ミャンマー 旧ビルマ 原産のバーマンとトルコ原産のターキッシュアンゴラの間に生まれたミックス猫です。 バーマンはシャム猫のような顔の模様やサファイヤカラーの瞳が特徴で、ミャンマーの寺院で古くから飼われていました。 この寺院の高僧についての神秘的な伝説から『ビルマの聖なる猫』とも言われ、とても大切に扱われてきた歴史があります。 一方のターキッシュアンゴラも、古い記録は1600年代にさかのぼり、同じく最も古い猫種のひとつとされるペルシャの祖先という説もあるほどです。 この猫もヨーロッパの貴族などの寵愛を受けてきましたが、1900年代半ばになると同じような特徴を持ったペルシャに人気を奪われていき、ターキッシュアンゴラはペルシャの交配に使われたりして個体数も減ってきたのです。 原産国のトルコはそれに危機感を持ち、ターキッシュアンゴラの保存を進める一方で、交配のための譲渡に慎重になってきました。 宗教的にも珍重されるオッドアイを持つアンゴラ猫は、アラーに愛された猫としてトルコの宝のような存在なのです。 そんな歴史を持つ猫たちなので、それ自体が希少な存在ということになります。 大型猫同士の組み合わせ!メインクーンとラグドールのミックス猫とは? いずれも豊かな毛並みを持つ大型猫です。 一般的な猫が1年程度で成猫になるのに対し、メインクーンとラグドールは3~4年かけて成長していくのが特徴的です。 そのため、そのミックス猫特有の個性が出てくるのも成長に応じてということになるでしょう。 のんびりと寄り添いながらその変化を感じていくのも楽しみのひとつですね。 ラグドールは垂れる猫!? ラグドールのおもしろい特徴として、抱くと脱力して体がだらんと垂れるというものがあります。 『ラグ・ドール=ぬいぐるみ』と言われる所以ですね。 この性質はどこからきたのでしょう?実はこれについての明確な原因や説明は存在しないのが現状です。 いずれにしてもこれがラグドールの最大の魅力と言っても過言ではないですね。 この特徴がミックス猫に引き継がれたら、より癒しを与えてくれそうです。 スポンサードリンク 遺伝性疾患の可能性とは? ラグドールは遺伝子についての管理をきちんと行って交配を行ったので、先天的な遺伝子疾患のリスクはきわめて低いのが特徴です。 あえて言うなら、ペルシャ猫の遺伝子を引き継いでいるので、メインクーンとペルシャ猫両方が気を付けるべき肥大型心筋症については、あらかじめ情報を持っておくと安心です。 いずれにしても、遺伝子検査をきちんと行って安心な状態での交配が常識となります。 まとめ 古くから存在する神秘的背景を持った猫種同士の交配によって生まれたラグドール。 アメリカの海賊の船猫が起源とも言われるメインクーン。 そのミックス猫は、なんだか特別な感じがしてきます。 どちらも長毛種特有の穏やかさを持っている人気の猫種ですが、メインクーンの人懐っこさとラグドールのぬいぐるみのような脱力感が合わされば、怖いものなし! それぞれの性質をきちんと理解した上で、一緒に楽しい時を過ごして下さい。 スポンサードリンク.

次の

【ねこ自慢】白黒の牛柄猫、ラグドール×メインクーンのシグマ

メインクーン ラグドール

ラグドールの子猫の体重推移【1歳まで】 ラグドールの体重推移 平均体重 ㎏ 生後1ヵ月 0. 5~1. 0 生後2ヵ月 0. 5 生後3ヵ月 1. 5~2. 0 生後4ヵ月 2. 5~3. 0 生後5ヵ月 3. 0~3. 5 生後6ヵ月 3. 5~4. 5 生後7ヵ月 4. 5~5. 0 生後8ヵ月 4. 5~5. 5 生後9ヵ月 5. 0~6. 0 生後10ヵ月 5. 0~6. 5 生後11ヵ月 5. 0~7. 0 生後12ヵ月 5. 0~7. 5 上記はあくまでラグドールの平均的な体重推移です。 オス・メスの違いによっても上記の体重から上下することもあるので、 あまり上記の数字にとらわれることなく参考程度に見てください。 避妊・去勢手術のタイミングによってもその後の体重推移に変化が出るので一概には言えないところです。 先に書いたようにオス・メスの違いによっても上下しますし、骨格や体格 身長 によっても上下してくるので理想的な体重というのは数値だけでは測れません。 基本的に生後1歳までは子猫が欲しがる時に食べられるだけご飯を与えて大丈夫 です。 肥満を心配する方もいますが、この時期は一般的な猫の倍近い速さで急激に体が大きく成長していきます。 その分、一般的な中型猫よりも多くの栄養を必要とするためです。 肥満や成長不良が気になる方は、健康診断の際に獣医に相談するか、を見れるようにしておくと良いでしょう。 ラグドールの1歳~2歳の標準体重 一概には言えませんが、2歳頃にはラグドールの平均体重とも言われる4~8㎏程度に成長します。 ただし、これもあくまで 一般的な傾向としての話です。 オス・メスの違いによってそもそも成猫時の体重も大きく変わるので1~2歳時の体重も変わってきます。 特にオスは大きくなる傾向にありますが、メスは小さい子だと4~5㎏という子も少なくなく、「一般的な猫とあまり変わらないサイズ感」なんてことも珍しくありません。 オスの子でも生後9カ月から体重が増えずに2歳時に5㎏という子もいます。 ラグドールをはじめ、「大型種」を飼っている方としては「最終的に大きく育ってくれたら良いな」という期待があるのは当然のことだと思うんですが、大型種の子でも大きくなる子と小さい子がいるのであまり期待しすぎないのも大切かもしれませんね。 もし、 1歳を過ぎても4㎏に満たないようなら一度獣医に相談した方がよいかもしれません。 ラグドールの2~3歳での平均体重 ほとんどの場合、体の成長は2歳までで止まりその後はラグドールの特徴でもある毛が伸びてきて風格が出てくるといった時期です。 なので 平均体重も4~8㎏から変わりありません。 もちろん、2歳時に小柄な子が2歳以降もゆるやかに成長するパターンもあります ラグドールはメインクーンと似ていて同じ大型種として見られることが多いんですが、メインクーンは2~3歳の頃も体が成長しますが、ラグドールの場合は体の成長は止まり単純に体重が増えていくケースが多いです。 なので2歳頃から成長は止まり、移行は猫としての成熟期として毛吹きが良くなってくる時期です。 ここでダイエットフードなどにすると資質が少なく毛ヅヤが悪くなる原因にもなるので高たんぱく・高脂質なフードを与え、量でカロリーコントロールしてあげると良いでしょう。 ラグドールの成猫時の標準体重【オス・メス】• オス5~8㎏• メス4~6㎏ ラグドールは成猫になるとだいたいオスで5~8㎏、メスで4~6㎏くらいになります。 「成猫」といっても、一般的な猫が1歳で成猫になるのとは違い、ラグドールなどの大型種は3歳頃までゆっくりと成長を続けます。 完全に成長が止まる3~4歳頃を成猫 とし、上記に当てはまるか見ると良いでしょう。 但し、あくまで標準体重です。 4歳時に5㎏に満たないオスもいれば、7㎏オーバーのメスもいます。 大型種ではありますが、成猫になっても小さめの子はいます。 それから、単に体重だけで「太りすぎ・痩せすぎ」を決めるのは危険です。 長毛種のラグドールは見た目では判断が難しいですが、を元に体格で判断しましょう。 自信が無い方は健康診断などの際に獣医に相談してみて下さい。 「ラグドールの体重が増えない」時の対処法 「ラグドールの体重が増えない」と悩んでいる方は「」を参考にしてみてください。 基本的に無理に食べさせる必要はありませんが、子猫が欲しがるときに食べられるだけ与えていて体重が増えないのであれば、問題ありません。 もし「」と比べて明らかに体重が少ない場合は獣医に相談した方が良いでしょう。 体重だけでは病気なのか?栄養不足による成長不良なのか?といった判断はできません。 よくネットの掲示板で体重について相談している方がいます。 しかしこれはおすすめできる内容ではありません。 回答者は同じラグドールを飼っているというだけの素人の場合が大半で、質問者からの月齢・体重だけで体重が多いのか?少ないのか?を回答しているに過ぎません。 不安をあおる形になってしまいますが、そばにいるあなたが体重に対して疑問や違和感があるならまずは獣医に相談して下さい。 ラグドールは「世界一体重の重い猫」と呼ばれることがありますが、 「世界一大きい」とは違うということを認識する必要があります。 そのため、10㎏を超える個体もいると言われていますが、BCSで見たらただの肥満体系の可能性も十分に考えられます。

次の