女医 結婚 相手 サラリーマン。 自己肯定感の高い男性をパートナーにしよう――女医の恋愛事情から見える大事なこと

女医結婚時期タイミング結婚率結婚したいできない結婚相手職業公務員

女医 結婚 相手 サラリーマン

女医が結婚するためには 世間一般の持つ女医のイメージは、 『高飛車でプライドが高い』というものが多いかと思います。 ともすればそれは 『可愛げの無さ』とも繋がり、女医は男性から敬遠されがちな職業です。 しかし、友人や同僚の贔屓目かもしれませんが、実際の女医は、 とても可愛らしく素敵な女性も多いのです。 きちんと出会って交際までいくと、女医と結婚したい男性も多いと思います。 難点はただ一つ。 出会いが無いこと。 相手を見つけることさえできれば、結婚まで至る女医が多いと思うので、 女医が 結婚相手を見つけるタイミングについて綴ります。 私の周囲の既婚女医の半数以上は、このパターンで結婚しています。 部活動やサークルに入ろう 部活動やサークルに所属していたら、部内恋愛禁止のサークルでない限り、 異性と交際すること自体は、それほどハードルは高くありません。 共通の趣味やスポーツなどで話も盛り上がる中で、意中の相手といい感じになれるでしょう。 また、共通の目標に向けて切磋琢磨するためには、 遊びのサークルではなく、東医体や西医体(医学部全体のスポーツの大会)などにも出場する、 『がっつり運動する系』の部活動がおすすめです。 男女ともに、スポーツに取り組む真摯な姿勢を間近にすることで、 軽薄でない真面目なお付き合いに発展しやすいです。 また、同じ医学部内で探すなら、 実習や共同のレポート作成などで粗が見えやすい同学年よりも、 1~2つ離れた学年くらいがおすすめです。 他学部で相手を探す場合 他学部で交際相手を探す場合には、 他大学との交流が多い サークルや研究会に所属するようにしましょう。 都会では、大学をまたいだ交流も多いですが、 地方の医大でも、その医大が所属する大学の他の学部との交流が、サークルによっては盛んに行われています。 病院見学も貴重な出会いの場 4~5年生くらいになると、就職先の病院を検討するため、 病院見学を行う女子医大生も多いです。 見学先の病院の指導医や研修医、一緒に見学した他大学の医大生など、これも貴重な出会いの場になります。 『大切な就職活動の場なのに、この女医は何を言っているんだ??』 と、思われるかもしれません。 しかし、勉強も実習もたしかに大切ですが、 就職したら、仕事の忙しさにより、 交際相手を見つけることは本当に困難になります。 医学生の時期に、結婚相手が見つかるに越したことはありません。 若さという武器が存分に発揮できるのも、この時期の特徴です。 遊び人の医師に用心を特に病院見学先の研修医といい感じになりそうなときは、稀に 遊び人の医師がいるので、注意が必要です。 相手の本気度を見きわめる目をしっかり持ちましょう。 2~3ヵ月おきに職場を変わるため、数多くの人と新たに出会う 絶好のチャンスです。 歓迎会やお疲れ様会にはきちんと参加を 初期研修医の時期は、 歓迎会や お疲れ様会などが頻繁に行われるため、 きちんと参加して親睦を深めると、その中からいい相手が現れることも多いです。 直接の指導医以外と話すよい機会にもなりますので、 あまりに張り切りすぎる必要はないですが、普段の自分とは違う印象の格好などをして参加するのもよいでしょう。 病院ではずっとマスクを着けていて、そういう集まりの場でのみ素顔を見せるのも効果的です。 また、歓迎会などには、看護師さんや技師さんなど、 異職種の方も多数参加します。 効率的な出会いの場となるため、チャンスがあったら逃さないようにしましょう。 研修医同士の交流会もおすすめ 規模の大きい病院では、 研修医同士の交流会が盛んなところも多いです。 同期の中でお相手を探すのも良いでしょう。 研修先の科の情報交換や愚痴などで、話が弾みやすいです。 一学年上の研修医との交際も、相手を先輩として立ててあげられるためおすすめです。 研修医時期は本当に吐くほど忙しく、学ばなければならないことも多いため、 頭が恋愛脳になる余裕がないというのが現状です。 入局予定の科では慎重に基本的に研修期間中は、チャンスがあればどんどん行って欲しい時期ですが、 入局予定の科でだけは、慎重に行動するようにしましょう。 この先何十年も所属することになる医局で、 自身の前評判を落とさないためにも、よほど真剣交際できる自信のある人がいなければ、おとなしく勉強に専念しておきましょう。 同期や指導医と交際する 志を同じくして入局した同科の医師は気が合いやすく、 指導されたり、ともに実技の練習を重ねる中で、愛が育まれやすい傾向にあります。 特に関わりが密となる指導医、 交流が多い同期の中に意中の男性がいる場合、 さりげなく、しかし早めの行動に移すのが吉です。 ただし、万が一破局した場合、 特に女性側の ダメージは想像を絶するほど大きいものになります。 お相手の男性が誠実かどうかは、 交際前によく見きわめるようにしましょう。 大学院に入る 大学院の三年生までは、長い医師人生の中でも 余裕のある期間となります(社会人大学院生を除きます)。 少し勤務にもゆとりのある中で、愛が深まるカップルも多いです。 少し上の先生の研究を手伝ったり、論文の面倒を見てもらったりする機会も多いため、 意中の男性がいる場合は、 その人と似た研究テーマを選んでみるのも一つの方法です。 国内留学をする 1~2年の短期で国内留学を推奨している医局も多いので、 医局内に意中の人がいない場合は、 思い切って別な病院に留学してみるのもよいでしょう。 このパターンで結婚する女医は、 実はとても多いです。 私の在籍していた科でも、国内留学先で結婚してしまい、帰ってこない女医さんがたくさんいて、教授が嘆いていました…。 新たな出会いも無ければ時間もありません。 ここから数年間は仕事が忙しくなる一方で、 かつ専門医試験の準備などもあり、科にもよりますが、恋愛どころでは無くなります。 そうなると、 『お見合い』という方法が現実味を帯びてきます。 恋愛結婚の多い現代には、お見合いという言葉に抵抗を感じる方も多いかもしれませんが、 これは、かなり短期間に、確実に結婚に結びつきやすい、 極めて合理的な方法です。 婚活パーティーや街コンなどの集団お見合いよりも、 きちんと紹介を経た一対一のお見合いの方を、個人的にはおすすめします。 教授の紹介、親族の紹介、結婚相談所の紹介などです。 この、 紹介を経たお見合いの利点は、 お相手の身元がはっきりしている点に加え、 『こちらが女医であること』を相手が知っている点にあります。 街コンなどでは、 女医と言った瞬間にドン引きされたり、男性によっては 敵視される危険性もあるため、 もっともリスクの少ないのが、紹介者を介したお見合いとなります。 お見合いは、上手くまとまると、 数ヶ月以内に結婚が決まることが多いので、 忙しく出会いの無い女医には、本当におすすめの方法です。 女医がお見合いで結婚する場合、お相手は、男性医師や弁護士、会社経営者など、収入や社会的地位も高い男性が多い傾向にあるようです。 まとめ 女医が結婚する方法について述べました。 実際には、ここまで深く考えずとも、 ぽんっと結婚していく女医も多いです。 しかし、何も考えずに年を重ねると、 仕事に忙殺されるうちに、 あっという間に40代くらいまでワープしてしまう危険性もあるのが、 この仕事の怖いところだと思います。 ドロップアウトしてしまった私が言うのも何ですが、 医師という仕事はとても遣り甲斐があり、社会的にも必要としてもらえる立場です。 仕事さえしていれば、結婚なんてどうでもいいという価値観もあるでしょう。 医師のくせに恋愛に現を抜かしてはいけないと思う方もいるでしょう。 しかし、人の命を預かる立場とは言え、 公とともに私の充実を求めることは自然であり、 生涯の伴侶を持とうと努力することは、 決して悪いことではありません。

次の

女医(女性医師)が選ぶ結婚相手ベスト10

女医 結婚 相手 サラリーマン

女医結婚の悩みとは…女性の高学歴者が増えている近年、医師になる女性も増加しています。 男性であれば自分よりも高学歴で高収入の女性と結婚することは自分の方が立場が下になってしまうようで避けてしまうかもしれないですよね。 しかし、女性の医師の方も結婚適齢期になれば真剣に結婚や出産を考えます。 勤務時間が不規則だったり、責任のある仕事でありながらも結婚して旦那さんとの生活や子育てを両立させたいと思っている女医の方はたくさんいらっしゃるでしょう。 学生時代からの交際していたパートーナーと結婚する場合もありますが、研修医時代を経て収入が安定するまでには時間がかかるために同棲などをしていても現実的に結婚に至らないカップルも多いようです。 女医婚期ブログ• 女医結婚相手職業• 女医結婚希望お勧めな結婚相談所• まとめ 女医婚期ブログ 婚期を迎えた女医の方が書いているブログをみると、自分の仕事への拘りやプライドや結婚相手に求める条件などが赤裸々に書かれています。 自分の仕事への理解を得たいために、「同じ医師の男性と結婚したい」と考える方もいらっしゃるようですが、男性で医師を職業としている方は、やはり忙しく患者さんと勤務時間も不規則だったり、仕事後も会合などで活動している場合が多く、結婚後は家庭に入って家事や子育てをしてくれるような普通のOLさんをしているような女性を結婚相手として求める傾向があるようです。 なかには医師同士で結婚して、独立し夫婦で開業するケースもあるようです。 独立している女性の女医さんのなかには自分の仕事があまりにも忙しいために、全く違った業種の男性を選び、仕事を終え自宅に帰宅してからは旦那さんが待っていて、仕事の疲れを癒してくれるような手料理が用意されているような夫婦関係を求める女医の方もいらっしゃるようですよ。 女医結婚タイミング 女医さんの結婚のタイミングですが、やはり出産や子育てを考える大学院を卒業し、研修医期間を終えてからになるので早くても26歳からになるでしょう。 また、勤務経験などを数年経て気づいたら高齢出産ぎりぎりになっていたというようなかたちで交際中のパートナーと入籍する方もいるようですよ。 女医結婚時期 女医さんの結婚時期はそれぞれかもしれないですが、医師としての経験を積んでそれからという方も多いようですが、学生の時代に交際していた彼氏と早めに入籍される場合もあるようです。 仕事が安定してしまえば、収入面は普通の女性よりも多いので、自分の年齢やお相手の年齢など関係なく経済的な問題は解消されてしまうためにお相手の男性の職業や収入などはあまり気にならなくなってしまう場合もあるかもしれないですね。 女医と結婚した 女医さんと結婚した男性は、気苦労が絶えないようです。 職業柄、気が強くプライドが高い女性が多いため、交際時から分かってはいたけれど実際に結婚後に合わせるのが大変と感じられることが多いでしょうね。 旦那さん自身もしっかりとした収入を得られるような職業の場合は金銭感覚にあまり相違はなく、食事やショッピングなどに出かけても趣味などを平等にシェアすることが可能かもしれませんが、旦那さんの収入が低い場合は、女医の奥さんに養ってもらうような形になるケースもあるかもしれないですね。 女医と結婚後悔 「女医と結婚して後悔した…。 」という男性の方は多いかもしれないですね。 価値観や生活スタイル、金銭感覚が違うことから入籍後すぐに「離婚」を考えるケースも多いでしょう。 知的な女性が多いために、常にさまざまなことを同時に考えていて、仕事も忙しく、料理なども簡素になりやすく「イメージしていた結婚生活と全く違った…」と失望してしまうケースも多々あるようです。 夜勤や残業なで家にいないために、一緒に過ごす時間が少ないため、夜ひとりで外食をする機会が増えたり、スーパーやコンビニなどのお弁当などを購入して食事を済ませることも多いようです。 1人で過ごすことへの寂しさから浮気をしてしまう男性もいるようです。 奥さんの帰りを待っているのが苦にならないような、ひとり過ごす時間を楽しめるような夫にならないと女医さんとの結婚生活は成立しないかもしれないですね。 女医結婚相手職業 女医さんが結婚相手として選ぶ職業は様々のようです。 自分の収入にプラスして、高い収入を旦那さんに求める場合は同業者である医師や、社長など何か自分で事業を行なっている異性を結婚相手に選ぶでしょう。 また自分の仕事への理解を一番に考える場合は、健康で何か仕事をしている男性であればと考えてらっしゃるようです。 職業もさることながら、ルックスや趣味などのセンスの合う人と結婚したいと考えられる女医さんが多いようですね。 女医結婚相手サラリーマン 女医さんが結婚相手としてサラリーマンを選ぶケースも多いです。 あまり個性を強調するような性格ではなく、安定した企業で仕事をする男性に安心感を抱き、思わずプロポーズしていることもあるようです。 同じ医師という職業だとライバルになることもあるかもしれないですが、サラリーマンの方だと片意地はらずにリラックスして家庭を持つことができるかもしれないですね。 女医結婚相手公務員 公務員を結婚相手にする女医さんは「安定趣向」の方でしょうね。 自身も医師として仕事をしつつも、子育てなどで休業したくなる場合などもあるかもしれないです。 そんな時に、安定した職業である公務員の旦那さんだった場合、医師としての職を離れても後悔がないかもしれないですね。 また女医として復職する可能性があるでしょうから、体力面や精神面で負担のかかる職業である医師という職業を、支えてくれるパートナーとして公務員の旦那さんはとてもよいかもしれないですね。 女医結婚できない 女医さんが「結婚できない」ということは全くないのではないでしょうか。 表面的に「強い」くて「頑な」なイメージが多い女医さんかもしれないですが、心を解放できるような男性に出会うことができたら1人の女性として自分をさらけ出すことを許すことができるかもしれないですね。 医師になるような女性は子供の頃から英才教育を受けていて、両親から厳しく躾けられていることがほとんどなので、性格が合ったり、女医という職業に理解を示してくれる男性に出会うことで自分の中にある女医としてのイメージやルールを手放して「女性としての幸せ」を手にしてゆくことができるかもしれないですね。 女医幸せな結婚 女医さんが幸せな結婚をするためには、「温かい家庭を持ちたい」という意識の高さと「あまり女性に依存しない」タイプの男性と出会うことがポイントかもしれないですね。 女医という職業という理解しつつ、仕事で疲れていても、さりげなく悩みを聞いてくれたり、家事など協力してくださる懐の広さを持った男性がベストなのかもしれないですね。 女医結婚希望お勧めな結婚相談所 成婚率最高水準の結婚相談所で婚活を検討している男性・女性の方ならラムールしあわせ結婚相談所に1度サポートをさせて頂いております。 ただ闇雲に婚活をサポートするのではなく、根拠ある方法で婚活をサポートさせて頂く事で、効率よく婚活を進めていく事が可能になります。 朝日新聞が運営する「マイベストプロ」に婚活心理カウンセラーで登録されています。 婚活・恋愛のプロに心理的な観点からサポートを希望でしたらラムールしあわせ結婚相談所にご相談ください。 ラムール東京新宿店 ラムールは、東京都新宿にお店があります。 新宿駅西口から徒歩5分の位置にある為にご来店しやすい環境になります。 無料来店相談は完全予約性になりますので宜しくお願いします。 まとめ 最後まで読んで頂きましてありがとうございます。 「女医結婚」の悩みとは…いかがだったでしょうか。 「女医」という職業は専門的な分野であり、責任も大きく伴ってきますが、女性が誰しもなれる職業ではないですよね。 仕事としての成立と女性としての幸せな家庭を持つことには、さまざまなプロセスが必要になってくるのかもしれないです。 日々の仕事のプレッシャーを和らげて、 お互いに理解し合い人生を共にできるようなステキな男性とのめぐり会いがありますように…。 本物の結婚相談所でプロのサポートをご希望でしたら、ラムールしあわせ結婚相談所にご相談ください。 必ず違いを実感して頂けると思います。 決して結婚相談所は何処でも同じと言う事はありません。 どんなに自宅から近くても「力のない結婚相談所」に行っても何も変わりません。 それは料金でも同じ事が言えます・・どんなに安くても・高くても・・結局は、相談所の力とは大事になってくるのです。 まだまだ話の続きはありますが、続きは来店相談でお待ちしております。 ただ今来店相談殺到中な為にご予約はお早めにお待ちしております。 毎日1つ婚活・恋活必勝方法を掲載していきたいと思います。 明日も楽しみにしてください。

次の

女医結婚時期タイミング結婚率結婚したいできない結婚相手職業公務員

女医 結婚 相手 サラリーマン

結婚したいと思う相手って人によってそれぞれ違うものなのですが、 職業から相手を選びたいという人だっているわけなんですよね。 女性であれば、安定している 公務員の人と結婚したいと思う人だっているでしょうし、 社長と結婚したいなんて人もいるでしょう。 そんな中、男性には女医さんと結婚したいという人だっているわけなんですよね。 女医って確かにかっこよく見えると思うんですよね。 男性の憧れ。 バリバリ働いている女性の象徴でもあると思いますし、専門職という点も大きいわけなんですよね。 しかし、女医と結婚したいと思う時には、 それなりに気をつけるべき事があると思っているのです。 男性が結婚相手として実は憧れている「女医さん」だからこそ、きちんと考えるべきなのですよ。 女医は基本的に時間がない これは言える事だと思いますね。 私の友人にも女医さんっているのですが、 女医ってどうやっても時間がないんですよね。 普通のサラリーマンをやっている夫であれば、「 なんでそんなに忙しいのだろう?」と思ってしまう事もきっと結婚生活では出てくるでしょう。 男性側としては、「かまってくれないから寂しい」と感じてしまうこともあるかもね。 だからこそ、 結婚において家庭を重視して欲しいという男性にとっては女医と結婚したいという感情はあまり合わないのではないかと思います。 女医さんだってもちろん、それぞれいろんな病院がありますし、担当する分野によっても違います。 しかしながら、 女医と結婚したいと思うのであれば、 ある程度妻をサポートするような姿勢を持っていないと成り立たないと思うんですよね。 女医さんの中には「 が欲しい」なんて言っている人もいるし……。 例えば、最近は少し変わってきましたが、未だに「 家事や料理は女性にやってもらいたい」という人だっているわけなんですよね。 そういった人だと、 どうしたって女医と結婚したいと思って結婚してもあまり良い結果にはならないのではないかと思います。 女医さんってサラリーマンとは違って、生命を扱う仕事ですし、勤務時間だって長い事が多いんですよね。 そうなってくると、家事を思うようにやってくれなかったりとか、料理を作る事ができなかったり等、女医さんと結婚するからこそ、 でてくる事情があるわけなんですよね。 ただ、もちろんそういった事が嫌ではないという家庭的な男性であれば良いと思うのです。 家の事は自分がやっても良いし、妻が働けるようにサポートするような逆の体制になる事ができるという事であれば、 そういった道を行くという事も可能だと思うんですよね。 まあ、最悪ダスキンさんに頼めば良いのですが……。 うちなんて、ダスキンさんのおかげでピカピカですよ……。 女医さんと結婚したいと思うのであれば、 自分が結婚において何を求めているのか? そして、恋愛において何が大切だと思っているのか?という事を知っておいた方が良いと思います。 最近だと、楽天オーネットのとかでも、そういった事の診断ってする事ができるので気になる人はやってみてください。 関連記事: 不規則な生活の女医 これもあると思いますね。 知り合いで女医の方もいらっしゃいますが、その方から話を聞いていると「 寝る時間も少ないし、不規則な生活で大変だな」と思うんですよね。 サラリーマンと女医が結婚するというケースはあるのですが、うまくいかないケースも多く、後で離婚してしまうという事だってあります。 そもそも、男性医師であれば引く手数多な医局ですが、女医はどうなのか?というと、病院には基本的に男性が少ないので、 結婚相手を探す事が出来ないのです。 そうなってくると、大学の頃から付き合っていた人と結婚したり、外部のサラリーマンと付き合う、という事になるのですが、 外部のサラリーマンと結婚すると、「 相手が理解してくれるのか?」というところが問題になってくるのです。 女医と結婚したいという気持ちはわかりますけど、 相手が女医で不規則な生活をし、寝る時間も少ないため、きちんとした結婚生活を送る事が出来るのか?という事は予め考えておいた方が良いと思うのです。 女医と結婚したいという人は多いと思いますし、生活面では安心要素の1つでしょう。 基本的には女医の年収は一般的なサラリーマンよりも高いわけですからね。 逆玉の輿状態になることも……。 いいな……。 しかし、そこにはリスクもあるという事は考えておいた方が良いと思うのです。 関連記事: 収入格差がある これも言える事なんですよね。 一般的なサラリーマン同士の結婚だと、まだまだ男性の方が収入が高いという事が多く、 家庭を支えるのも男性になる場合がほとんどだと思うのですが、これも女医と結婚したいという事であれば、 変わってくると思うんですよね。 女医さんは忙しいという労働環境の代わりにある程度の賃金をもらっているわけなんですよね。 だからこそ、男性からしたら「 俺よりも収入が高いのか」とプライドを傷つけられてしまう事があると思うんですよね。 男性のプライドってエベレストより高いから……。 ただ、これってこれからの時代だと普通の事だと思うんですよね。 女性の方が精神的には強いわけですし、 女性の方が仕事だって辛いと思いながらも続ける事ができるものなんですよね。 そのため、今後は女性がより男性よりも強くなっていくのでは?と思っているのです。 したがって、女医と結婚したいと思う方は、そこまで収入格差が気にならないという事であれば、良いと思うんですよね。 奥さんの収入の方が高いという状態の方が実は家庭ってうまくいくような気がしているのです。 本来的に強くない男が家庭を支えるというよりも、女性の収入の方が高く、男性はそれを支える意味合いでの労働という方が結果的に、 その家庭は強くなると思うんですよね。 関連記事: 気が強い人が多い これも気をつけるべき事だと思うんですよね。 女医さんと結婚したいと思う事だってあると思いますし、そういった男性もいて良いとは思うのですが、 女医さんって根本的に気が強い事が多いんですよね。 もちろん、これは人によって違います。 気が弱いような女医さんだって中にはいると思います。 ただ、私の知っている限りでは、女医さんって気が強い人が多いわけなんですよね。 だからこそ、結婚において、 「 女性らしい奥ゆかしさ」「 女性としての大らかさ」といった前時代的なものを求めているのであれば、 うまくいかない可能性だってあると思うんですよね。 そんな源氏物語みたいな女性は現れないわけですよ、今の時代……。 これは好みの問題なので、人それぞれで良いのですが、 女医と結婚したいと思っているのであれば、気にしてみる必要性があると思います。 でもさ、女医さんと結婚したい、という男性が多いのは何となくわかってしまう。 逆にベタベタした関係性にならないから良いな、と思っている男性も多いんじゃないかな。 今の時代のニーズにあっているような気がしている。 良いか、悪いかはわからないけどね。 関連記事:.

次の