フランケン。 【パワプロアプリ】[フランケン]往田真威人のイベントと評価【パワプロ】

フランケン

フランケン

ドイツ中世におけるの一つで,マイン川流域を中心とする。 843年のベルダン条約後,の中核をなしたが,内部分裂から 939年部族公国は消滅し,東フランケンと西フランケン ライン=フランケン に2分された。 11世紀にいたり,西フランケン出身のザリエル家コンラートにより,フランケン公の称号が再興され,同公はザクセン朝ハインリヒ2世の死後を受けて,1027年神聖ローマ皇帝となり,フランケン朝 または を創始した。 ここにフランケン公の称号そのものはドイツ皇帝の手中にあったが,東フランケンではウュルツブルク司教が最も有力であり,1168年以来,同司教が東フランケン公とみなされた。 しかし公的な承認は,15世紀初頭の司教ヨハン2世のときであり,東フランケン公の称号は,1802年同司教領が世俗化されるまで続いた。 またフランケンの名称は,ハプスブルク家のが,1512年に帝国を 10の管区 に編成した際,旧フランケン地域に与えられ,さらに近代では,1837年バイエルン公ルートウィヒ1世により領土の最北部分に上,中,下フランケンの名称が与えられた。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 ドイツ中部の地方名。 マイン川中・上流域の地方をさし、東はチェコ国境、西はライン川に達する。 民族移動期には、チューリンゲン人とアラマン(アレマンネン)人の抗争の地であったが、6世紀ごろ西方からフランク人が進出・定着して、720年ごろフランク王国に編入された。 8世紀以来、東フランクFrancia Orientalisの呼称が用いられている。 カロリング王朝断絶(911)ののち、ここにフランケン公国がつくられ、コンラディナー家が公位を得たが、一時的なもので、オットー1世は939年これを解体し、東フランケンとライン・フランケンに分けた。 前者ではウュルツブルク司教が大部の領地を領有して圧倒的優勢を誇り、1168年皇帝フリードリヒ1世は同司教にフランケン公の称号を贈った(1802年まで存続)。 後者ライン・フランケン地方を領有したザリエル家は、1024年コンラート2世のとき国王となり、ザリエル朝(またはフランコニア朝)は1世紀間存続した。 しかし、その断絶後、家領は四分五裂し、中小貴族の台頭を促した。 すなわち、アンスバッハ、バイロイト各辺境伯、カステル、ヘンネベルク、ホーエンローエ、ライネック、ウェルトハイム各伯領をはじめとして、無数の帝国騎士、帝国直属村落が乱立し、これにウュルツブルク、バンベルク、アイヒシュテット各司教、フルダ修道院、ニュルンベルク市、ローテンブルク市などが加わる。 1500年皇帝マクシミリアン1世は、帝国改革の一環として全国土を10地区に編成したとき、前記の諸領主をフランケン地区として包括し、ここに文化的・社会的共通意識が醸成されることになった。 1815年のウィーン条約の結果、フランケンの大部分はバイエルン公国に帰し、今日、バイエルン州の北部部分をなしている。 農耕、家畜飼育が盛んで、とくに美味なぶどう酒を産出する。 工業では織布、製陶が目だつ程度。 多くの文化財に恵まれ、清澄な自然環境と相まって、有数の観光地域となっている。 [瀬原義生] …やがて民族大移動期に展開する東ゲルマン諸部族のあの活発かつ遠距離への迅速な移動の可能性は,一つにはこうした歴史的背景があったせいである。 【増田 四郎】。 … 【民族大移動】より …その一つは,移動前,ゲルマニアの東部にいた東ゲルマン諸族,次はその西部にいた西ゲルマン諸族,そしていま一つは北方スカンジナビア半島やユトランド半島にいた北ゲルマン諸族である。 このうち北ゲルマン諸族は,前2者よりやや遅れ,8世紀から11世紀にかけ,の名でイングランド,アイルランド,ノルマンディー,アイスランドならびに東方遠くキエフ・ロシアにまで移動し,それぞれの地に建国したため,通常これを第2の民族移動と称する。 出典| 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について.

次の

【これワイン?】ドイツ(フランケン)のボックステイル型のワインを飲んでみた!

フランケン

エディが フランケンのボディとネックを入手した経緯は、ボディとネック、それぞれのコーナーで紹介した通り。 そんないきさつから、ボディの塗装もエディが自分で行った事は間違いないだろう。 ここは5150よりもはっきりしている。 フランケンにエディが施した塗装を再現したい。 徹底的に調べたので話は長くなってしまうが、お付き合いのほどを。 1、塗装工程 フランケンの作成工程について、正しくは真相は「エディのみぞ知る」としか言い様が無い。 それまでは考えられる工程は下記の通り。 とりあえず私は赤矢印に従って進めたいと思う。 ジャパンヴィンテージでは80年代に入ってトーカイが54年ストラトのリアルコピーモデル発売に多大な尽力を注いだ際、 必須アイテムであった「ラッカー塗装」を全面的に売り物としたのが最初だったような気がする。 それまでの70年代はフェンダーといえども固くて塗装が楽なポリエステルが使われていた。 ここで注意。 世間で嫌われている分厚い「ポリ」塗装とは「ポリエステル」であり、「ポリウレタン」ではない。 「ポリでも充分薄い塗装が吹ける」 と言ったプロギタービルダーが居たが大きな間違いで、ポリエステルは厚く塗らなければ硬化できない。 そんなポリエステルは分厚い樹脂コーティングであり、木の鳴りを完全に無視した塗装であるため、ギターとしては毛嫌いされている。 一方、薄く塗れるのはポリウレタンであり、ラッカーの耐候性を上げた塗装と考えて良く、ネガティブな塗装ではない。 もしその分厚い樹脂コーティングであるポリエステルで塗られた黒ボディを購入したとした場合、いくらギターの扱いが雑と言えども 木地が出るほど堅いポリ塗装が「擦れて」剥げる事は無く、生地が出る時は剥げではなく「割れて欠ける」様子になるが、フランケンにその様子は無く、 レリック状態とは矛盾する。 なお、ポリエステルは小分け販売しておらず、大量購入の上に、一度開けると化学反応により硬化する。 また硬化の時に異臭も放つ。 塗料自体も高額だ。 だから、ギター1本を個人で塗装する為にポリエステルを使うと言う事は事実上あり得ない。 重ねて言う。 ポリウレタンではなく、ポリエステルではあり得ない。 余談だが、 量産工場、特に海外工場で塗料が高いのにポリエステルが主で使われる理由は、一度に分厚く塗装でき、すぐ硬化し、あっという間にサンディング出来る為 単色でも25コート以上の吹き付けとサンディングを繰り返すラッカーとは工賃に雲泥の差がある。 だから、塗料がたとえ高額であってもトータルでは安く作る 事ができる。 また、ポリエステルは吹き付けではなく、ジャブ漬けでもできるらしいので、塗装の技術も全く必要が無い ではポリウレタンだったらどうなるか? 同じくエディが使用した5150はベースの白に赤を重ねてストライプとしているが、生地の白が意外と擦れずに残っている。 とはいえ、激しい所ではちゃんと白がすり減っている。 基本カラーのフランケンの黒と5150の白を比較すると、塗装強度は 【5150>フランケン】 と見て取れることから、 5150がポリウレタン、フランケンがラッカー、である可能性が高いと思う。 つまり、フランケンを作る時には大前提としてリヤはお気に入りのHBを搭載する為のキャビティが必要であったと思われる。 それは白黒期最初からの加工であったと考えるべきだと思う。 センターは、一時期テレキャスター用のリヤピックアップを付けていた時代があり、センターのキャビティのザグリっぷりは、 このピックアップが収まるようにできている。 そのタイミングを考えてみると、 白黒フランケン期にスペアギターとして持っていた、未塗装と思われるストラトがあり、ピックガードには フロント:後に赤白黒フランケンに搭載される赤いリネンフェノールピックアップ センター:テレキャスター用リヤピックアップ リヤ:HB が搭載されている。 どうやら、白黒最終期と赤白黒最初期にはこの未塗装ストラトから移植された白ピックガードアッセンブリーが搭載されていた。 つまり、この赤白黒に向かう過渡期にてセンターピックアップキャビティをテレキャスター用リヤピックアップが 収まるようにしなければならなかった。 逆に言うと! それまではセンターにテレ用を収める必要がなかった=テレ用ザグリをする必要がなかった!のではないか? だから、フロント〜センターピックアップにかけてのザグリは白黒フランケン期のどこか途中で作業したものだと思われる。 以上の理由から、私は上図の 赤矢印工程 を選択した。 私の勝手な想像なので、これをベースに各自想像を膨らませてください。 誰もエディから話が聞いた訳ではないので! 想像もフランケン作りの醍醐味と思えばこれも一つの楽しみである。 2、塗装厚み 塗装について試作をして感じた事。 黒を塗った後に白を塗るわけだが、白は黒を完全に潰さなくてはならず、多少の塗り重ねだけでは白くなっては くれない。 その結果、塗膜厚は黒<白となってしまった。 すると、、白黒期レリックをした際に白を剥いだとたんに黒が剥げきってしまいボディ生地がすぐに露出してしまう。 つまり、白よりも黒が塗膜が強い、もしくは厚い事が必要となる。 黒を潰すには白を3回は吹かなければならない。 試作した感触から想像すると、黒の塗膜厚みは白の3倍程度は必要と思われ、 逆算すると10回程度吹かなければならないと思う 恐らくエディに近い状態にするには、このコンディションが優位であろう。 (赤は3発としたが、実際には黒の浮き出方を見ながら、実機に近い状態で止める。 塗料により違いがあるので 最終判断はフィーリングに頼る事になる) これを簡単に作るには、 黒をポリエステル、白と赤をラッカーにすれば黒が強烈に強くなる。 但し、「1・塗装工程」で書いた通り、エディがボディを買った時点でポリエステル塗装はしていなかったと考える。 しかし、ホームペーインターがフランケンを塗るには簡単な方法である事は確かだ。 黒のポリエステル塗装済のボディに、比率が白:赤=1:2位でオーバーペイントすることになる 但し、レリックで木地を出すのが困難、もしくは不自然である為、ノンレリック版に限る しかし、 仕上がりの音を重視したいのでポリエステルは使いたくない! 下塗りから全てニトロセルロースラッカーで攻めたい! その為には黒を10回も吹かなくてもレリック処理で簡単に剥げないようにするにはどうするか? その対策は、黒と白の間にシーラーを吹くという対策だ。 サンジングシーラーは肉厚であり通常の着色の2倍程厚い。 若干の曇りはあるが、ほぼ透明である。 「白が黒を隠蔽するのに3発必要」から逆算すると、赤3発、白3発、シーラー3発、黒3発、となる。 これは失敗しないレリックに有効だと思う 3、塗料入手 1976年カタログより 1980年カタログより 1980年カタログの拡大 エディが使った塗料 エディが使った塗料は、 米国自転車メーカー"Schwinn社"の自転車用ペイントというのが有名だ。 Schwinn社は1895年創業で、レーサーから婦人車までラインナップし、現在も活躍中だ。 日本では取扱店が少ないため、一般にはあまり知られていないかもしれない。 初期のレーサー 家族用タンデム 5人乗りタンデムレーサー! エディが使用したフランケンの赤は「Bright Red」、だ。 (5150はサンセットオレンジ) 左の写真は、上のスプレーが1976年のカタログ、下の物が1980年のカタログ。 1977年以降で デザインが変更された。 では、Schwinn製ラッカー缶を入手すれば話は早そうだが、 現在すでに米国内でも流通していない。 つまり、 今現在市販されているSchwinn用スプレー缶を購入しても ちょっと違う!と言う事だ。 第一、輸入ができないし、海を越えたとしても国内輸送すらしてもらえない。 ウレタンに変わってしまった理由は環境問題だ。 米国では州によってラッカーが使用禁止になっている。 もう一つ、変質によって爆発物になるニトロセルロースラッカーはテロ対策により使用できない。 散々考えた挙句に思いついたのは、 塗装されたSchwinnの自転車なら日本でも手に入る。 それはカラーサンプルにできる そして散々探して入手したのは、Schwinn自転車のフロントフォーク。 それをEVH製フランケンレプリカをお持ちの方のご協力により色比較をしてみた。 太陽光の下で比べて頂いた所、予定通り酷似! 実際に比較された方が見た印象(これが大事)によると、この色で汚しやくすみのレリック加工 をすれば一緒になるであろうと。 この大きな成果にて、改めて結論。 エディがSchwinn製ペイントでフランケンを塗った、 この説はどうやら正解であった。 そして、自転車パーツ購入でカラーサンプルも入手できた! そのフロントフォークに近い色を探す。 壮大な冒険の旅になるかと思いきや、 実は常用しているカラーペイントが実に酷似していた。 缶の後ろでカップに開けた色と、フロントフォークの色はかなり近いと思う。 ニッペホームプロダクツ株式会社のハケ塗り用ラッカー「赤」。 nippehome. html 私はガン吹きなのでこれを使えるが、一般的には缶スプレーに頼る事になるだろう。 ニッペの缶スプレーで近似色がある可能性が高いかもしれない。

次の

フランケンワインのススメ / hirok

フランケン

Contents• フランケンのワイン 全体像  フランケンの気候は、夏は乾燥し、冬は厳しい寒さとなる大陸性気候です。 高緯度に位置しているため、年間平均気温は9度前後と厳しい環境になっています。 フランケンは三畳紀に由来する土壌構成となっており、彩色砂岩、貝殻石灰岩、泥炭岩などの地層をもちます。 べライヒはマインフィアエックとマインドライエック、シュタイガーヴァルドの3つが含まれています。 各々土壌構成が異なり、マインフィアエックは彩色砂岩中心、マインドライエックは貝殻石灰岩中心、シュタイガーヴァルドは泥炭岩質中心の土壌構成です。 特徴とブドウ品種 フランケンの特徴は、その個性的なボトルデザインです。 フランケン産のワインが必ずこのボトルデザインを採用しているわけではありませんが、とても印象的な形をしています。 丸くぼってりとした特別な形をしており、世界的に高い知名度を誇ります。 その特徴的なボトルデザインのため、一目でそのワインがフランケンのものであることがわかります。 このボトルはボックスボイテルと呼ばれており、「山羊の陰嚢」という意味を持ちます。 古代ローマ時代から受け継がれているものであり、元々は皮製のワイン袋を参考にして作られたものです。 可愛らしい形をしたボトルデザインながら、味わいは辛口のものが多く、引き締まったミネラルを持つワインが多く生産されています。 日照量に乏しいため後輩品種や耐寒性の強いブドウ品種が選ばれます。 muller-thurgau 栽培されている品種は、ミュラートゥルガウ、シルヴァーナー、バッフスなどです。 そのうち最も栽培されている品種はミュラートゥルガウです。 バッフスはこの地方の伝統的な交配品種です。 シュペートブルンダーやドミナなどの 品種は、マインフィアエックで主に栽培されています。

次の