安倍晋三 麻生太郎 吉田茂 家系図。 麻生太郎の家系図は?祖父が吉田茂!安倍晋三や三笠宮家と親戚!

安倍晋三の家系図が凄い!先祖一族に佐藤栄作や吉田茂?天皇家も親戚だった

安倍晋三 麻生太郎 吉田茂 家系図

三笠宮寛仁親王は「 ヒゲの殿下」という愛称で親しまれていました。 大正天皇の孫で、昭和天皇の甥に当たりますので、宮家へ嫁いだとうことですね。 求婚された時はまだ、若すぎるということで、8年後に婚約をされました。 1980年11月に結婚され、寛仁親王妃信子さまとなったのです。 教科書にも出てくる「サンフランシスコ平和条約」や「日米安全保障条約」を締結した人物です。 スタンフォード大学に留学中の麻生太郎氏に、「アメリカなまりの英語ではだめだ」と言って、ロンドン大学に留学しなおさせたエピソードがあります。 薩摩藩士で、西郷隆盛、木戸孝允と並んで「維新の三傑」と称されている人物です。 「 るろうに剣心」にも登場していますね。 初代内務卿(実質上の明治時代の首相)で、幕末から明治の偉人として有名ですね。 妻の千賀子さんは、第70代内閣総理大臣の 鈴木善幸氏の三女です。 麻生太郎氏より10歳年下で、鈴木善幸氏が若手議員を招いた懇談会の席で知り合ったそうです。 1983年に結婚し、2人の子供に恵まれています。 1990年代より、建設資材を扱う麻生商事、土木業を営む麻生フオームクリート、保険代理店を展開する麻生興産の取締役に就任しました。

次の

安倍家と麻生家の家系図を辿ってわかった歴代総理の異常な親戚関係と知ってたあの政治家のルーツ!日本の貴族社会の家系図まとめ お天道様はお見通し

安倍晋三 麻生太郎 吉田茂 家系図

安倍晋三の先祖は韓国人との噂を検証 安倍晋三首相は 「家系図上では韓国人ではないか」 という疑惑があります。 その噂の元となるのが、 安倍晋三首相の父親、安倍晋太郎元外相の言葉、 「私は朝鮮(人)だ」という言葉です。 これは、世界日報が「週刊朝日」を 引用して報道したもので、 安倍晋三さんの父、安倍慎太郎さんは生前に、 「安倍家の起源は10世紀くらいまで 韓半島北で中国大陸にかけて存在していた パルへ国に始まった」 という考えを持っていました。 ですが、 「日本の安倍家の起源は明らかではない」 との報道もあります。 安倍家の起源について、 岸と安倍の両家どちらでも 40年間、家政婦として働いていた 久保ウメさんは 「安倍家の本流は青森県だ」 としています。 そして、 安倍晋太郎(父)さんが 「私は朝鮮人だ」と言った事に対し、 「(朝鮮といっても)今の北朝鮮ではなく、 吉林省の下側にあったパルへという国」 のことを言っていたとし、さらに、 「11世紀平安時代の武将だった安倍が 今の安倍家の祖先と一致する」 と説明し、 安倍晋太郎(父)が発言した内容を 全否定しています。 また、先に述べたように 「日本の安倍家の起源は明らかではない」 という一方、 「朝鮮人」だという根拠も明らかでないため、 安倍晋三首相の先祖が 韓国人というのは、 どうやら噂に過ぎないといえます。 スポンサードリンク 安倍晋三家系図に見る華麗なる先祖一族! 引用: 安倍晋三首相の家系図で、 先祖一族や兄弟を調べてみると、 先祖一族は「奥州安倍氏」であることがわかります。 その更に遡った系譜が ネット上に存在することが判明しています。 更に7代遡った 初代天皇が「神武(じんむ)天皇」です。 更に5代前の祖先が 日本神話の女神「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」です。 つまり、天照大御神の85代先の子孫が 安倍首相となる訳です。 神話の一人とも思えるアマテラスオオミカミが 先祖にいるなんて、本当に驚きです。 兄弟に岸姓がいるのはなぜ? 安倍家の最近の系譜をみていると、 不思議な点がひとつあります。 それは、 安倍晋三首相の弟の姓が「岸」となっています。 婿養子にでもなられたんでしょうか? まず、 岸姓のおおもとは、 安倍晋三首相の母親が、 岸信介元首相の長女で書家としても有名な安倍洋子さんの 旧姓です。 そして、5歳下の弟、岸信夫さんが 実弟なのに何故苗字が「岸」なのかというと、 信夫氏が生まれてすぐに 母親の実家である岸家に養子に入ったためです。 岸信夫さんといえば、 安倍晋三首相が 靖国神社への参拝を弁明するために、 外務副大臣として、 米国へ派遣したことがあります。 父、弟、祖父と政治家であり、 根っからの政治家といえます。 まとめ-安倍晋三の家系に韓国人? 安倍晋三首相がの家系図をたどると韓国人がいる? という噂をしらべてみると、 安倍晋三さんの父親である安倍晋太郎元外務大臣が 「私は朝鮮だ」という発言からきているようです。 しかし、実際は奥州安倍氏の流れで、 紀元前までさかのぼると、 神武天皇や天照大神といった 歴史上の人物までたどりつくとは、 驚きですね。 実弟が「岸」姓を名乗っているのは、 安倍晋三さんの母親、 安倍洋子さんの実家に養子に入ったためです。 祖父が岸信介元首相だったり、 直系以外でも「華麗なる一族」だということが わかります。 安倍晋三・昭恵夫婦の間には お子さんはいないようですが、 この「華麗なる一族」の今後も気になります。

次の

麻生太郎の家系図に驚愕!安倍晋三総理、天皇家も親戚だった!

安倍晋三 麻生太郎 吉田茂 家系図

Contents• 安倍晋三の家系図(先祖一族)がすごいと話題に! 安倍晋三首相の家系図がすごいという話題ですが、SNSでは、どのような声が出ているでしょうか? 安倍晋三の家系図見ると、父が安倍晋太郎、祖父が岸信介、親類に佐藤栄作、吉田茂、鈴木善幸、麻生太郎、細川護煕、宮澤喜一と首相経験者多数。 その他にも大久保利通、牧野伸顕、天皇家も繋がりがあるってすげーなオイ。 安倍晋三首相のご実家と言えば、政治家一族というのは有名な話ですが、先祖一族を遡っていくと、 驚くべき家系図が明らかになっています! それではさっそく、安倍晋三首相の家系図をくわしく見ていきましょう。 【家系図】安倍晋三の両親や兄弟もすごかった! まずは、安倍晋三首相の ご実家の家系図に注目し、安倍晋三首相のご両親や、ご兄弟を見ていきましょう。 安倍晋三の父親(安倍晋太郎) 安倍晋三首相の父親は、 安倍晋太郎さんです。 安倍晋太郎さんは、政治家・安倍寛さんの長男として生まれます。 東京大学法学部を卒業した安倍晋太郎さんは、 毎日新聞社に入社。 その後、安倍晋太郎さんは、政治家・岸信介さんの長女・岸洋子さんと結婚、5年後に毎日新聞社を退社し 政界入りします。 政界入りした安倍晋太郎さんは、外務大臣や内閣総理大臣秘書官などをつとめ、次期、総理大臣とまで言われましたが、目前で病気で他界します。 しかし、安倍晋三首相と、お父様・安倍晋太郎さんの画像を並べてみると、本当によく似ていらっしゃいます! 安倍晋三の母親(岸洋子) 安倍晋三首相の母親は、 安倍洋子さん(旧姓:岸)です。 安倍洋子さんは、政治家で元内閣総理大臣もつとめた、 岸信介さんの長女です。 安倍晋三首相の父親・安倍晋太郎さんとは、お見合いで結婚した安倍洋子さん。 安倍洋子さんは、自民党の派閥である『清和政策研究会』所属議員夫人のリーダーをつとめ、政界では 「ゴッドマザー」と呼ばれています。 また、安倍洋子さんは、書家としても知られています。 安倍晋三の兄(安倍寛信) 安倍晋三首相の兄(長男)は、 安倍寛信さんです。 安倍寛信さんは、成蹊大学経済学部を卒業した後、『三菱商事』に入社します。 その後、三菱グループの会社で、紙と包装を専門に取り扱う 『三菱商事パッケージング』の社長に就任しています。 実は、安倍寛信さんは、 政界入りをしていません。 本来なら、安倍家の長男である安倍寛信さんが、後継者として政治家の道へ入るところですが、ご本人にその意思がなかったと言われています。 安倍晋三の弟(岸信夫) 安倍晋三首相の弟(次男)は、 岸信夫さんです。 岸信夫さんは、 現・衆議院議員をつとめています。 ここで疑問なのは、なぜ安倍晋三首相の弟は『岸』という姓なのかということですよね。 実は、安倍晋三首相の母親、安倍洋子さんの実家の兄(岸信和さん)には、子供がいませんでした。 そのため、安倍家の次男として生まれた信夫さんが、 誕生後すぐに、岸家に養子に引き取られています。 岸信夫さんご本人には、岸家の養子ということは全く知らされておらず、大学進学時に戸籍謄本を見て知ることとなります。 岸信夫さんご本人は、養子と知った時のことを、 【家系図】安倍晋三の先祖一族に岸信介や佐藤栄作も? 安倍晋三の祖父は岸信介 これまで見てきたように、岸家は、安倍晋三首相の母方の実家になります。 安倍晋三首相の祖父にあたる岸信介さんは、 第56・57代の内閣総理大臣をつとめた方です。 なんと、安倍晋三首相の祖父、 岸信介さんと佐藤栄作さんは兄弟ということが判明…! 安倍晋三の大叔父は佐藤栄作 安倍晋三首相さんの祖父、岸信介さんと佐藤栄作さんが兄弟ということは、 安倍晋三首相にとっては、 佐藤栄作さんは大叔父ということに。 佐藤栄作さんは、言わずとも知れた、 第61・62・63代の内閣総理大臣をつとめ、平和ノーベル賞も受賞した方です。 安倍晋三首相の祖父・岸信介さんが兄で、佐藤栄作さんが弟ということですが、なぜか兄弟で姓が違います。 それは、佐藤家に生まれた岸信介さんが、 のちに岸家へ婿養子に入っているからです。 家系図を見てみると、実は、岸信介さんの父親・佐藤秀助さんは、元々岸家の生まれで、佐藤家へ婿養子に入っています。 代を経て佐藤家と岸家を行ったり来たりしているわけですね。 実は、安倍晋三首相の家系図をさらに詳しく見ていくと、 過去に内閣総理大臣をつとめていた人が多数いるのです…! 【家系図】安倍晋三の先祖一族は元内閣総理大臣が多数 安倍晋三の家系図は元内閣総理大臣が多数 安倍晋三首相の先祖一族は、過去に総理大臣をつとめた方々が勢揃いです。 安倍晋三首相の祖父・岸信介さんや、大叔父の佐藤栄作さんをはじめ、 遠い親戚になると、 吉田茂さん、麻生太郎さん(現・副総理)、鈴木善幸さん、細川護熙さんがおられますね…! いったい、安倍晋三首相の家系図は、 なぜこんなに元総理大臣が多いのでしょうか? 安倍晋三の先祖一族は明治維新を主導した藩長 安倍晋三首相の家系図を見てみると、安倍晋三首相の祖先は、 長州藩士、薩摩藩士だったということが分かります。 ご存じの通り、徳川幕府を倒して明治維新を成し遂げたのが、長州藩(現山口県)と薩摩(現鹿児島県)を中心とした勢力です。 このことから、 明治時代の総理大臣は、旧長州藩士、旧薩摩藩士から多く出ています。 そして、この有力家の中で、いわゆる政略結婚のようなものが繰り返されたため、安倍晋三首相の家系図には歴代総理大臣が多くいるのです。 【家系図】安倍晋三と天皇家のつながりは? 実は、 安倍晋三首相は天皇家とも繋がりがあるのです! 先ほども先祖一族の家系図で見てきましたが、安倍晋三首相と麻生太郎さんは遠い親戚にあたります。 実は、 麻生太郎さんの妹・信子さんは、三笠宮寛人親王の元へ嫁いでいるのです。 三笠宮寛人親王は、大正天皇の孫で、今上天皇の従叔父にあたる方です。 (三笠宮寛人親王は、2012年66歳で他界。 ) このことから、麻生太郎さんと親戚になる安倍晋三首相は、天皇家とも繋がりがあるのですね。

次の