カールスバーグ ビール。 【楽天市場】ビール > 世界のビール > デンマーク > カールスバーグ:お酒の専門店 リカマン楽天市場店

ニュースリリース

カールスバーグ ビール

デンマークの代表的なビールといえばです。 ヨーロッパのサッカーが好きな人には カールスバーグがクラブチームのスポンサーになり、胸のロゴとかでよく見かけると思います。 また カールスバーグは世界180カ国以上で販売され、40カ国で醸造所を持っている超巨大ビール会社です。 2016年時点では日本ではサントリーがライセンスを持っていて生産・販売をしています。 個人的には カールスバーグとは同じヨーロッパ、デンマークとオランダの近隣国、サッカー関連のスポンサーをしている、同じ緑色のラベルであることから壮絶なライバル関係なのではないかと思っています。 カールスバーグ以外の世界中で買えるビール達 関連記事 関連記事 参考はこちら(外部サイト) カールスバーグ Carlsberg 2010年に終わってしまいましたが、 カールスバーグのロゴをみるとイングランドのサッカーチーム「リバプール」を思い浮かべるサッカーファンが多いのではないでしょうか。 世界で受け入れられるビールのわりにデザインはカッコいいとは思えません。 女性客にも受け入れられるようなデザインへ変更すればトップシェアも狙えるのではないだろうか。 色 黄金色のボディーに、グラスに注いだ瞬間から泡が踊るようにブクブク立ち上がります。 これは鮮度がいいからなのでしょうか。 香り ヨーロッパのビールですが、香りが弱く残念な感じがします。 味 薄味のビールです。 デンマークのビールなので、時間をかけてゆっくりと味わえるビールを期待しましたが、ハイネケンやバドワイザーのようにライトなビールです。 カールスバーグ・スペシャルというアルコール度数が高いビールも製造されています。 参考 価格 酒屋やインターネット販売で350ミリが230円ほどです。 さいごに タイで販売されている低価格のヨーロッパのビールはやっぱ東南アジア向けのビールなんですね。 確信しました。 まだハイネケンは飲んでいないけど、おそらくタイで飲むハイネケンは味が薄く感じてしまうんだろうなー。

次の

【楽天市場】ビール > 世界のビール > デンマーク > カールスバーグ:お酒の専門店 リカマン楽天市場店

カールスバーグ ビール

15世紀、ドイツ南部のミュンヘンで誕生したラガー・ビールは、下面発酵が生み出す優れた品質にも関わらず、長いあいだローカル・ビールのひとつにとどまっていた。 しかし近代科学の進化とともに、その革新性を見なおす気運が高まると、19世紀半ばから、下面発酵を志す醸造家が現れるようになる。 その中心人物が、地元ミュンヘンのシュパーデン醸造所経営者、ガブリエル・ゼードルマイル2世である。 当時まだビール後進国であったミュンヘンにあって、蒸気機関や冷蔵技術をいちはやく導入するなど、下面発酵の再興に邁進した。 またそのノウハウを惜しみなく公開することで同業者たちとネットワークを形成。 ボヘミア地方の「市民醸造所」や、デンマークのカールスバーグ創業者、ヤコブ・ヤコブセンに、門外不出の「ラガー酵母」を提供したのも *2 、そうした姿勢のあらわれであった *3。 こうして、下面発酵を始めたカールスバーグ社は、科学の研究にも力を入れ、1883年、微生物部門のエミール・クリスチャン・ハンセンが、パスツールの理論を応用した「酵母の純粋培養法」を確立。 これは、ビールづくりに適した酵母のみを抽出・培養するもので、よりよいビールをつくる酵母が、どこででも手に入るようになるという、夢のような発明であった。 パスツールの「低温殺菌法(パスチャライゼーション)」、リンデの「アンモニア式冷凍機」、そしてハンセンの「酵母の純粋培養法」。 のちに「近代ビールの三大発明」と呼ばれるこれらの成果は、結局のところ「ラガー・ビール」の優位性のみを際立たせるものであった。 産業革命に湧いた近代という時代。 その大きなうねりが、宿命的にラガーを表舞台へと押し上げたのである。 すなわちラガー・ビールは、近代という時代そのものであった、ということが言えるであろう。 *1 近代ヨーロッパ前編『ビールといえばイギリスのエールだった』参照のこと *2 結果として、ピルゼンもカールスバーグも、ラガー・ビールで大成功をおさめる。 その事実をみても、その種馬となった「ラガー酵母」の所有者ゼードルマイルこそ、真の意味での「ラガー・ビールの生みの親」といえるだろう。

次の

カールスバーグが目指す紙製ビールボトル 飲料の品質維持が鍵

カールスバーグ ビール

デンマークのビールブランド、カールスバーグはコペンハーゲンで先日、ビール用紙製ボトルの新たな試作品を2つ発表した。 同社が紙製ボトルを披露したのは、持続可能性目標の達成に向けたつながりを構築するためアディスアベバや香港、ベルリンなど世界の大都市で開催されるC40世界市長サミットだ。 参加者らはサミットで、同社の紙製ボトル試作品に入ったビールを提供された。 ただ、消費者に提供する最終製品はまだ未完成だ。 カールスバーグ・グループのグループ開発担当副社長を務めるミリアム・シングルトンから私が聞いたところによると、冷蔵庫に紙製ボトルのビールを買い置きするようになるまでにはあと1、2年ほどかかるかもしれない。 カールスバーグが紙製ボトルの開発において協働してきた2つの企業は現在、共同事業Paboco(ザ・ペーパー・ボトル・カンパニー/The Paper Bottle Company)を立ち上げている。 カールスバーグは、Pabocoのいわゆる紙製ボトルコミュニティーに参加した最初の企業だ。 これは、企業が持続可能なパッケージングの開発に関心を持っていることを示す指標の一つだとシングルトンは説明した。 他にも、飲料大手のコカ・コーラや化粧品大手のロレアル、酒類大手のアブソルート・カンパニーがそれ以降、紙製ボトルコミュニティーに参加している。 シングルトンは筆者に対し「他の大企業がこのコミュニティーに参加し始めていることは、私たちがこれからより速く前進できることを示している。 自分たちのリソースや専門性を合わせ、過去数年と比べてさらに高い速度で前に進む勢いを持てるからだ」と述べた。 カールスバーグと紙製ボトルの夢が直面する課題の一つは、紙製ボトルを使用した場合でも、同社のビールが「おそらく世界最高のビール」のままであるようにすることだ。 シングルトンは筆者に「私たちは、消費者が最高のビールを体験できるようにしたいと考えている。 そのため、重要なのは品質だ」と語った。 シングルトンによると、ビールをどれほどの期間紙製ボトルに保管できるかについては現在まだ試験中で、1~2カ月を目標としている。

次の