ワイマックス クレジットカード。 ワイマックスとは?〜はじめてのWiMAX!料金・エリア・評判〜

ワイマックスとは?〜はじめてのWiMAX!料金・エリア・評判〜

ワイマックス クレジットカード

クレジットカードなしでも安心! BroadWiMAXなら口座振替可能で 最安料金! 当ページをご覧頂いている方の中には、「 口座振替でモバイルWi-Fiを契約したい」「 クレジットカードなしで契約できるWiMAXプロバイダを探している」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。 実際、ほとんどのWiMAXプロバイダは契約の際にクレジットカードが必要となってしまいます。 しかし、そんな中でもBroadWiMAXならクレジットカードがなくても安心。 口座振替での契約が可能となっています! とはいえ、BroadWiMAXの口座振替での契約はデメリットもあるので注意も必要。 そこで、当ページでは口座振替でBroadWiMAXの契約を検討しているという方に向けて、契約方法からデメリット、そして具体的な料金まで解説します。 早速、BroadWiMAXを口座振替で契約する方法から見ていきましょう! 目次• BroadWiMAX ブロードワイマックス を口座振替で契約する方法! まずは、WiMAXプロバイダの中でも業界最安級と評判のBroadWiMAXを口座振替で契約する方法を確認していきます。 BroadWiMAX専用ページの上部にあるボタンから特設ページへ行きます。 特設ページからお申込みフォームへ進んで頂き、モバイルWi-Fiルーター端末の機種、カラーを選択します。 モバイルWi-Fiルーターを使って、メールやSNS以外にYoutubeやNetflixなどの動画を見る、パソコン、スマホ、タブレット等の通信端末を複数利用するという方は、月間データ容量が無制限のギガ放題プランがおすすめです。 「口座振替」と「クレジットカード」がありますが、右側の口座振替を選択します。 安心サポートプラスと、MyBroadサポートの2つのオプションに関しては、初めから選択されており、そのままオプションをつける状態となっています。 どちらも有料オプションとなっているので、必要ないという方は忘れずに外すようにしましょう。 安心サポートプラスは、モバイルWi-Fiルーターが故障した際の無料修理ができるオプション。 MyBroadは、モバイルWi-Fiに限らず、スマホやパソコンなどでの困りごとを24時間サポートしてくれるというオプションとなっています。 まずは、BroadWiMAXを口座振替で契約する方法を紹介しました。 ご覧頂いた通り、BroadWiMAXの口座振替でのお申し込み方法は非常に簡単。 ただし、 オプション契約を外すのを忘れる方も多いようなので注意しましょう。 その他に、お申し込み時以外でも口座振替でBroadWiMAXを契約する場合には注意点があります。 ここからは、そんなBroadWiMAXを口座振替で契約する際の注意点・デメリットを紹介していきます。 口座振替にはデメリットとなる注意点も! クレジットカードを持っていない方には便利な口座振替契約ですが、BroadWiMAXのモバイルWi-Fiを口座振替で契約する場合にはデメリットもあります。 ここからは、そんなデメリットとなる以下3点に関して解説します。 契約前にしっかりと確認しておきましょう。 BroadWiMAXの初期費用割引キャンペーンが適用されない• モバイルWi-Fiルーター端末は代金引換で受け取り• 毎月振り込み手数料として200円かかる BroadWiMAXの初期費用無料キャンペーンが適用されない BroadWiMAXを口座振替で契約する場合の1つ目のデメリットは、 初期費用無料キャンペーンが適用されないこと。 BroadWiMAXを契約する場合、以下の4つの条件を満たさなければ、初期費用として18,857円もの料金がかかってしまいます。 WEBフォームからのお申し込み• 月額最安プランをお申し込み• クレジットカード払いでお申し込み 口座振替ではNG• 2つの指定オプションサービス(有料)に初回加入 上記の通り、口座振替でBroadWiMAXを契約する場合、クレジットカード払いでのお申し込みではなくなるため、初期費用がかかってしまいます。 BroadWiMAXは、 初期費用の価格が18,857円と高額であるため、 よりお得に契約したいという方は口座振替よりもクレジットカード払いがおすすめです。 モバイルWi-Fiルーターは代金引換で受け取り 口座振替で契約しても、最初のお支払いは代金引換。 モバイルWi-Fiルーター到着時に、初期費用の代金と引き換えます。 そのため、初期費用以外に、 代金引換手数料が別途発生するというのも口座振替契約のデメリット。 代金引き換えで支払う料金は、初期費用と契約事務手数料です。 それぞれの金額は以下の通り。 初期費用 18,857円 契約事務手数料 3,000円 合計 21,857円 口座振替でBroadWiMAXを契約した場合、上記の料金に追加で代金引換手数料がかかってしまいます。 その点も、クレジットカード決済と比較した際の、口座振替のデメリットとなります。 口座引き落とし手数料として月額200円かかる BroadWiMAXを口座振替で契約した場合、代行業者がご契約者様の口座へ毎月の利用料金を請求します。 そのため、 モバイルWi-Fiの利用料金とは別で、口座引き落とし手数料が毎月200円かかってしまいます。 クレジットカード契約であれば、発生しない口座引き落としの手数料となるため、この点もBroadWiMAXを口座振替で契約するデメリットとなります。 ここまで、BroadWiMAXを口座振替で契約する際のデメリット・注意点を確認しましたがいかがでしたか。 上記の3つのデメリットから、可能であれば、 口座振替よりもクレジットカードでのBroadWiMAXの契約を当サイトではおすすめします! とはいえ、「 クレジットカードを持っていないため、口座振替での契約しかできない 」という方もいらっしゃるはず。 そこで、BroadWiMAXを口座振替で契約した場合、他の口座振替が可能なWiMAXプロバイダと比較して月額は安いのかどうか、実際に各社の料金を比較してまいります。 口座振替可能な他WiMAXプロバイダとBroadWiMAXの料金を比較! ここからは、口座振替で契約可能なWiMAXプロバイダごとに料金を比較していきます。 実際に比較に入る前に、まずはWiMAXプロバイダの料金を見る際のポイントから紹介していきます。 これだけ数多くあるWiMAXプロバイダですが、回線の速度や通信エリアに違いは一切ありません。 WiMAXプロバイダ間での違いは、利用料金のみ。 ただし、プロバイダによって基本月額料金や キャンペーン、特典の設定は様々。 そのため、WiMAXを契約する際はプロバイダごとの キャンペーンや特典も加味した実質負担料金 実際に負担する料金 を比較し、最安プロバイダを選ぶことが重要です。 そのため、BroadWiMAXを契約するのであれば、当サイトからのお申し込みがお得となるのでおすすめです! まとめ 当ページを最後までご覧頂き、ありがとうございます。 BroadWiMAXの口座振替契約について見てきましたが、いかがでしたか。 口座振替契約は、クレジットカードと違い審査もなく、身分証明さえできればBroadWiMAXを契約することが可能できるため、非常に便利です。 しかし、ここまで説明した通り、 BroadWiMAXをより安く契約したいという方には、初期費用を抑えることができるクレジットカード契約がおすすめ。 そのため「クレジットカードを持っていない」という方以外は、BroadWiMAXの口座振替での契約はおすすめしません。 とはいえ、口座振替での契約が可能なWiMAXプロバイダの中では、BroadWiMAXがギガ放題プラン・通常プランどちらも最安料金。 そのため、 口座振替しか契約できないという方には、BroadWiMAXが最安値でおすすめNo. 1となっています。 さらに今なら!当サイト経由で契約頂くと、限定キャンペーンとしてAmazonギフト券10,000円分も受け取ることができます。 是非、限定キャンペーン中にご契約を検討してみてください! そんなBroadWiMAXについて、もっと詳しく知りたいという方は下記をご覧下さい。 当ページが、あなたのモバイルWi-Fi選びの一助となれば幸いです。

次の

【重要】Broad WiMAXの運営会社はリンクライフ!カスタマーセンターの電話番号と問い合わせ先&解約方法

ワイマックス クレジットカード

GMOとくとくBBでWiMAXを契約した際には、クレジットカード払いとなります。 その他のサービスを利用した際には、請求書払いや口座振替での支払いが可能なケースもあるのですが、WiMAXの接続サービス WiMAXの契約 ではクレジットカード以外での支払いはできません。 GMOとくとくBBのWiMAX=クレカ払いです。 そこで疑問になるのが、 GMOとくとくBBを契約した後、締め日はいつで、請求日はいつで、私たちユーザーの銀行口座からいつ引き落とされるのか?ということです。 特に初回の料金などがいつ引き落としされるのかによって、引き落とし口座にどれぐらいの預金残高を準備しておかなくてはいけないのかが変わってくると思います。 GMOとくとくBBでの締め日から引き落とし日を把握しておくと便利! GMOとくとくBBでWiMAXを申し込む前に、締め日から引き落とし日までのスケジュールを確認しておくことはとても大切です。 というのもGMOとくとくBBでのワイマックスの利用ではクレジットカードでのみの支払いとなっているので、GMOとくとくBBを初めて利用して締められたあと、クレジットカード会社に登録している口座から引き落とされるまではタイムラグがあるからです。 またGMOとくとくBBの公式サイトにはそういったスケジュールが細かく記載されていないため、どういった金額をいつまでに用意しておくかというのも知っておいた方がいいですよね。 それではGMOとくとくBBでWiMAXを利用する際に、どういったスケジュールで料金が私たちに口座から支払われるのかを詳しく確認していきましょう! GMOとくとくBBでWiMAXを利用した際の締め日と請求日 GMOとくとくBBでの料金の締め日について GMOとくとくBBでの支払い料金の 締め日は 利用を行なった月の月末日 となっています。 つまりその月の最終日に締められるというわけです。 その月の最終日というのは、1月、3月、5月、7月、8月、10月、12月であれば31日ですし、4月、6月、9月、11月は30日となり、2月なら28日や29日となりますよね。 GMOとくとくBBで利用している月額料金や、オプション料金などが月末の最終日に締められて 合計支払い金額となるわけです。 初月の場合で端末発送日から計算された、月額料金の日割り、WiMAX契約事務手数料 3,000円 、その他オプション料金などが請求がされるというわけです。 例えば、初月の費用を計算してみると ・ギガ放題プランを契約、3月22日に端末発送 といった場合、月額料金が3,609円 税抜 と設定されているとしたら、端末発送日からその月の月末日は10日間となります。 1935… 円 に契約事務手数料 3,000円 やオプション料金 キャンペーンにより無料の場合は合算なし を加えた料金が 約4,164円 税抜き が請求をされるというわけです。 つまり当月の最終日に締められて、翌月の1日にはすぐ請求がされるということになります。 しかし、私たちユーザーの銀行口座から料金が引き落とされるのは、 すぐというわけではありません。 GMOとくとくBBでのWiMAXの料金の引き落とし日について GMOとくとくBBの料金の引き落とし日はスグではない! GMOとくとくBBでWiMAXを利用した際の、締め日や請求日は確認していただけたと思いますが、その料金が私たちの口座からスグ引き落とされるわけではありません。 というのも口座振替などの請求であれば、引き落とし日にすぐさま料金が引き落とされますが、GMOとくとくBBのWiMAXではクレジットカード払いです。 クレジットカードには、そのクレジットカードによってさらに 締め日と 引き落とし日が設定されています。 つまりGMOとくとくBBから私たちのクレジットカードに請求があった後、 クレジットカード会社による締め日と引き落とし日があるので、支払いにはタイムラグがあるということです。 ここのスケジュールを知っておくと、いつまでにどれぐらいの料金を口座に用意しておけばいいのかが把握できるのです。 GMOとくとくBBで利用できるクレジットカード GMOとくとくBBで利用可能なクレジットカードは、 VISA、MasterCard、JCB、Diners、American Expressのマークの入っているカードとなっています。 現在国内では多くのクレジットカードの種類が発行されていますが、どのカードにも上記のいずれかのマークが記載されているはずです。 上記のような会社のマークが入っているクレジットカードの種類は無数にありお手持ちのほとんどのカードでGMOとくとくBBでの支払いが可能となっています。 各クレジットカードによる締め日と引き落とし日 ここで重要なのが、 クレジットカード会社による締め日と引き落とし日の違いです。 代表的なクレジットカード会社の締め日と引き落とし日を調査してみると、以下のように違いがあることがわかります。 クレジット会社の締め日と引き落とし日例 クレジット 会社 締め日 引き落とし日 楽天カード 毎月末日 翌月27日 セゾン カード 毎月10日 翌月4日 オリコ カード 毎月末日 翌月27日 イオン カード 毎月10日 翌月2日 三井住友VISA 毎月15日または末日 会員による選択 翌月10日 または26日 会員による選択 NICOS カード 毎月5日 当月27日 JCB カード 毎月15日 翌月10日 MUFG カード 毎月15日 翌月10日 UCカード 毎月10日 翌月5日 ジャックス カード 毎月末日 翌月27日 ライフ カード 毎月5日 当月27日 または翌月3日 TS CUBIC CARD 毎月5日 または20日 翌月2日 または17日 ACマスター カード 毎月20日 翌月6日 ケイハン カード 毎月5日 翌月27日 アプラス カード 毎月5日 翌月27日 セディナ カード 毎月末日 翌月27日 ダイナース クラブ カード 毎月20日 翌月10日 アメリカン エキスプレス お持ちのカードによります。 このように確認してみると、利用するクレジットカードの種類によって締め日や引き落とし日が異なることがわかっていただけると思います。 だからGMOとくとくBBでの支払いは、 スグに銀行口座から引き落とされるというわけではないとうことなんですね。 GMOとくとくBBの料金はこのように引き落とされます! あくまで請求から引き落としまでがスムーズにいったことが大前提ですが、GMOとくとくBBの利用から引き落とし日までの例を挙げると次のようになります。 初月の料金には ・月額料金の日割り ・契約事務手数料 ・オプション料金 加算の場合のみ といった料金が請求をされて引き落としがあります。 初月以降もうまく請求が進めばこのようなスケジュールで料金の引き落としがあると思っていただいて結構です。 このように利用するクレジットカード会社によって、締め日と引き落とし日が定まられているので 利用から引き落としまでタイムラグがあるというわけです。 ご自身の利用したいクレジットカードにもぜひ一度、支払いスケジュールを当てはめてみてください。 GMOとくとくBBの利用からの締め日、請求日、引き落とし日までのスケジュールのまとめ GMOとくとくBBでの引き落としの流れをこれOK! 専用申し込みサイトよりおトクなキャッシュバックを受けましょう! GMOとくとくBBの利用から請求日のスケジュールは、そんなに難しいことではありません。 あくまでもスムーズ請求が行われた場合に限りますが 利用月の月末に締められ 翌月1日に請求があり クレジットカード会社の引き落とし日に支払われる といった流れです。 WiMAXの利用となると毎月の支払いになるので、こういった支払いスケジュールはぜひ確認しておきたいですよね。 GMOとくとくBBで申し込めば 業界No. 1のキャッシュバックを受け取れるので、トータル合計支払いももっともお得になりますしね! WiMAXを申し込むなら、まず間違いなくいちばんおトクな、GMOとくとくBBでの契約がおすすめですよ!.

次の

クレジットカードがなければデビットカードでWiMAXを申し込めば良いじゃない!

ワイマックス クレジットカード

そうだね niftyが口座振替の取り扱いを辞めたから、きっと皆困ってるよね! 2017年までクレジットカードがなくてもWiMAXを契約できる販売店は何十社もあったのに…今ではとだけになってしまいました。 でも、口座振替できる販売店は振替手数料が必要だったり、新規契約特典が少なかったりとワイマックスを普通に契約するのに比べて少し割高感を感じませんか?BroadWiMAXなんてクレカがないと18. 857円の初期費用が必要。 「クレジットカードがなくても、もっとお得にWiMAXを利用したい。 」 そんな方のために今回は デビットカードでWiMAXを契約する方法をお伝えします。 クレジットカードが使えないからといって諦めないでくださいね! デビットカードのことを知ってるわ!既に手元にある!って方は読み飛ばしてくださいね! デビットカードは商品やサービス代金を銀行口座から引き落とせるカード。 クレジットカードは当月の支払いを翌月または翌々月にまとめて支払うことができるけど、デビットカードは口座から即座に引き落とし。 つまり いつでも現金の代わりに使える魔法のカードってことですね。 デビットカードは年会費が必要な物があったり、口座に残高がないと利用できなかったりとデメリットもあるので注意点をお伝えします。 デビットカードの注意点 デビットカードは商品などの購入代金が銀行口座から即時に引き落とされるカードです。 なので口座に残高がないと利用できません。 またほとんどのカードではクレジットカードのような申し込み時の審査もありません。 支払のタイミングだけが違うのでデビットカードでもクレジットカードと同じように利用できます。 ただし口座から引き落とされるだけなのに、 年会費の必要なものや審査の必要な物もあるのでこの様なカードは避けた方が良いでしょう。 WiMAXの申し込みにオススメのデビットカード WiMAXには30社程販売代理店がありますが、どこでもデビットカードで申し込みができるわけではありません。 色んなデビットカードで試してみたけど一番使える販売店が多くて年会費・発行手数料無料の楽天JCBデビットカードはどうでしょうか?WiMAXサービス提供元のUQコミュニケーションズはもちろん• 業界中キャッシュバック最高額で有名なGMOとくとくBB• 月額料金が2番目に安いBroad WiMAX の全3社で楽天JCBデビットカードは利用できるんです。 16歳以上なら誰でも審査なしで持つことができ、WiMAXの支払いだけでなくJCBのマークがあるお店ならカードで支払いすることも。 あなたが楽天を良く利用するならデビットカードの中で一番還元率の高いカードなんですね。 使えるWiMAXの販売店もどれも人気の店舗ばかりなので、 クレジットカードが手元になければぜひ入手したいカードです! 楽天JCBデビットカードで申し込める販売店 あとはクレジットカードでWiMAXを申し込むときと同じ流れだよ! 楽天JCBデビットカードで申し込める販売店は4店舗あり、 1番人気のGMOとくとくBBを筆頭に申し込み先に困ることもないでしょう。 口座振替でWiMAXを申し込むと審査の期間が数日必要なので、それが免除されるのが最大のメリットでしょうか? 手厚いサポート&CMでの知名度の高さがUQコミュニケーションズの人気の秘密だけどWiMAXの利用料金の割引はありません。 なのでもっとお得にワイマックスを使いたいって方は他の販売店を選ぶと良いでしょう。 まとめ 今回はデビットカードでWiMAXを契約する方法をお伝えしましたがどうでしたか? 口座振替でWiMAXを申し込むとUQコミュニケーションズ以外は200円の振替手数料が必要です。 なので楽天JCBデビットカードを使えば毎月200円節約できることに。 1年間で2400円。 2年間で4800円と後々響いてくるので、少しでも通信料金を節約したい方は、楽天JCBデビットカードを使いましょう! ワイマックスの販売店は3WiMAXや@niftyのように、今まで利用できていた支払方法が突然使えなくなることも。 いつデビットカードも利用できなくなるか分かりません。 クレジットカードが利用できない方はWiMAXを一番お得に利用できる方法。 なので、年会費無料&登録費用無料でポイントも貯まる楽天JCBデビットカードを使ってみてはどうですか? 上記内容が【クレジットカードがなければデビットカードを使ってWiMAXを申し込めば良いじゃない!】です。 最後までご覧いただきありがとうございました! 続いて読まれてる記事•

次の