便秘 酵素。 酵素で便秘を解消できる?その効果のワケとは?

便秘に効く 酵素ドリンク

便秘 酵素

消化酵素剤って何やねん? という感じですが、市販のものやと キャベジンなどに含まれています。 古い薬が多く、最近の薬では リパクレオンという薬くらいしかありません。 ちなみにリパクレオンは日本ではひどい慢性膵炎や膵臓癌の手術後の脂肪便に対して使うことがほとんどです。 僕ら世代の医者は消化酵素剤としてはリパクレオンくらいしか使うことがないんやないかな〜と思います。 僕も最近までリパクレオン以外は処方していませんでした。 でもある論文をみてこれは使った方がいいんやないかなと思い、最近はよく処方しています。 もうひとつ世代が上の開業医の先生がたはリパクレオン以外の消化酵素剤をむしろ使われることが多いかと思います。 ちなみに消化酵素剤について簡単に説明しておくと 人間の体は食べ物を食べた後、それを消化して吸収するというステップが必要です。 食べ物にはデンプンとかタンパク質とか脂肪が含まれています。 それぞれそのままの形では吸収できないので、それを消化する必要があります。 消化に必要な酵素が消化酵素です。 具体的にはアミラーゼとかプロテアーゼとかリパーゼとかいう名前がついています。 何か聞いたことある名前やないですか? その消化酵素をブタとかウシの体から取り出して製剤にしたものが消化酵素剤です。 なので珍しいですけど ブタとかウシのアレルギーの人は飲まない方がよいです。 (リパクレオンはブタアレルギーの方のみやめた方がよいです。 ) どんな時に飲むのがよいかというと、 なんか胃の調子おかしいわあ とか 消化悪い気がするわあ とか そんな感じの方が飲む薬です。 ちなみに僕はそのような症状を訴える方々にも処方はしますが、もっと積極的な意味で使う場合があります。 それは SIBO(シーボ)という病気を疑った時です。 色んな原因で小腸の中に細菌がたくさん繁殖してしまい、その細菌たちがガスを出したり、色んな悪い物質を出して その結果便秘になったり下痢になったりお腹がはったりする病気です。 この病気についてはまた別の機会にまとめる予定です。 今日のブログの元ネタは 我が国で処方可能な各種消化酵素製剤の特徴とそれに応じた使い分けという慶應義塾大学の洪先生の書かれた論文です。 どんな論文かというと リパクレオンはヨーロッパでできた新しい薬で高い薬やけど、昔からあるほかのやっすい消化酵素剤で十分補充できてるんちゃうの? ということをテーマにした論文です。 じつは日本とヨーロッパでは薬の強さの測り方が違っていて、それをしっかりと同じ基準ではかったら意外と昔からあるやっすい消化酵素剤もいけてるんちゃうんか、という話です。 内容に移ります。 食べ物は消化管の中をすすんでいくのですが、消化管の場所によってPH(酸性度)が変わって行きます。 PHはペーハーって読みます。 例えば胃の中はとても酸性度が高いのでpHは1. 5くらいです。 逆に小腸の中ではpHは8くらいまで上がります。 ちなみに中性は7くらいなので1. 5というとだいぶ酸性度が強いです。 このpHでは昔の消化剤は効果がいいけどリパクレオンはあかん とか 逆にこのPHでは昔の消化剤はあかんけどリパクレオンはええ とか そんなことを議論しています。 ちなみに昔の消化剤の名前を具体的に挙げるとこんな感じです。 もちろんリパクレオンは効果がすごいんですけど、そもそも薬の値段が高いんですよ。 オーネスとか昔の消化酵素剤は安いんで、そこまで効力に差がないならオーネスとか使いましょうよ っていう話です。 ちなみに今僕が勤めている病院ではリパクレオンの他にはエクセラーゼしかありません。 オーネスの方が良さそうですが、エクセラーゼでもまずまずって感じですね。 (エクセラーゼは食物繊維を分解する力は強いです。 ) 病院には何個も何個も同じような薬をおけないシステムになっているんで仕方がないことなんですけどね。 自分で申請して案が通れば変えられます。 ただ、労力が必要です。。 この論文では、 昔からの消化酵素剤も十分いけてますぜ もっと使って行きましょうよ 安いし 最近は胃の調子が悪い人は胃酸を強く抑え込む薬ばっかりやけど、それやと消化が悪くなるし逆に消化酵素剤で消化をよくしてあげましょうよ っていう感じの結論でした。 参考までに言っておきますと、この論文ではPHごとに薬を比べているんですが、そのPHの値は数個しかありません。 本当は消化管の中は逐一PHがかわっていくのでもっと全体で議論できるようにするべき。 そのためには新しい試験方法が必要やと書いてあります。 胃が重いけど医者にもらった胃薬は全然聞きませんわ、っていう人はぜひ飲んでみるといいですね。 あとはさっきも取り上げましたけど、SIBO シーボ を疑ったら内服してもらったほうがいいと思います。 今までどこの病院にいっても原因の分からなかった便秘や下痢の人はSIBOの可能性があるので、この薬が治療薬の一つとして使える可能性があります。 なかなか古き良きもの的な視点で書いた論文は珍しかったので、紹介させていただきました。 ではでは〜.

次の

【便秘改善】酵素パワーで体重減!サプリメントで楽に痩せる!効果あり

便秘 酵素

酵素がなぜ便秘にいいの? 酵素を食べたり飲むだけでは、体の中の酵素がそのまま増えるわけではありません。 食べ物を食べると、体内の『消化酵素』でまず食べ物が消化されて、『代謝酵素』により栄養素を吸収させて細胞を作ったり、不要な老廃物を排出する作業を行います。 脂っこい食べ物や糖分が多いスイーツなど 消化されづらい食べ物をたくさん食べていると、うまく消化されずに便秘になりやすくなります。 食物酵素を摂取することで、 消化酵素や代謝酵素の働きを活性化することができるので、消化や代謝がうまく作用して腸内環境が良くなり快便へと繋がっていくのです。 消化酵素の働きを助けるために、酵素を摂取する必要があるんですね。 便秘にいい酵素の選び方 酵素の種類が多いもの 酵素の種類が多く含まれている方が、より体内への働きかけが変わってきます。 たくさんの酵素パワーで体内の消化&代謝機能をUPさせていくことが大切です。 成分にこだわっているもの 毎日体内に入れるものが安全でないと、本末転倒ですよね。 ある酵素のサプリは快便になるとうたっていて、原料を見たら、センナ(下剤の原料)が入っていたなんてことも。。 センナはインドが名産の植物で、効果が強いため葉や茎など使われる場所によって、医薬品や食品に分けられるほどです。 そんな強い成分で便秘薬のように解消してくださいでは、酵素本来の力とは別問題になってきます。 入っている成分があくまで酵素や乳酸菌など体に負担をかけない体にいいものであることが大切です。 無添加のものを選ぶ 添加物は体内で消化酵素をたくさん消費してしまうので、本来の目的である体内の消化に負担をかけてしまっては効果が実感しづらくなってしまいます。 特に消化活動に大きく関係している便秘の効果を考えると添加物が入っていないものを優先的に選んだ方が良いでしょう。 (体験も踏まえて) 便秘にいいおすすめ酵素 まあるい旬生酵素 まあるい旬生酵素は、310種類も酵素が含まれています。 便秘にいい成分としても、文句なしの成分で22種類もの乳酸菌が腸までしっかり働きかけてくれる優れもの。 サプリといえば、カプセルなのでどうしても添加物配合になりがちですが、まあるい旬生酵素は植物配合エキスを凝縮して丸めた完全無添加なサプリなので、消化への負担が格段に違います。 お値段も続けやすいお値段なので、便秘にいい酵素1位とさせていただきました。 酵素の種類 60種類 便秘にいい成分 22種類の乳酸菌 評価 [star5] 内容量 60粒 初回価格 907円 優光泉 野菜や果物、海藻など九州産の厳選された60種類もの酵素の産地が全部公開されているほど原料にこだわりがある完全無添加な、酵素ドリンク優光泉。。 断食のプロが開発!体に負担がかからない飲み方なども説明書にしっかり書いてあったり、電話でのサポートは、何回かけても、どのスタッフさんもしっかり丁寧に対応してくれるのが安心です。 生きた本物の酵素でしっかり腸内環境を改善していきたいなら試してみる価値あり。 商品に関しては、こだわりの素材から口コミも便秘に関してはなかなかいいものが多くて文句なしなのですが、お値段が高いので、2位となりました。 酵素の種類 60種類 便秘にいい成分 1ccに数万個も酵母菌 評価 [star4] 内容量 550ml2本or1200ml1本 初回価格 6,372円 万田酵素 53種類の酵素と生姜を3年3ヶ月以上も熟成。 水も保存料も一切使用しないで、原材料の水分のみで作られた栄養が凝縮された、とことん無添加な酵素商品です。 これだけ熟成されて内容が凝縮されていれば、飲み続けることで体質改善や腸内環境にしっかり作用してくれそうです。 ただ味が独特でかなり飲みづらくて好みが分かれる、口コミ的に上位2つに比べて効果があるないはっきり別れるかなと思いましたので、3位という結果になりました。 酵素の種類 53種類 便秘にいい成分 3年以上熟成 評価 [star3] 内容量 31包 初回価格 5,832円.

次の

妊婦の辛い便秘に酵素がおすすめ!酵素ドリンクやサプリで手軽に解消

便秘 酵素

読みたい項目にジャンプできます。 酵素というとダイエットのイメージが強い昨今ですがが、実は便秘にも効くということをご存知でしたか? 酵素サプリやドリンクの口コミをみても、便秘が解消されたという喜びの声が多く見られます。 便秘がちな方にとっては特に嬉しい効果ですよね。 しかし、なかには酵素サプリやドリンクを飲んでも便秘に効かなかったという人もいるようです。 それどころか、便秘解消のために飲み始めたのに便秘が悪化したという人さえいます。 一体なぜこのような違いが生まれるのでしょうか。 酵素サプリやドリンクを飲んでも便秘が解消されない原因をまとめました。 便通目的でこれから酵素を取ってみようと思っている人は、ぜひチェックしてくださいね。 酵素が便秘に効く理由とは そもそも、なぜ酵素は便秘に効果があるのでしょうか。 便秘に対する酵素の働きを見ていきましょう。 消化をスムーズにする 便秘の原因の一つが、消化不良です。 暴飲暴食を繰り返したり栄養の偏った食生活を続けたりしていると、当然消化が追い付かなくなりますよね。 そうすると食べ物がしっかりと消化されていない状態で大腸に届き、便を体外に排出するための腸の蠕動運動が正常に機能しなくなってしまいます。 便秘を解消するためには、しっかりと食べ物を消化することが大切です。 そして、このときに必要となるのが酵素です。 消化は酵素の主な働きの一つであるため、酵素サプリやドリンクを飲むことで消化をスムーズにし、便秘を解消しやすくしてくれます。 腸内環境を整える 腸内には100種類を超える細菌が存在し、そのうち善玉菌には腸の動きを活発にする作用があります。 これに対して悪玉菌は、有毒な物質を作り出したり排泄しにくい便を作ったりすることで腸内環境を悪化させます。 悪玉菌は食べすぎやストレス、運動不足など様々なことを理由に増加していきます。 悪玉菌によって悪化した腸内環境を整えるためには、善玉菌を増やすしかありません。 酵素は腸にとって良い働きをする善玉菌を作ることができるため、便秘になりにくい状態にしてくれます。 自律神経系のバランスを保つ 自律神経と腸の働きには深い関係があり、交感神経が優位になると腸の働きは低下してしまいます。 反対に副交感神経が優位になると腸の働きは活発になります。 ストレスが溜まったときに便秘になりやすいのは、交感神経が優位になるためです。 酵素は内臓だけではなく自律神経系にも働きかけます。 酵素を取ることによって自律神経系が整い、腸の働きに影響を与えることができるのです。 酵素商品選びを間違うと便秘になる 酵素サプリやドリンクには、本来であれば便秘を解消する効果が期待できる物です。 にもかかわらず便秘に対して全く効果が見られない原因は、間違った酵素商品を選んでいるからかもしれません。 便秘に効く酵素商品の選び方のポイントを2つご紹介します。 添加物が入っていない 酵素商品は食物の消化を助け、腸内環境を整えてくれます。 しかし、それとは逆の働きをするのが添加物。 添加物は消化吸収を阻害する上に善玉菌の働きも抑えてしまうため、摂取していいことは一つもありません。 酵素商品を購入する前に、どのような成分を含有しているのかを必ず確認してください。 添加物には数えきれないほどの種類がありますが、甘味料・保存料・香料・着色料・酸味料といった、製造上必要のないものが含まれている商品は避けるべきであると言えます。 健康のために酵素を取るのですから、健康に悪いものを摂取する必要はありません。 ぜひ添加物が使用されていない生の酵素ドリンクを選んでください。 酵素がしっかり入っている 酵素というからには、どの商品にも酵素はしっかり入っているのでは?と思うかもしれません。 しかしこれは間違いで、中にはまともに酵素が含まれていない商品も存在するのです。 酵素エキスがもっとも多く含まれているかどうかは、原材料を確認すればすぐに見分けがつきます。 原材料に野菜や果物の名前が記載されていたり、「植物発酵エキス」と記載が上位にあるものは酵素商品の要である酵素エキスがしっかりと含まれています。 ですが原材料に「シロップ」や「ブドウ糖液」などの表示がある場合は、多くが酵素エキスを薄めてしまっているものであると考えられます。 原材料は含有量が多い順に記載する決まりになっているので、一番最初にシロップやブドウ糖液の記載がある酵素商品には酵素はほぼ含まれていないと言っても過言ではありません。 シロップやブドウ糖液などで薄められている酵素ドリンクは、酵素エキス100%のものよりもおいしく感じるかもしれません。 しかし、残念ながら酵素の効果はほとんど期待できないといえるでしょう。 好転反応の可能性も? 好転反応とは、漢方薬や健康食品などを初めて摂取したときに一時的に現れる身体反応のことです。 これは決して悪いことではなく、効果が出始めている証拠だと言えます。 酵素を飲んだときにも、一時的に便秘や下痢などの症状が出ることがあります。 これは、腸内環境が変わり始めている証拠です。 状態が悪化したと思い焦ってしまうかもしれませんが、あまり心配せずに続けてみてください。 好転反応はあくまでも一時的なものであるため、次第に症状は落ち着いてくるはずです。 しかし、症状が強く出すぎている場合には量を減らして飲むことをおすすめします。 酵素サプリ・ドリンクで便秘を解消しよう 便秘は万病のもとといわれるほど身体に多大な影響を及ぼします。 腸の機能低下やだるさ、疲労感につながるほか、長期的には大腸がんなどの生活習慣病のリスクファクターにもなり得ます。 ダイエットや美肌のために便秘の解消が必須なのはもちろんですが、健康のためにも便通を良くすることはとても大切なのです。 便秘には効かないという噂もある酵素サプリ・ドリンクですが、効果の高い酵素商品を正しく選べばきっと効果が現れるはずです。 便秘で悩んでいる人は、ぜひ酵素を試してみてくださいね。 そうはいってもどれが便秘に効くかなんてわからない!という方のために、 当サイトで特にお勧めしている酵素商品を紹介したいと思います。 chouchouおすすめ!便秘向け酵素商品厳選2選 当サイトでは管理栄養士さんに多数の酵素商品を評価していただいています。 このため、整腸に働きかける力が強いとされており、管理栄養士さんからも高い評価を受けています。 先述した 「便通に効く酵素商品の選び方のポイント」を基準にした場合はどうでしょうか? 1.添加物 みやびの植物酵素100は無添加ではありませんが使用しているのはカプセルの原材料がほとんどで、内容量を薄めたり効果を低減させるような成分は含まれていません。 2.酵素エキス みやびの植物酵素100には植物発酵エキスパウダーがもっとも多く含まれています。 このパウダーには黒糖が含まれていますが、植物発酵エキスに含まれる糖は発酵になくてはならない存在です。 しっかりと発酵した植物発酵エキスには酵素が豊富に含まれることが予想されます。 上記の点を踏まえても、みやびの植物酵素100は便通に働きかける作用を十分に持ったサプリメントであると言えます! 「みやびの植物酵素100について、もっと詳しく知りたい!」という方、 下記ページではみやびの植物酵素100に含まれる成分や効果についてを詳しく紹介しています。 もう一つのおすすめ「善玉元気」は、NHKスペシャルで特集され現役の医師も注目の腸内の善玉菌をサポートすると期待の「短鎖脂肪酸」を始め、752種類にも及ぶ有用成分「乳酸菌発酵エキス」が配合されたゼリータイプの酵素サプリメントです。 ゼリータイプのため、吸収性が早く善玉菌を増やしサポートすることで便通や腸内環境の改善効果があるとして多くの方に喜ばれています。 こちらも、先述した 「便通に効く酵素商品の選び方のポイント」を基準にした場合はどうでしょうか? 1.添加物 善玉元気においても完全無添加ではございませんが、公式サイトにはしっかりと不使用の添加物が明記されています。 もちろん、有害な添加物は使用されておりませんので安心して長期間続けることができるといえます。 2.酵素エキス 善玉元気には「植物発酵エキス」は多く含まれておりません。 しかし、より腸内に特化してアプローチする「乳酸菌発酵エキス」が752種類も含まれています。 ヒト由来の選び抜かれたエリート乳酸菌で腸内環境の改善に特化した働きや効果を発揮することが期待できます。 上記の点を踏まえた上で、善玉元気は便通や腸内環境の改善効果を十分に期待できるサプリメントであるということができます! 「善玉元気について、もっと詳しく知りたい!」と思われた方は下記ページにて、さらに詳しい成分や効果について知ることができます。 善玉元気にご興味がある方は是非、ご訪問ください!.

次の