ケン ドリック ラマー ナイキ。 ケンドリック・ラマー

【楽天市場】NIKE CLASSIC CORTEZ KENNY III 【KENDRICK LAMAR】ナイキ クラシック コルテッツ ケンドリック ラマー BLACK/WHITE/GYM RED bv0833

ケン ドリック ラマー ナイキ

コルテッツ コルテッツはナイキの定番スニーカー。 僕は母親にプレゼントしたこともあります。 コルテッツはナイキの歴史と言っても過言ではありません。 ナイキの共同設立者はフィル・ナイトとビル・バウワーマン。 オレゴン大学陸上部の部員と監督という関係でした。 意外かもしれませんが、クラシックな印象の強いコルテッツはランニングシューズなのです。 陸上への熱い想いを持つ監督ビル・バウワーマンが開発しました。 ナイキのブランド設立は1971年。 ナイキのコルテッツは1972年に発売されています。 ナイキのコルテッツと書いた部分がミソでして 実はナイキ設立より前にコルテッツは世に出て人気を集めていました。 オニツカタイガー ナイキの歴史を語るうえで外せないのが日本のオニツカタイガー(現アシックス)。 ナイキは元々ブルーリボンスポーツという会社名で、アメリカでオニツカタイガーの委託販売を行っていました。 フィル・ナイトとビル・バウワーマンの陸上経験と頭の良さ、靴への熱い気持ちと人脈でアメリカでの販売はなんとか波に乗ります。 その後、委託販売だけで無く、アメリカ人に合ったアメリカで売れる新商品の開発に取り組むようになり、コルテッツが生まれました。 そうです。 最初のコルテッツはオニツカタイガーから発売されていたのです。 スポンサードリンク ナイキのコルテッツ 自由にシューズを作りたいという思いからブルーリボンスポーツは1971年に新ブランド「ナイキ」を設立します。 自社商品の製造販売も開始、コルテッツもその中に含まれていたためオニツカタイガーとナイキ2つのコルテッツがアメリカで流通することになりました。 その後、オニツカタイガーとナイキとの間で訴訟が発生。 お察しの通りコルテッツはナイキの物になり、オニツカタイガーのコルテッツは「コルセア」という名前になり今も販売されています。 物凄く簡単にまとめてしまいましたが、ナイキとオニツカタイガーには深い繋がりがありました。 詳しく知りたい方は2017年に発売されたナイキの本「SHOE DOG シュードッグ 」を読んでみてください。 ナイキをさらに好きになるはずです。 ケニー・ムーア 陸上コーチのビル・バウワーマンの指導されたケニー・ムーア。 彼はバウワーマンによる試作品を履いて1000マイル以上を走り、伝説的なコルテッツを生み出すための基盤づくりに貢献しました。 スウッシュが誕生する以前の初期の試手作り感を出したデザイン。

次の

【海外2月発売予定】 ケンドリック・ラマー × ナイキ コルテッツ ジム レッド/ホワイト (AR5131

ケン ドリック ラマー ナイキ

以下、今回のコラボレーションをより深く見ていきたいと思う。 デザインはNIKE CORTEZ(ナイキ コルテッツ)のナイロンモデルをベースとしている。 ベースカラーはブラックで落ち着いた印象となっている。 最大の特徴はシュータン部分とヒール部分に配された赤いストラップである。 シュータン部分にはこのシューズの通称ともなっている「BET IT BACK」の文字が落とし込まれている。 また、つま先部分にはケンドリックのアルバム「DAMN(ダム)」を中国語にした「该死的」が刺繍されている。 1-1. 過去にはグラミー賞を受賞しており、2018年4月にはラッパーとして初の快挙となるピューリッツァー賞を受賞している。 ピューリッツァー賞の音楽部門は、従来、クラシック音楽が受賞することが常となっていたが、ケンドリックの4作目となるDAMN.(ダム)について、 「現代を生きるアフリカ系アメリカ人の複雑な人生を捉え、土地や文化に根付く本物の言葉やリズムのダイナミズムを統合した高水準な楽曲を収めた名作」と評している。 NIKE CORTEZ(ナイキ コルテッツ)とは NIKE CORTEZ(ナイキ コルテッツ)はナイキの創始者の一人であるビル・バウワーマンによって開発されたランニングシューズである。 当時、バウワーマンは大学の陸上チームのコーチであり、勝つために必要なものを求める熱意はシューズの開発にまで及んでいた。 1950年代後半からシューズの開発、改良に励んでいたバウワーマンだが、実際に形になったのは1972年であり、それがコルテッツである。 コルテッツは、従来の他のランニングシューズにはない、軽量性、耐久性、そしてクッション性を持ち合わせた革新的なシューズとして、世界最速ランナーの足元を飾り、瞬く間にアメリカ国内で人気のシューズとなった。 革新的なクッショニングシステムは、二枚の柔らかいスポンジラバーの間に、固めのスポンジラバーを挟み込むことによって実現され、バウワーマンはこの固めのスポンジラバーに青色を使うことで、クッショニングシステムを目立たせると同時に、シューズの特徴でもある美しいラインを完成させた。 1-3. 人気の理由 1972年に誕生したCORTEZ(コルテッツ)は、2018年の現代でも色褪せることないそのデザイン性で世界中の多くのファンから支持を得ている。 スニーカーヘッズはもちろん、海外のセレブリティたちが着用している様子をしばしば見ることができる。 アメリカ国内で一番人気と言っても過言ではないNFL(ナショナル フットボール リーグ)のハーフタイムショーでBRUNO MARS(ブルーノ・マーズ)が着用していたことも有名である。 また、映画「フォレストガンプ」でも、主人公のトム・ハンクス扮するフォレストが愛するジェニーからプレゼントとしてもらうのがCORTEZ(コルテッツ)である。 2013年にリリースされたBIG SEAN(ビッグ・ショーン)とJAY ELECTRONICA(ジェイ・エレクトロニカ)との楽曲「CONTROL(コントロール)」内でも、コルテッツについて歌ったリリックが含まれている。 それは、歴史的なシューズと現代のHIPHOPカルチャーを代表するアーティストとのコラボレーションであり、それは時代の流れや、流行の変遷、カルチャーの移り変わりなどをクロスオーバーして生み出されたプレミアムな一足であるからである。 モノカブでも取り扱いがあるのでぜひ確認してみてほしい。 詳しくは.

次の

ケンドリック・ラマーの次期ナイキコラボに関する続報が浮上

ケン ドリック ラマー ナイキ

2018年ピュッリッツァー賞授賞式にて 基本情報 出生名 Kendrick Lamar Duckworth 別名 K-Dot 生誕 1987-06-17 (33歳) 出身地 、、 ジャンル 職業 、 活動期間 2003年〜現在 レーベル , 共同作業者 公式サイト ケンドリック・ラマー・ダックワーズ( Kendrick Lamar Duckworth、 - )は、の、、である。 度々「の新王者」と称される。 で育ったラマーは、K-Dotというで10代の頃に音楽活動を開始し、地元で注目を集めたミックステープを発売後、インディーズレーベル(以下TDE)と契約。 、最初の小売発売となった『』を発売後、認知され始めた。 翌年、デビューシングル「」を含む最初の『』を発売。 それまでに彼は、、、を含む何人かの有名なヒップホップアーティストとコラボレーションした。 にTDE、、からメジャー・デビュー・アルバム『 ()』が発売され、批評家から高い評価を受けた。 また、で最高2位を記録し、後によりを受けるなど商業的にも成功を収めた。 加えて、アルバムは「 ()」、「 ()feat. 」、「 ()feat. 」といったシングルを生み出した。 に発売した3枚目のアルバム『』は、、、、の要素を取り入れており、こちらも高い評価を受けた。 アルバムは、アメリカとで初登場首位を記録し、で最優秀ラップアルバム賞を受賞した。 2016年、未発表曲集『 ()』を発売。 に4枚目のアルバム『 ()』を発売し、さらに評価を高めた。 アルバムのリードシングル「 ()」は、で首位を獲得した。 彼はソロ歌手としての経歴の他に、TDEのレーベル仲間や南ロサンゼルスに拠点を置く、、と組んだ「」の一員としても知られている。 ラマーは12個の受賞を含む、多くの称賛を受けている。 2013年初めに、によって「」に選出された。 2016年にはのに選ばれた。 2018年、アルバム『ダム』によっての音楽部門を受賞した初の非、非ジャズ音楽家となった。 生い立ち [ ] 、出身である両親の元、カリフォルニア州コンプトンにて生まれる。 彼の名は、アメリカのシンガーソングライターを称えて母親から与えられた。 彼の父ケニー・ダックワースはの、の元メンバーであり、ラマーの家族はと結びついていた。 (当時8歳)父と共にコンプトン・ファッションセンターにて撮影された、とのヒットシングル「California Love」のミュージックビデオの撮影を生で観て感銘を受ける。 子供の頃、ラマーはコンプトン統一学区のを首席で卒業。 ティーンエイジャーの頃の彼はギャング行為にはしる友人が多い中、コンプトンのに通っており、真面目な学生であったという。 影響を受けたアーティスト自身の好きなラッパートップ5として、2Pacをはじめ、、、、を挙げている。 2012年9月のインタビューで、デトロイト出身のEminemについて、「自分のスタイルに大きな影響を与えた人物」と話した。 また、その他にも影響を与えた人物として(のメンバーだった頃)を挙げており、 長い期間にわたり活躍していることについても称賛している。 出身のについて、「 DMXは ほんとに音楽を始めるきっかけを与えてくれた」と、のインタビューで話した。 2013年11月、とのインタビューで、「ケンドリック・ラマーを作り上げた4人のMC」という質問には、2Pac、Dr. Dre、、のProdigyと答えている。 経歴 [ ] 2003—2011: メジャーデビューまで [ ] 16歳の時、自身初のミックステープ『Youngest Head Nigga in Charge Hub City Threat: Minor of the Year 』をK-Dotというステージネームでリリースした。 ミックステープは地元で注目を集め、当時設立されたばかりのカリフォルニア州カーソンを拠点とするインディーズレーベル、との契約につながった。 、レーベルメイトであるのデビューシングル「All My Life In the Ghetto 」のミュージックビデオに出演するなど、活動の幅を広める。 アメリカンヒップホップのスターであるLil Wayneから認められ、Lil Wayneの「Tha Carter III」のテーマに合わせて構成した自身3枚目のミックステープ『C4』を2009年にリリースした。 その後すぐにK-Dotというステージネームを改め、本名である 「Kendrick Lamar」として活動していくことを決める。 2009年、『Kendrick Lamar EP』をリリース。 、Top Dawg Entertainmentを介して『Overly Dedicated』を デジタルリリースし、オンラインで無料配信した。 ヒップホップの現役プレイヤーでプロデューサーでもあるDr. Dreは、で同曲のミュージックビデオを観た後、ケンドリックと仕事をしたいと思ったという。 これをきっかけにケンドリックはDr. Dreのレコードレーベルであると契約することになった。 初旬、若手アメリカンラップアーティストの登竜門ともいえる、XXL誌の「Top 10 Freshman Class」に選出され、表紙を飾った。 1stアルバム『Section. 80』がリリース。 テレビやラジオで宣伝することなく販売され、初週5,300枚を売り上げ好評を得た。 2011年8月、ウエストコースト出身のラッパーのSnoop Dogg、Dr. Dre、らとウエストロサンゼルスコンサートに出演した際、3人から 「西海岸の新王者 New King of the West Coast 」に指名された。 2012—2013: good kid, m. d city [ ] にインディーズデビューを果たし、その後メジャーレーベルと契約。 に発表したシングル Swimming Pools Drank が、全米シングルチャートにて17位まで上昇した事により注目を浴びた。 同曲を収録した2ndアルバム『Good Kid, M. D City』は、にて平均点が91点を記録するなど非常に高い評価を得ており 、全米でのトータルセールスは100万枚を突破、現在はに認定されている。 また、グループ""のメンバーとしても活動している。 、3rdアルバム『』をリリース。 前作以上の高い評価をメディアから受けた。 第58回ではに次ぐグラミー史上二番目に多い11部門にノミネート(ラップミュージシャンとして最多)され、主要部門の受賞を逃すも最優秀ラップソング、最優秀ラップアルバムなどの5部門を受賞。 授賞式でのパフォーマンスは各方面から称賛を受けた。 グラミー直前のインタビューで、「サンプリングの許諾の問題や、締め切りに間に合わなくてアルバム(To Pimp a Butterfly)には入れられなかったけど、気に入ってる音源があるんだ。 10曲くらいあると思うんだけど、気に入ってるし、アルバムに入らなかったものもパフォーマンスしていくよ」とコメントするなど、以前から未発表音源の存在について語っていた。 同年『untitled unmastered』と題されたデモ集を収録したアルバムをサプライズリリースした。 2017—現在: DAMN. [ ] 3月23日にシングル「The Heart Part 4」を発表した。 1週間後、ミュージックビデオを伴って「HUMBLE. 」をリリースした。 2017年に、4枚目のスタジオ・アルバムの予約注文が始まり、4月11日、アルバムタイトルが「DAMN. 」となること、、、による客演を迎えたトラックリストを発表した。 アルバムは2017年4月14日にリリースされた。 さらにコレクターズ・エディションとして、2017年12月中旬に、アルバムのトラックリストを逆の順序で収録した「DAMN. Collectors Edition」が発売された。 「DAMN. 」は、 自身のキャリア最大の初動セールス、さらに2017年作品で最大の初動記録(当時)を打ち立てて全米アルバム・チャートで1位を獲得。 音楽消費動向を伝えるが先日発表した、2017年のアメリカにおけるヒット・アルバムのランキングでは年間2位となる大ヒット作となったほか、誌、などの年間ベスト・アルバム・ランキングで1位に選ばれるなどその内容は絶賛されており、主要メディアの年間ベスト選を独自に集計・ランキング化したウェブ・メディア「Album of The Year」では2017年1位となった。 でも、(どちらから聞くのも)両方ともが俺という人間を表しているんだ」と語るなど、意図的に曲順を逆にしていたことを語った。 の創始者とともに、マーベル・スタジオの新作映画『』のサウンドトラックのプロデュースに携わることが発表された。 結果としてインスパイア・アルバムと銘打たれた『ブラックパンサー:ザ・アルバム』が映画公開の1週間前にあたる2018年2月9日にリリースされ、全米アルバムチャート初登場1位を記録した。 第60回グラミー賞では主要2部門を含む、7部門にノミネート。 2018年7月に開催される大型野外音楽フェス「'18」にヘッドライナーとして出演することが決定した。 2018年4月、ラッパーとして初の快挙となるを受賞。 1943年に設立されたピューリッツァー賞の音楽部門はクラシック音楽作品が受賞するのが常となっており、クラシックやジャズ以外の作品が選ばれるのは今回が初である。 同賞の委員会はKendrickによる4作目のスタジオアルバムである『DAMN. 』について「現代を生きるアフリカ系アメリカ人の複雑な人生を捉え、土地や文化に根付く本物の言葉やリズムのダイナミズムを統合した高水準な楽曲を収めた名作」と評価した。 2018年7月、ラマーはスターズドラマシリーズ「Power」第5シーズンで「Lace」というドミニカン麻薬中毒者を演じ俳優デビューを果たした。 ラマーのキャスティングはラッパー50セントとの関係から生まれ、ラマーの演技は批評家や視聴者から賞賛された。 2018年12月、第61回グラミー賞にて自身がプロデュースを手がけたアルバム『ブラックパンサー:ザ・アルバム』から最多となる8ノミネートを獲得。 エピソード [ ]• 2Pacとの関係• 父と共にコンプトン・ファッションセンターにて撮影された、とのヒットシング「California Love」のミュージックビデオの撮影を生でみたこと• 母親から誕生日が1日違いであることを伝えられた日に夢に現れた2Pacから「オレの音楽を絶やすな」と声を掛けられたこと。 To Pimp a Butterflyに収録されているMortal Manでは1984年11月にニューヨークで氏が行った2Pacのインタビューをサンプリングし、ラマーとの疑似対話形式となっている。 2Pacと最初にレコード契約を結んだ氏は「これはKendrickのアイデアだね。 素晴らしいアイデアだ。 Kendrickが2Pacのファンで影響を受けていることも知っていたよ」と話した。 などが挙げられ2Pacとの運命的な類似点が度々語られている。 がラマーを招いて作った曲、"Control"の、ラマーの過激なバースが波紋を呼び、世界中のシーンに影響を与えた。 なお、この曲が発表された一週間後にラマーはNYのパーティーに行き、Jay-ZとDiddyに遭遇。 更に、ラマーが名を挙げた人たちの半数ぐらいがその場にいた。 「が『君にスタジオに入ってほしい。 あくまで君だけで。 俺のエンジニアがやってくるから、レコーディングしよう。 でも君の仲間は入れられない』って言って。 そしたらケンドリックがヤバいバースを書いて、披露したんだよ。 それからやっとケンドリックの仲間もスタジオに入れてもらえたんだけど、エミネムは、ケンドリックがゴーストライターを使っているんじゃないかと思い、本当に自分でラップを書いているのかエミネムがテストしたんだ。 」というエピソードをが明かした。 シューズ 2014年12月スポーツウェアブランドのリーボックと提携したことが発表され、ティーンエイジャーの頃愛用した、同社の名作「リーボック クラシックレザー」を含む 計5足のシューズが発売された。 すべてのモデルで平和を願うラマーの想いが込められており、そのうち四足は左右非対称のギャングカラーを表した「RED」「BLUE」のデザインが話題となった。 2013年の楽曲「CONTROL」内で" I ain't rockin no more designer shit. White T's and Nike Cortez, this red Corvette's anonymous デザイナーのシャツは身に着けない、白いTシャツとナイキのコルテッツ、そして匿名の赤いでいい "とラップ。 アメリカ西海岸のブラックカルチャーと縁の深い、ナイキの代表作である「」を頻繁に着用している。 2017年8月に新たにスポーツブランドのとのパートナーシップ締結したことを発表した。 Untitled Unmasteredの発売 このリリースについては、スターのが、ラマーのTop Dawg Entertainmentの創始者Anthony Tiffithに対して、「すぐに未発表の音源をリリースするべき! どう?」とツイートし、「ちょっと考えさせてくれ」との返答をもらっており、レブロン・ジェームズのこのツイートがリリースのきっかけとなった。 との5歳になる息子イージプトもプロデュースに関わったとSwizz自ら発言。 イージプトがビートに合わせてキーボードを弾いている映像を公開しており、同曲にはスウィズ自身も関わっているとのこと。 交友関係 [ ]• 2010年に初めてラマーと会った際、「Kendrickに初めて会ったのは『The Warm Up』をリリースして間もない頃だ。 他のアーティストのリリースパーティで、彼がステージに上がってパフォームしたんだ。 当時のKendrickはまだレーベル契約をしてなくて、誰も彼のことを知らなかった。 あの小さいヤツは誰だって周りと話をしてると、ラップが始まった。 一瞬で虜になったよ。 」と語り、交友を深め、互いのライブでパフォーマンスするなど、交友が深い。 がラマーのファンである事を公言。 コラボレートの噂がたち、ラマーのメジャー・デビュー作『good kid, m. 第59回グラミー賞を受賞した際にはラマーから、お祝いのメッセージが送られてきたことをSNSで公表するなど交流を深めている。 2015年最も好きだった曲にラマーの最新作『To Pimp A Butterfly』に収録される「How Much A Dollar Cost」を挙げ、に招待している。 Untitled Unmastered発売の際もデモ集の発売をかけあうなど、ファンであることを度々公言している。 ディスコグラフィ [ ] アルバム [ ] 年 タイトル アルバム詳細 チャート最高位 CAN IRE 2011• 発売日: 2011年7月2日• レーベル: Top Dawg• フォーマット: 113 — — — — — — — —• UK: ゴールド "—"は未発売またはチャート圏外を意味する。 コンピレーション [ ] 年 タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定 US AUS BEL CAN FRA IRE NZ SWI UK 2016 『アンタイトルド・アンマスタード』 -• 発売日: 2016年3月4日• レーベル: Top Dawg, Aftermath, Interscope• Hub City Threat: Minorof the Year as K-Dot• 発売日: 2003 US• レーベル: Konkrete Jungle• フォーマット: CD — — Training Day as K-Dot• 発売日: 2005年6月1日 US• レーベル: Top Dawg• フォーマット: Digital download — — No Sleep 'Til NYC as K-Dot, with Jay Rock• 発売日: 2007年12月24日 US• レーベル: Top Dawg• フォーマット: Digital download — — C4 as K-Dot• 発売日: 2009年1月30日 US• レーベル: Top Dawg, Intergroove• フォーマット: Digital download — — Overly Dedicated• 発売日: 2010年9月14日 US• レーベル: Top Dawg• フォーマット: Digital download 72 46• "—"は未発売またはチャート圏外を意味する。 発売日: 2018年2月9日• レーベル: Top Dawg, Aftermath, Interscope• フォーマット: CD, LP, digital download 1 1 2 8 1 93 2 1 7 —• ツアー [ ] ヘッドライナー• Section. 80 Tour 2011• good kid, m. d city World Tour 2013• Kunta Groove Sessions Tour 2015• The Damn Tour 2017-2018• The Championship Tour 2018• サポートメンバー• The Yeezus Tour with Kanye West 2013—14 来日歴 [ ]• 2013• 2018 関連項目 [ ]• 参考文献 [ ]• 原雅明「Introduction ケンドリック・ラマーとディアンジェロが刷新したジャズとブラック・ミュージックの関係性」『Jazz The New Chapter 3』柳樂光隆編 2015年• ソーレン・ベイカー『ギャングスター・ラップの歴史 スクーリー・Dからケンドリック・ラマーまで』塚田桂子訳・解説 DU BOOKS 2019年9月 脚注 [ ]• Kornhaber, Spencer. The Atlantic. 2018年2月8日閲覧。 Baltin, Steve. Forbes. 2018年2月8日閲覧。 Galil, Leor. Chicago Reader. 2018年2月8日閲覧。 Platon, Adelle 2017年4月24日. Billboard. 2018年2月8日閲覧。 MTV 2013年3月7日. 2013年3月7日閲覧。 Time. 2016年4月21日. 2016年4月21日閲覧。 Johnston, Chris 2018年4月17日. BBC News. 2018年5月31日閲覧。 - Billboard. com• - metacritic. com• - riaa. com• Prometheus Global Media. 2012年11月3日閲覧。 australian-charts. com. Hung Medien. 2012年11月30日閲覧。 ultratop. Hung Medien. 2012年12月18日閲覧。 Prometheus Global Media. 2012年11月3日閲覧。 lescharts. com. Hung Medien. 2012年11月8日閲覧。 irish-charts. com. Hung Medien. 2012年11月3日閲覧。 charts. org. Hung Medien. 2012年11月30日閲覧。 swisscharts. com. Hung Medien. 2012年12月22日閲覧。 Official Charts Company. 2015年3月22日閲覧。 2012年11月3日閲覧。 2017年4月18日閲覧。 Jeffries, David. 2012年11月3日閲覧。 2013年11月23日閲覧。 2015年1月31日閲覧。 Australian Recording Industry Association 2015年12月31日. 2016年8月24日閲覧。 Rolling Stone. 2017年4月11日閲覧。 iTunes Store US. 2016年3月3日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の