鼻うがい 重曹。 重曹うがいの正しいやり方とは?頻度にも注意が必要!

重曹入りの鼻うがいですっきりした話・後鼻漏・慢性上咽頭炎闘病記録

鼻うがい 重曹

風邪の予防に、手洗いとうがいを実践していますか? さらに鼻うがいをやることで、風邪をひきにくくなっていると実感している、私、尼花です。 鼻うがい、あるいは鼻洗いをやってみたいけど、ツーンと痛くなるのが怖い・・・と思っている方って、たくさんいるのではないでしょうか。 この「ツーン」をなくす方法があるんですよ! それはというと・・・ 鼻うがいは風邪予防に効果的? まず、 鼻うがいとは、何なのでしょうか。 うがいといえば、普通は、喉をガラガラと水で洗うことですね。 鼻うがいは喉ではなくて、 鼻を洗うことです。 だから、鼻洗い、とも言いますね。 ガラガラではなくて、シュッと水を入れて、鼻の通りを良くするイメージです。 以前、私が鼻を洗っていたときは、片手に水をためて、もう片方の手の指で一方の鼻の穴を抑え、もう一方の鼻の穴から水を吸い込んで、すぐに、 シューっ!!!! と、水を出す方法をとっていました。 でも、これって、 鼻がツーンときて、痛いんですよね・・・ ぬるま湯にすると、マシなのかと思いましたが、大した変わりはなく、お湯を深く吸い込まないでやってしまっていました。 そのうちに、鼻洗いをすること自体がなくなってしまっていたのです。 転機は、ニュージーランドにいた頃のことでした。 ひどい風邪をひいてしまって、咳も鼻もなかなか治らず、抗生物質をもらいにいった病院の先生に、鼻洗いをすすめられたのです。 鼻洗い用の専用のボトルがあり、 鼻洗い用の水をつくるための粉もあって、それを使うと、 まったく痛くないことに気が付きました。 これについては、過去記事がありますので、よろしければご覧くださいませ。 この鼻洗いをするようになってから、以前よりは風邪をひきににくくなった気がしています。 そこで、この鼻洗い水に入れる粉が何なのか、よく見てみたところ、 ・Sodium Chloraide ・Sodium Bicarbonate この2つでした。 つまり、 塩化ナトリウム(塩)と、 炭酸水素ナトリウム(重曹)です。 これらの合計2グラムの粉を、240ccの水に溶かして、鼻洗い用の水を作っていたのです。 塩と重曹を使うので、自分でも作れるのではないかと、帰国してからの私は、 炭酸水素ナトリウム(重曹)で鼻うがいをするようになりました。 効能効果が記されて、摂取量なども明記されている飲用です。 「炭酸水素ナトリウム」は、別名「 重曹」のことですね。 でも、お掃除用の重曹ではなく、薬屋さんで販売されている「重曹」なのがポイントです。 重曹は重曹でも、お掃除用の重曹とは違います。 私は、鼻うがいをするのに、この薬局で買った「炭酸水素ナトリウム(重曹)」を使うようにしています。 200cc~ 240ccの水に、この「炭酸水素ナトリウム」を 2グラム溶かして、鼻うがい用の水を作ります。 なお、この鼻うがい、やりすぎると粘膜を傷つけてしまうそうなので、 1日 1回にしておきましょう。 私の場合、最近では、 外から家に帰ってくると、すぐ鼻うがいをするようにしています。 ほかに、 寝る前などでもいいかもしれませんね。 この「炭酸水素ナトリウム」の代わりに、お塩でもいいと思いますが、塩は溶けにくいので、それよりも便利だと思います。 鼻うがいをするとツンと痛くなるのがイヤな方、一度お試しになられてはいかがでしょうか。 忘年会やクリスマス、お正月など、楽しいイベントが続く今こそ、風邪をひかないために、やってみる価値はあると思いますよ! AmaHana.

次の

【鼻うがいのやり方】ツーンとしない安全なやり方 菌やウイルス、膿がきれいに流れる方法を医師が解説

鼻うがい 重曹

のどをガラガラさせるうがいではなく、鼻をスッキリさせる「鼻うがい」をご存知ですか? 鼻の中を、まさにうがいのように洗い流す方法で、鼻をかんでも出にくい粘り気のある鼻水や、これから少しずつ増えてくる花粉やハウスダストなどのアレルギー物質を取りのぞく効果があるといわれています。 鼻の調子がイマイチよくないとき、風邪・花粉症対策に、鼻うがいを試してみませんか? 鼻うがいは風邪や花粉症になぜ効果的? 鼻の中を直接洗い流す「鼻うがい」。 鼻をかんでも出にくいガンコな鼻水をスッキリさせることができるため、鼻の調子が今ひとつ良くないときは、一度は試してみたい方法です。 さらに鼻うがいは風邪や花粉症の予防にもなり、健康維持のためにもおすすめです。 というのも、風邪のウイルスや花粉が付着しやすいのは、鼻の奥の上咽頭といわれる部分で、のどのうがいでは上咽頭を洗い流すことができないからです。 一方、鼻うがいでは上咽頭までしっかりと洗い流すことができますから、より効果的な風邪予防や花粉症対策になるといえます。 鼻うがいの効果• 鼻の不快感の解消 鼻をかんでも出にくい粘り気のある鼻水もスッキリさせることができます。 風邪やインフルエンザなどのウイルス対策 風邪やインフルエンザの原因になるウイルスは、のどの奥の上咽頭に付着し、炎症を起こします。 鼻うがいなら、上咽頭を洗い流すことができるため、ウイルス対策になります。 花粉症やホコリなどのアレルギー対策 上咽頭に付着した花粉やホコリなどを洗い流すことで、アレルギーの原因を取り除くことができます。 ちくのう症の予防・症状の緩和 ちくのう症(副鼻腔炎)とは、目と目の間やほほなどにある副鼻腔という空洞にうみがたまる病気。 風邪や花粉などが原因で炎症が起き、粘り気のある鼻水や鼻づまり、頭痛といった症状が起きます。 鼻うがいでは副鼻腔を直接洗い流すことはできませんが、鼻の中の粘り気のある鼻水を洗い流すことができますから、ちくのう症の予防や症状の緩和に役立つと考えられます。 鼻うがいで準備するもの 市販の鼻うがい用の商品を使えば気軽に始められますが、自宅にあるものを使って鼻うがいを行うこともできます。 やり方がいくつかありますので、自分のやりやすい方法で試してみましょう。 鼻に真水が入るとツーンとしますが、これは体液と水の浸透圧が違うために起こります。 そのため鼻うがいでは、体液と同じ浸透圧である、0. 9%の食塩水を使って行います。 【準備するもの】• 一度沸騰させた、ぬるま湯• 洗面器やコップ• タオル など 【0. (500ccなら4. 5g、2リットルなら18g) この食塩水は使いまわすのではなく、鼻うがいをするたびに作るようにしてください。 鼻うがいの方法 最初のうちはお風呂で行うといいでしょう。 濡れることを気にせずにできますし、体も温まって鼻水も出やすくなっています。 【食塩水を流し込む方法】• 9%食塩水を入れます。 このとき「えー」と声を出すと流し込みやすいです。 ただし顔が大きく上向きにならないように注意してください。 どちらの鼻からでも構いません。 慣れてきたら口から出してみましょう。 【洗面器の食塩水を吸い込む方法】• 9%食塩水を入れます。 このとき食塩水を飲み込まないようにします。 慣れてきたら、もう片方の鼻の穴や口から食塩水を出してみましょう。 【ストローで食塩水を吸い込む】• 9%食塩水を入れて、ストローをさします。 このとき食塩水を飲み込まないようにします。 慣れてきたら、もう片方の鼻の穴や口から食塩水を出します。 鼻うがいを効果的にするための注意• 鼻に食塩水を入れるときは、大きく上を向かない 鼻に食塩水を入れた後、やや上を向くと口に流れやすくなりますが、大きく上を向くと食塩水が耳に入り中耳炎になる恐れがあります。 前かがみの状態で、顔はあまり上に向けないようにしましょう。 鼻で水を吸い込んでいるときに、つばを飲み込まない 水を吸い込んでいるときに、つばや洗浄液を飲み込もうとすると、耳に洗浄液が入る恐れがあります。 鼻を洗い終わった後に、鼻を強くかまない 鼻を洗い終わったら、前かがみのまま頭を左右に傾けるなどして、食塩水をすべて出すようにします。 その後軽く鼻をかむのはかまいませんが、強くかむと中耳炎の原因になります。 やりすぎは注意!1日1〜2回程度に 1回の鼻うがいでは2〜3度繰り返し、ヌルヌルした感じがなくなるまで行います。 鼻うがいに慣れてくるとスッキリして気持ちがいいのですが、1日1〜2回程度にしましょう。 (1回は200ml程度で十分です)• 鼻づまりがひどいとき、のどに痛みがあるとき、鼻水がのどに流れてしまうときはしない 鼻に炎症があって鼻づまりがひどいときや、のどに炎症があるときは鼻うがいは行わないようにしましょう。 また鼻水がのどに流れる後鼻漏のときも、食塩水が残りやすくなりますから、行わないようにしてください。 子どもは専用の器具を購入するか、耳鼻科でしてもらう 鼻うがいを間違った方法で行うと、中耳炎など別の病気を招く恐れがあります。 子どもは上記の方法では行わないほうがよいでしょう。 どうしても鼻うがいを行いたいときは、子どもでもできる市販の器具を購入するか、耳鼻科で鼻洗浄を行いましょう。

次の

インフルエンザ考【その13】鼻うがいの実際

鼻うがい 重曹

様々な健康効果をもたらしてくれることで、海外ロケをする人気テレビ番組で放送されたこともあります。 鼻うがいの効果は?副鼻腔炎に効くの? 鼻うがいの効果の一つは、 鼻の中の異物を洗い流せることです。 鼻の粘膜に最初に付着したウィルスや花粉などの異物を洗い流すことで、風邪やアレルギーの症状の緩和、副鼻腔炎の予防につながります。 鼻うがいをする目的は、副鼻腔炎の症状を悪化させないためでもあります。 粘りのある鼻水を洗い流すことで、鼻粘膜の機能を低下させないようにするのがポイントです。 何よりも、ガラガラとする喉うがいでは解消されない鼻の粘膜の炎症が一時的にでも治めることができるので、すっきりしますよね。 他には鼻うがいは 花粉症の症状の緩和や、鼻炎改善、普通に鼻をかんだだけではなかなか排出できないほこりやウイルスを、体外に排出できて、 風邪予防などの効果もあります。 鼻うがいのやり方と注意点 はじめて、鼻うがいをする場合 鼻うがいをやったことがない、あるいは慣れない人におすすめの洗面器を使う方法があります。 洗面器に生理食塩水または洗浄液を入れます。 前かがみになって、洗面器に顔を近づけます。 指で片方の鼻の穴を押さて、空いている方の鼻の穴から液を吸い込みます。 液を吸った鼻から、液を出します。 反対の鼻の穴も同じようにします。 それぞれ、3回~5回繰り返してください。 初心者におすすめ!専用の鼻洗浄器 「ハナクリーンEX」は東京鼻科学研究所と耳鼻科医と共同開発、特許取得の鼻洗浄器です。 手動ポンプ式で圧力調整ができ、危険リスクを軽減し、コップやスポイトを使うよりも使いやすいのが特徴です、薬局やドラッグストアの市販品よりも安全性が高くやり方も簡単で初心者の方におすすめです。 鼻うがいに慣れてきた場合 鼻うがいに慣れてきたら、洗面器ではなくコップで鼻洗浄をすることもできます。 インドのヨガで使われているネティポットを使う方法もあり、ネティポットを使う方法では、液を吸い込んだ方とは反対の鼻の穴から、そのまま流し出すという方法です。 鼻から吸い込んだ液を口から吐き出すことができるようになれば、もっと効果が得られます。 自分ではできない場合は、耳鼻科で鼻を洗浄してもらうというの一つの手です。 鼻うがいの注意点 1日に何度も行わない。 洗浄しすぎて、粘膜の機能を損なう可能性があるからです。 鼻に残っている液が残っている時、強く鼻をかまない。 液が耳管に入って中耳炎になる恐れがあるからです。 静かに鼻をかむようにしてください。 ポンプ式の専用機器を使用する場合、圧力を強くして洗浄すると、やはり中耳炎を引き起こすケースが心配されます。 水道水ではだめな理由は? 水道水(真水)ではだめな理由は、水道水(真水)と体液では浸透圧が違うことから、鼻の奥や耳の奥に痛みを感じます。 「 専用の洗浄液」または「 人間の体液の浸透圧と同じ0. 9%の塩化ナトリウムを溶かした精製水」を使うことを基本としましょう。 また水道水にはわずかに 細菌やアメーバなどの微生物が含まれている場合があります。 飲む場合は胃酸によって死滅するため問題はないですが、鼻腔内では死滅させることが出来ません。 このわずかな微生物が神経をたどり脳に感染すると、「 原発性アメーバ性髄膜脳炎」を起こす恐れがあります。 致死率が高く、実際に死亡事故が発生したそうです。 水道水を使用する場合は、必ず煮沸消毒し殺菌してから使ってください。 沸騰させて、10分くらい置いて、人肌の温度(35度くらい)のぬるま湯にしましょう。 生理食塩水を作る場合は、人間の体液の浸透圧と同じ0. 9%の塩化ナトリウムを溶かすことを参考にして、200ccのぬるま湯に1. 8gの塩を入れてよく溶かしてください。 毎日、実践している方の動画です。 参考にできるところだけを取り入れてみてください。

次の