茨木市持続化給付金。 持続化給付金の添付書類の添付方法の注意点

『持続化給付金』申請準備を‼️

茨木市持続化給付金

添付書類について添付方法について 持続化給付金の申請を行うためには、添付書類を添付する必要があります。 法人であれば、 「法人税別表一」、 「 法人事業概況書」 、 「対象月の売上台帳」、 「通帳の写し」が必要となります。 個人事業者の場合は、 「2019年の確定申告書第一表」、 「2019年の所得税青色申告決算書」、 「対象月の売上台帳」、 「通帳の写し」、 「本人確認書類の写し」が必要となります。 これらの書類をPDFなどにして添付するか、スマホやデジカメで撮影した写真で提出することになります。 ここで注意していただきたいのが、すべての書類をまとめPDF化しないことです。 申請サイトでは、「法人別表一」、「法人事業概況書」、「通帳の写し」というように、それぞれ別々で添付することになっています。 さらに細かく言うと、法人事業概況書については、「法人事業概況書(表面)」、「法人事業概況書(裏面)」と1枚ずつ分かれています。 ですので、法人の場合は「法人別表一」、「法人事業概況書(表面)」、「法人事業概況書(裏面)」を別々のPDFファイル(合計3ファイル)にして、それぞれアップロードする必要があります。 個人事業者の場合も、2019年の所得税青色申告決算書が2ページに分かれています。 「2019年の確定申告書第一表」、「2019年の所得税青色申告決算書(1)」、「2019年の所得税青色申告決算書(2)」という風に、別々のPDFファイル(合計3ファイル)にして、それぞれアップロードする必要があります。 e-Taxの場合の税務署の収受印について 添付書類として使用できるのは、税務署の収受日付印が押印されているものに限られています。 収受日付印とは、申告書を税務署に提出したときに、受付印として日付が入ったスタンプを押してくれる、この押印のことです。 申告書を紙で税務署に提出している場合、法人の場合は、「法人別表第一」に、個人の場合は「確定申告書第一表」に押印があるはずです。 この収受日付印をもって、税務署に提出された正しい書類だと判断するわけです。 しかし、e-Taxで電信申告している場合は、この収受日付印がありません。 その場合には、「受信通知」を添付することになります。 受信通知とは、電子申告した際に税務署がデータを受付けしたという通知です。 メール詳細といった表示でメッセージボックスから確認することができます。 また、確定申告書の上部に「電子申告の日時」と「受付番号」が記載されているものについては、「受信通知」の添付は不要となっています。 使用する税務ソフトによって記載の有無が変わるみたいなので、確認してみましょう。 会計事務所の代理送信について 会計数字のことはよくわからないし、税務申告は税理士さんに任せているから会計事務所に代理で申請してほしいと思われている方もおられかもしれません。 経済産業省のよくある質問にも「代理の名義で申請は可能なのか?」といったFAQの記載があります。 そこでの回答では、 申請は、法人(代表者)、個人事業者ともに、本人による申請となります。 電子申請の際、身近な方や日ごろ手続きのご相談をされている方などに、申請を支援していただくことは問題ありません。 ただし、持続化給付金の代理申請や代行入力などを装った詐欺にご注意ください。 となっています。 会計事務所として申請の支援をすることは問題ないととらえることができます。 基本的には自己申請となりますが、申請が難しいなと思われる方は、会計事務所等にサポートしていただきましょう。 まとめ 持続化給付金の添付書類の添付方法や会計事務所のサポートについてまとめました。 経済産業省や持続化給付金の申請サイトには、持続化給付金についてのFAQが公開されています。 経済産業省:持続化給付金に関するよくあるお問い合わせ 「持続化給付金」申請サイト:よくあるご質問 「持続化給付金」の解説動画 これらを参考にスムーズな申請で一日でも早く給付金が届くことを願います。

次の

【経済産業省】「持続化給付金」の申請受付を開始|茨木商工会議所

茨木市持続化給付金

こんにちは! 緊急事態宣言が出ている大阪の江坂より頑張って営業しているの村上です。 緊急事態宣言による当社の対応はをご覧ください。 緊急事態も延長する見通しですね。 あとは、どのくらい伸びるんかって事やね。 昨日、持続化給付金の申請のブログを書きました。 そして今日、申請終了。 web申請で楽でした。 ただ、スマホで写真を取って取り込むところかな。 全部をスマホでやればいいかも入れませんが、細かな申請内容を打ち込むのには、PCのほうが断然楽なんです。 読み込みだけかな。 あとは、自動で計算もしてくれますしね。 絶対に自分でやった方がいいですよ! もしわからないようでしたら、私が有料で教えますよ 笑 社労士さんの様に私がするんでなく、 私が言いながら自分でやってもらいますけどね。 30分もあれば全然OKですから。 1万円くらいかな。 Zoomで繋ぎますよ。 それでもって方は、言ってくださいね!! もう一度、言いますが自分でもできますからね。 美髪クリニック監修の「美髪エステ」導入しました。 大阪の北摂で導入サロンは、アルバだけ! 髪に栄養を入れて入れて入れ込みます。

次の

持続化給付金よりも大阪府茨木市の飲食店や中小事業者に必要なこと【新型コロナウィルス問題】

茨木市持続化給付金

第7条 次の各号の いずれにも 宣誓 した者でなければ、 給付金を 給付 しない。 ) が 、 中小 法人 等 の場合には 、 次の各号の いず れにも該当しなければならない。 ただし、給付金の給付は同一の申請者に対して一度に限るものとする。 一 2020年4月1日時点において、 次の イ 又はロ の うち いずれか 一つ の要件を満た す法人である こと。 ただし、 組合若しくはその連合会又は一般社団法人については、その直接又は間接の構成員たる事業者の 3 分の 2以上が 個人又は 次のいずれかを満た す法人である こと。 イ 資本金の額 又 は出資の総額 1 が 10 億円未満 である こと ロ 資本金 の額又は出資の総額 が定められていない場合は、常時使用する従業員 2 の数が 2,000 人以下 であること 二 2019 年 以前 から事業 により 事業収入 (確定申告書(法人税法(昭和40年法律第34号)第2条第 1項 第 31号 に規定する確定申告書を指す。 以下同じ。 ) 別表1 における「売上金額」欄に記載されるもの と同様の考え方によるものとする。 ) (売上) を得て おり、 今後も 事業を継続する意思があ ること 三 20 20 年 1 月 以降 、 新型コロナウイルス感染症拡大の影響 等 により、 前年同月比で 事業収入が 50 % 以上減少した月 (以下「対象月」という。 ) が存在すること。 対象月は、 2020 年 1 月から申請を行う日 の属する月の前月まで の間 で、前年同月比で事業収入が 50 %以上減少した月のうち 、ひと月を 申請者が 任意に選択 する。 なお、 対象月の事業収入については、 新型コロナウイルス感染症対策として、 地方公共 団体から 休業要請に伴い 支給され る 協力金等 の現金給付を 除いて算出する ことができる。 二 前 条第3項 の 基本 情報 及び 第4項 の 証拠書類 等 (以下「 基本 情報等」という。 )に虚偽のないこと 三 次条 の に該当しないこと 四 事務局及び 中小企業庁長官(以下「 長官 」という。 ) の委任した者が行う関係書類の提出 指導 、事情聴取 及び 立入検査等の調査に応じること 五 不正受給( 偽りその他不正の行為(詐欺、脅迫、贈賄 その他の 刑法(明治 40 年法律第 45 号)各本条 に規定するものをいう。 )に触れる行為のほか、刑法上 の 犯罪を構成するに至らない場合であっても、故意 に 基本 情報等 に虚偽の記入を行い又は偽りの証明を行うことより、本来受けることができない給付金を受 け、又は受けようとすることをいう。 ただし、 基本 情報等 に事実に反する 内容の 記入があった場合であっ ても、 これ が故意によらないものと認められる とき は不正受給には該当しない ものとする。 以下同じ。 単純に1月だけ高くすると、売上総額が事実と変わってきてしまうため、計上月をズラして、特定の月を高くする手口が多いのではないかと想定されます。 例えば、2019年の売り上げが「1月260万円」「2月170万円」「3月520万円」だった場合に、「2月」の売上の一部を「3月」に計上して、3月での比較で50%未満を満たすように調整する不正の手口です。 もっとも、売上計上時期については、国税庁の通達がありますが、具体的判断は難しい場合があります。 そもそもが間違っており、正しいように修正申告を済ませたようなケースでは、たとえ事の発端が持続化給付金の受給検討のためであったとしても、本来の間違いを是正する行為であり、修正申告をすること自体は不正であるとは認められないでしょう。 なお、気を跨ぐ場合は、税金の還付や追加支払いが必要になる場合もあります。 例えば、上記の事例で、3月の売り上げを260万円以下にするべく、本来は3月に計上すべき売上を、恣意的に2月に前倒し計上したり、4月に繰り越したりする事例です。 もっとも、2020年4月にが発令されてからは、不要不急な外出を控えるように案内されていましたので、その案内に従い「自粛の結果」として売り上げが下がったことについては、当然の結果であり、不正でもなんでもありません。 持続化給付金の給付となる趣旨にも沿っているでしょう。 申請者の申請が 給付要件を満たさない こと又は 不 給付 要件に該当することが疑われる場合は 、長官 は、 事務局を通じ、 次の各号の対応を行う。 一 提出された 基本 情報等 について審査を行い不審な点がみられる場合等に調査を開始する。 申請者等 の 関 係者 に対する、 関係書類の提出指導、事情聴取、立入検査等 の調査 につ いては、 事務局及び 長官 が委任し た者において行うことを原則とし、これらの調査を行った後、当該関係者に対する対処を決定する。 な お、既に給付した給付 金について調査を行う場合も同様 とする。 二 事務局 は、調査の結果 、 申請者の申請が 給付要件を満たさないこと又は不 給付 要件に該当すること が判 明した場合には、 その旨を 長官に報告する。 長官は、当該申請者との間の贈与契約を解除し、事務局は、 長官の 指示 に従い、 当該申請者に対し、 給付金に係る 長官との 間の 贈与契約を解除し、 給付金の 返還 に係 る 通知を行う。 2 給付金の不正受給 に該当する ことが疑われる場合 は 、長官は、 事務局を通じ、前項の対応に加え、次の各 号の対応を行う。 一 不正受給を行った申請者は、 前項第 2 号の 給付 金の全額に、不正受給の日の翌日から 返還 の日まで、年 3%の割合で算定した延滞金 を加え 、これらの合計額にその 2割に相当する額 を加えた 額を支払う義務を 負 い、事務局は 当該申請者に対し、これらの金員を請求する旨の通知を行う。 二 不正受給が発覚した場合には、事務局は原則として 申請者の 法人名等の公表を行う。 三 事務局は、 不正の内容によ り 、不正に 給付 金を受給した 申請 者を告発する。 3 事務局 は、 申請 者から 返還 を受けた給付金を 、 申請 者に代わって 遅滞なく長官 に返還する。 4 給付金は 、事務局の審査を経て長官が 給付 額 を 決定する 贈与契約 であり、原則として民法 (明治29年法 律第89号) が適用され、 贈与契約の解除 、 給付 決定の取消しについては、行政不服審査法(昭和 37 年法 律第 160 号)上の不服申立ての対象とならないが、不正受給による不 給付 決定又は 贈与契約の解除 に対 し、 申請者 等から不服の申出があった場合は、適宜再調査を行うなど、必要な対応を図る。

次の