ダイソー ヨガマット。 100均(ダイソー)ヨガマットが安い!おすすめ&残念ポイントは?!

ヨガマットの代用品を探すよりダイソーの物がおすすめ!サイズも◎!

ダイソー ヨガマット

圧倒的に安いダイソーのヨガマット ダイソーヨガマットの商品スペックは? ダイソーのヨガマットのお値段は、 400円ととってもお手頃。 カラーバリエーションは ブルー・ パープル・ オレンジ・グリーンの4種類(私が訪れた店舗では)。 匂いはどうか? ヨガマットに限らず、ゴムだったり何かしら人工的な素材の商品を買う時に、ちょっと気になってしまうのが匂い。 私はあの揮発性のツーンとした匂い、頭が痛くなるのでとっても苦手です。 ダイソーヨガマットはどうだろう??購入後、ビニールを開封…最初少しゴム系の匂いがしたものの、広げて 干しておけばすぐに全く気にならないレベルに。 これはたぶん、安いか高いかに限らず匂いのあるものはあるし、その点ダイソーヨガマットは 個人的に大満足でした。 ダイソーヨガマットのおすすめポイント 軽くてコンパクトで持ち運びし易い ダイソーのヨガマットの 重量は 約560gと軽く、サイズもコンパクトなので、まず持ち運びや収納に煩わされることはありません。 手足が滑りにくい ヨガやトレーニングの際、マットの上ではいろいろな体勢を取るんですが、ダイソーヨガマットのおすすめポイントに意外と グリップが良いところがあげられます。 マットに付けている 手足が滑りにくいんですね。 例えば、ヨガの中でも特にメジャーな「ダウンドッグ」という姿勢(四つん這いでお尻を高く空へ突き上げるポーズ)は、マットのグリップが悪いと突っ張っている 手や足が滑ってすごくツラい です。 その点、ダイソーのマットはとても良いと感じました。 残念ポイント?ダイソーヨガマットはヨガスタジオ向きではない サイズ的にヨガスタジオではちょっと…? 市販のヨガマットの長さは、どれも大体160cm~ 3段階くらいのラインナップになっています。 ただ 一般的には170cmくらいのものを使う人が最も多く、身長があったり上級者だと180cmを使ったりもするので、普通にスタジオなどでヨガをする際には、長さ160cmのダイソーヨガマットはちょっと小ぶり過ぎるかもしれません。 なので、スタジオ等の場合は サブ的な感じで使うに留めるのがベターかと思われます。 ちなみ私の場合は自宅で使用する上、身長も低いので現時点では特に不便は感じてないです。 とはいえ、身長の低い私でも「もう少し広かったらいいかも…」と少し思う場面はたまにあるので、やはり本格的にやるなら170cmは欲しいです。 本格的なヨガには厚み不足かも 最後に、厚みについてです。 ダイソーヨガマットの 厚さは2ミリ。 ヨガマットの厚みのバリエーションは 4~15mmの間が最も多いので、ダイソーのヨガマットはわりと薄手です。 プロによると厚すぎるマットも体に余計な負担がかかるそうなんですが、それでも多少は厚みがないとヒジやヒザが痛くなってしまいます。 なのでダイソーマットに限らず、薄いタイプのヨガマットを使う際にはタオル等でヒジヒザをカバーしながらすると良いですね。 100均以外でコスパの良いヨガマット? ん~やっぱり100均のは薄いかな、小さいかなぁ~という場合におすすめしたいマットはこちら。 5cm、厚さ6mmと スタジオ使いに対応できるサイズで、重量は998g。 1000円代で買えて口コミ評価も高く、 コスパの良いヨガマットです。

次の

【600円で買えるヨガマット!!】100均のダイソーで買えるヨガマットを紹介!!

ダイソー ヨガマット

ダイソーのヨガマットは、軽いだけではありません。 軽さに加え滑りにくさも兼ね備えています。 ヨガマットを使うのは主にヨガや筋トレの時ですが、いろいろなポーズをとるときにもグリップ力を発揮してくれるのも人気のポイントになっています。 ヨガマットそのものが床と接して滑らないということに加え、マットの上に乗せた自分の手や足が滑りにくいのが人気です。 運動をしているときは、自分の手足にいつも以上に体重がかかり、手や足にも力が入った状態です。 その状態で滑ってしまうと大けがの可能性もあります。 その為、ダイソーのヨガマットの様なグリップ力はヨガマットにとっては非常に大切な機能であるということが出来ます。 安い価格で滑りにくさも兼ね備えた使い心地で、おすすめです。 さて、ここまでダイソーのヨガマットの性能的な良さを紹介してきましたが、実際の使い心地について、もう少し詳しく掘り下げてみましょう。 先ほどサイズについても紹介しましたが、改めて一般的なヨガマットのサイズとダイソーのヨガマットのサイズの比較から始めます。 このサイズの価格は400円です。 さて、実はダイソーにはもう1種類のヨガマットが売られています。 このサイズだと、一般的なヨガマットとほぼ同サイズです。 つづいてヨガマットの厚みを比較します。 一般的なヨガマットの厚みは、商品によって差がありますが2mm~15mmの範囲で作られています。 ダイソーのヨガマットの厚みは、400円で約2mm、600円が約6mmとなっており、ダイソーで400円のヨガマットは薄めです。 この様に使い心地を比較すると400円のヨガマットはやや小さめ。 しかしグリップ力やコンパクトさを考慮すると、少なくともヨガや筋トレで使うマットとしての機能は十分に備えていると言えます。 ヨガ初心者の方が最初に購入するには最適な商品と言えるのではないでしょうか。 スタジオでの使用には400円の物は適さないかもしれませんが、外ヨガ用として使うなどの使い方をするのには本当に良い商品です。 価格的に非常に優れているため、どうしても落ちない気になる汚れがあるときには躊躇いなく新しいヨガマットに買い替えることも可能です。

次の

ヨガマットの代用品を探すよりダイソーの物がおすすめ!サイズも◎!

ダイソー ヨガマット

圧倒的に安いダイソーのヨガマット ダイソーヨガマットの商品スペックは? ダイソーのヨガマットのお値段は、 400円ととってもお手頃。 カラーバリエーションは ブルー・ パープル・ オレンジ・グリーンの4種類(私が訪れた店舗では)。 匂いはどうか? ヨガマットに限らず、ゴムだったり何かしら人工的な素材の商品を買う時に、ちょっと気になってしまうのが匂い。 私はあの揮発性のツーンとした匂い、頭が痛くなるのでとっても苦手です。 ダイソーヨガマットはどうだろう??購入後、ビニールを開封…最初少しゴム系の匂いがしたものの、広げて 干しておけばすぐに全く気にならないレベルに。 これはたぶん、安いか高いかに限らず匂いのあるものはあるし、その点ダイソーヨガマットは 個人的に大満足でした。 ダイソーヨガマットのおすすめポイント 軽くてコンパクトで持ち運びし易い ダイソーのヨガマットの 重量は 約560gと軽く、サイズもコンパクトなので、まず持ち運びや収納に煩わされることはありません。 手足が滑りにくい ヨガやトレーニングの際、マットの上ではいろいろな体勢を取るんですが、ダイソーヨガマットのおすすめポイントに意外と グリップが良いところがあげられます。 マットに付けている 手足が滑りにくいんですね。 例えば、ヨガの中でも特にメジャーな「ダウンドッグ」という姿勢(四つん這いでお尻を高く空へ突き上げるポーズ)は、マットのグリップが悪いと突っ張っている 手や足が滑ってすごくツラい です。 その点、ダイソーのマットはとても良いと感じました。 残念ポイント?ダイソーヨガマットはヨガスタジオ向きではない サイズ的にヨガスタジオではちょっと…? 市販のヨガマットの長さは、どれも大体160cm~ 3段階くらいのラインナップになっています。 ただ 一般的には170cmくらいのものを使う人が最も多く、身長があったり上級者だと180cmを使ったりもするので、普通にスタジオなどでヨガをする際には、長さ160cmのダイソーヨガマットはちょっと小ぶり過ぎるかもしれません。 なので、スタジオ等の場合は サブ的な感じで使うに留めるのがベターかと思われます。 ちなみ私の場合は自宅で使用する上、身長も低いので現時点では特に不便は感じてないです。 とはいえ、身長の低い私でも「もう少し広かったらいいかも…」と少し思う場面はたまにあるので、やはり本格的にやるなら170cmは欲しいです。 本格的なヨガには厚み不足かも 最後に、厚みについてです。 ダイソーヨガマットの 厚さは2ミリ。 ヨガマットの厚みのバリエーションは 4~15mmの間が最も多いので、ダイソーのヨガマットはわりと薄手です。 プロによると厚すぎるマットも体に余計な負担がかかるそうなんですが、それでも多少は厚みがないとヒジやヒザが痛くなってしまいます。 なのでダイソーマットに限らず、薄いタイプのヨガマットを使う際にはタオル等でヒジヒザをカバーしながらすると良いですね。 100均以外でコスパの良いヨガマット? ん~やっぱり100均のは薄いかな、小さいかなぁ~という場合におすすめしたいマットはこちら。 5cm、厚さ6mmと スタジオ使いに対応できるサイズで、重量は998g。 1000円代で買えて口コミ評価も高く、 コスパの良いヨガマットです。

次の