力をかわす露の草。 第8回「力をかわす露の草」|必殺仕置人|テレ朝動画

必殺仕置人

力をかわす露の草

来歴・人物 [編集 ] を経て、国文科に進学した。 、大学在学中ににスカウトされ、在学のまま主演の映画『』で本名の 安田 道代でデビュー。 翌年、知人にを紹介され、勝にその才能を惚れ込まれてと正式に契約。 短大を中退し、本格的に女優に専念。 大映宣伝部はの再来と大々的に売り出す。 入社第1作は主演の『処女が見た』で、勝の実兄のと共演した。 これが成功してスター女優として歩みだす。 城とは実生活で恋仲になったという。 1967年、『』でナオミ役を演じたのをきっかけに、青春スター路線から異色演技派女優に転身。 1968年から1969年にかけて低予算の「秘録おんな」シリーズ、「関東おんな」シリーズなどの「エログロ・異色時代劇路線」と呼ばれる一連のシリーズに主演。 また一方で、「」シリーズや「」シリーズで勝新太郎、『新書・忍びの者』ではの相手役を演じる。 大映の経営が傾くなか、官能路線からくノ一役まで、様々な役をこなした。 『笹笛お紋』(1969年)では女版「木枯らし紋次郎」、『女左膳濡れ燕片手斬り』(1969年)では女版「丹下左膳」を演じている。 、の首都でからまで開催された「バンコク日本映画週間」に・・・ら女優陣の一人として出席。 初日には同国のとが出席し『』を鑑賞した。 、大映倒産前に退社しフリーとなり、若手ながら成熟した大人の女性を数多く演じた。 に日本のの先がけ「ビギ」の設立者のひとりである大楠裕二と結婚し、芸名も 大楠道代に改名した。 1980年代のビギの全盛期には、ビギの役員であるため俳優タレント部門の長者番付の上位に並ぶこともあった。 に公開された映画『』でほか数多くの映画賞を獲得した。 以後、監督作品を中心に出演を重ね、演技派女優としての地位を不動のものにする。 主な出演 [編集 ] 映画 [編集 ] 1964年• 1965年• 座頭市 海を渡る• 兵隊やくざ 大脱走• 新書・忍びの者 1966年• 処女が見た• 殿方御用心• 私は負けない• 小さい逃亡者• 1967年• 三匹の女賭博師• 陸軍中野学校 竜三号指令• 若い時計台 1968年• 秘録おんな牢• 秘録おんな蔵• 関東おんなやくざ• 尼くずれ• 続・秘録おんな牢• 女賭博師みだれ壺• 悪名十八番 1969年• 悪名一番勝負• 秘録おんな寺• 笹笛お紋• 関東おんなやくざ• 出獄四十八時間• 関東おんな極道• 女左膳 濡れ燕片手斬り 1970年• おんな極悪帖• 博奕打ち いのち札• 忍びの衆 1971年• 新女賭博師 壺ぐれ肌 1972年• 新兵隊やくざ 火線 1973年• 1974年• 1974年• 1980年• 1981年• 1984年• 1987年• 1990年• 1991年• 1998年• 2000年• 2003年• 2005年• 2008年• 2010年• 2011年• 2012年• 2016年• - 行徳君子 役 2020年• テレビドラマ [編集 ]• (1964年 - 1965年、) - たみ• 命を賭けます(1971年、東京12チャンネル)- 静• 第44話「復讐の牝豹」・第45話「姿なき殺人」(1971年、・) - 千鶴• 第6話「大江戸の夜を走れ」(1972年、フジテレビ・) - お小夜• 第4話「仮面の女」(1973年、・東映)• 第8話「力をかわす露の草」(1973年、・) - ぬい• 第4話「鬼と呼ばれた娘 -三国峠-」(1973年、TBS・C. L)- 七重• 第20話「男まさり」(1973年、フジテレビ・・)• 第16話「烈風輸送隊に白馬が嘶いて…」(1973年、・) - お蝶• 第1シリーズ 第13話「兇悪の化粧」(1973年、NET・東映) - 秋代• (1973年 - 1974年、TBS・東京映画、渡辺企画) - おりは• 第130話「さらば珊次郎」~第182話「隠密同心・胡蝶炎の彼方に」(1974年 - 1975年、東京12チャンネル・三船プロ) - 隠密同心・くれないお蝶• 第15話「油地獄の女」(1974年、・) - お葉• (1974年、) - 直子• (1974年、TBS)• (1975年、TBS)• (1975年、TBS)• 第1話「あんたこの世をどう思う」(1976年、朝日放送・松竹) - お未央の方• 第2話「霧の夜 蝶は死ぬ」(1976年、NET・三船プロ) - お蝶• 第41話「生きてる限りせつないのです」(1976年、日本テレビ・ユニオン映画) - ともこ• 第22話「灯籠流しの女」(1976年、フジテレビ・)• 第225話「疑惑」(1976年、NTV・東宝) - 倉田かよ• 河内まんだら (1977年、)• 冬の虹 (1979年、NHK)• (1980年、)• 滋賀銀行九億円横領事件 女の決算 (1981年、テレビ朝日)• (日本テレビ)• 4 美しき容疑者 (1987年、東海映画社)• シンデレラの仮面 (1988年、国際放映)• 松田聖子のスイート・メモリーズ (1987年、TBS)- 若杉章子• (1989年、フジテレビ)• 金曜日の食卓 (1991年、NHK)• (1991年、TBS)• 味な女たち (1998年 NHK)• (1998年、フジテレビ)• (2001年、フジテレビ) 演劇 [編集 ]• 特別公演「北海の親子星」 音楽 [編集 ] シングル• 「若い時計台」(1967年、) - とのデュエット。 第4回(1980年) 最優秀助演女優賞 『ツィゴイネルワイゼン』• 第24回(2000年) 優秀助演女優賞 『顔』• 第27回(2003年) 優秀助演女優賞 『座頭市』• 第29回(2005年) 優秀助演女優賞 『春の雪』 キネマ旬報賞 [編集 ]• 第54回(1980年) 助演女優賞 『ツィゴイネルワイゼン』• 第72回(1998年) 助演女優賞 『愚か者 傷だらけの天使』• 第74回(2000年) 助演女優賞 『顔』• 第77回(2003年) 助演女優賞 『赤目四十八瀧心中未遂』『座頭市』 毎日映画コンクール [編集 ]• 第58回(2003年) 女優助演賞 『赤目四十八瀧心中未遂』『座頭市』• 第66回(2011年) 田中絹代賞 ブルーリボン賞 [編集 ]• 第46回(2003年) 助演女優賞 『赤目四十八瀧心中未遂』『座頭市』 その他 [編集 ]• 1966年 新人賞• 2000年 第15回 助演女優賞 『顔』• 2000年 第13回 助演女優賞 『顔』 脚注 [編集 ].

次の

【BS朝日】6月30日(火) 必殺仕置人 #8「力をかわす露の草」 [朝一から閉店までφ★]

力をかわす露の草

で、沖雅也さんの男前ぶりを紹介しましたけど、このシリーズ、登場する役者さんも、キャラクターも、ストーリーも、すべてGood!なんですが「着物」もすごくイイんです。 第8話「力をかわす露の草」から 鉄砲玉のおきんこと、野川由美子さんの着こなしは、時代劇の姐さん系の定石どおり、縞か格子柄の着物に、たっぷりとした分量の水色の半襟、片側のみ「赤襦袢」をチラ見せというもの。 縞も格子も、時代が後になってくると、なんか、すっきりとしない感じのものに変化し、水色も妙に濃い色になったりとか、ディティールの差で、そんなに「オシャレ」に見えないものになっていっているのですが、 この番組のおきんさんの衣裳は、毎回(10回まで見たところですが)「粋」で素敵!!! 着物の柄が捕えられるときが、静止画像じゃないので、ピンぼけ写真が多いのですが、、、 「モダン」と言いたくなる柄に、帯結びもイイ感じ! 着物の色は、江戸紫で、柄は白抜き、裾裏は藤色、帯は白地に、深緑のストライプ、半襟と帯揚げが水色、帯締めは黒か、濃紺。 定番で、シンプルなんだけど、最高!って言いたくなる感じ。 次は、 第9話「利用する奴される奴」から、岡場所の遊女役の日高澄子さんの着物。 遊女をたぶらかす、津川雅彦さんのいやったらしい二枚目ぶりもステキだったんですが、日高さんの貢ぐ女の儚い可愛らしさもすごく魅力的で、この着物は、休みの日に食事に行くときのもの。 茶系の地味な色の変わり縞の着物に、朱色の波模様の襦袢って、素敵過ぎません? 最初、着付けの途中かなって思ったんですが、帯を前結びにされてるようです。 遊女が「一夜妻」という設定で、だらりの前結びにしているのは、よく見かけますが、普段着の「前結び」を時代劇では初めて見ました。 籠目の小紋に金茶の帯。 やっぱり、少し後の時代劇では登場しない凝ったものだと思う。

次の

時代劇のきもの(5)『必殺仕置人』鉄砲玉のおきん(野川由美子) : マイケルと読書と、、

力をかわす露の草

語る「万華鏡」 語る「万華鏡」 力をかわす露の草 力をかわす露の草 ちからをかわすつゆのくさ 項目名 力をかわす露の草 読み ちからをかわすつゆのくさ 分類 必殺シリーズ 作者• まだ書き込みはありません。 公的データ• 第8話。 おっぺ• 女には権力、男にはバカ力。 共にまともに向かって勝てる相手ではない。 感想文等• これは加害者側のドラマ展開が少し印象に残る。。。 けれど、やはり今ひとつインパクトは弱いかな。 たちがやられていく「手強い相手」的な展開ではあるのだけれど、そして加害者を中心にしたドラマ部分は濃厚なのだけれど、たちの心理面が少し薄い。 が砲で撃たれてつき、が逆上、自ら仕置料を出すが、「情に溺れてできる仕事か」とに諭される。 このあたりは後のシリーズで多用されるのだけど、その最初の「掟」的な現れはこの回なのかもしれない。 の言い方も、後のカッコつけ、大見得切っての「これが掟だ!」とは違って、「こんなこと考えてるんだよ」という言い方で、その分気取っていなくて印象強い。

次の