ソニア の 本 使い道。 【パズドラ】「ソニアグラン」の評価と使い道・入手方法

オススメNo. 1のバラ【ギヨー】ソニアリキエル

ソニア の 本 使い道

その後3マス移動する事が出来る。 その後3マス移動する事が出来る。 その後3マス移動する事が出来る。 その後3マス移動する事が出来る。 その後3マス移動する事が出来る。 使用後、3マスの移動と攻撃が出来る。 グランナイトで取得可能なスキル 特攻 コスト2 種類 物理攻撃 リロード 2ターン 射程 1マス 範囲 単体 相手に通常の1倍のダメージを与える。 また相手に【治療不可】を1ターン与える。 破陣 コスト2 種類 物理攻撃 リロード 3ターン 射程 1マス 範囲 単体 相手に通常の1. 0倍のダメージを与え、2マス奥に移動させる。 また【スタン】を1ターン与える。 クラスツリー ナイト 移動5・射程1 ユニコーンナイト 移動5・射程2 グランナイト 移動5・射程1 忍者 移動3・射程2 ユニコーンマスター 後日実装予定 移動5・射程2 ストライクマスター 移動5・射程1 ソニアの評価 クラス名 評価 ストライクマスター 8. 倒せない敵には攻撃を仕掛けず、有利な相手にガンガン攻め、敵を倒したら敵の射程圏外に逃げるヒットアンドアウェイがおすすめの戦法です。 おすすめのクラスチェンジ先は 高い機動力と火力を併せ持つ、ストライクマスターへの騎兵ルートです。 ストライクマスターで習得できる「破陣」が敵を倒せなくても【スタン状態】にして1ターン動けなくする強力なスキルです。 後日実装予定のユニコーンマスターへの魔法使いルートは味方の支援が出来るようになりますがソニアの長所が活かせないのでクラスチェンジする必要はありません。 一方で忍者へは3段階目がないのでクラスとしての実用性はないですが、習得可能な「野戦」が山地や森林マスで移動力が下がらなくなる騎兵にはあると嬉しいスキルです。 ソニアをメインで使っていたら魔導石の数と相談しつつスキル習得のためにクラスチェンジを考えてもいいです。

次の

【パズドラ】青ソニアの評価と使い道

ソニア の 本 使い道

分岐赤ソニアの評価点数 アシスト評価 8. 火を4個以上つなげると攻撃力が上昇、最大3. S 全ドロップを火、闇ドロップに変化。 覚醒 超覚醒 分岐赤ソニア同士の倍率 HP 4倍 攻撃 4倍〜49倍 回復 — ダメージ減少 — 分岐赤ソニアの評価・使い道 リーダー評価 耐久力のあるパーティ編成が可能 ドラゴン/体力タイプのHPと攻撃に倍率がかかるバランスのあるパーティ編成が可能です。 対象モンスターが多くサブを揃えやすく、初心者でも使いやすいリーダーです。 フレンドに闇赤ソニアを選ぶことで回復にも倍率がかかるためバランスの良い編成になります。 列パやコンボ寄せにして火力を上げよう 最大倍率はあまり高くないため、サブを倍率条件と噛み合う列パか、コンボ強化寄せにすることで後半でもリーダーとして活躍します。 悪魔タイプがついていない 闇赤ソニアと違い、悪魔タイプが外れているため呂布ソニやブブソニパを作ることが出来ません。 回復に倍率のかかるフレンドを選ぶ場合は、ドラゴン染めにして闇赤ソニアをフレンドにするか、を起用しましょう。 封印耐性が不足している 覚醒スキルに封印耐性を持っていないため、パーティを組む際はサブで封印耐性をサポートする必要があります。 などを入れてスキル封印対策をしましょう。。 火列パのサブで火力要員として活躍します。 回復変換持ちと合わせてバインド回復可能 覚醒スキルで完全バインド耐性とバインド回復を持っていますが、自身のスキルで回復を作り出すことができないため、回復を作れるサブと合わせて使用しましょう。 やなどがおすすめです。 分岐赤ソニアの使い道 悪魔タイプがないため、呂布ソニやブブソニの編成が不可能ですが、攻撃倍率がアップしており、フレイと組ませることでバランスのあるパーティを作ることが出来ます。 覚醒スキルも優秀なものが多く、火列パのサブとして使えます。 おすすめ潜在覚醒• スキル遅延耐性• 各種キラー• HP強化 ボス戦で使える強力な2色陣スキルを持っているため、遅延耐性をつけていつでもスキルを使えるようにしておきましょう。 おすすめアシスト• バインド回復と完全バインド耐性を持っているため、回復を作り出せる変換をアシストしてバインド回復も可能にしましょう。 入手方法• からの究極進化 モンスター評価・使い道情報 その他の評価・使い道はこちら.

次の

【パズドラ】青ソニア(究極)の評価!使い道はリーダー?サブ?

ソニア の 本 使い道

水を4個以上つなげると攻撃力が1. S 【継界召龍陣・水闇】 全ドロップを水、闇ドロップに変化。 5倍になり、水を4個以上つなげると攻撃力が1. 5倍になるリーダースキルを持っています。 最大攻撃倍率は3. 75倍となっており、現環境ではかなり低いと言わざるを得ません。 回復倍率は2. 5倍とかなり高いものの、HP倍率がないため、過剰な回復力となってしまいます。 リーダーとしては厳しい 現環境では高攻撃力のモンスターが好まれる傾向があります。 三位一体やコロシアムでは攻撃力が高くないと、 クリアに時間がかかってしまいます。 やが人気がある環境です。 そのため、4倍にも満たない青ソニアの攻撃倍率では、クリアできたとしても時間がかかってしまいます。 マルチプレイでリーダー起用するのはオススメしません。 スポンサーリンク サブとしての使い道 HPタンクとして使おう 青ソニアは、分岐青ソニアと比較すると、覚醒スキルがバラバラで使いにくいモンスターです。 しかし、 HPの高さでは優っているため、パーティーのHPタンクとして起用される事も多々あります。 分岐青ソニアは回復力が高いため、使い分けにはなりますが、青ソニアと言えば高HPの印象を持っている方も少なくないでしょう。 覚醒スキルでかなり差がついているため、HPが欲しい場合を除き、分岐青ソニアのほうがおすすめです。 アシストモンスターとしては優秀 アシストモンスターとして考えた場合、青ソニアは分岐青ソニアに勝る点があります。 HPが高い事による、アシストボーナスの高さです。 スキルは同じなので、アシストモンスターとしての性能はアシストボーナスの有無のみです。 水属性にアシストしないのであれば、どちらでも構いません。 しかし、水属性にアシストするのであれば、青ソニアがおすすめです。 おすすめの潜在覚醒スキル 潜在覚醒 コメント HP強化 高いHPをさらに高くする事ができます。 HPタンクとして高いHPを活かしましょう。 遅延耐性 スキルが優秀なので、使いたい時に使えるように遅延対策しておきましょう。 闇ダメージ軽減 高いHPと合わせて、先制攻撃対策に使えます。 高威力の先制攻撃は闇属性が多いため、非常に有用です。 アシスト スキル継承 のおすすめは? モンスター コメント 水、闇、回復の3色陣にHP回復もできます。 回復しながら敵を倒したい時などに使えます。 防御性能が高くなります。 水、闇、回復の3色陣に1ターンのヘイストがついてきます。 即時回復はできませんが、パーティーのスキル回転率をあげる役割を持てます。 チームのスキブ数によって倍率の変わるエンハンスです。 ボス戦での役割が陣役から、エンハンス役に変わります。 代わりの陣枠を用意しておきましょう。 覚醒スキルで、分岐青ソニアに大差をつけられてしまっているため、高いHPが欲しい場合のみ青ソニアを起用する事になるでしょう。 高回復力で、実装当時は耐久パなどのリーダーとして起用される事もありました。 今は火力のないリーダーはほとんど使えない環境なので、リーダー起用するのは難しいでしょう。

次の