豊胸 脂肪注入 費用。 韓国の脂肪吸引の値段は本当に安いのか?〜日本の相場と比較して分かったこと〜|Mods Clinic(モッズクリニック)スタッフの脂肪吸引ディスカッション

豊胸(脂肪移植)手術レポ!費用やカウンセリング比較、ダウンタイムまで公開

豊胸 脂肪注入 費用

施術名:脂肪注入豊胸のしこり除去 治療の概要:乳腺用エコーを用いて、しこりの状態を確認。 症状に応じて、ベイザー脂肪吸引や切開手術を行いこれを除去する。 また、この他にも予期しない症状が現れる可能性がありますので、術後異常を感じた際には速やかにご相談ください。 施術名:コンデンスリッチ豊胸 治療の概要:太もも、腹部などの皮下脂肪を採取し、そこから老化細胞や血液等の不純物を特許技術の遠心濾過で除去。 これをバストの皮下に注入する豊胸手術。 ベイザー脂肪吸引を併用することで、より美しいボディラインに仕上がる。 また、この他にも予期しない症状が現れる可能性がありますので、術後異常を感じた際には速やかにご相談ください。 脂肪注入豊胸しこり除去 施術名:脂肪注入豊胸のしこり除去 治療の概要:乳腺用エコーを用いて、しこりの状態を確認。 症状に応じて、ベイザー脂肪吸引や切開手術を行いこれを除去する。 また、この他にも予期しない症状が現れる可能性がありますので、術後異常を感じた際には速やかにご相談ください。 施術名:コンデンスリッチ豊胸 治療の概要:太もも、腹部などの皮下脂肪を採取し、そこから老化細胞や血液等の不純物を特許技術の遠心濾過で除去。 これをバストの皮下に注入する豊胸手術。 ベイザー脂肪吸引を併用することで、より美しいボディラインに仕上がる。 また、この他にも予期しない症状が現れる可能性がありますので、術後異常を感じた際には速やかにご相談ください。 脂肪注入豊胸後の石灰化したしこり• 脂肪注入豊胸後の瘢痕化したしこり THE CLINIC が選ばれている理由 豊胸の 技術指導クリニック 当院はCRF協会から国内ドクターへの技術指導を任されています。 豊胸と同時にインプラントの除去についても指導中です。 他院の豊胸の 失敗修正も多数経験 豊胸手術は受けても、難易度が高い失敗修正手術は受けないクリニックもありますが、当院は積極的に行っています。 乳腺用の 高性能エコーを全院に導入 当院が使用するのは大学病院でも採用されている「エラストグラフィ」。 乳がんの検査にも使われている乳腺用エコーです。 豊胸トラブルの治療法を 学会で発表 当院はこれまでに手掛けてきた豊胸トラブルの解決事例から得た知見を多くの学会で発表し、業界をリードしてきました。 5を下回ると「痩せ型」とされる。 脂肪注入豊胸のリスク 当院には「バストに触るとしこりが分かる」「脂肪を採取したところがデコボコになった」など、豊胸脂肪注入の失敗によるお悩みが多数寄せられています。 豊胸脂肪注入において、脂肪吸引・注入ともに成否を大きく分けるのはドクターの手技。 脂肪吸引では、残すべき脂肪を見極めるデザイン力が必要です。 それらを無視した無計画で強引な脂肪吸引は、デコボコや垂れなどの失敗を招きます。 また脂肪注入では、塊で注入しない技術や、注入量の見極めが重要。 ただ単に大量の脂肪を注入したのではしこりになってしまいます。 THE CLINIC の脂肪注入しこり除去とは? 10年ほど前の美容外科業界では、豊胸脂肪注入でできたしこりの治療方法が確立されていませんでした。 そこから治療法を考え出し、数多くの症例を手掛けてきたTHE CLINIC。 経験から得た知識や技術で、最適な対処法を判断、実行することが可能です。 曖昧な診断や手探りの施術ではなく、的確なアドバイスと治療を常に意識しています。 エコーでしこりを正確に診断 脂肪注入豊胸に限りませんが、豊胸手術後のバストの診察ではエコーが必須と言えます。 触診だけでは しこりの数や大きさ、位置を知ることはもちろんですが、治療法の判断基準となる しこりの状態を正確に知ることができないからです。 そのため、THE CLINIC ではデジタル乳腺用エコー「エラストグラフィ」を全院に導入。 的確な診断を元に、治療プランをご提案しています。 炎症などによって被膜が厚く線維化(瘢痕化:はんこんか)したしこりは通常、範囲を見分けるのが非常に困難です。 しかし、当院には、神奈川県立がんセンターの乳腺内分泌外科で医長を務めた経験を持つドクター千葉が在籍。 彼が全てのドクターにエコー鑑別のスキルを共有しています。 しこりを視覚化して丁寧に除去 脂肪注入豊胸やヒアルロン酸豊胸のしこりは、的確にアプローチしてこそ除去することができます。 触診だけでの曖昧な見当で治療を行うクリニックもあるようですが、海外では 「暗闇での手術」と言われ、とても危険視されている行為です。 その点、THE CLINIC では必ず エコーを併用。 実際にしこりを目視しながら注射器や吸引管をピンポイントに挿入、除去できます。 最短ルートのアプローチなので、体へのダメージを抑えることができる点もメリットです。 当院では、ただしこりを除去するだけでなく、仕上がりの美しさも重視します。 切開が必要な手術でも、可能な限り目立ちにくい乳輪外周や脇の下を選択し、かつ丁寧に縫合します。 THE CLINIC のこだわり THE CLINIC の豊胸脂肪注入のしこり治療では、適切な治療の提案・難易度の高い症例への対応・ゲストへの負担を軽減する麻酔の推奨の3点に注力しています。 効果的な治療法を追究 美容外科業界で適切なしこりへの対処法が確立されていない中、当院は神奈川県立がんセンターの乳腺内分泌外科で医長を務めた経験を持つドクター千葉を中心に、低負担で効果的なしこりの除去方法を考え、実践してきました。 ノウハウを広く共有すべく、日本美容外科学会でも実際の症例をもとに発表。 様々なしこりに対処することが可能です。 難易度の高い症例も積極的に対応 豊胸脂肪注入のしこりは状態によって治療法が異なるため、簡単に除去できない高難易度の症例も少なくありません。 なかには、脂肪注入豊胸を受けたクリニックで治療を断られたというゲストも。 そんなケースも当院は積極的にお引き受けし、経験を蓄積してきました。 安全管理を徹底したリラックス麻酔 しこりの数や状態にもよりますが、THE CLINIC では静脈麻酔を推奨しています。 眠った状態になるので自分で呼吸ができますし、恐怖や不安を感じることなく手術が受けられます。 また、持続注入器で適正量の麻酔を継続して導入できるため、手術中に麻酔が切れるようなこともありません。 安全管理については、日頃から麻酔科専門医がスタッフを指導し、万全の態勢をとっています。 実際にあったトラブル例 しこり 硬さの原因と思われるしこりの除去が効果的と考えます。 胸が硬くなった原因として考えられるのは、注入した脂肪が壊死してしこりとなり、バスト内に散在していることです。 この場合、胸を柔らかくするにはしこりの除去が必要になります。 まずはエコーを使った検査が必要です。 しこりと言ってもさまざまな種類があるため、簡単に吸引可能なものか、切開しないと取れない状態のものかの判別を行います。 しこりの状態を診察させていただければ、具体的なアドバイスができると思いますので、まずは一度カウンセリングへお越しください。 当院ではカウンセリング時にエコー検査をすることが可能です。 しこりを除去することで、胸がしぼんだりしませんか? 4種類のお支払い方法をご用意しております。 併用していただくことも可能です。 デビットカード (ご利用可能金額は50万円まで)• 身分証明書(下記、いずれかをご用意ください)• 運転免許証・パスポート・健康保険証のいずれか1点• 金融機関発行のクレジットカード、またはキャッシュカードのいずれか2点• 銀行通帳(郵便口座可)• 銀行届出印鑑 施術概要 処置時間 しこりの数や大きさ、治療法によって異なります 麻酔 意識を保ったままの低負担な局所麻酔と、眠った状態でリラックスできる静脈麻酔をご用意。 治療法にもよるので、その方に最適な方法を選択します。 傷跡 【穿刺除去】 針孔(針の刺し傷)がつきますが、1ヵ月ほどで消えてなくなります。 【ベイザーリポ】 脇の下など、目立たない場所に4mmほどの傷ができますが、時間とともに薄くなっていきます。 【切開手術】 乳輪に沿って3cm程度の傷跡が残りますが、ほとんど目立たなくなるのでご安心ください。 ダウンタイム 【穿刺除去】 ほぼありませんが、時に内出血がでることがあります。 【ベイザーリポ】 筋肉痛に似た痛みが1週間、腫れや内出血は2週間程度で気にならなくなります。 【切開手術】 痛みが1週間ほど、腫れや多少の硬さは1〜3ヵ月ほどで気にならなくなります。 シャワー 【穿刺除去】当日から可能です。 【ベイザーリポ/切開手術】3日目から可能です。 入浴 【穿刺除去】翌日から可能です。 【ベイザーリポ/切開手術】抜糸後(1週間後)から可能です。 治療の概要 乳腺用エコーを用いて、しこりの状態を確認。 症状に応じて、ベイザー脂肪吸引や切開手術を行いこれを除去する。 副作用 リスク 疼痛、腫れ、内出血など。

次の

脂肪注入豊胸の効果とリスクは?術前に知っておくべき全知識

豊胸 脂肪注入 費用

豊胸手術の費用はどれくらい?豊胸手術の種類別で比較しました! 豊胸手術は、胸が小さかったり胸の左右の大きさが違ったりとバストに関するコンプレックスの解消に有効な方法ですが、メリットだけではなくデメリットもありますので、その点も踏まえて豊胸手術を受けることを決断することが大切です。 豊胸手術はあくまでも整形手術なので、料金が安いから、などという安易な考えで美容整形外科を選んではいけません! これから豊胸手術をしようと思っている人は、「 どの美容整形外科でどの種類の豊胸手術を行うか」を情報収集をしつつきちんと考えて決めることが大事です。 美容整形外科を決める際は、費用だけでなく、『実績』や『口コミ・評判』『アフターケア』などについて調べ、カウンセリング時のスタッフや医師の対応も含めて本当にそこで良いかどうかを判断し、決定するようにしてください。 費用の目安 300,000円~ 痛み 筋肉痛のような痛みが数日程度続く ダウンタイム 1週間程度医療用テープで保護する必要あり 余分な脂肪を吸引してその脂肪を胸に注入する 脂肪注入法は基本的に自分の体のどこからでも気になる脂肪を取って、胸に注入することができるので、バストアップと同時にシェイプアップもできちゃうのが脂肪注入法のメリットです。 脂肪注入法では、局部麻酔をしながら太ももやお尻等、脂肪の多い部位から特殊な機械で脂肪を吸引して、水や老廃物などの不純物を取り除いた後に、その脂肪を注射器で胸に注入します。 術後には、脂肪吸引した部位で腫れや痛みを感じることが多く、その腫れや痛みは最長で2週間続くこともあります。 また、抜糸や経過観察等の必要があるため、術後も何回か通院をしなければならないことがデメリットとして挙げられます。 脂肪注入法では、バストアップの持続期間はやや長期となります。 豊胸手術の種類と値段の相場は? 豊胸手術にはヒアルロン酸注入、脂肪注入法、シリコンバッグ挿入と大きく分けて3種類あるということが分かりました。 テレビ番組などの影響で最もよく知られているのは、生理食塩水やシリコンなどでできた豊胸バッグを胸に挿入する方法です。 シリコンバッグ挿入はパッグの種類によって費用が異なること、一度バッグを挿入すれば半永久的に効果があることが大きな特徴です。 しかし、脇の下を大きく切るので術後に痛みが続いたり、挿入したバッグが破損してしまう可能性があったりとデメリットが目立ちます。 その一方でヒアルロン酸注入は、施術時間が短いこと、自分の希望に合わせて自由なバストのデザインができることなどが特徴として挙げられます。 小さな傷跡しか残らず、バストの状態を見てヒアルロン酸の量の加減をしながら手術を行うので、シリコンバッグ挿入より自然な仕上がりで無理なくバストアップすることができます。

次の

費用は安い方が良い?豊胸手術の料金はどれだけかかる?

豊胸 脂肪注入 費用

ふっくらとした張りのあるバストは女性の憧れですよね。 そこで、確実なバストアップの方法として豊胸手術をお考えの方もいるのではないでしょうか。 しかし、心配なことの1つとして、手術費用のことがあると思います。 現在、豊胸手術は主に、ヒアルロン酸・脂肪注入・シリコンバッグの3種類です。 今回はその3種類の手術の費用のそれぞれの相場をお教えいたします。 豊胸手術は高額ですので、後悔することがないように、あらかじめ手術の内容と費用を踏まえて検討する必要があります。 思わぬ高額な料金を払わぬように、また安いクリニックはどうして安いのか、などを知る事により判断材料が増えます。 豊胸手術を考えている方は是非この記事を呼んでお役に立ててください。 1-1.ヒアルロン酸注入豊胸(1カップアップまで) ヒアルロン酸1㏄当り3,000円~4,000円が相場です。 100㏄が1カップの目安ですので、片胸に50㏄(0. 5カップup)ずつ入れた場合、合計100㏄で30~40万円になります。 100㏄(1カップup)ずつだと合計で200㏄なので60万~80万円です。 ヒアルロン酸は原価がかかるので、それほど安くなっていきません。 メリット• 手軽で30分で手術が終わる• 手術後の痛みや腫れ、内出血が少ないので翌日からデスクワークであれば可能• 傷はほとんど分らなくなる デメリット• 1年ほどで吸収してなくなってしまう• コストパフォーマンスが悪い• 胸を触った感じが少し硬い• ヒアルロン酸が溶けずにしこりになることがある 向いている人• 手軽にバストアップしたい方• 1カップ未満のバストアップを考えている方• 休みが取れない方• 一時的なバストアップを考えている方 ヒアルロン酸豊胸についてより詳しくご覧になりたい方は「」をお読みください。 1-2.脂肪注入豊胸(0. 5~1. 5カップアップが目安) 脂肪注入豊胸はお胸へ注入する脂肪の処理の方法などで、手術の呼び名が変わってきます。 値段は大手美容クリニックを中心に19クリニックから調べています。 ・脂肪注入豊胸 遠心分離法が多いが、クリニックによって脂肪の処理が異なる。 平均560,889円 安値340,000円 高値950,000円 ・コンデンスリッチ法 遠心分離法とほぼ同じですが、脂肪を清潔に扱うことが出来ます 平均1,096,298円 安値880,000円 高値1,200,000円 ・ピュアグラフト法 脂肪を特殊なフィルターにかけて洗浄する方法です。 メリットは脂肪を清潔に扱える点です。 平均786,875円 安値580,000円 高値950,000円 ・セリューション法(CAL法) かなり特殊な方法です。 簡単に言ってしまえば幹細胞と呼ばれるものを多くして、定着に有利な脂肪を作ります。 詳しくは下記リンクよりお読みください。 平均1,413,750円 安値1,100,000円 高値1,420,000円 それぞれの手術法をより詳しく知りたい方は「」をお読み頂くとより理解が深まり、どの方法が良いか選択しやすくなります。 コンデンスリッチ法は通常の遠心分離法と大差なく、値段も高すぎるので現在では選択する意味はないでしょう。 また、ベイザー併用脂肪注入と言うものも意味があると言う結果が出ていませんので、あえて追加料金を払って行う意味はありません。 脂肪注入法による豊胸のメリット、デメリットです。 メリット• 柔らかい胸に仕上がる• 脂肪を取った部位が細くなる• 傷は1㎝以下と小さい デメリット• 手術後にお休みが最低でも2日は必要。 出来れば4-5日。 脂肪が一部吸収されるため、大きさの正確な予測が出来ない• 脂肪が溶けてしこりになる事がある 向いている人• 柔らかさ重視の方• 大きさにそこまでこだわらない方• 吸引する脂肪が付いている方 1-3.シリコンバッグ豊胸(1~3カップアップ、4カップ以上は医師の診断による) シリコンバッグにも種類がありますが、日本のクリニックで取り扱われているものであればあまり気にしなくてもいいと思います。 担当の医師としっかり相談してバッグの種類を決めるのが重要です。 大手美容クリニックや有名クリニック10施設、20種類のシリコンバッグの値段を集計しました。 最安値は226,850円で、最高値は1,200,000円、平均は687,247円でした。 シリコンバッグの種類が多くあり、値段が安すぎるクリニックでは、安い値段表示で集客し、来院後に高いバッグを勧めると言うところもあります。 カウンセリングに行かれる際の参考にしてください。 また、何が一番いいとは言えませんが、新しいものが良いものとは限りません。 使ってみるとトラブルが多く起こったなんて事もあります。 少し古くても実績あるものの方が安心できます。 メリット• 確実に希望の大きさにできる• トラブルがあっても一塊で取り出せる デメリット• 少し硬い• 手術後の痛みが強く、お休みが最低3日は必要。 出来れば1週間。 向いている人• 確実な大きさが欲しい方• 5カップ以上のバストアップを1回の手術で希望する方• 脂肪注入豊胸も考えているが、吸引する脂肪がない方 シリコンバッグ豊胸についてより詳しく知りたい方は「」をお読みください。 2-1.安い値段で集客して、営業をかける 安い値段で集客し、来院した方に高い方法を勧める営業を行うクリニックがあります。 例えば、脂肪注入豊胸でもA、B、Cと言う3つの手術が用意されている場合があります。 A手術:脂肪の定着が50%、0. 5カップアップ、しこりのリスク15%、15万円• B手術:脂肪の定着が70%、1カップアップ、しこりのリスクが10%、40万円• C手術:脂肪の定着が90%、2カップアップ、しこりのリスクが0%、60万円 A手術が安くて、良いと思って行っても、「どうせやるならいい方法で」など勧誘されてBやCの手術に誘導されるパターンが多くあります。 豊胸に限らず、同じ手術なのに値段の違いで多数の方法を用意している場合は要注意です。 ほとんどの場合、営業されます。 実際には手術法によってそこまでの差が出ませんし、しこりのリスクは大きくは注入する手技によります。 2-2.オプション費用が別途必要なために一見安く見える 一見安く見えても、オプション費用を入れると他のクリニックより高くなることがあります。 事前に電話でオプションにいくらかかるのか聞きましょう。 解説した料金には麻酔代金や血液検査代金、固定などの必要物品が含まれていません。 これらのオプション料金を含んで提示しているクリニックは少ないです。 ヒアルロン酸豊胸:2-3万円• 脂肪注入豊胸:5-10万円• シリコンバッグ豊胸:5-10万円 麻酔代金、検査代金、必要物品で上記くらいはみておきましょう。 また、シリコンバッグ豊胸で使用される「ケラーファンネル」と言うものがあります。 シリコンバッグを挿入するときに傷への負担を減らしてくれるなどの優れものです。 シリコンバッグ豊胸の際はぜひ使用したいですが、オプションとなっているクリニックがほとんどです。 ケラーファンネルも3-4万円かかってきます。 4.クリニック・ドクターの選び方 ・ヒアルロン酸豊胸 ドクターの技術では、結果にほとんど差が出ません。 美容外科を始めたばかりのドクターでなければ問題ありません。 もちろん症例数、経験が豊富な方が良いでしょう。 脂肪注入やシリコンバッグ豊胸の経験もある方が好ましいです。 使用するヒアルロン酸の種類として有名なものは「VRF」や「ハイアコープ」と言うものが有名です。 韓国製品などで、値段の安いものもあります。 「VRF」や「ハイアコープ」の方が製品として確立しているのでお勧めです。 ・脂肪注入豊胸 脂肪吸引の技術と脂肪を丁寧に迅速に注入する技術が必要な手術です。 脂肪の定着率を上げてしこりを防止するには、とにかく脂肪を細かく丁寧に注入する事が大事な手術です。 脂肪注入豊胸で有名なドクターでも丁寧な手術を行っておらず、合併症の多いドクターもいます。 カウンセリングでしっかり丁寧に説明してくれる、誠実なドクターを選ぶのがいいでしょう。 また、シリコンバッグ豊胸の経験も豊富なドクターの方が解剖(かいぼう)も分っていて安心です。 丁寧にしっかり施術してくれるドクターであれば値段は気にしなくて大丈夫ですし、コンデンスリッチ法などのほとんどメリットのない方法を選んで高いお金を払う必要もありません。 ベイザー併用と言う不必要なオプションを付ける必要もありません。 ・シリコンバッグ豊胸 美容外科手術の中でも大きめの手術になります。 特に経験豊富なドクターを選びましょう。 出来れば修正手術も出来るドクターが良いです。 シリコンバッグの種類で値段設定を行っているクリニックがあります。 シリコンバッグの種類によって触り心地にほとんど差は出ません。 と言うのも、触り心地の差は被膜(ひまく)の出来具合で変わって来るからです。 高いシリコンバッグを選ぶ必要性は低いです。 被膜について、詳しく知りたい方は「」をお読みください。

次の