世田谷 区 選挙。 【選挙ウォッチャー】 世田谷区議選2019・分析レポート。|チダイズム|note

世田谷区長選、保坂氏が3選…前区議会議長破る : 統一地方選2019 : 地方選 : 選挙・世論調査 : 読売新聞オンライン

世田谷 区 選挙

そして、50名の当選者の党派別構成は以下の通り。 続いて、政党別の結果を振り返るが、その前に今回の確定投票率を確認いただきたい。 有権者数が増加しているのは、選挙権が18・19歳に広がったことと、世田谷区の人口増のためであり、有権者数は36,249人増え744,432人となった。 当日投票は微減(-288人)だが、期日前投票が1万人ほど増えている。 また、地方選では軒並み下がっている投票率だが、世田谷区議選では0. この、投票率の数字が立候補者の運命を定める結果につながることになる。 【自由民主党】 まずは自民党。 選挙前は17議席を獲得しており、今回の選挙は19名が立候補したが当選者は13名で、6名が落選となった。 当選者のトップは3位当選の「おぎのけんじ」、現職で2回目の挑戦だが前回の5555票を大きく上回り、8654票を得ることになった。 続いて、「阿久津 皇」「加藤 たいき」、唯一の女性候補「石川 ナオミ」と現職2回目挑戦の候補者が並ぶ。 続いて、新人の「宍戸 さぶろう」、ベテランの「まなべ よしゆき」「菅沼 つとむ」「和田 ひでとし」。 ちょうど中間の25位当選は「河野 としひろ」、ベテランの「下山 よしお」と「畠山 しんいち」が4200票台で並び、3000票台後半の「山口 ひろひさ」と「上島 よしもり」、合計13名が当選者となった。 一方、52位3380票で落選した新人の「くるめ しょうた」、53位3344票のこちらも新人の「武田 なおたけ」、この2名は前回の当選ラインを上回ってはいるが、今回の選挙の当選ラインが上がったことにより涙を呑む結果となった。 そして、現職で3回目のチャレンジだった「上山 なおのり」が3235票で56位だったことを考えると、自民党はこの3名が当落線上と読んでいたのかもしれない。 投票率低下を予想していたと考えられるが、逆に向上したことがこの3名の落選に影響していることは間違いない。 そして、2000票台に新人と現職、1000票台に新人がいるがこの3名については、的外れな選挙活動を行っている者もおり、そもそも当選には遠い候補だったと言わざるを得ない。 結果的には惨敗となった自民党、落選者の内容から考えると良くて16議席が限界であり、どちらにしても議席減は避けられなかっただろう。 少なくとも世田谷区においては自由民主党に対して逆風が吹いていると考えられる。 現職が落ちていることも考えると、世田谷区政に対する評価というよりは国政の影響を受けた形になったと言えるだろう。 【公明党】 続いて、9名全候補者が当選した公明党。 選挙前は10議席だったが、1議席減らして挑んだ今回の選挙、一歩間違えれば2名の候補が落選する可能性があった。 50位の当選者「津上 ひとし」は3667. 470票で、51番目の「すがや やすこ」とは31. 470票差であり、投票率がさらに上がっていた場合は落選していた可能性が高い。 46位「高橋 あきひこ」も3788票で、飲み込まれる危険性もあった。 しかし、選挙戦中盤から終盤にかけ公明党はこれまでに見たことがないほど必死の選挙戦を繰り広げており、その功を奏する結果となったとも言える。 公明党のトップ当選は27位4610票の「岡本のぶ子」、続いて31位4428票の「たかく 則男」、そして、36位から38位の4100票台で並ぶ「河村 みどり」「いたい ひとし」「佐藤 ひろと」、40位4053. 423票の「平塚 けいじ」、そこに上記の2名を加え9名全候補が当選している。 とはいえ選挙前に比べ議席数を減らし、自公で過半数割れとなった公明党。 そもそも、公明党の政策を考えれば自民党よりも他党の方が政策的には近いこともあり、今後世田谷区議会でどのような行動を見せるか注視したい。 【立憲民主党】 現有議席倍増を狙い8名を立候補させた立憲民主党、トップ当選は5位7590票を獲得した新人の「中山 みずほ」、続いて6位7140票を獲得した現職の「中塚 さちよ」。 立憲民主党自体に風が吹いていたが、この2名についてはその風に加え、地道な地域活動の上多くの仲間に支えられ選挙戦を盛り上げた中山と、某区議による中傷ビラに対する同情を超えた怒りに近い後押しをウケた中塚、それぞれが大きな風を受けていたことも大きい。 4期目で実績豊かな「風間 ゆたか」が12位6076票で当選。 3度目の挑戦となった「いそだ 久美子」は18位5500票、三度目の正直を果たすことになった。 24位4756票を獲得した4期目の「中村コータロー」、41位には4037票で3期目の「藤井 まな」と、女性候補そして現職候補はしっかりと立憲に吹く風を受ける結果となった。 一方で、落選となったのは共に新人で最年長候補54位3277票の「森 たいせい」と最年少候補58位3089票の「木村 ユースケ」。 立憲に吹く風をうまく受け止めることができなかったが、やはり8名の立候補者を当選させるほどの勢いでは無く、7名なら全員当選の可能性は十分あっただろう。 とはいえ選挙前の4議席から6議席に躍進した立憲民主党。 ベテランの現職と勢いのある新人、しかも男女比が一対一という構成となっており、また他党が議席を減らしていることもあり議会内のでのポジションは高まっており、多いに期待したい。 【日本共産党】 選挙前5議席から2減らし3議席となった共産党。 20位5320票の「江口 じゅん子」、39位4115票の「たかじょう 訓子」、49位3719票の「中里 光夫」の3名が当選しているが、それぞれが前回選挙に比べ1000票近く減らしており、共産党に対する勢いが感じられない。 前回は5000票台で当選していた「桜井 みのる」が57位3150票で落選、新人二人も届かず苦しい結果となった。 議席増は難しいが、現行議席は確保、悪くても1議席減と予想していただけにこちらも惨敗と言わざるを得ないだろう。 今後の国政小選挙区において独自候補を擁立するのは、極めて厳しいと考えられる。 【世田谷・生活者ネットワーク】 選挙前2議席から1議席増で3議席となった世田谷・生活者ネットワーク。 29位4495票の「高岡 じゅん子」と32位4350. 180票の「田中 みち子」の現職二人は安定の当選。 新人の「金井 えり子」は48位3767票と僅差で議席を勝ち取った。 共産党と並ぶ議席数でその存在感を増したと言えるだろう。 生活者目線の政策で、世田谷区議会を身近な存在に導いてもらいたい。 【社会民主党】 社民党は1議席増で2議席確保、国政などで党勢が弱まる一方だったが、保坂区長が社民党出身であることもありしっかりと議席を確保した。 14位5772. 585票の「桜井 純子」と16位5514. 576票の「羽田 圭二」。 桜井は1期ぶりに返り咲き、羽田と共にベテランの組み合わせとなった。 選挙前は立憲民主党と区議団を組んでいたが、自公が過半数割れとなっている選挙後の区議会ではどのような方針で挑むか注目したい。 【都民ファーストの会】 都民ファーストの会としては1議席を維持、現職最年少の「そのべせいや」が10位6143票を獲得し上位当選を果たした。 国政のあおりを受け一方的なイメージがついてしまった都民ファーストの会だが、区議会最年少またIT会社出身の経験を活かし他の区議とはひと味違う政策を進め実績も十分、さらには自ら保育士の資格を取得し現役の保育士としても働くそのべは、世田谷区議会の中でも存在感が高い。 2期目の活躍に期待したい。 【日本維新の会】 大阪でのダブル選などで再び勢いを増している大阪維新の会、一方の日本維新の会は東京ではなかなか存在感を感じることができなかったが、今回の世田谷区議選では11位6139票で新人の「ひえしま 進」が当選し議席を確保した。 2017年の東京都議会議員選挙では10524票で落選していたひえしま、政党のバックアップがあるとは言え、十分な体制とは言えない中しっかりと選挙戦を戦い上位当選。 議席確保は難しいと考えていたが、予想を覆す結果となった。 新人だが国会議員の秘書経験もあり、世田谷区議会に新しい風を吹かしてくれることを期待したい。 【世田谷行革110番】 今回で9期目となる世田谷区議会のチャレンジも、26位4667票の得票を獲得し安定の当選を果たした「おおば 正明」。 世田谷区議会ではベテラン中のベテラン、引き続き世田谷区におけるムダ使いを厳しくチェックしてもらいたい。 【NHKから国民を守る党】 3780票を得て47位と当選を果たした「くりはら 博之」。 街頭演説を聴いても、選挙公報を見ても話題はNHKに関することばかりで、肝心の世田谷区議会で何をなし得ようとしているのかはさっぱりわからない。 そして、この候補者に3780もの票が集まってしまったことが不安でならない。 今後4年間にわたる世田谷区議会での振る舞いを厳しくチェックしたい。 【国民民主党】 2人の新人を擁立して挑んだ国民民主党だが、66位1396. 809票「宮川 みか」、69位1030票「斉藤 しげひと」と、2人の得票を足しても当選ラインを大きく下回るという、文字通りの惨敗という結果となった。 投票者数に対する得票率は0. 【無所属】 最後に無所属の候補者について、今回の選挙では3議席増え10議席となった。 トップ当選の「ひうち 優子」は9972. 635票、2位は9740票で「上川 あや」となり、当選ラインのダブルスコア超えでこの2人の優位は全く揺るがなかった。 それぞれ区議会でもしっかりとした仕事ぶりを見せており、今期も期待ができる。 4位8276票で「あべ 力也」、他の議員のチェックに余念がなさそうなので、いち区民として彼の働きぶりを注視したい。 7位は6690票で「桃野 よしふみ」が前回を大きく上回る得票を集めた。 区政におけるムダや、区長に対する厳しい姿勢は、区民にとって心強くそれが今回の票数に現れている。 15位5726. 183票の「田中 優子」も桃野と同じ会派を組み、区政や区長に対し厳しいチェックと確かな政策が評価されている。 今期も2人の働きに期待ができるだろう。 22位4934. 765票「佐藤 美樹」、28位4572票「小泉 たま子」の現職に続き、30位に4491票で2回目の挑戦となる新人の「つるみ けんご」が入った。 正直ノーマークだったが、前回選挙では2787票を獲得しており、また昨年4月から地道に政治活動を再始動しており、その努力が実った形となったようだ。 32歳と若く、無所属の立場を貫いていることから、世田谷区議会ではニュートラルな立場で活躍が期待される。 35位4177票の「青空 こうじ」は漫才師としての知名度に加え、4期務めた実績もあり安定の当選。 そして、42位4027票を得て初当選をした「神尾 りさ」もノーマークだった無所属候補の一人だ。 世田谷生まれながら大学卒業後は渡米、豊富な海外経験をぜひ世田谷区政に活かしてもらいたい。 以上、10名が無所属で議席を得た候補者となる。 落選した候補者の中で最も残念だったのは、51位3636票を獲得していたが惜しくも31. 470票差で議席を逃した「すがややすこ」だろう。 3期の実績があり、今回も議席を確保すると思われていたが涙をのむ結果となった。 また、2回目の挑戦となった「石川 くみ子(59位2937. 321票)」や「野村 るり(63位1893票)」「陣内 ひでふみ(67位1122票)」といった保坂区長の応援を受けていた無所属候補が軒並み落選する結果となった。 ちなみに、同じく応援を受けていた社民候補や立憲民主の候補は当選していることから、無所属という立場の難しさを感じる結果となった。 【世田谷区議会選挙を振り返り】 有権者の増加と投票率の向上に伴い、予想通り当選ラインが上がったことにより、番狂わせが起きたと言える世田谷区議会議員選挙。 自公で5議席減らし過半数割れとなったことは、新しい世田谷区議会を有権者が求めた結果に他ならない。 レポート中にも記載したが、公明党の動きが今後の世田谷区議会における鍵を握っていると思われる。 自民党と公明党で22議席、過半数超えを目指すためには4議席が必要となる。 可能性的には維新の1議席、そして無所属の3議席と組むことで数字上は可能だが、果たしてそう簡単に物事が進むかは不明だ。 世田谷区議会から変化が生まれ、それが他地域や国政に影響を与える可能性は十分あると考えられる。 そんな、新たな世田谷区政を感じられる選挙結果となった。 最後に、今回も激しい選挙戦を戦った75名の候補者とそれを支えた支持者とスタッフ、選挙管理委員会を初めとした世田谷区職員、そして何よりも投票所に足を運び自らの意思を表明した有権者の皆様に感謝したい。

次の

東京都・選挙のアルバイト・バイト求人情報|【タウンワーク】でバイトやパートのお仕事探し

世田谷 区 選挙

任期満了に伴う東京都・ 世田谷区議会議員選挙が2019年4月21日に施行され、投開票の結果が即日開票によって判明します。 この記事では、世田谷区議会議員選挙(世田谷区議選)の結果を2019年の開票速報としてまとめ、 立候補者一覧で得票数・投票率・当選者・落選者・定数等の開票結果をお知らせしています。 また、投開票の結果に至る立候補者の選挙情勢も掲載しています。 投票に臨んでは、投票所入場券による 期日前投票と投票日の日時・場所の確認が重要です。 世田谷区議会議員選挙の結果について、過去の資料を参照したい方は、目次『世田谷区議会議員選挙の開票結果と参考リンク先』をご覧下さい。 「世田谷区議会議員選挙2019」の投開票結果の詳細は以下『目次』の【世田谷区議会議員選挙2019 投開票結果と立候補者の一覧名簿】でお知らせしています。 世田谷区議会議員選挙2019 投開票結果と立候補者の一覧名簿 2019年4月21日が投票日の世田谷区議会議員選挙の「全立候補者一覧名簿」は以下のとおりです。 開票結果確定待機中。 世田谷区議会議員選挙の2019年の日程【告示日・期日前投票期間・投票日など】 2019年実施の 世田谷区議会議員選挙の日程として、告示日・期日前投票期間・投票日(選挙日)などを以下で確認します。 【告示日】 > 2019年4月14日• 【期日前投票期間】 > 2019年4月15日から4月20日• 【投票日及び開票日】 > 2019年4月21日• 【投票時間】 > 午前ーー時から午後ーー時。 【投票場所】 > 投票所入場券を確認します。 【開票場所・時間】 > 即日開票(ーー時よりーーにて)。 【有権者数(人)】 > ーー人(男:ーー・女:ーー) > 2019年ーー月ーー日現在。 【投票率(%)】 > 投票結果待機中。 【執行理由】 > 任期満了• 【定数/候補者数】 > ーー/ーー 対象行政区: 世田谷区議会議員選挙2019 選挙の情勢と立候補者 2019年に実施される世田谷区議会議員選挙の立候補者数が判明するのは、告示届出以降となります。 肝心の議席定数についても、現時点では定かではない状況です。 つまり、期日前投票に臨む時期に至って初めて、当選者数や落選者数も判明するに至ります。 そこで、世田谷区議会議員選挙2019の選挙の情勢を推測する上で、、前回2015年と前々回2011年の投開票の結果を参考にしてみましょう。 前回・2015年の世田谷区議会議員選挙における定数は50人で立候補者数は82人、有権者数は708182人で、投票率42. 84%という結果でした。 そして、前々回・2011年の選挙では、定数50人に立候補者数82人で、有権者数690738人の中、投票率は41. 78%をマークするという結果でした。 これらのさらなる詳細は、以降に記載の選挙結果一覧表(名簿一覧)でご確認下さい。 世田谷区議会議員選挙2015の開票結果(名簿一覧) 前回2015年実施の世田谷区議会議員選挙の開票結果(当選者・落選者一覧)は以下のとおりです。 714 阿部 力也 52 男 無所属 現 あべ りきや 8 当 5836 羽田 圭二 60 男 社民 元 はねだ けいじ 9 当 5798 大庭 正明 58 男 世田谷行革110番 現 おおば まさあき 10 当 5729 管沼 勉 68 男 自民 現 すがぬま つとむ 11 当 5555 荻野 健司 40 男 自民 新 おぎの けんじ 12 当 5539 宍戸 教男 65 男 自民 現 ししど のりお 13 当 5470. 829 佐藤 美樹 44 女 無所属 現 さとう みき 14 当 5416 村田 義則 63 男 共産 現 むらた よしのり 15 当 5182 風間 穣 42 男 民主 現 かざま ゆたか 16 当 5126. 883 桜井 稔 56 男 共産 現 さくらい みのる 17 当 5104 高城 訓子 50 女 共産 新 たかじょう くにこ 18 当 5040 薗部 誠弥 25 男 維新 新 そのべ せいや 19 当 4846 河野 俊弘 30 男 自民 新 こうの としひろ 20 当 4822. 895 田中 優子 55 女 無所属 現 たなか ゆうこ 21 当 4572 三井 美穂子 52 女 自民 現 みつい みほこ 22 当 4507. 006 石川 直美 44 女 自民 新 いしかわ なおみ 23 当 4505 山口 裕久 54 男 自民 現 やまぐち ひろひさ 24 当 4491 加藤 大毅 32 男 自民 新 かとう たいき 25 当 4371 上山 尚徳 36 男 自民 現 かみやま なおのり 26 当 4341 和田 秀寿 60 男 自民 現 わだ ひでとし 27 当 4228 小泉 珠子 71 女 無所属 現 こいずみ たまこ 28 当 4183 河村 みどり 54 女 公明 新 かわむら みどり 29 当 4057 上島 義盛 46 男 自民 現 かみしま よしもり 30 当 4049 中村 公太朗 35 男 民主 現 なかむら こーたろー 31 当 3897 藤井 真尚 34 男 民主 元 ふじい まな 32 当 3895 板井 斎 55 男 公明 現 いたい ひとし 33 当 3741 岡本 宣子 52 女 公明 現 おかもと のぶこ 34 当 3724 青空 こうじ 71 男 無所属 現 あおぞら こうじ 35 当 3703. 553 高橋 昭彦 54 男 公明 現 たかはし あきひこ 36 当 3656. 285 安部 弘幸 53 男 自民 現 あべ ひろゆき 37 当 3628 中塚 祥代 40 女 民主 現 なかつか さちよ 38 当 3614 高岡 潤子 55 女 世田谷・生活者ネットワーク 現 たかおか じゅんこ 39 当 3608 阿久津 皇 41 男 次世代 新 あくつ こう 40 当 3591. 17 佐藤 弘人 52 男 公明 現 さとう ひろと 41 当 3553 湯佐 吉宏 43 男 自民 新 ゆさ よしひろ 42 当 3530 津上 仁志 41 男 公明 現 つがみ ひとし 43 当 3511 菅谷 康子 40 女 無所属 元 すがや やすこ 44 当 3506. 104 田中 康子 48 女 世田谷・生活者ネットワーク 新 たなか みちこ 45 当 3502 高久 則男 52 男 公明 現 たかく のりお 46 当 3453 平塚 敬二 53 男 公明 現 ひらつか けいじ 47 当 3388 福田 妙美 47 女 公明 現 ふくだ たえみ 48 当 3374 桃野 芳文 43 男 無所属 現 ももの よしふみ 49 当 3351. 209 石川 征男 70 男 自民 現 いしかわ ゆきお 50 当 3333 諸星 養一 64 男 公明 現 もろほし よういち 51 3319 山内 彰 68 男 自民 現 やまのうち あきら 52 3291 磯田 久美子 49 女 民主 新 いそだ くみこ 53 3238 下山 芳男 63 男 自民 現 しもやま よしお 54 3155 伊藤 万季 47 女 世田谷・生活者ネットワーク 新 いとう まき 55 3077. 784 石川 公弥子 39 女 無所属 新 いしかわ くみこ 56 2970 照屋 里美 49 女 世田谷・生活者ネットワーク 現 てるや さとみ 57 2787 鶴見 健悟 28 男 無所属 新 つるみ けんご 58 2661 木村 祐介 28 男 民主 新 きむら ゆーすけ 59 2644. 284 山本 正記 46 男 維新 新 やまもと まさき 60 2637 唐沢 敏美 77 女 社民 現 からさわ としみ 61 2509 岡田 哲扶 48 男 無所属 新 おかだ てつお 62 2412 重政 明之 56 男 生活 元 しげまさ はるゆき 63 2385 植田 靖子 59 女 世田谷・生活者ネットワーク 現 うえだ やすこ 64 2104 斎藤 謙太郎 34 男 次世代 新 さいとう けんたろう 65 2036. 116 桜井 純子 51 女 無所属 現 さくらい じゅんこ 66 1993 坂井 宏爾 47 男 維新 新 さかい こうじ 67 1761 志茂 嘉樹 57 男 社民 新 しも よしき 68 1729 川上 和彦 56 男 無所属 元 かわかみ かずひこ 69 1390 岩井 祐樹 33 男 無所属 新 いわい ゆうき 70 1381 中田 崇志 35 男 無所属 新 なかた たかし 71 1253 末岡 雅之 56 男 無所属 現 すえおか まさゆき 72 1251. 566 高橋 咲 59 女 無所属 新 たかはし さき 73 1225 森 学 46 男 無所属 元 もり まなぶ 74 1056 黒木 実 67 男 無所属 新 くろき みのる 75 701 能登谷 誠明 69 男 無所属 新 のとや まさあき 76 682 天坂 晴美 39 女 無所属 新 あまさか はるみ 77 648 深谷 光得 50 男 無所属 新 ふかや みつとく 78 580 曽我 周作 36 男 幸福実現党 新 そが しゅうさく 79 551 佐野 史仁 49 男 無所属 新 さの ふみひと 80 453 村上 雅文 50 男 無所属 新 むらかみ まさふみ 81 441. 715 山本 昌義 41 男 無所属 新 やまもと まさよし 82 308. 世田谷区議会議員選挙2011の開票結果(名簿一覧) 前前回2011年の世田谷区議会議員選挙の開票結果(当選者・落選者一覧)は以下のとおりでした。 756 大場 康宣 63 男 自民 現 おおば やすのぶ 2 当 8411 樋内 優子 33 女 無所属 現 ひうち ゆうこ 3 当 7226 菅沼 勉 64 男 自民 現 すがぬま つとむ 4 当 7216 田中 優子 51 女 みんな 現 たなか ゆうこ 5 当 7161. 243 大庭 正明 54 男 世田谷行革110番 現 おおば まさあき 6 当 7099 上川 あや 43 女 無所属 現 かみかわ あや 7 当 7057 宍戸 教男 61 男 自民 現 ししど のりお 8 当 6116 風間 穣 38 男 民主 現 かざま ゆたか 9 当 5918. 911 佐藤 美樹 40 女 民主 新 さとう みき 10 当 5819 末岡 雅之 52 男 みんな 新 すえおか まさゆき 11 当 5194 畠山 晋一 39 男 自民 現 はたけやま しんいち 12 当 5134 上島 義盛 42 男 自民 現 かみしま よしもり 13 当 4478 小泉 珠子 67 女 無所属 現 こいずみ たまこ 14 当 4423. 067 阿部 力也 48 男 無所属 現 あべ りきや 15 当 4388 中里 光夫 46 男 共産 現 なかざと みつお 16 当 4376 小松 大祐 33 男 自民 新 こまつ だいすけ 17 当 4312. 051 板井 斎 51 男 公明 現 いたい ひとし 18 当 4306 山口 裕久 50 男 自民 現 やまぐち ひろひさ 19 当 4297 里吉 ゆみ 43 女 共産 現 さとよし ゆみ 20 当 4276 山内 彰 64 男 自民 現 やまのうち あきら 21 当 4268 青空 好児 67 男 無所属 現 あおぞら こうじ 22 当 4197 中村 公太朗 31 男 民主 現 なかむら こうたろう 23 当 4188 村田 義則 59 男 共産 現 むらた よしのり 24 当 4171 福田 妙美 43 女 公明 新 ふくだ たえみ 25 当 4137 杉田 光信 50 男 公明 現 すぎた みつのぶ 26 当 4125. 123 桜井 純子 47 女 世田谷・生活者ネットワーク 現 さくらい じゅんこ 27 当 4112 下山 芳男 59 男 自民 現 しもやま よしお 28 当 4071. 2 羽田 圭二 56 男 社民 現 はねだ けいじ 29 当 4068 平塚 敬二 49 男 公明 現 ひらつか けいじ 30 当 4050 岡本 宣子 48 女 公明 現 おかもと のぶこ 31 当 4017 高橋 昭彦 50 男 公明 現 たかはし あきひこ 32 当 3889. 948 津上 仁志 37 男 公明 新 つがみ ひとし 33 当 3849 石川 征男 66 男 自民 現 いしかわ ゆきお 34 当 3790 高久 則男 48 男 公明 現 たかく のりお 35 当 3646 諸星 養一 60 男 公明 現 もろほし よういち 36 当 3592 江口 順子 35 女 共産 新 えぐち じゅんこ 37 当 3452 高岡 潤子 51 女 世田谷・生活者ネットワーク 新 たかおか じゅんこ 38 当 3440 新川 勝二 69 男 自民 現 しんかわ かつじ 39 当 3411 上山 尚徳 32 男 自民 新 かみやま なおのり 40 当 3402 和田 秀寿 56 男 自民 新 わだ ひでとし 41 当 3392 三井 美穂子 48 女 自民 新 みつい みほこ 42 当 3380. 088 佐藤 弘人 48 男 公明 現 さとう ひろと 43 当 3342. 876 桜井 稔 52 男 共産 現 さくらい みのる 44 当 3306 唐沢 敏美 73 女 社民 現 からさわ としみ 45 当 3249 照屋 里美 45 女 世田谷・生活者ネットワーク 新 てるや さとみ 46 当 3201 中塚 祥代 36 女 民主 現 なかつか さちよ 47 当 3145 木下 泰之 57 男 無党派市民 現 きのした やすゆき 48 当 3028 桃野 芳文 39 男 みんな 新 ももの よしふみ 49 当 2936 植田 靖子 55 女 世田谷・生活者ネットワーク 新 うえだ やすこ 50 当 2894. 461 安部 弘幸 49 男 自民 新 あべ ひろゆき 51 2775 鈴木 昌二 59 男 自民 現 すずき しょうじ 52 2641 西村 准也 31 男 民主 現 にしむら じゅんや 53 2598 赤沢 雅彦 38 男 自民 元 あかざわ まさひこ 54 2585 下条 忠雄 75 男 無所属 元 しもじょう ただお 55 2581 磯田 久美子 45 女 民主 新 いそだ くみこ 56 2570. 47 上杉 裕之 47 男 民主 現 うえすぎ ひろゆき 57 2559 石綿 繁雄 58 男 みんな 新 いしわた しげお 58 2535 稲垣 雅由 45 男 無所属 現 いながき まさよし 59 2479 重政 明之 52 男 民主 現 しげまさ はるゆき 60 2434 天坂 晴美 35 女 自民 新 あまさか はるみ 61 2245 小野 裕次郎 39 男 民主 元 おの ゆうじろう 62 2234. 797 羽田 次郎 41 男 民主 新 はた じろう 63 2135 藤井 真尚 30 男 民主 現 ふじい まな 64 2070 阿久津 皇 37 男 日本創新党 新 あくつ こう 65 1987 湯佐 吉宏 39 男 無所属 新 ゆさ よしひろ 66 1849 原田 正幸 77 男 「まちづくり・自治権」 元 はらだ まさゆき 67 1819 稲田 隆司 54 男 民主 新 いなだ たかし 68 1786 小西 孝生 51 男 無所属 新 こにし たかお 69 1613 羽山 園子 45 女 民主 新 はやま そのこ 70 1528 尊田 京子 44 女 みんな 新 そんだ きょうこ 71 1352 森村 逸平 32 男 民主 新 もりむら いっぺい 72 1102. 824 小山 靖志 56 男 無所属 新 こやま やすし 73 1068 平林 智洋 34 男 民主 新 ひらばやし ともひろ 74 1036. 585 森 泰生 43 男 民主 新 もり たいせい 75 988 石井 薫 44 女 無所属 新 いしい かおる 76 968. 415 森 学 42 男 無所属 元 もり まなぶ 77 620 広部 雅子 56 女 無所属 新 ひろべ まさこ 78 497. 175 小山 日奈子 45 女 無所属 新 こやま ひなこ 79 395. 999 鈴木 裕子 59 女 無所属 新 すずき ゆうこ 80 391 山本 昌義 37 男 無所属 新 やまもと まさよし 81 214 鳥浜 百代 37 女 無所属 新 とりはま ももよ 82 169 松崎 安利 53 男 無所属 新 まつざき やすとし 世田谷区議会議員選挙2019の当開票の結果と開票数・投票率について 世田谷区議会議員選挙2019の結果については、開票の状況に従い開票結果速報として随時更新し、当選者・得票数・投票率などを掲載致します。 なお、世田谷区議会議員選挙2019の投開票の結果判明後に、当該選挙管内において注目の出来事や各党候補者の真新しい情報があれば、ここで追記していく方針です。 世田谷区議会議員選挙2019の選挙結果の向上と選挙日程の周知徹底 通常の任期満了に伴う世田谷区議会議員選挙は、世田谷区の市議会議員候補者全員が告示届出で立候補を完了した後、世田谷区民の投票による選挙を実施。 これによって新たな議員が選出されることになります。 また、議員の死去や辞職による定数割れのような任期満了によるものではない場合、定数を満たす人数の議員を立候補者の中から『補欠選挙』を実施して選出します。 なお、立候補者の人数が議席定数と同数となった時は、 世田谷区議会議員選挙では投票が行われることはなく、立候補した人が全員、世田谷区議会議員として当選扱いとなります。 2019年の世田谷区議会議員選挙の施行には、最終的な目的があります。 それは、言うまでもなく、その 選挙結果を明らかにすることです。 議会の議席定数を上まわる立候補者の中から誰が当選するか?つまり、定数までの順位に誰が出揃うか。 その当選結果こそが有権者の、そして投票した人の最大の関心事であることは言うまでもありません。 このような背景からするに、選挙における重要事項は必然的に選挙日程となってきます。 世田谷区議会議員選挙の結果を判明させる『投票日』はいつか?投票日前の期日前投票の期間はどうか?また、それらが行われる時間帯はどうなっているか?投票所(投票する場所)はどこか?という具体的な事項です。 このことから、 選挙日程の周知徹底こそは、世田谷区議会議員選挙の結果にとって必要不可欠のものと言えます。 また、世田谷区(世田谷区の選挙管理委員会)にあっては、選挙日程と共にその選挙に関係する必要な情報を市民に開示し提供することで、一人でも多くの有権者が投票出来るように促しています。 対象行政区: 以上、様々な角度から投票行為に関する周知徹底を行うことで、民意がより反映されて高い投票率の選挙になり、より良い世田谷区議会議員選挙の結果が得られるよう配慮をしています。 世田谷区議会議員選挙の開票結果の参考となるリンク先の紹介 以下では、世田谷区議会議員選挙の過去の結果を掲載するサイトについて述べています。 世田谷区議会議員選挙(区議選)における開票結果・速報を最速で掲載 ここでご紹介する世田谷区議会議員選挙の結果情報サイトでは、地方選挙が実施される都度、全国の1700になんなんとする地方自治体の選挙の速報や状況をリアルタイムで掲載しています。 そしてその掲載にあたっての最大の特色は、どこの選挙結果情報サイトよりも「早く正確な更新」を旨としていることです。 必然的に世田谷区議会議員選挙の結果についても最速となっています。 これに加えてさらに、世田谷区議会議員選挙に関連する記事・ニュースや告示日・投票日・定数といった選挙速報には欠かせない項目をもらさず正確に更新・掲載しています。 地方選挙における投票・開票の結果速報は、これを管轄する地方自治体(ここでは世田谷区)の選挙管理委員会が第一に発表・公表するわけですが、その情報が自治体の管理するホームページやネットメディアに掲載されるまでにかかる時間は、自治体によって様々です。 その情報をまず、いち早く取得する手段を持つかどうか。 それが、本当の世田谷区議会議員選挙の結果速報に課せられた使命と言えましょう。 東京都世田谷区の過去に実施した選挙結果一覧 世田谷区で行われた市内ローカル選挙の過去の実施結果を配信しています。 サイトでは、『候補者の情報から、選挙結果、得票数まで。 選挙に関する情報から自治体の情報などを網羅』としていますが、こちらのページでは、過去数回分の選挙にまで遡っての、世田谷区長選挙や世田谷区議会議員選挙の投票率と候補者について一覧にし、選挙結果としています。

次の

世田谷区議会議員 ひえしま進 公式サイト

世田谷 区 選挙

「政治」と聞くとイメージはあまり良くないかもしれません。 しかし、本来は「人間を幸福にするための技術」であり、「政治家」はそのための「道具」だと思います。 私の祖父は、信州の山奥で村会議員をしていました。 その姿はまさに「人に尽くす」人生そのもの。 顧みられない家族はときに迷惑に思いながらも、心の底では誇らしく思っていたものです。 これまでの区政は、特定の人のための政治でしかありませんでした。 私は長く会社員として生きてきたごく普通の生活者です。 組織もカネも人脈もありません。 私は祖父のように「区民に尽くす」政治家として生きる決意をしました。 政治を区民に取り戻すために、皆さん、ぜひ私と一緒に立ち上がってください。

次の