イデアの日。 Amazon

イデアインターナショナル|株配当と株主優待の権利確定日はいつ? (TYO:3140)

イデアの日

語源 [ ] 「イデア」というは「見る」というの「idein」に由来していて、もともとは「見られるもの」のこと、つまりものの「姿」や「形」を意味している。 プラトンの哲学 [ ] まず、の語彙体系について若干説明しておくと、ギリシア語では、見るideo系統のとしては、ideinとeidoがあった。 eido の過去形 eidon に由来する「eidos エイドス」という言葉のほうは「」とか「」という意味でごく普通に用いられる言葉であった。 プラトンにおいては、エイドスとイデアは使い分けられており、イデアに特殊な意味が与えられた。 プラトンは、イデアという言葉で、われわれのに見える形ではなく、言ってみれば「心の目」「魂の目」によって洞察される純粋な形、つまり「ものごとの真の姿」や「ものごとの原型」に言及する。 プラトンのいうイデアは的な図形の完全な姿がモデルともとれる。 プラトンにおけるイデアの理解は一定しているわけではなく、書かれた時期によって変遷が見られるという。 一般にプラトンのというと中期のそれを指していることが多い。 中期 [ ] 「徳とは何か?」という問いがある。 これについて「不知なる対象の探求は不可能だ」と説く立場(探求の説)もあるが、これに対してプラトンは「学習は想起(アナムネーシス)である」との想起説によって、このパラドックス説を斥ける。 想起説は、は不死だとする説と、の説と連関がある。 プラトンは次のように説明する。 我々の魂は、かつて天上の世界にいてイデアだけを見て暮らしていたのだが、その汚れのために地上の世界に追放され、肉体(ソーマ)という牢獄(セーマ)に押し込められてしまった。 そして、この地上へ降りる途中で、忘却(レテ)の河を渡ったため、以前は見ていたイデアをほとんど忘れてしまった。 だが、この世界でイデアの模像である個物を見ると、その忘れてしまっていたイデアをおぼろげながらに思い出す。 このように我々が眼を外界ではなく魂の内面へと向けなおし、かつて見ていたイデアを想起するとき、我々はものごとをその原型に即して、真に認識することになる。 つまり、真の認識とは「想起」(アナムネーシス)にほかならない、と言うのである。 想起説が導入されることでプラトンの哲学は、劇的な展開をとげ、強固なの立場となった。 この愛知者の魂の知の対象が「イデア」である。 イデアは、それぞれの存在が「何であるか」ということに比較して、「まさにそれであるところのそのもの」を意味する。 「」も参照 近世 [ ] イデアという語は、 idea, Idee であるが、近世においては、プラトンとは違った近世哲学独自のを与えられることになり、「アイディア」「イデー」と聞いて現代人がまず思い浮かべる用法が現れた。 文献 [ ]• 『哲学キーワード事典』• 岩波『哲学・思想事典』 出典 [ ]• 岩波『哲学・思想事典』• 『哲学 キーワード事典』p. 「イデア」や「エイドス」が哲学用語として固定化されたのは、以降のことで、プラトン自身は専門用語として統一的に使用しているわけではない(『世界百科事典』)、とも説明されている。 『哲学 キーワード事典』p. 『哲学 キーワード事典』p. 『哲学 キーワード事典』p. 『世界大百科事典』「イデア」 関連項目 [ ] に関連の辞書項目があります。

次の

イデアの日

イデアの日

『』では仕様書をもとにしたキャラクターデザインしかできなかった。 さらにありえないほどのによりゲーム史に残ると言われる始末。 そこへ「ゲームを作ってみないか」との天からの声が… これが「 理想」とするストーリー ギャグ含む や、システムのロールプレイングゲームを作り出すための愛と努力の結晶「 イデアの日」誕生の概要である。 キャラクターデザインが氏であることから、『』の続編、やゲーと思っているものも多いが、目立ったバグは無く、世界観などのストーリーも無関係である。 もちろんギャグ的な展開もあるが、メインストーリーの根幹にあるものは人間社会に対する問題提起である。 また氏が今まで面白いと感じたものを再構築したものなので、エンターテインメントとしての完成度は高い。 世界 イデアワールドは近未来の地球が舞台である。 しかし日本列島が世界の半分ほどの大きさで、ほかには南北アメリカ、南極大陸しかない。 ゆえにユーラシア、アフリカ、オーストラリア大陸は存在しない。 その他、恐竜の生き残りと地底人が住む、不条理な、不気味に進化したニウヒウメン(新人類)と怪生物、怨霊があふれるトラウマな、あの女はだったのか?も冒険の舞台となる。 登場人物 雷岩 の。 異種格闘技大会に出場したことから部屋から破門されていた。 防具などは装備できないが、イベントで体型が一回りずつ大きくなって強くなる。 特に攻撃力がずば抜けており、得意の素手攻撃で真価を発揮する。 ミコト で占い(兼お祓い)師をしているの女性。 仕事時は巫女服だが、仲間になると服に着替えてくる。 日用品系の武器が得意でを持ち、系の浄化や状態異常回復で活躍する。 終盤にはランダムに偉人を召喚する技を覚える。 レベルが上がると覚える「」は、全体全回復だけではなく自身の特力まで全回復させるである。 ジャド に住む泥棒。 つぶれかけた孤児院を救うため危険な仕事に手を出すが…。 カギ等の解除やナイフが得意。 素早さが高いため回復・支援アイテムの使用や、手榴弾などの固定ダメージ武器を駆使することで活躍する。 ポー の老。 敵組織の一員だったが、真実を知り味方となる。 老人なので身体能力はお察し(特に攻撃力はレベルアップで上がらない場合があるほどだが、得意武器の銃は使い手の攻撃力を参照しないので無問題)。 さまざまな超科学の産物である発明品を使い、仲間の戦闘を補助したり各種属性攻撃ができる。 複雑な機械の操作が必要なときにも彼の助けが必要になる。 トムトム モンスターのような姿の隠れキャラクター。 装備品は身に付けられないが、便利な敵モンスター技を使用できる。 仲間にするとあるメンバーのエンディングが変化する。 ペット 各地で仲間になり戦闘を助けてくれる動物たち。 それぞれ得意な技能を持つ。 、、、、、、(未来生物)、が仲間となる。 いずれも レベルアップしないという特徴があり、パーティーについていけなくなったら更新していく必要が出てくる。 ちなみに、イノシシとシロクマは同作者の『』からのカメオ出演だったりする。 ムナカタ 主人公たちの行く先々で出会うことになる冒険家。 とある目的のため旅を続けているようだが… イデア 各地で素晴らしい人物であるという風評を聞くことになる人物。 その目的は何なのであろうか?しかし、崇拝者たちの行動により世界中に混乱が起きている。 名前の由来は「 idea(理想)」 デモク イデア四天王のひとり。 見た目はSFチックな鎧を着こんだ好青年だが、その実目的のためには手段は選ばない外道。 名前の由来は「 democracy(民主制)」 エクアル イデア四天王のひとり。 見た目は「」な感じだが、自分が何をできるのかがわかっている男である。 ロールプレイングゲームの掟破り、宿屋の寝込みを襲撃してくる。 名前の由来は「 equal(平等)」 ピーズ イデア四天王のひとり。 を思わせる姿で、読心能力を持つため、あらゆる攻撃が通用せず、すらも壊滅させた。 どのように倒せばよいのだろうか… 名前の由来は「 peace(平和)」 ジャスティ イデア四天王のひとり。 密林に住む模様の戦闘民族最強の戦士。 イデアの理想に同調し正々堂々と戦いを挑んでくる。 名前の由来は「 justice(正義)」 余談• モンスターとして戦う相手はで変貌してしまった人間を含む生物である。 pixivでは魅力的な・イラストの投稿(含む)がされている。 特にがセクシーな「(静電気娘)」はイラリクしたユーザーがいたようで数点が投稿されている。 『』で容量の関係からかも、トップビュー用に書き直され登場している。 (ウニ女、アニメ女など)• 音楽は『』と作曲者が同じ(の知久光康)で、やはり名曲揃い。 通常戦闘曲は3曲あり、戦闘に入る前に向いている方向によって変わるようである。 クリティカル時の叫び声が「べらめんちょ!」「もひもひ~ん!」「ほにゃぷ~!」「ずんばらび!」• 同じクリティカルヒットでも掛け声によって威力が異なっており、威力が高いものほど頻度が低い。 ちなみに最強の掛け声は「ぷももぽーん!」である。 ストーリーが進むとやなどの乗り物が手に入るが、負けると全滅してしまう3Dシューティング戦闘がある。 このシステムは作者が『サルまん』連載のときにはまっていた『』の影響か。 「主人公・ミコト・Dr. ポーはそれぞれ能力の種類が違うので特力()回復用のアイテムが異なる」、「にズタボロ(戦闘不能)にされるとになってしまう」、「暑いところでは 薄着、寒いところでは 厚着しないと体力を消耗してしまう」、などの妙なこだわりがある。 装備は比較的自由というレベルでないくらい自由すぎるので男性がスカートやブラ、女性がふんどし、が可能。 さらにステータス画面では全身グラフィックが用意してあり自らの現在の姿の確認ができる。 これはプレイした人自らがギャグを作るという仕様である。 アノ本を集めることで手に入るレアアイテム「透明ブラジャー」を手に入れると…• ちなみに武器類は装備するのではなく、その都度アイテム欄から選んで攻撃に使うという形式。 最初は面食らうが、整頓して一番上に常用の武器を置いておけば面倒がない。 なお相原コージ氏はは自分なので、は不愉快であると考えシステムやシナリオを練ったという。 相原コージの連載した漫画「Z~ゼット~」の主人公の名前が「凜子 女子高生 」で今作を遊んだ経験の有る人間は驚いたかもしれない。 2019年に発売25周年を記念して、相原コージ氏自身のアナログ制作による「イデアの日」が申請され無事発売された。 (下ネタ系の絵柄のものはリジェクトされてしまったとか) 関連タグ :相原コージ氏が関わったのはキャラクターデザインとのギャグ考案。 バグは責任ないよ! :トラウマな… :制作スタッフがこのゲームの前に『北斗の拳』のロールプレイングゲームを作っていたため演出に共通点が多い。 関連記事 親記事.

次の

イデアの日 〜げーむのいりぐち〜 (スーパーファミコン編)

イデアの日

語源 [ ] 「イデア」というは「見る」というの「idein」に由来していて、もともとは「見られるもの」のこと、つまりものの「姿」や「形」を意味している。 プラトンの哲学 [ ] まず、の語彙体系について若干説明しておくと、ギリシア語では、見るideo系統のとしては、ideinとeidoがあった。 eido の過去形 eidon に由来する「eidos エイドス」という言葉のほうは「」とか「」という意味でごく普通に用いられる言葉であった。 プラトンにおいては、エイドスとイデアは使い分けられており、イデアに特殊な意味が与えられた。 プラトンは、イデアという言葉で、われわれのに見える形ではなく、言ってみれば「心の目」「魂の目」によって洞察される純粋な形、つまり「ものごとの真の姿」や「ものごとの原型」に言及する。 プラトンのいうイデアは的な図形の完全な姿がモデルともとれる。 プラトンにおけるイデアの理解は一定しているわけではなく、書かれた時期によって変遷が見られるという。 一般にプラトンのというと中期のそれを指していることが多い。 中期 [ ] 「徳とは何か?」という問いがある。 これについて「不知なる対象の探求は不可能だ」と説く立場(探求の説)もあるが、これに対してプラトンは「学習は想起(アナムネーシス)である」との想起説によって、このパラドックス説を斥ける。 想起説は、は不死だとする説と、の説と連関がある。 プラトンは次のように説明する。 我々の魂は、かつて天上の世界にいてイデアだけを見て暮らしていたのだが、その汚れのために地上の世界に追放され、肉体(ソーマ)という牢獄(セーマ)に押し込められてしまった。 そして、この地上へ降りる途中で、忘却(レテ)の河を渡ったため、以前は見ていたイデアをほとんど忘れてしまった。 だが、この世界でイデアの模像である個物を見ると、その忘れてしまっていたイデアをおぼろげながらに思い出す。 このように我々が眼を外界ではなく魂の内面へと向けなおし、かつて見ていたイデアを想起するとき、我々はものごとをその原型に即して、真に認識することになる。 つまり、真の認識とは「想起」(アナムネーシス)にほかならない、と言うのである。 想起説が導入されることでプラトンの哲学は、劇的な展開をとげ、強固なの立場となった。 この愛知者の魂の知の対象が「イデア」である。 イデアは、それぞれの存在が「何であるか」ということに比較して、「まさにそれであるところのそのもの」を意味する。 「」も参照 近世 [ ] イデアという語は、 idea, Idee であるが、近世においては、プラトンとは違った近世哲学独自のを与えられることになり、「アイディア」「イデー」と聞いて現代人がまず思い浮かべる用法が現れた。 文献 [ ]• 『哲学キーワード事典』• 岩波『哲学・思想事典』 出典 [ ]• 岩波『哲学・思想事典』• 『哲学 キーワード事典』p. 「イデア」や「エイドス」が哲学用語として固定化されたのは、以降のことで、プラトン自身は専門用語として統一的に使用しているわけではない(『世界百科事典』)、とも説明されている。 『哲学 キーワード事典』p. 『哲学 キーワード事典』p. 『哲学 キーワード事典』p. 『世界大百科事典』「イデア」 関連項目 [ ] に関連の辞書項目があります。

次の