ヤフコメおじさん。 【悲報】橋下徹さん、生活保護や公務員を叩いて底辺に媚びるもヤフコメにすら苦言を呈される

ヤフコメが気持ち悪いのはなぜ?ヤフコメの特徴をまとめてみた

ヤフコメおじさん

2 中身を読まず、タイトルだけで批判 もちろん、このヤフコメ炎上については、ネット特有の問題だとも言える。 特定の誰かに届けたかったはずのコンテンツが不特定多数の人の「目に触れてしまう」のである。 私が過去に炎上した際は、言い方は失礼だが「下手にYahoo!ニュースに載ってしまった」ために発生したケースがほとんどだ。 私は、この「ITmedia ビジネスオンライン」をはじめ、さまざまなサイトで連載を持っている。 プライベートなブログにも書き続けているが、これらもBLOGOS、アゴラといった論壇サイトに配信されている。 さらに、これらがYahoo!ニュースに転載されたりする。 ネットコンテンツはどのサイトのものなのか無頓着になると言うが、それでもあるサイト上の連載や、ブログだったらサイトの性質や書き手のキャラ、芸風なども理解される。 ただ、読み手の中には「Yahoo!ニュースにそう書かれていた」と解釈する人がいるわけだ。 まさに、ヤフコメで炎上させようとする人などがそうだ。 なお、ネットニュースによっては、タイトルなどは書き手が決められないこともよくある話だ。 先日、炎上したある芸能関係の記事も編集者が煽り気味のタイトルを付けたことが原因だった。 提携先のポータルサイトに配信されると、タイトルが変更になることもある。 中身を読まず、タイトルだけで批判されてしまった。 よく「炎上狙い」と言われるが、真剣にこれを狙っている人はごくわずかだと思う。 もっとも、よっぽどの良記事でない限り、炎上でもしないと読まれないと思っている人もいるのだろう。 炎上によるアクセス増でアフィリエイトや広告収入が増える人もいるのだろう。 私の場合、特に連載記事は大抵本数単位で報酬を受け取るので得をしない。 それでもこのように炎上は起こってしまうのである。

次の

文句ばかりいうヤフコメ民は誰で、どこから湧いてくるのか?

ヤフコメおじさん

2 中身を読まず、タイトルだけで批判 もちろん、このヤフコメ炎上については、ネット特有の問題だとも言える。 特定の誰かに届けたかったはずのコンテンツが不特定多数の人の「目に触れてしまう」のである。 私が過去に炎上した際は、言い方は失礼だが「下手にYahoo!ニュースに載ってしまった」ために発生したケースがほとんどだ。 私は、この「ITmedia ビジネスオンライン」をはじめ、さまざまなサイトで連載を持っている。 プライベートなブログにも書き続けているが、これらもBLOGOS、アゴラといった論壇サイトに配信されている。 さらに、これらがYahoo!ニュースに転載されたりする。 ネットコンテンツはどのサイトのものなのか無頓着になると言うが、それでもあるサイト上の連載や、ブログだったらサイトの性質や書き手のキャラ、芸風なども理解される。 ただ、読み手の中には「Yahoo!ニュースにそう書かれていた」と解釈する人がいるわけだ。 まさに、ヤフコメで炎上させようとする人などがそうだ。 なお、ネットニュースによっては、タイトルなどは書き手が決められないこともよくある話だ。 先日、炎上したある芸能関係の記事も編集者が煽り気味のタイトルを付けたことが原因だった。 提携先のポータルサイトに配信されると、タイトルが変更になることもある。 中身を読まず、タイトルだけで批判されてしまった。 よく「炎上狙い」と言われるが、真剣にこれを狙っている人はごくわずかだと思う。 もっとも、よっぽどの良記事でない限り、炎上でもしないと読まれないと思っている人もいるのだろう。 炎上によるアクセス増でアフィリエイトや広告収入が増える人もいるのだろう。 私の場合、特に連載記事は大抵本数単位で報酬を受け取るので得をしない。 それでもこのように炎上は起こってしまうのである。

次の

【悲報】橋下徹さん、生活保護や公務員を叩いて底辺に媚びるもヤフコメにすら苦言を呈される

ヤフコメおじさん

いずれは「令和生まれは~」に? ツイッターや、Yahoo!ニュースのコメント(通称ヤフコメ)をはじめ、大きな話題を呼んだ「ジェネハラ」記事。 ネット掲示板の5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)では、3スレッドにわたって議論され、各種まとめサイトでも取り上げられた。 記事の見出しが「」だったこともあり、多くの声は、年長者から若年者に向けてのハラスメントについて。 」 といった反応が相次いだ。 また「知らないと思うけど... 」といった前置きは、年長者による自衛策や、自虐ネタなのではとの分析も見られた。 「これ、自虐ネタとして言ってるだけだと思うよ。 年寄り扱いされる前に先に言っちゃう的な」 「いやあ、世代の問題じゃなくて、情報収集能力の問題でしょ。 昔はこんなに不便だった、ダメだったとかの昭和自虐も含まれているのにな」 「若い子はジジババの枯れた情報なんて興味がなくて『つまんねーよおっさん』と平気で言えちゃうから。 だからジジババが『若い子は知らないと思うけど、昔は~』っていうのはある種自虐的予防線なんだよね」 いまは昭和と平成の世代間ギャップが目立つが、今後は「20世紀生まれは~」「令和生まれは~」といった分け方も出てくるだろう、との予測も多かった。 古くから「最近の若い者は」と、マウンティングする人々はいた。 歴史は繰り返すのではと見る向きだ。 「部長、それ今時誰もそんなことやってませんよ」 一般的にハラスメントというと、年長者から年少者に向けたものを示すことが多い。 しかし、反対に年長者に対する、年少者からのいわば「突き上げ」も、ジェネハラになり得る。 先の記事でもそのあたりに軽く触れたが、実際の体験談も続々と挙がった。 「それ、昭和ですよね の方が多い」 「おじさん知らないの?wも一緒だからな」 「昭和はこれだから困るだの、おっさんはスマホとかよく知らねーだろとか、普通に言ってるしな」 「40過ぎのおっさんだけどこの間18才の子にYouTubeって知ってます?って言われたわw」 「逆の方が多いんだが 『私平成生まれだから知らなーい』って言って知らないことを自慢しながらマウントするガキ」 「ええ~先輩これ知らないんですかぁ~ 部長、それ今時誰もそんなことやってませんよ。 こういうのもジェネハラなんやなぁ」 ジェネハラを回避するには? なお、一部では「なんでもハラスメント認定するのもどうかしてる」「なんにでもハラスハラスつけてんじゃねーよ鮭かよ」といった意見も。 また、J-CASTニュース会員からは、こんな回避策が提案された。 「『知らない』を前提にした会話をするからハラスメントと言われてしまう。 『〇〇って知ってる?』と投げかけて、『知らない』と答えたら説明してやり、逆に『〇〇って知らないと思うけど... 』と言われたらすかさず『うん、知らないから教えてくれ』と説明を求める。 これだけでハラスメント回避になると考えるが」 日常に潜んでいる「ジェネハラ」。 その社会的影響について、今後も随時追いかけていこうと思っている。 (J-CASTニュース編集部 城戸譲).

次の