個人 番号 通知 カード 再 発行。 通知カードとマイナンバーカード(個人番号カード)

マイナンバー(個人番号)通知カードを紛失した・・・再発行する方法は?

個人 番号 通知 カード 再 発行

平成28年1月から運用が開始されたマイナンバー制度。 最近では、10万円の特別定額給付金(新型コロナウイルス感染症緊急経済対策関連)の申請のために「マイナンバーカード」を申請する人が急増している。 「国民一人に一つの番号」で管理されているマイナンバー制度だが、通知カードやマイナンバーカードを紛失、破損した時に再発行ができるのか、番号は変わるのか気になっている方もいるだろう。 そこで本記事では、マイナンバーの再発行について解説する。 マイナンバー(個人番号)は再発行できる?番号は変わるの? マイナンバー(個人番号)は国民一人に対し、一つの番号が割り振られている。 原則、生涯同じ番号を使用することになるが、マイナンバーカードの紛失などにより「不正に用いられた」もしくは「不正に用いられる恐れがある場合」には、マイナンバーの変更請求をすることができる。 ただし、「この番号にしたい」など番号を指定することはできない。 単に、破損などにより「マイナンバーカードの再発行」を行う場合には、今までの番号と変わることはない。 マイナンバーカードを紛失したらすべきこと 再発行をする、ということは手元にマイナンバーカードがない、紛失しているケースが多いだろう。 その場合、悪用されることを防ぐために「個人番号カードコールセンター」に連絡し、機能停止の手続きをしよう。 個人番号カードコールセンター(全国共通ナビダイヤル):0570-783-578 次に、警察へ届出を行い「遺失届受理証明書」を発行してもらう。 この書類は、マイナンバーの再発行(番号を変える手続き)にも必要となるため、必ず警察に届出を行っておこう。 その後、市区町村の窓口で手続きを行うが、本人確認書類、遺失届受理証明書に加え、マイナンバーを証明する書類が必要となる。 「マイナンバーカードを紛失したからマイナンバーがわからない」という方は、「住民票の写し」もしくは「記載事項証明書」を発行してもらうことで個人番号を確認できる。 マイナンバー通知カードを紛失した場合 2020年5月25日から通知カードの新規発行、再発行が廃止となった。 そのため、通知カードを再発行することはできない。 自分のマイナンバーを確認・証明するためには、先ほど紹介したように「住民票の写し」「記載事項証明書」を発行する必要がある。 ただし、通知カードの再発行はできないものの市区町村の窓口で紛失の届出をする必要がある。 マイナンバーカードの紛失時と同様、警察にも届出を行っておこう。 個人番号通知書を紛失した場合 2020年5月25日以降に生まれた子供には、マイナンバー通知カードは発行されないようになった。 その代わりに「個人番号通知書」という書類が届き、マイナンバーの確認ができる。 ただし、個人番号通知書はマイナンバーを知らせるための書類であるため、「マイナンバーを証明する書類」「身分証明書」としては使用できない。 個人番号通知書と一緒に「個人番号カード交付申請書」が同封されている。 証明書類としてマイナンバーカードの申請が必要な場合は、個人番号カード交付申請書を使って申請をしよう。 また、通知カードと同じように「個人番号通知書」も再発行ができない。 そのため、マイナンバーを確認するには「住民票の写し」「記載事項証明書」を発行するか、マイナンバーカードを作成することになる。 マイナンバーの申請、再発行申請は代理人でも申請できる? マイナンバーの申請、再発行の手続きは本人でなく代理人でも可能だ。 ただし、必要となる書類が増えるため、可能であれば本人が申請を行う方がスムーズだろう。 マイナンバーカードの申請、受け取り マイナンバーカードの申請は、15歳未満の方、成年被後見人の方は法定代理人が行う必要がある。 特別な理由がある場合には、市区町村長が認める「任意代理人」でも申請が可能だ。 また、本人が病気などやむを得ない理由で交付場所に行けない場合は、代理人がカードの受け取りをすることもできる。 その場合、以下の書類を用意しよう。 再発行の手続き マイナンバーカードの再発行の手続きも、代理人が行うことができる。 必要な書類は以下の通り。 マイナンバーカードを新規で申請する場合には料金はかからないが、再発行すると「再交付手数料1,000円」が必要となる。 個人情報流出を防ぐためにも、マイナンバーカードは大切に保管し、再発行しなくてすむように心がけたい。 文/oki.

次の

マイナンバー(個人番号)通知カードを紛失した・・・再発行する方法は?

個人 番号 通知 カード 再 発行

<個人番号カードコールセンター> 全国共通ナビダイヤル: 0570-783-578 マイナンバーカード<個人番号カード>の紛失や盗難時の「一時利用停止」は、24時間365日受付ています。 ) 手順2.住民票のある市区町村で再発行(再交付)の手続き マイナンバーカード<個人番号カード>の一時利用停止の連絡後は、住民票のある市区町村窓口にて、再発行(再交付)の手続きをすることができます。 ただし、紛失の経緯が 「自宅で紛失した場合」「自宅以外で紛失または盗難にあった場合」「火災や災害で焼失(紛失)した場合」で、手続内容や必要書類が異なります。 そこで、それぞれケース別に手続き方法をまとめてみましたので、ご自身のケースに当てはまる項目を確認してください。 自宅で紛失した場合 マイナンバーカード<個人番号カード>を紛失した場所が自宅の場合(外に持ち出していない、盗難にあっていない場合)は、住民票のある市区町村の窓口(役所・役場・出張所など)で、紛失届の提出と再交付申請の手続きを行います。 この手続きが完了するとマイナンバー個人番号カードの再交付申請書が発行されることになっています。 このとき必要になるものは以下のとおりです。 個人番号カード紛失届(窓口に用意されています。 個人番号カード再交付申請書(窓口に用意されています。 顔写真(サイズ縦4. 5㎝)• 再交付手数料800円• 電子証明書手数料200円(搭載しない場合は不要)• 顔写真付きの身分証明書証をお持ちでない方は、健康保険証・年金手帳・介護保険証・口座通帳・生活保護受給証明証・社員証・学生証など2点以上必要です。 この再交付申請書には「紛失した経緯」を記入する欄がありますので、事前に理由をまとめておいてください。 <市区町村の窓口で受け取るケース> 後日、「個人番号カード交付通知書」が自宅に郵送されてきますので、交付通知書に記載されている窓口で個人番号カードを受け取ります。 このとき必要なものは、以下の2点です。 個人番号カード交付通知書• ) <自宅に郵送されるケース> 後日、個人番号カードが「本人限定受取郵便」で、住民票のある住所へ郵送(転送不要扱い)されてきます。 スポンサーリンク 自宅以外で紛失または盗難にあった場合 続いて、マイナンバーカード<個人番号カード>を自宅以外で紛失した場合の手続き内容を確認していきましょう。 (自宅以外とは、例えば、マイナンバー個人番号カードが入ったお財布を落としてしまった方や盗難にあった方など。 ) まず始めに、警察署に電話をして「落とし物」として届いてないかを確認してください。 (警察署に電話して「落としたもの」と「氏名」を伝えると、落とし物として届けられているかを確認することができます。 ) この時点で見つかると良いですが、、、、届いていない場合は、次の順に手続きをしていきます。 このとき、「妻が夫の代わりに」や「夫が妻の代わりに」など代理人でも届け出は可能です。 代理人が行く場合は、落とした日時や場所等を聞かれますので、事前に伝えておいてくださいね。 また代理の方が行く場合は、代理人の認印が必要となりますので、忘れずに持参してください。 この手続きが完了するとマイナンバー個人番号カードの再交付申請書を発行されることになっています。 このときに必要なものは以下のとおりです。 個人番号カード紛失届(窓口に用意されています。 個人番号カード再交付申請書(窓口に用意されています。 受理番号• 顔写真(サイズ縦4. 5㎝)• 再交付手数料800円• 電子証明書手数料200円(搭載しない場合は不要)• 顔写真付きの身分証明書証をお持ちでない方は、健康保険証・年金手帳・介護保険証・口座通帳・生活保護受給証明証・社員証・学生証など2点以上必要です。 <市区町村の窓口で受け取るケース> 後日、「個人番号カード交付通知書」が自宅に郵送されてきますので、交付通知書に記載されている窓口で、個人番号カードを受け取ります。 このとき必要なものは、以下の2点です。 個人番号カード交付通知書• ) <自宅に郵送されるケース> 後日、個人番号カードが「本人限定受取郵便」で、住民票のある住所へ郵送(転送不要扱い)されてきます。 火災や災害で焼失(紛失)した場合 ここでは、紛失した理由が、火災や災害の場合の手続き方法をまとめています。 この手続きが完了すると個人番号カードの再交付申請書を発行されることになっています。 このとき必要なものは、以下のとおりです。 個人番号カード紛失届(窓口に用意されています。 個人番号カード再交付申請書(窓口に用意されています。 罹災証明書• 顔写真(サイズ縦4. 5㎝)• 再交付手数料800円• 電子証明書手数料200円(搭載しない場合は不要)• 顔写真付きの身分証明書証をお持ちでない方は、健康保険証・年金手帳・介護保険証・口座通帳・生活保護受給証明証・社員証・学生証など2点以上必要です。 <市区町村の窓口で受け取るケース> 後日、「個人番号カード交付通知書」が自宅に郵送されてきますので、交付通知書に記載されている窓口で、個人番号カードを受け取ります。 このとき必要なものは、以下の2点です。 個人番号カード交付通知書• ) <自宅に郵送されるケース> 後日、個人番号カードが「本人限定受取郵便」で、住民票のある住所へ郵送(転送不要扱い)されてきます。 火災や災害の場合は、身分証明書も焼失(紛失)していることもあると思います。 このときは、罹災証明書のみで手続きしてもらえる場合がありますので、事前に市区町村窓口で、確認するようにしてください。 再発行までの日数を確認 申請してからマイナンバーカード<個人番号カード>が届くまでの期間は、 約1ヶ月です。 (本日、私の住んでいる市区町村に確認したところ、「約1ヶ月みてもらっているが、実際は2~3週間くらいで発行されている」とのことでした。 ) 再発行手続き期間中に自分のマイナンバーを知りたい場合は、「マイナンバー記載あり」の住民票を取得することで、自分の番号を確認することもできます。 代理人(家族)が手続きする場合は? マイナンバーカード<個人番号カード>の再発行は、本人以外でも手続きは可能です。 「妻の夫代わりに手続きをする」「夫が妻の代わりに手続きをする」「親が子どもの代わりに手続きをする」など、住民票で同一世帯の関係が確認できる場合は、「代理人の本人確認書類(原本)」+「申請者の本人確認書類(原本)」で、再発行の申請をすることができます。 市区町村によっては、家族の分であっても委任状や戸籍謄本等の書類が必要となる場合がありますので、代理人が申請する場合は、事前に必要書類の確認をするようにしてください。 委任状の雛形をこちらに用意したので、必要であればダウンロードしてご利用ください。 お子さんの場合など顔写真の身分証明書がないという方も多いと思いますが、その場合は「保険証+医療証」で0Kです。 再発行手数料 マイナンバーカード<個人番号カード>の再発行手数料は、 1,000円です。 内訳はカード再交付手数料 800円、電子証明書手数料 200円となります。 電子証明書を搭載しない場合は、カードの再交付手数料800円のみとなります。 この手数料の支払いは、再交付申請時もしくは、受け取り時と、各市区町村で異なっています。 最後に マイナンバー個人番号カードには、ご自身で暗証番号を設定していると思いますが、再発行時には、新たに暗証番号を再設定することになりますので、事前に暗証番号を決めておくと手続きがスムーズです。 (受け取り方法が郵送の市区町村の場合は、再発行の申請時に暗証番号を決めることになります。 ) 設定する暗証番号は全部で4つ(電子証明書を搭載する場合)あります。 暗証番号の種類についてはこちらの記事にまとめていますので、良かったら参考にしてみてください。

次の

マイナンバーカード(個人番号カード)について|盛岡市公式ホームページ

個人 番号 通知 カード 再 発行

マイナンバーカード(個人番号カード)を申請している場合は、マイナンバー通知カードの再発行(再交付)はできません。 自宅で紛失した場合 マイナンバー通知カードを自宅で失くしてしまったという方(外に持ち出していない、盗難に遭っていない場合)の手続き方法をまとめています。 この再交付申請書には「紛失した経緯」を記入する欄がありますので、事前にまとめておくとスムーズに手続きをすることができです。 それでは、手続きに必要な書類等を確認してきましょう。 <手続きに必要なもの>• 通知カード紛失届(窓口に用意されています。 通知カード再交付申請書(窓口に用意されています。 再発行手数料500円• 顔写真付の身分証明書をお持ちでない方は、健康保険証・年金手帳・介護保険証・口座通帳・生活保護受給証明証・社員証・学生証など2点以上必要です(どちらも原本が必要になります。 スポンサーリンク 自宅以外で紛失または盗難にあった場合 続いて、マイナンバー通知カードを自宅以外で紛失した場合の手続き内容を確認していきましょう。 (自宅以外とは、例えば、マイナンバー通知カードが入ったお財布を落としてしまった方や盗難にあった方など。 ) まず最初に 警察署に電話をして落し物として届いていないかを確認してください。 (警察署に電話をして「落としたもの」と「氏名」を伝えると、落し物として届けられているかを確認することができます。 ) 届いていない場合は、次の順に手続きをしていきます。 このとき「妻が夫の代わりに」や「夫が妻の代わりに」など代理人でも届出は可能です。 代理人が行く場合は落とした日時や場所等を聞かれますので、事前に伝えておいてくださいね。 また代理の方が行く場合は代理人の認印が必要になりますので、忘れず持参してください。 この手続きには以下のものが必要となります。 <手続きに必要なもの>• 通知カード紛失届(窓口に用意されています。 通知カード再交付申請書(窓口に用意されています。 受理番号• 再発行手数料500円• 顔写真付の身分証明書をお持ちでない方は、健康保険証・年金手帳・介護保険証・口座通帳・生活保護受給証明証・社員証・学生証など2点以上必要です(どちらも原本が必要になります。 火災や災害で焼失(紛失)した場合 ここでは、紛失した理由が、火災や災害の場合の手続き方法をまとめています。 その他、手続きに必要なものは以下のとおりです。 <手続きに必要なもの>• 通知カード紛失届(窓口に用意されています。 通知カード再交付申請書(窓口に用意されています。 罹災証明書• 再発行手数料500円• 顔写真付の身分証明書をお持ちでない方は、健康保険証・年金手帳・介護保険証・口座通帳・生活保護受給証明証・社員証・学生証など2点以上必要です。 (どちらも原本が必要になります。 ) 火災や災害の場合は、身分証明書も焼失(紛失)していることもあると思います。 このときは、罹災証明書のみで手続きしてもらえる場合がありますので、事前に市区町村窓口で確認するようにしてください。 市区町村によっては、家族の分であっても委任状や戸籍謄本等の書類が必要になる場合がありますので、代理人が申請する場合は、事前に必要書類の確認をするようにしてください。 再発行手数料 マイナンバー通知カードを再発行するときの手数料は 500円です。 (再発行申請時に必要になります。 ) 再発行までの日数を確認 申請してから通知カードが届くまでの期間は、 3週間~1ヶ月程度です。 再発行手続き期間中に自分のマイナンバーを知りたい場合は、 「マイナンバー記載あり」の住民票を取得することで自分の番号を確認することができます。 終わりに 今回、マイナンバー通知カード紛失の件で、私の住んでいる市区町村窓口で確認したところ、「マイナンバー通知カードは、特に持っていなければいけないものではないので、紛失しても問題ありませんよ」とのことでした。 自宅以外で紛失した場合や盗難に遭った場合は、警察への届出を忘れないようにしてください。 ) 職員の方には、通知カードの再発行には500円の手数料が掛かるため、「マイナンバー記載あり」の住民票を取得しておくか、これを機に個人番号カード(初回無料)を申請することを勧められました。 個人番号カードの申請方法はこちらの記事にまとめていますので、よろしければ参考にしてみてください。

次の