ほうれん草 パスタ。 手作り生パスタ「ほうれん草のフェットチーネ」 東條 吉輝シェフのレシピ

ほうれん草をパスタなどに入れる時、切ってそのまま入れていいので...

ほうれん草 パスタ

パスタ麺100g• 鮭の切り身一切れ• きのこ類お好みで• 牛乳250CC• 醤油大さじ1• にんにくチューブ2センチ• パスタ麺とほうれん草はそれぞれ茹で、鮭に酒を少々ふり、玉ねぎは薄切り、きのこは食べやすい大きさに切っておきます。 フライパンにオリーブオイル(大さじ1)を入れ、水分を拭き取った鮭を焼いていきます。 焼きながら皮、骨を取り除き、身をほぐしておきます。 3に玉ねぎ、きのこ類を入れ炒めます。 火が通ったら、牛乳、昆布茶、にんにくチューブ、醤油を入れます。 (鮭の塩加減で醤油の量を調整しましょう。 ほうれん草を加えて弱火で温めます。 茹でたパスタ麺をフライパンの中に混ぜて絡ませていき、オリーブオイル(大さじ1)を入れて素早く混ぜたら完成です!• パスタ麺200g• お湯2L• 菜の花4本• 鮭の切り身1切れ• しめじ適量• 塩20g• オリーブオイル大さじ1• 醤油小さじ2• 大根おろし適量• 海苔適量• お湯を沸かし、塩を入れ、その間に鮭を焼き、大根をおろします。 パスタを茹でます。 パスタが茹で上がる1分前に洗った菜の花としめじを入れて、一緒に茹で、ザルにあげてオリーブオイルを全体的に絡ませて盛り付けます。 フライパンにパスタの茹で汁、オリーブオイル、醤油を入れてグツグツしてきたら味を整えて、火にかけて3にかけます。 ここお好みで麺つゆを少し足すのもおすすめです。 焼き鮭、大根おろし、海苔をトッピングして完成です。 パスタ麺1束• 鮭一切れ• 冷凍ねぎお好みで• しょうゆ適量• 和風だし少量• バターお好みで• こしょうお好みで• パスタは食べやすいように半分に折り、大き目の耐熱容器に交互に入れます。 1にネギをどっさり入れ、その上に冷凍鮭と和風だしを入れ、600wのレンジで6分くらい加熱していきます。 鮭の色が変わったら鮭だけを取り出し、骨を取り身をほぐしてまた身を戻します。 鮭を少し味見し、醤油の量を調節しながら入れて味を整えていきます。 醤油を入れたらさらにレンジで1~2分加熱し、パスタが茹で上がっていったら取り出しましょう。 お皿にうつして、バターを乗せて、こしょうを上からかけたら完成です。 パスタ100g• 鮭一切れ• エリンギ中一本• 水菜一束~二束• しらすお好みで• 白だし小さじ2• みりん小さじ2• にんにくチューブ2センチ• パスタを茹で、鮭をフライパンで焼き、鷹の爪は輪切りにしておきます。 フライパンにオリーブオイルを入れ、鷹の爪を入れ、鷹の爪が少し赤黒くなるまで炒めます。 (種を入れるとより辛くなるので、お好みで調整してください。 エリンギを入れ、塩こしょうとにんにくチューブを入れて炒めていきます。 火が通ったらほぐした鮭、しらす、水菜を入れます。 弱火にして白だし、醤油、みりんを入れて、そこに茹でたパスタを入れて混ぜ合わせます。 しらすと水菜は火を通さなくてもおいしいので、このタイミングで入れるのもおすすめです。 パスタ麺100g• 鮭の切り身一切れ• ゆず胡椒小さじ1• バター10g• 粉末だし小さじ1• 醤油大さじ1• オリーブオイル少々• 塩10g• こしょう少々• 粉チーズお好みで• パスタ麺は1Lのお湯を沸かし、塩10gを入れて茹でておきます。 フライパンにオリーブオイルを入れ、薄切りにした玉ねぎをこしょうをかけながら炒めます。 玉ねぎの色がついてきたら、バターを入れて鮭を入れて炒めていきます。 その際、鮭は両面をやきながらほぐします。 粉末だしと醤油を入れ、麺の茹で汁をお玉一杯分入れ、お箸でよく混ぜながら炒めます。 パスタ麺が茹で上がったら、4にパスタ麺を入れて混ぜ合わせます。 火を止めて、ゆず胡椒を入れて軽く混ぜ、お皿に盛ります。 最後に粉チーズをお好みでかけて完成です。 パスタ200g• 鮭(甘塩)2切れ• マーガリンまたはバター大さじ20g• 薄力粉大さじ1. 5~2• 牛乳400CC• コンソメキューブ2個• ブラックペッパー適量• パセリ適量• パスタ麺を茹でます。 その間に、フライパンで鮭を焼くのですが、皮目で2~3分焼いて、ひっくり返して蓋をしてじっくり焼きます。 鮭が焼けたらほぐしていきます。 鮭の骨はなるべく取り除き、身の大きさはお好みで切ってください。 パスタを茹で、ザルにあげた後、麺をフライパンにうつします。 パスタの茹で時間は少し短めにしておくのがおすすめです。 そこへ薄力粉とバターを入れ、よく混ぜます。 牛乳とコンソメキューブを入れて、弱火~中火で混ぜながら煮詰めていきます。 コンソメキューブが溶けにくい場合は、スプーンで潰すといいでしょう。 とろみが出てきたら、ほぐしておいた鮭を入れて混ぜていきます。 そこぶブラックペッパーを加え、味見をしながら味を整えていいきます。 火を止めて、お皿にうつしたら、上からイクラをトッピングしています。 さらに乾燥パセリをふりかければ、さらに見た目がよくなります。 パスタ1束• 鮭ほぐし大さじ2• 生クリーム100CC• 牛乳50CC• パルメザンチーズ10g• 塩少々• パスタを茹でます。 しめじは石突を取り除いてほぐし、えのきも食べやすい大きさに切っておきます。 鮭は骨を取り、ほぐします。 フライパンにサラダ油小さじ2を熱してきのこを炒め、塩こしょうをし、お皿に取り出します。 フライパンに油が残っていたらキッチンペーパーで拭き取ります。 5のフライパンに生クリーム、牛乳、パルメザンチーズ、塩を全部入れて弱火にかけ、ゆっくり混ぜ、とろみをつけていきます。 とろみがついたら、鮭、きのこを加えて弱火で2分くらい煮て、茹で上がったパスタをくわえて、混ぜ合わせたら出来上がりです。 鮭切り身(甘塩タイプ)一切れ• キャベツ大き目の葉一枚• 生クリーム100CC• 牛乳100CC• バター大さじ1• コンソメキューブ1個• 塩、こしょう、オレガノ適宜• 玉ねぎは薄切りに、キャベツは一口サイズに、しめじはほぐしておきましょう。 鮭の余分な水分を取り、フライパンにバター、オリーブオイルを入れて火を通します。 ここで、分量外のワインを入れると一層おいしく焼くことができます。 両面を焼いたら取り出し、骨をとって身をほぐします。 後でソースと混ぜるので完全に火が通っていなくても大丈夫です。 フライパンの汚れをふき取り、玉ねぎ、オリーブオイル(分量外)を入れ透き通って甘みが出るまで弱火でじっくり炒めます。 そこにキャベツ、しめじを加えてさらに炒めます。 全体がしんなりして透き通ったら3の鮭、生クリーム、牛乳、コンソメキューブ、オレガノを加え、弱火で10分煮込みます。 茹で上がったパスタの上にソースをかけたら完成です。 パスタ一束• 生姜少々• 鮭お好みで• マジックソルト• こしょう• 豆乳50CC~100CC• ケチャップ大さじ1• バター10g• 粉チーズ少々• ドライパセリ少々• パスタを先に茹でておきます。 フライパンにオリーブオイルを入れ、玉ねぎ、生姜を炒めます。 この時、にんにくを入れても美味しい!• 鮭、南瓜を一口サイズに切り、トマトは1センチ角に切ってフライパンの中に入れます。 火が通ったらマジックソルトとこしょうを入れます。 そこに豆乳、醤油、ケチャップを入れて味をみていきます。 味が良ければ、茹でたパスタを入れてソースと絡めていき、最後にバターを入れて全体を混ぜ合わせます。 盛り付けて、お好みで粉チーズと乾燥パセリをふったら完成です。 パスタ1束• 大根2~3センチ• 鮭フレーク大さじ1~2• 水菜1束• ニンニク1片• めんつゆ大さじ1弱• 大根はすりおろし、エノキは半分に、水菜は2センチ程度に、ニンニクは薄切りにしておきます。 たっぷりのお湯でパスタを茹でます。 フライパンにごま油、ニンニクを入れ、弱火で香りが出るまで炒めます。 香りが出てきたら、鮭フレーク、エノキの順に入れてさっと炒めます。 大根おろしは汁ごと入れ、めんつゆも入れてひと煮立ちさせます。 パスタを30秒早く茹で上げ、パスタと水菜をフライパンに入れ、強火にし、全体を絡めたら完成です。 パスタ一束• 鮭フレーク大さじ2• 油大さじ1• 牛乳100CC• 粉チーズ大さじ4• 卵黄2個• 粗挽き胡椒少々• パスタを茹で、パスタが残り3分程になったところで一口に切ったブロッコリーを同じ鍋にいれて茹でます。 熱したフライパンに油を入れ、みじん切りした玉ねぎをしんなりするまで炒め、そこに鮭フレークを加えます。 2に湯切りした1を加えて軽く炒めます。 軽く炒めたら、火を止めて牛乳、粉チーズ、卵黄、粗挽きこしょうを加えて全体的に絡めて完成です。 (卵黄を入れる時に火がついていると卵が固まってしまうので、必ず火を止めてからいれるようにしましょう。

次の

【みんなが作ってる】 ほうれん草 クリームパスタのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

ほうれん草 パスタ

材料(2人前)• 全粒粉パスタ 200g (アルチェロネ)• オリーブオイル 大さじ1杯(おすすめは)• ベーコン (お好みの量)• ほうれん草 2束• 生クリーム 200ml• 牛乳 100ml• コンソメ 小さじ1杯• パルメザンチーズ(お好みの量)• 塩 パスタの茹で方はこちらの記事を参考にしてください。 ベーコンを炒める• オリーブオイルを大さじ1杯入れまs• 塩を2つまみふる• カットしたベーコンを炒める 生クリームを入れる• 生クリームを入れる(あまり煮立たせないように注意)• ほうれん草、牛乳を入れる• ほうれん草を入れる• 牛乳を100mlいれてさらにサラサラに。 (全粒粉パスタの場合)• お好みでソースにパルメザンチーズを入れる 麺とソースをあえる 麺をあえて行きます。 ソースの量が多めになっているので、 味見をして塩気が足りなかったら塩、コンソメで足しましょう。 【全粒粉パスタの場合】 麺はしっかり芯がなくなるまで茹でる事。 ソースもサラサラで量も多めにしましょう。 ボソボソした食感にならなくなります。 盛り付けて完成 盛り付けて完成です。 スープと麺が絡んでほしいので、平皿よりも すこし深さがあるお皿を選ぶと良いです。 私はさらにパルメザンチーズを振りかけて食べるのが大好きです。

次の

【濃厚激うま!】ほうれん草とベーコンのクリームパスタのレシピ│美男パスタ

ほうれん草 パスタ

ベーコンとほうれん草のパスタのレシピは良く見るが、ツナとほうれん草のパスタのレシピは意外と少ない気がする。 というわけで、ツナとほうれん草のパスタについて書いてみようと思います。 といっても、ベーコンがツナに変わっただけなんですけどね。 一応、ツナ缶を使うときのポイントなども、これまでのレシピ記事と同じように書いていくので、よろしければご覧ください。 材料 一人分 パスタ 100g~150gくらい ほうれん草 1株~2株 ツナ缶 1缶 オリーブオイル スプーン4杯分くらい ちょっと多めくらいが美味しい にんにく 1片 とうがらし 好きな量 オイル系のパスタはオイルとの絡みを重視するならブロンズダイス ディ・チェコなど表面がザラザラしたもの 、のど越し的なものを重視するならテフロンダイス バリラなど、表面がツルツルしたもの を使用するといいが、素人が使い分ける必要は一切ないと思うので、どちらでも良い。 太さは好きなものを。 一般的にはオイル系には細いパスタが合うらしいです。 ほうれん草は、冬なら ちぢみほうれん草が美味しい。 あと冷凍のほうれん草も非常に便利なのでオススメ。 普通のほうれん草を使うときは、熱湯に一分くらいつけてアク抜きしておくと良いが、最近のほうれん草ってアクが少ない気がするので、面倒ならやらなくても良いんじゃないかとも思う。 ツナ缶はマグロでもカツオでもいいが、マグロのほうが美味しい気がする。 カツオだとカツオ出汁が効いたパスタになる。 油煮か水煮かは水煮を推奨。 サンドウィッチに挟むとかの用途だと油煮、料理に使うなら水煮がオススメ。 あと、できるだけツナ缶の油や水は捨ててほしい。 ツナ缶の油をそのまま使うレシピってよくあるんですけど、あの油は美味しくないので、他の料理をするときもきったほうが美味しくなります。 オリーブオイルは少し多いかな? ってくらいの量を入れると美味しくなります。 追いオリーブオイルは必要ないですけど、某もこみちのオリーブオイルの使い方はそんなに間違ってなかったりします。 追いオリーブオイルをしないのなら、オリーブオイルの種類は気にしなくて大丈夫です。 オリーブオイルの香りは火を通すとほぼ飛びますから。 なので、逆にわざわざピュアオイルを買ってきて使う必要もありません。 にんにくは青森産の六片にんにくがすきです。 でも中国産でも大丈夫。 スペイン産とかイタリア産にすると本場の味に近づくような気がします。 とうがらしは好みの量、品種を。 スーパーに売ってる中国産の鷹の爪は辛くないのが多い気はする。 我が家では通販で買ったカラブリア産のペペロンチーノを使ってます。 辛くない唐辛子を使うと、辛くするのに量を入れてしまうので、こっちのほうが結果的に安上がりなんですよね。 作り方 1、にんにくを包丁の腹などで潰し、みじん切りにする。 ほうれん草は下処理が必要なら下処理して、食べやすい大きさに切っておく。 にんにくの芽はとっておいたほうが良いが、そんなに気にしなくても大丈夫。 2、フライパンにオリーブオイルとにんにくと唐辛子を入れて、とろ火~弱火でオイルに味や香りを移す。 にんにくが少しでも色づいてきたら、にんにくはフライパンの端に寄せたり、取り除いたりしておくように。 すこしでも焦げると苦みがでます。 5、鍋に水と塩を入れて強火で沸騰させておき、このタイミングでパスタを茹ではじめると丁度良いタイミングでパスタが茹で上がる……と思います。 3、ツナとほうれん草をフライパンに投入し、弱火~中火でほうれん草を炒める。 冷凍のほうれん草も冷凍されたものをそのまま入れて大丈夫。 4、ほうれん草がしんなりしてきたら、フライパンの火を止めて、茹で上がったパスタをフライパンに入れ、オイルや具材と混ぜ合わせたら完成。 備考 ツナの塩味があるので、パスタを茹でるとき以外に塩を入れる必要はありません。 オイルにパスタの茹で汁を入れて乳化する行程も必要ありません。 冷凍のほうれん草を使えば、材料はすべて日持ちするものなので、それぞれストックしておいて、買い物が面倒な日とかに作ると良いと思います。 隠し味に醤油とかをちょっと入れても美味しい。 オリーブオイルをバターに変えて、にんにくと唐辛子を入れずに醤油を入れても美味しい。 もはや別の料理だけど。 どうでもいい話 ちぢみほうれん草はかなり美味しいので、売っていたらぜひ買ってみてほしい。 下茹でも必要ありません。 甘くて香り豊かで本当に美味しいのでマジオススメ。

次の