やりくり ななえ。 この手の痛みはリウマチではなかった

投資初心者の素人主婦が毎日100円!つみたてNISA始めました。

やりくり ななえ

家族4人で食費月 10万円!なんていう家庭は今やめずらしいことではなく、何でそんなに掛かっているのか分からないまま原因追求もせずに生活をしている家庭は意外に多いのではないでしょうか。 総務省統計局が平成 29年 4月に発表した「」によれば、 2人以上の世帯の平均食費は月 72,728円で、それを多いと見るか少ないと見るかはそれぞれの家族環境にもよりますが、主婦が最も節約に目を向ける家計の科目と言えばやはり「食費」ですよね。 「食欲」は人間の3大欲求の1つでもあることから、食費を削ることがストレスになる家庭も多いでしょうが、効率よく買い物をし、無駄なく食材を使い切ることを意識すれば、ストレスなく食費を削ることができると、世田谷区在住の主婦 佐藤さんは言います。 佐藤さんは、結婚後 21年間ずっと専業主婦であり、夫は普通のサラリーマン。 子どもは 2人(中学生、高校生)という普通の家庭でありながら、3年間で 1,000万円の貯蓄を作ることに成功した、やりくり上手な主婦でもあります。 また、佐藤さんは食費削減について、「きちんとした目的意識を持って臨めば、家族4人の月の食費は3. 5万円におさめることは十分に可能」だと言います。 家族 4人で月3. 5万円とは、どのようにやりくりをしたら可能になるのか、気になるそのやりくりのコツについて聞いてみました。 外食費・米代・酒代の考え方を改める 共働き世帯が増えたことにより、手っ取り早く食事ができる「外食」がどうしても増えてしまうという家庭は多いのではないでしょうか。 しかし外食費は家計を圧迫する1つの大きな要因となっており、節約をするのであれば極力避けたいところですが、この外食費を「食費」と考えている家庭は意外に多いものです。 外食費を「食費」に含めてしまえば、本来の食費がいくら掛っているのかが分かりづらくなる為どんぶり勘定になってしまいますから、「 外食費は食費に入れてはいけない」と佐藤さんは言います。 では外食費はどこに含めるべきなのでしょうか。 外食費は夫婦それぞれの 小遣いから支出すると良いそうです。 小遣いが余ったら、やりくりできたご褒美として外食をするという考えに切り替えていき、基本は外食をしないことを心掛ければ、食費は削れます。 では、米代や酒代は「食費」に入れるべきでしょうか。 こちらも一旦は別で考えるべきだと佐藤さんは言います。 米代 1か月 4,000円、酒代 1か月 5,000円と計上し、醤油や砂糖、だしなどの調味料代も 1か月 3,000円などと別計上します。 すると自炊するための純粋な食費(食料品費)にいくら掛かっているのかが明確になり、食費により意識が向くようになります。 食費月3. 5万円におさめる買い物の仕方とは.

次の

「年金分割」熟年離婚は99%やめたほうがいい

やりくり ななえ

昨日は予約していたリウマチ膠原病科に行って来ました。 血液検査の結果は、1年前と同じで リウマチの体質自体は陽性だけど CCP抗体 まだリウマチは発症してないってことでした。 それじゃこの手の痛さは何?ってことなんですが、 「近くの整形外科に行ってください。 今の時期にここのような大きい病院には来ないほうがいいです。 」 と主治医に言われました。 確かにそれはそうですよね。 そこはコロナの陽性者も受け入れることになっている病院なので 行かないほうがいいですよね。 手の痛みがこれからも続くようなら別の整形に行くつもりですが、 どの病院にしても今はあまり行きたくないので 足の整形だけは仕方無い 手に充分気をつけながら生活しようと思います。 スポンサーリンク 2度の診察で約1万円が飛んで行きました。 リウマチ・膠原病の血液検査は高い!! CCP抗体の検査結果はそう変わるものでは無いので 一生に1回だけ健康保険適用になるということなんですが、 私は今まで病院から言われて5回も受けましたが全部保険適用でした。 歯医者も皮膚科も夏まで延期したので もうこれで当分はいつもの整形外科だけになったので、 もっと時間に余裕が出来ます。

次の

さぁ体力のある50代から始めるぞ!老前整理

やりくり ななえ

家計簿アプリの良いところは、支出を入力すれば自動的に合計を計算してくれるところ。 手書きのときよりも、家計簿をつけるのにかかる時間が月に2~3時間は短縮できました。 使い始めたばかりの頃はいずれ手書きに戻るつもりだったのに、家計簿アプリの便利さから手放すことができなくなり、もう使い始めて2年以上になります。 家計簿のつけ方 家計簿をつけるときに一番こだわっているのは、「使いすぎている項目を見つけること」です。 簡単なことに感じますが、きちんと管理ができるようになったのはここ数年です。 家計簿はつけただけで満足をしていては意味がありません。 「今月は日用品にお金を使いすぎてしまったけれど、何を買ったのかな? 」など、項目一つひとつを丁寧に振り返ることが大切です。 こうすることで無駄な支出を次回から改善することができ、家計管理が上手になっていきますよ。 無駄であったかどうかを振り返り時に見極めるために、頻繁に買わないもの 例えば布団など は家計簿アプリのメモ欄を使って具体的な購入物をメモしておきます。 また特売日で予算以上にお金を使ってまとめ買いしたときなども、メモ欄に記載しておきます。 特にメモもないのにいつもより支出が多いのなら無駄使い認定! 「今月は日用品を買いすぎてしまっているので、来月は購入を控える」などの家計管理の目標を立てることができます。 家計管理に使用する項目 私の家計簿の項目は、一般的な家計簿より少し多めになっていると思います。 自分なりに編み出した一番見直しがしやすい項目分けは以下の通りです。 住宅ローン• 水道代• 電気代 オール電化• 灯油代 冬期間のみ• 通信費 インターネット、電話代まとめて• 保険代• お小遣い• 学校費 給食費• 固定資産税、車検などを12で割った「大型固定費」• 外食費• 日用品費• ガソリン代• 病院代• レジャー費• 習い事、家庭学習の教育費• 美容室、床屋• 交通費 バス、タクシー 通信費に関しては、納得のいくプランや費用に見直しができるまでは、「インターネット代」「携帯代」「固定電話代」と全て分けて管理していました。 これは、それぞれの具体的な額を意識し、項目ごとに節約をするためです。 また、大型固定費の中身の主な内訳は、車検、固定資産税、車の任意保険、プレゼント代です。 これらは全て含めて管理していますが、この項目も半年に一回は見直すように心がけています。 それぞれの項目の金額と、やりくりポイント 2018年6月度家計簿公開.

次の