キズパワーパッド 膨らま ない。 【医師が教える】キズパワーパッドの正しい使い方

キズパワーパットは使ってはいけない

キズパワーパッド 膨らま ない

バンドエイドキズパワーパッドは、傷・やけどを早くキレイに治す新しい絆創膏です。 キズパワーパッドを使えば、「消毒をしない」「乾燥させない」「かさぶたを作らない」という医療現場で行われている 湿潤療法(モイストヒーリング)が自宅でも簡単にできます。 ただ、 キズパワーパッドは使い方が特殊です。 初めて使うときは、本当に大丈夫?傷・やけどが悪化しない?と不安になります。 なぜなら、 キズパワーパッドの使い方は、普通の絆創膏のように 毎日貼り替えたりせず、傷口がジュクジュクのまま放置するだけだからです。 しかし、一度使えばその不安はなくなるでしょう。 傷・やけどがウソのように早くキレイに治るからです。 キズパワーパッドを使う前は消毒不要 キズパワーパッドは 細菌の感染がない傷・やけどのみに使うことができます。 消毒や抗生物質の塗り薬は不要です。 むしろ、キズパワーパッドを使う前に消毒をしてはいけません。 傷に塗布する軟膏やヨードチンキなどの殺菌消毒剤を、本品と併用しないこと キズパワーパッド説明書より キズパワーパッドを貼る前に塗り薬を塗ると、パッドの粘着力が弱くなって剥がれ(はがれ)やすくなります。 (キズパワーパッドは肌にしっかりと密着させないと剥がれる。 貼り方をマスターすることが大切!) を使う前にしなくてはならないことはたったひとつです。 傷口とそのまわりを 水道水 で十分洗うことだけです。 傷口に汚れがついている状態では傷口はキレイに治りません。 細菌が感染するリスクも残ります。 滲出液とは 擦り傷切り傷からはジュクジュクした液体が流れでてきます。 それを滲出液といいます。 滲出液には皮膚を再生する成分(傷を治す成分)が含まれ、自然治癒力を引き出す大切な成分です 疎水性ポリマーは傷口のデコボコになじんで、キズパワーパッドがしっかり貼り付くのを助けます。 ポリウレタンフィルム 空気に触れる部分(外側)は、 ポリウレタンフィルムでできています。 ポリウレタンフィルムは細菌や水の侵入を防ぎ、感染を防ぎます。 キズパワーパッドのサイズ キズパワーパッドは普通サイズから大きめサイズ、指用、特大サイズなど、多くのサイズがあります。 出典:キズパワーパッドHP 常備するならば、スポットタイプか大きめサイズあたりがおすすめです。 なぜなら、 滲出液を吸収したキズパワーパッドは想像以上に膨らみ、小さいサイズではすぐに容量オーバーになるからです。 くわしくは「」で解説しています。 キズパワーパッドの貼り方 キズパワーパッドはしっかり貼らないと、端からジワジワと剥がれてきます。 手を石鹸でよく洗う• 傷・やけどなどの傷口とそのまわりを水道水で洗い、 十分に乾燥させる。 (やけどは流水でよく冷やす)• 傷口より 大きいサイズのキズパワーパッドを選ぶ• キズパワーパッドは滅菌済絆創膏です• 切って使う、あまった部分の再利用はNGです• もったいないですが、傷よりサイズが大きいくらいがちょうどいいです• 使う直前に、 約1分間キズパワーパッドを手で温め、傷口に貼りつけた後さらに1分間温める (キズパワーパッドは温めるとやわらなくなり、伸縮して肌に貼り付けやすくなる) (冬は硬く貼りつきが悪い)• キズパワーパッドが傷口と周辺を 全ておおっていることを確認する (しっかり覆わないと効果がでない) キズパワーパッドを貼るとき、パッドをひっぱってはいけません。 伸ばしすぎるもとにもどらなくなって使えなくなります。 キズパワーパッドを貼った後の変化 キズパワーパッドは半透明です。 貼ってすぐは傷・やけどなどの傷口の様子が見えます。 貼ってしばらくすると、パッド(ハイドロコロイド)が滲出液を吸収してゼリー状に膨らみ、白く変化してドロドロになります。 キズパワーパッドHPを参考に作成 そのドロドロ状態こそが、キズパワーパッドの効果が発揮できる 湿潤環境が維持されている状態です。 効果はこちらでくわしく解説中! 『』 キズパワーパッドにドロドロの膿? キズパワーパッドを貼ってしばらくすると、滲出液を吸収して膨らみ、膿がわいたように見えます。 剥がしたときも、傷口とパッドにドロドロした膿がついているようにも見えます。 (臭うので、初めて使ったときはけっこうあせります) しかし、ドロドロしたモノは膿のように見えるだけで膿ではありません。 (感染が起こっているわけはない) ドロドロが膿ではない理由はこうです。 細菌やウイルスに感染すると炎症反応が起こります。 その炎症反応の指標が次の 4つの症状です。 疼痛(痛み)• 発赤(赤み)• 熱感(熱を持った感じ)• 腫脹(腫れ) 本当に感染が起こっているのなら、傷口に痛みがあったり熱がこもった感じがあるはずです。 反対にそのような症状がないのであれば、膿ではないということです。 肌に残ったドロドロした膿みたいなものは、キズパワーパッドを貼り替えるときに水で洗い流してください。 もっとくわしく知りたい場合はこちら! 『』 キズパワーパッドの使い方2 貼り替え・剥がすタイミング キズパワーパッドは一度貼ったらできるだけ貼りっぱなしがいいです。 その方が傷が早く治るからです。 しかし、傷口が治るまでに 剥がして貼り替えるタイミングが何度かあります。 まず、剥がすタイミングは1日以内にやってきます。 キズパワーパッドを貼ってすぐは、滲出液をグイグイ吸収してパッドがパンパンに膨らみ、すぐに用量オーバーになるからです。 そして、吸収する滲出液は貼り替える度に減っていきます。 キズパワーパッドHPを参考に作成 それからは2日、3日と貼り替えの期間は延びていくでしょう。 普通の傷・やけどであれば、2. 3回の貼り替えで見違えるほど傷口はキレイになっていることでしょう。 キズパワーパッドの使い方3 痛くない剥がし方 普通の絆創膏は、端っこから少しずつ上に引っ張りながら剥がしますよね。 でも、この剥がし方をキズパワーパッドでやってしまうと、新しくできた皮もいっしょにメリッと剥がれてアア~ッ!!となります。 キズパワーパッドは少し 特殊な剥がし方をします。 剥がすときは、傷口の皮膚を押さえながらパッドの端を少し持ち上げ、 皮膚に平行に何度もひっぱって剥がします。 こんな感じにです。 出典:キズパワーパッドQ&A キズパワーパッドは肌にピッタリなのはいいのですが、剥がしたいときに剥がれないのが難点です。 どうしても剥がれない場合は、風呂でパッドをやわらかくしてから、風呂に上がる直前に剥がします。 傷・やけどに直接あたるところは、特に注意して剥がします。 剥がし方の極意はこちら! 『』 キズパワーパッドのやめどき 絆創膏と同様に、いつまで?何日で治る?という正確な日数は不明ですが、次の条件を満たしているならば、キズパワーパッドはやめどきでしょう。 傷口から滲出液が出ない• 新しい皮膚ができあがっている ただし、新しい皮膚は傷つきやすいため、少しの間は通常の絆創膏で保護した方が無難です。 最後に失敗しては、せっかくのキズパワーパッドも台無しです。 (しかも1枚の値段が結構高い!記事の後半にリンクを貼っているので値段のチェックに使ってください) キズパワーパッドは傷痕には効果がありません。 傷痕に効果が期待できる薬は アットノンです。 『』 キズパワーパッドを使えば風呂・プールもOK! は2~3日貼りっぱなしが基本的な使い方です。 貼ったまま風呂・プールに入っても全く問題ありません。 キズパワーパッドを貼って風呂・プールに入っても、傷口がしみたり簡単に剥がれたりしないのはポリウレタンフィルムのおかげです。 もし、風呂・プールでパッドが端から剥がれてくるようであれば、それは貼り替えのタイミングです。 『』 キズパワーパッドは持ち歩こう 子供が小さいと、いつ怪我して傷を作るかわかりません。 滲出液が乾燥してかさぶたができてしまえば、キズパワーパッドは効果を発揮しません。 私も何度キズパワーパッドが手元になく後悔したことか…。 持ち歩いてこそ価値があります。 細菌の感染を起こす傷、やけどとは• 動物や人(子供)に噛まれた傷• かきむしり傷 (になる可能性)• 、虫刺されの傷• 深い刺し傷• 深いやけど• 広範囲のやけど• 原因不明の傷 理由はわかりませんが、 2歳以下の子供はキズパワーパッドは使えません。 『』 まとめ リンクをクリックすると記事内の対応する場所へ戻ります。 キズパワーパッドは傷・やけどを早くキレイに治す湿潤療法が自宅できる。 キズパワーパッドはが特殊(貼りっぱなしでOK)。 使う前に水で傷口を洗い流す()。 キズパワーパッドは傷・やけどより大きめのサイズを使う。 キズパワーパッドを貼ると、傷口から膿のようなドロドロのゼリー状のモノが出てくるが、。 は、滲出液でパッドがパンパンになったとき、パッドの端がはがれてきたとき。 は、皮膚を押さえながらパッドの端を少し持ち上げ、皮膚に平行に何度もひっぱりながら剥がす。 貼ったまま、お風呂、シャワー、プールはOK。 ひどいやけどや、やけどの範囲が広い場合は病院の受診をおすすめします。

次の

キズパワーパッドTM Q&A

キズパワーパッド 膨らま ない

キズパワーパッドが使えるケースは以下のようなものでしょう。 ・軽い切り傷や擦り傷 ・軽度のやけど ・あかぎれやさかむけ ・靴擦れ ・カサブタが出来る前の傷 ・潰れた後のニキビ など ですから、それ以外のケースでは本来のパワーを出せない事も知っておかなければなりません。 取りあえずキズパワーパッドを貼ってみて以下のような時には、貼るのを止めて医師に相談する事が出来ます。 医師の正しい治療が必要かもしれません。 一度医師に相談してから判断しましょう。 キズパワーパッドの説明書きには、最大で5日間貼ったままに出来る事が記されています。 しかし、ケースバイケースで貼り替える事は個人に任されていますから、必要であれば貼り替えましょう。 しかしながら、1週間経っても傷口が良くならない場合には、患部に何らかの炎症が起きている可能性も考えられます。 以下のような点を注意しておきましょう。 ・傷口がグシュグシュしている 最初の数日はともかく、1週間以上皮膚の状態が落ち着かない場合には皮膚科に行って診てもらいましょう。 ・傷口が白くなっている 皮膚が治っている段階であればもうしばらく待ちましょう。 痛みや熱を伴う場合にはバイ菌に感染している可能性が考えられますから、皮膚科を受診しましょう。 ・糖尿病や血行障害の治療を受けている人 キズパワーパッドを使っても皮膚の活性が遅いケースが見られますから、ケガをしたら先ずは医師や薬剤師に相談して使用を決めましょう。 この場合は、皮膚科でなくてもかかりつけの医師に相談出来るでしょう。 ケガをして先ずしなければならない事は洗浄です。 その際、消毒薬やクリームは不要ですが、患部に汚れやゴミが全くない事を確認する事がとても大事です。 では、ケガをしてから完治までの流れを見ていきましょう。 傷の深さや大きさ、出血の量によっては直ぐに病院に行く方が良い場合もあります。 プヨプヨしている時は、まだ治りきっていない可能性があります。 あと1~2日待って剥がしてみましょう。 滲出液は傷口を治すためには不可欠な養分ですが、多すぎても細菌感染の原因になってしまう事があります。 最初の段階で、滲出液が多量に出る場合では、小まめに取り替える事も出来るでしょう。

次の

キズパワーパットは使ってはいけない

キズパワーパッド 膨らま ない

キズパワーパッドを使用したら傷口が悪化 まずキズパワーパッドの裏面を読みました。 <効能・効果> 切り傷、すり傷、かき傷、あかぎれ、サカムメ、靴づれ等の創傷及び軽度の火傷の「治癒の促進」、「痛みの軽減」、「湿潤環境の維持 」、「保護」 はいはい。 これを読むと大まかに傷には使って大丈夫ね。 という印象だったので迷わずカートイン。 息子の膝は転んで出来た傷だったので普通のすり傷程度でした。 でも、大げさに痛がるので「あ!そういえば傷の治りを早めるという絆創膏があったよね!」と思って買いに行ったんですよね。 さらに裏面にはこう書いてあります。 <正しく効果を得るために>• 傷は水道水でよく洗う• 怪我をしたらすぐ使う• 消毒剤やクリームと一緒に使わない• キズの経過観察を怠らない 全てこの通りに行い傷口にキズパワーパッドを貼りました。 貼ると確かに痛みが和らいだらしく、防水効果もバッチリだったのでシャワーも浴びることができたし普段通りにしてその日は就寝しました。 朝起きて、息子の傷口を見てみると説明書通りキズパワーパッドの傷口にかかる部分が白くなって膨らんでいました。 これは体液を吸収して白く膨らみ、傷に潤いを保っているという証拠だと書いてあったのでそのまま信用しました。 そして、幼稚園に行きました。 しかし、帰ってきてから見てみるとキズパワーパッドの白く膨らんだ部分が破れている! どうしたのか?と息子に尋ねると「痒くてかいたら破れた」というのです。 確かに、かさぶたを人工的に作っていると言う状態なのでかゆいか〜。 とも思い、様子を見ることにしたのですが傷口が心配で・・・。 なんだかかぶれて悪化しているようにも見えます。 キズパワーパッドの糊が強すぎて皮膚まで剝がし取ってしまう どう見ても傷口が悪化しているようだったのでキズパワーパッドを外そうと思いました。 でも、キズパワーパッド全面についている糊が強すぎてなかなか剥がれない! これはダメだと思い、ワセリンを皮膚とキズパワーパッドの間に塗り込みなんとか剥がしてはみたものの糊とキズパワーパッド本体のビニールがドロドロに溶けた状態のものが皮膚にこびりついていてなかなか剥がれない。 どう見ても傷が治ってきていた薄い皮膚も一緒に剥がれてしまった様子なんです。 これは、素人が見てもヤバい状態なのは一目瞭然。 すぐに皮膚科へ行きました。 すると皮膚科の先生も驚いている様子! すぐに連れてきて正解だと。 悪化して飛び火して他の皮膚の部分も化膿しているというのです。 先生はイソジンを綿に染み込ませてキズパワーパッドの糊と溶けたビニールをはがしてくれました。 そして、「テラ・コートリル軟膏」という抗生物質と副腎皮質ホルモン配合の塗り薬と、傷口を湿布する「ボチシート」という薬を出してくれました。 さらに、皮膚が化膿しているので抗生物質も飲んでくださいと処方されました。 キズパワーパッドは擦り傷には向かない 皮膚科の先生曰く 「キズパワーパッドは使い方が難しいんだよね〜。 擦り傷には向かないのよ。 包丁でスパッと切ってしまったような傷には効く場合もあるんだけど、こうも糊が強いんじゃ擦り傷の薄皮もはがしてしまうし、擦り傷に残った雑菌を皮膚に密閉してしまっている状態を作るのでそりゃ、悪化するよね〜。 消毒剤は使うなって書いてあるしね〜。 難しいよね〜。 」 とのこと。 キズパワーパッドを完全否定しているわけではないものの素人判断で使うには難しい商品だとおっしゃってました。 キズパワーパッドは使ってはいけない 総じて考えてみるとやっぱりキズパワーパッドは使ってはいけない商品なのでは?と思うのです。 箱の中にある説明書にも書いてありましたが注意事項が多すぎる。 注意事項 2週間以上回復しないキズは医師のアドバイスを 2週間以上経過しても回復しないキズは、家庭で手当できる範囲より重いキズな場合や、何かキズを治りにくくする原因がある場合が考えられます。 病院に行って医師のアドバイスを受けるようにしてください。 次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談してください。 ・糖尿病や血行障害の治療を受けている人。 ・強い倦怠感を感じていたり、発熱があるなど全身状態がよくない人。 ・アレルギー体質の人や、薬や絆創膏などで発疹などの過敏症状を経験した事がある人。 2歳以下の乳幼児には使用しないでください。 かみキズ、刺しキズ、裂けキズの手あて 動物や人に咬まれた時やひどい虫さされは病院へ。 刺しキズは異物が深く入り込んでいる恐れがあります。 また、裂けたキズ口はふぞろいでキレイにふさがりにくいので医師に任せましょう。 火傷の手あて すぐに流水(冷水)で冷やすことが大切です。 無理に衣服を脱がせるのは禁物。 皮膚を傷つける場合があります。 服の上から水をかけるか、衣服を切って患部を冷やしましょう。 火傷が深そうだったり範囲が広かったりしたら、保冷グッズなどで冷やしながら病院へ。 低温火傷の手当 低温火傷の場合は、範囲が狭くても深い可能性があるので、自分で判断せずに病院で受診してください。 化学熱キズの手当 高温だけでなく、酸やアルカリなど刺激性の物質による火傷もあります。 このような化学熱キズは深くなりやすいので、自分で判断せずに病院で受診してください。 火傷にともなう水ぶくれの手当 水ぶくれ(水疱)を破らないようにすることが大切です。 もしも破れてしまったら、皮を切り取ることができる場合は切り取り、救急ばんそうこうでカバーします。 皮を無理にはがしてはいけません。 火傷の他に、靴ずれなどの圧迫や摩擦によっても水ぶくれができることがあります。 なんだとか。 さらに、アレルギー体質の方はご使用をお控えください的なこともよく読むと書いてありました。 アレルギー持ってない人の方が今の世の中少なくない? 花粉症だって立派なアレルギーですからね・・・。 私も最近靴づれをしてしまったのですが、この商品を使うのはやめよう〜と思い、家に大量に余った状態であります。 これからの季節、子供は半袖半ズボンでお出かけすることも多くなり、怪我をする機会も増えるとは思いますが、安易にキズパワーパッドを使ってしまうと私たちのような結果を招くことも考えられますのでご注意くださいね。

次の