インフォ で ミックス。 インフォデミック(いんふぉでみっく)の意味とは?解説してみた。

Informix

インフォ で ミックス

0(日本語版)」(以下Red Brick)のWindows 2000対応版の出荷を、6月9日から行うと発表した。 Red Brickは、データウェアハウス専用に開発されたDBMSで、大規模データのロード、大量データの検索、集約、分析などの能力に優れ、おもにOLAPやデータマイニングなどの用途に用いられる。 特に、最近では顧客の購買行動などを蓄積し、データマイニングなどで購買パターンを発見するといったことが企業のマーケティング活動なかで重要になってきており、、そのためにデータウェアハウスの必要性も高まっている。 マイクロソフトはこうしたデータウェエアハウス機能をSQL Server 7. 0で「OLAPサーバ」として追加した。 今回のRed Brickも基本的なスタンスは同じで、通常のトランザクション処理にはInformix Dynamic Serverなどの製品を用意しており、データウェアハウスといった特定用途向けにRed Brickを用いる。 Red Brick 6. 0ではデータの中にインターネットのURLを含むことができるようになったため、Webサイト上のユーザーのアクセス履歴などを格納、その振る舞いも分析できるようになった。 扱えるデータ量は、数テラバイト以上の拡張が可能。 今回のリリースによりUNIX、WindowsNT4. 0のほかにWindows2000上での稼動をサポートすることで、UNIXとWindowsでほぼ同様のOLAP環境の構築が実現する。 [関連リンク] 情報をお寄せください:.

次の

あと1カ月で歴史に幕を下ろすインフォミックス

インフォ で ミックス

新型コロナウイルスは中国での感染者数が2万人を超えました。 その死者数は2003年に流行したSARSを上回るなど、感染が拡大しています。 また2月3日にから横浜港に到着していたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」の乗客のうち10人から、新型コロナウイルスの陽性結果が出たとの報道もありました。 2月5日に確認された感染者を含めると、日本では20人の感染が確認されています。 このように感染者数の増加や感染の拡大に伴い、不安も伝播しています。 インターネット上では多くの人々が最新の情報を求め、また有力そうな情報を拡散しています。 インターネットが普及し誰でも簡単に情報を手に入れられ、拡散できるようになった一方で、世界を巻き込んだ「インフォデミック(Infodemic)」が起こっています。 関連記事 目次• 新型コロナウイルス対策はさながら「インフォデミック(Infodemic)」との戦い WHO(世界保健機関)のグローバル危機準備担当局長シルビー・ブリアン医師は、2月4日に行われた記者会見で「根拠のない情報が大量に拡散する インフォデミック(Infodemic)が起きている」と指摘しました。 ここで言及されたインフォデミック(Infodemic)とは、誤った情報が拡散され人に伝播していくことで混乱が生じる現象を指します。 ブリアン医師が指摘するように、ネット上では新型コロナウイルスに関する様々な憶測やデマ情報が溢れ人々の不安を招いています。 インフォデミック(Infodemic)が起こる事によって、正しい情報が伝わりづらくなり、場合によっては正しい情報を懐疑的に受け止めるような心理状態となります。 インフォデミック(Infodemic)の例 新型コロナウイルスの感染者が日本国内で増えた事により、「感染予防をしなくては」という不安からマスクの大量買いが発生しました。 それにより各地でマスクの品薄が報道され、その情報を見た人の不安を煽りさらにマスクを買い求める、さらには転売するなどの悪循環が起こっています。 マスクが品薄になり、本当に必要な人に行き渡らなくなるなど混乱が起こっています。 しかし、新型コロナウイルスは空気感染ではなく飛沫感染や接触感染が主な感染ルートです。 そのためマスクを着用するだけでは感染を防ぐことはできません。 マスクをする主な目的は、 感染者が他の非感染者に移さないようにするための咳エチケットです。 厚生労働省からも繰り返し発表されているように、新型コロナウイルスの感染予防には石けんやアルコール消毒液などによる手洗いが重要です。 デマ情報に惑わされず、正しい情報を入手するには インフォデミック(Infodemic)が起こると、何が正しい情報なのか、何が間違っている情報なのかを判断するのが非常に難しくなります。 ブリアン医師は会見で「ウイルスについてわかっていることと解明されていないことを伝えることが重要」だと述べており、WHOはホームページやTwitterのトップページで新型コロナウイルスに関する情報を提供しています。 日本では首相官邸のウェブサイト上で 「各都道府県の新型コロナウイルスに関するお知らせ・電話相談窓口」という特設ページを設けています。 各都道府県が公表している新型コロナウイルスに関するお知らせや、保健所等による電話相談窓口のページをまとめたページです。 普段利用しているSNSなどから情報を取り入れることも大切ですが、重要なのは情報の発信元です。 感染病の流行を恐れるならば、行政府などが提供している情報を活用し、正しい知識を身に着けたうえで有効な感染症予防に努めるべきでしょう。 <参照> 厚生労働省: NHK政治マガジン: 首相官邸: 東洋経済オンライン: 読売新聞: 毎日新聞: 毎日新聞: United Nations:.

次の

【新型コロナ】“インフォデミック”の仕組みを解説、情報の真偽を確認し冷静な行動を |ビジネス+IT

インフォ で ミックス

歴史 [ ] 1980年: 草創期 [ ] ロジャー・シップル Roger Sippl とローラ・キング Laura King は、コンピュータメーカーであるに勤務していた。 そこで報告書作成ソフトウェアのための 技術に基づいた小型のの開発に従事した。 シップルとキングは1980年にクロメンコ社を辞め、 Relational Database Systems RDS)を設立した。 最初の製品 Marathonは彼らがクロメンコで開発したシステムの16ビット版であり、の初期の向けの Onyx 上で動作した。 彼らは成長しつつある RDBMS 市場に注目し、1981年に Informix INFORMation on unIX)をリリースした。 これには独自の言語 Informer が含まれていた。 また、データを抽出して読みやすい報告書を作成するサブシステム ACEも付属していた。 画面入力フォーム作成ツール PERFORMもあり、ユーザーが対話的にデータベースとやりとりすることができた。 この製品の最終バージョンは3. 30で、1986年にリリースされた。 、新たなベースのクエリエンジンが INFORMIX-SQL ISQL バージョン1. 10の一部としてリリースされた。 もちろんACEとPERFORMのSQL対応版も含まれている。 ISQLと以前のInformixの最大の違いは、データベースアクセスコードをクライアントコードと完全に分離した点である。 これがクライアント・サーバ型のデータベースシステムへの布石となった。 1980年代前半を通してInformixは市場で優位に立つことはなかったが、1980年代中ごろにはUNIXとSQLの組合せが人気となり、情勢が変わってきた。 にはにこぎつけ、社名を Informix Softwareに変更した。 当時の製品はINFORMIX-SQLバージョン2. 00と INFORMIX-4GL 1. 00であり、どちらもデータベースエンジンと開発ツールを含んでいる(I4GLはプログラマ向け、ISQLは非プログラマ向け)。 その後も新製品のリリースが続き、新たなクエリエンジンを使ったINFORMIX-Turboがリリースされた。 TurboはISAMよりマルチユーザー性能が優れたRSAM技術を使っている。 1989年、バージョン4. 00製品がリリースされ、TurboはINFORMIX-OnLineと改称(オンライン状態でユーザーが使用中にデータベースバックアップが可能)、従来のC-ISAMベースのサーバ機能(ISQLとI4GL)はツール群と分離され、INFORMIX-SE Standard Engine と改称された。 Informix OnLineのバージョン5. 00は1990年末にリリースされた。 これにはとによる機能が含まれている。 1988年: Innovative Software 買収 [ ] 、InformixはDOSおよびUNIX向けのオフィスソフトのメーカー Innovative Softwareを買収した。 特にという用が有名であった。 は高度なGUIで巨大な表が使え、HyperScript と呼ばれる風の言語でプログラミング可能であった。 最初のリリースは好評で、に次ぐ2位のシェアを獲得した。 、WingZは主に系OS向けにいくつかのプラットフォームに移植され始めた。 このころ、多くの金融機関は大型の金融モデルを計算するためにパーソナルコンピュータよりも強力なシステムを必要としており、UNIXワークステーションがその目的で使われ始めたのであった。 そのため、ある期間WingZはこのニッチ市場で成功を収めた。 しかし、サーバ向けでないソフトウェア市場に対する全体的な理解不足から、開発やマーケティングのリソースが不足するようになった。 1990年代初めWingZは競争力を失い、Informixはこれをに売却した。 また、ライセンスはに売却され、そこからGUIを改良してClaris Resolveが生まれた。 1994年: 動的スケーラブルアーキテクチャ [ ] オフィスソフトで失敗し、Informixは再度データベースサーバ市場に注力するようになった。 1994年、との協業でInformixはバージョン6. 00データベースサーバをリリースした。 その目玉となった機能が動的スケーラブルアーキテクチャ DSA である。 DSAは製品のエンジン中核部を大幅に刷新し、垂直および水平の並行性をサポートするもので、シークエントが得意とした向きのマルチスレッド型コアを採用していた。 この動きにやも追随した。 これにより業界でもトップレベルのを備え、にもにも対応可能となった。 現在は IDS として知られるこの製品は 1994年にバージョン7がリリースされた。 当時、ちょうどUNIXでは対称型マルチプロセッシングが一般化しつつあった。 バージョン7は当時の競合他社製品より進んでおり、性能でも常に勝っていた。 その結果、Informixは1997年までにを押しのけ、業界2位となったのである。 バージョン7の成功により、Informixは中核部分の設計を2段階とし、従来からの延長を XMP eXtended Multi Processing 、より大型のシステム向けを XPS eXtended Parallel Server として、バージョン8をリリースした。 XPSはやクラスター上のデータベースを指向している。 1995年: Illustra 買収 [ ] 、Informixは ORD に着目し、を買収した。 Illustraはの開発チームが作ったもので、データベースとを関連付ける各種機能を備え、多くのプロジェクトでプログラミングにかかる時間を劇的に改善できる機能が備わっていた。 Illustraには DataBladesと呼ばれる新たなデータ型をサーバに導入できる機能があった。 これらの機能がSQLがデータやマルチメディアデータを扱う際の問題への解決策を与えた。 Informixはこれらの機能を7. x OnLine製品に取り入れ、 IUS と名づけた(また、通常バージョン9と呼ばれている)。 V8 XPS と V9 IUS はにリリースされ、Informixは3大データベース企業(他はと)の中でいち早くオブジェクト関係データベースをサポートすることとなった。 特にDataBladesは注目され、人気となり、即座に各プラットフォームに移植されていった。 他社はこの動きにあわてた。 オラクルは追加パッケージとして時系列サポートを1997年に行い、サイベースはに解決策を求めた。 1997年: 経営問題 [ ] 技術的には成功したものの、マーケティングと企業運営での失敗が影を落とした。 1997年4月1日、Informixは収益が予測より1億ドル少ないことを公表した。 この時点がInformixの成長の最高点だった。 技術的には進化を続けたものの、1997年の解任に端を発した経営陣のごたごたにより、会社は勢いを失っていった。 2001年: その他の買収 [ ] 、Informixに起きた出来事はもはや技術革新の話ではなかった。 3月、Informixは、それまでも何度も合併を繰り返してきたArdent Softwareを買収した。 これにより、多次元型エンジンUniVerseとUniDataが製品系列に加わった。 他にもInformix以外のエンジンとしてデータウェアハウス向けのRed Brick、で書かれたCloudscapeなどもあった。 6月、Ardentの前CEO James D. FoyがInformixのCEOに就任し、彼はInformixを買収の対象として魅力的になるよう改編していった。 大きな変更として、全てのデータベースエンジン技術とアプリケーションおよびツールを分離した。 、IBMはInformixを買収し、そのデータベース技術とブランドと将来の開発計画と10万を超える顧客ベースを入手した。 アプリケーションおよびツールは買収には含まれず、Ascential Softwareという会社になった。 2005年5月、IBMはAscential Softwareの買収も完了した。 2002年: 経営問題の余波 [ ] 11月、1997年に解任された元CEOフィリップ・ホワイトは連邦大陪審に起訴され、セキュリティ、メール詐欺など8つの訴因で告発された。 13ヵ月後、司法取引により米国証券取引委員会への偽の報告書提出の罪を認めた。 5月、司法省はホワイトが2ヶ月間連邦刑務所に収監されたことを発表した。 また、罰金は1万ドルで、2年間保護観察下におかれ、300時間の公共サービス従事が義務付けられた。 この発表では、これらが株主が被った損害を考慮した罰ではないことを強調した。 2005年11月、Informixと フィル・ホワイトの事の顛末を記した本が出版された。 参考文献 [ ]• 記事のアーカイブ 、.

次の