利根川 ライブ カメラ 群馬。 利根川水位ライブカメラ一覧!河川氾濫の可能性や最新被害情報!

利根川ライブカメラ映像!水位情報や氾濫情報は?ツイッター動画は?

利根川 ライブ カメラ 群馬

1-1 指針の目的 本指針は河川管理業務を円滑に遂行するために、利根川ダム統合管理事務所管内に設置するCCTVカメラの整備に関する基本方針を整理し、設置済みCCTVカメラ再編及び今後の新規整備の指針とするとともに、監視運用体制等を定め、CCTVカメラの有効活用を図ることを目的とする。 1-2 適用範囲 本指針は利根川ダム統合管理事務所が管内においてCCTVカメラを設置・運用する場合に適用する。 1-3 用語の定義・解説 1 CCTV : 現場に設置した監視カメラから事務所、又は出張所に配置したモニターシステム迄の一連をいう 2 CCTVカメラ : 現場に設置した監視カメラ 3 空間監視カメラ : CCTVカメラの内、河川の流況、河川空間及び地震防災等のために広範囲を監視するカメラ 4 施設監視カメラ : CCTVカメラの内、排水機場等の操作を行う際に安全確認等を行うカメラ(施設操作等に支障をきたさない範囲で空間監視カメラの補足としての使用を妨げるものではない。 ) 5 映像記録管理責任者 : 全ての記録映像の取り扱いについて責任を負う者 6 映像記録管理者 : 記録の必要が生じたときに、映像の記録を行い管理・保管する者 7 監視担当者 : 目的に応じて設置されたCCTVカメラをモニター等により監視をする者 1-4 設置・運用の基本的考え方 CCTVカメラを設置・運用することにより、より効率的でかつ省力化・高度化した河川管理等を可能とならしめるものとする。 CCTVカメラについては、設置目的が明瞭であるとともに、設置・管理にかかるコストも考慮し、適正な配置にするものとする。 1-5 CCTVカメラ設置・運用のあり方 CCTVカメラの設置・運用に当たっては、以下について検討されるべきである。 1 目的が正当であること 2 客観的かつ具体的な必要性があること 3 設置状況が妥当であること 4 設置及び使用による効果があること 5 使用方法が妥当であること 1-6 CCTVカメラの種類と選定 本指針に基づき設置するCCTVカメラの種類は、CCTV設備機器仕様書(案)により、設置目的及び設置場所等を考慮の上選定する。 2-1 設置目的 CCTVカメラは非常時時及び平常時において河川流況、河川管理施設等の状況を的確に把握し、河川管理業務を円滑に遂行することを目的として設置するものである。 なお、収集した映像情報は、必要な箇所へ映像を提供しなければならない。 1)非常時 1 洪水時 2 渇水時 3 水質事故時 4 地震時 2)河川巡視等の補助 ダム湖面巡視 3)広報等(非常時及び平常時の情報提供) 2-2 設置場所 CCTVカメラを設置する場所は、以下の施設等を監視できる場所とする。 設置にあたっては、地域条件や監視する施設等の特性を考慮し位置を選定するものとする。 (1)基準水位観測点 (2)危険水位設定箇所及び水衝部や旧川跡・過去の災害実績箇所等の治水上重要な区域 (3)調節池(越流堤、流入堤等) (4)主要橋梁 (5)排水機場、水門、樋門・樋管、堰及び河川情報掲示板等 (施設監視カメラ) (6)支川分合流点 (7)不法投棄等違法行為常習区域 (8)環境上の重要区域 (9)事務所及び出張所 (10)その他、河川管理上必要な箇所 2-3 設置計画 CCTVカメラの設置計画については、「利根川上流IT整備計画」を基本とし、重要度の高い順に計画的に設置していくものとする。 なお、CCTVカメラの整備状況等を随時検討し、計画を見直していくものとする。 2-4 再編計画 設置済みのCCTVカメラについては、随時その必要性を見直し、設置目的が失われたと判断された時には、必要箇所へ移設するものとする。 2-5 CCTVカメラの未設置区間の対応 CCTVカメラ未設置区間等において、映像情報の必要が生じた場合は可搬型カメラ等を活用するものとする。 3-1 基本的考え方 CCTVカメラは、その設置目的により監視担当者が、その必要性に応じ監視しなければならない。 3-2 監視体制 設置目的に即した監視体制を適切に定めておくものとする。 3-3 映像の監視場所 映像の監視は、利根川ダム統合管理事務所及び出張所の執務室又は災害対策室とする。 ただし、非常時には現地対策本部等外部からも監視できるものとする。 3-4 CCTVカメラ操作 1 CCTVカメラの操作は、監視担当者が行うことを原則とする。 2 CCTVカメラ操作にあたっては、不要な方向等、目的以外のエリアを意図的に対象としてはならない。 3 CCTVカメラの操作は、目的以外の利用により個人が特定されることのないよう配慮するものとする。 3-5 映像の記録 1 保管の目的 CCTVカメラの映像は、不法行為等の抑制、事件・事故等予期せぬ事態発生時に発生状況確認及び災害等の記録を目的に、必要に応じて記録保管することができる。 2 保存の期間及び画質 保存は、一定期間とし、設置目的に即する画質とする。 ただし、災害等の記録で今後、解析・調査等に用いる可能性のある場合にはこの限りではない。 3-6 管理者等の指定 映像記録管理責任者は事務所長とし、映像記録管理者は担当所属長とする。 3-7 管理者等の責務 1 映像記録管理責任者・映像記録管理者及び監視担当者(以下「管理者等」という)は、映像から知り得た情報を他に漏らしてはならない。 また、その地位を退いた後も同様とする。 2 管理者等は、原則として録画した映像を公開してはならない。 3 映像記録管理者は、映像の保管にあたっては、撮影時の画像のまま保管するよう努めなければならない。 4 映像記録管理責任者は、映像の漏洩、流出等の防止、その他の安全管理のための必要な措置を講じなければならない。 4-1 関東広域情報ネットワークに即した提供 関東広域情報ネット構想に基づき情報ネットワークを構築し、関係自治体・メディア等と積極的にネットワーク化を図り、一般市民までを含めた情報共有化を行うために、映像情報を提供出来るものとする。 4-2 自治体・マスメディアへの提供 関係機関への情報伝達や情報の共有化を図ることを目的に以下の主要地点の映像を提供出来るものとする。 (1)基準水位観測点 (2)主要橋梁(流況) (3)合流点 (4)その他情報共有(提供)が必要とされる箇所 4-3 事務所ホームページ等での提供 非常時においては、洪水被害の予防や迅速な避難等への支援のため、また、平常時においては、河川へ親しみを持ってもらうための情報提供を行うことを目的に、プライバシー保護に十分配慮した上で、以下の主要地点の映像を選定し、ホームページで提供出来るものとする。 (1)基準水位観測点 (2)その他必要に応じ 4-4 その他の提供 一般市民へ直接情報提供を行う必要がある場合は、情報掲示板や公共施設へ映像情報を提供出来るものとする。 4-5 映像情報提供のルール 映像情報の提供は、非常時等に停止する場合があること、又は変更する場合があることを付記するものとする。 5-1 プライバシーの保護 個人のプライバシーの保護に十分配慮し、下記についてホームページまたは、市区町村の広報等により公表を行うほか、操作運用にあたって留意するものとする。 (1)公 表 1 河川管理用としてCCTVカメラが設置されていること 2 河川管理行為として、録画されていること (2)操 作 1 CCTVカメラ操作にあたっては、不当な方向等、目的以外のエリアを意図的に対象物としないこと。 ただし、浸水被害が発生するなど緊急時には民家等の方向へ旋回する場合もあること。 2 CCTVカメラの操作は、目的以外の利用により個人が特定されることのないよう配慮すること。 5-2 苦情処理 CCTVカメラでの監視、映像記録について住民などから苦情が寄せられた場合は、関係課及び所管支所において適切に対応する。 5-3 司法機関、警察等への協力 CCTVカメラの記録映像は、原則として公開しない。 ただし、司法機関や警察から書面での提出の依頼等があった場合は、法令等に基づき提出する場合がある。 また、他の行政機関や一般住民に対しては、個別に対応するものとする。 5-4 盗難防止 設置したCCTVカメラ等については、盗難等の防止のため、カメラ本体、制御盤等、個別に対策を施すものとする。 5-5 保守点検 CCTVカメラが常に良好な状態で動作するために、保守・点検に努めるものとする。

次の

利根川群馬県庁裏ライブカメラ(群馬県前橋市大手町)

利根川 ライブ カメラ 群馬

局地的な大雨により、群馬県・茨城県・埼玉県・千葉県を流れる 利根川 (とねがわ)の増水が懸念されています! 今後さらに増水する恐れがありますので、河川には近づかないように十分お気をつけて下さい。 こちらの記事では 利根川のライブカメラ映像や水位、現在の状況や最新情報をご確認いただけます。 深夜など辺りが暗くてライブカメラ映像がよく見えないときでも、 安全な場所から水位を確認していただけるので、とても安心です。 また、 リアルタイムのツイッター情報や避難の手順もご紹介しています。 もし避難の準備をされる場合は、 必要なアイテムなどの情報もまとめていますので参考になさって下さい。 最後に、 知っておいて損はない 火災保険の情報も紹介していますので、この機会に見直されてみてはいかがでしょうか。 3分で分かる カンタン一括無料見積もりもご紹介しております。 出典元:気象庁• 氾濫発生情報: 災害がすでに発生している状況。 命を守るための最善の行動をとってください。 氾濫危険情報: 避難が必要。 避難勧告の発令に留意し、 発令されていなくても自ら避難の判断をしてください。 氾濫警戒情報: 高齢者等の避難 が必要。 避難開始の発令に留意し、高齢者等の方は 自ら避難の判断をしてください• 氾濫注意情報: 避難行動の確認が必要。 ハザードマップや避難先、 避難経路を確認してください。 今後、雨足が強まると、 上流の河川が増水し水位が一気に上昇することも考えられます。 むやみに河川には近づかないように十分お気をつけて下さい。 気象庁の最新情報はホームページから確認することができます。 スポンサーリンク 利根川の最新ツイッター情報 現時点(2020. 氾濫・決壊が起きた場合の手順 まずは、 正確な情報を確認しましょう! ラジオ・インターネット・テレビ等で最新の気象情報を確認しつつ、 地域の防災情報も確認しましょう! 避難する際に持っていくものの準備などをしておくと良いですね。 氾濫した水は茶色く濁っていて、水路と道路の境やフタが開いているマンホールの穴は見えません。 やむを得ず水の中を移動するときは、 棒などで足元を確認しながら移動すると良いですね。 また、氾濫した水の流れは勢いが強く、水深が膝程度になることもあります。 長靴よりひも付きのスニーカーが良いですよ。 車で避難される場合は、 浸水の深さによって走行可否や危険が伴います! 0~10cm:走行に関し、問題はない。 10~30cm:ブレーキ性能が低下し、安全な場所へ車を移動させる必要がある。 30~50cm:エンジンが停止し、車から退出を図らなければならない。 50cm~:車が浮き、また、パワーウィンドウが作動せず、車の中に閉じ込められてしまい、車とともに流され非常に危険な状態となる。 jaf. htm 参考:千葉県津波避難計画策定指針 立体交差道路やガード下など、 高低差のある道路には水がたまりやすいので避けて下さいね。 また、避難場所でなくても、高台にある丈夫な建物であればそこにとどまることも選択肢の一つです。 最低限必要なものは? 持ち物は リュックサックに入れ、 両手を自由にすることが大切です。 と言われても、焦って何を持って行ったらいいかわからない。。。 そんな時はこちらを参考にしてみて下さい。 現金・通帳・印鑑・カードなど:普段からひとまとめにしておくとすぐに持ち運べます• 証明書類:免許証や保険証など• ペットボトルの水:水分補給や傷口洗浄にも使えます• 最低限の食べ物:避難所によっては準備されていないこともありますので、日持ちのするものがいいですね• アメやチョコレート:糖分補給や空腹をしのげます• 携帯電話:連絡手段はもちろん、ネット・ラジオの情報収集やライトとしても使えます• 充電器:携帯の充電をするために必要です• 羽織れるもの:毛布やジャケットなど防寒に使えるもの 準備する時間が限られている時は、 これだけは持って避難できるといいですね。 雨に濡れると身体が冷えてしまいます。 大判のバスタオルや 毛布、羽織などもとても大切です!• 石鹸:身体や衣類、食器類にも使えて泡切れもよく、大人から赤ちゃんまで使えます• 歯ブラシ:雑菌繁殖を防ぎ口腔内を清潔に保つことが大切です• マウスウォッシュ:水や歯ブラシがなくても口腔内の雑菌繁殖を防げます• マスク:風邪などウィルス感染の予防• 生理用品:ご家族に女性がいる場合や傷口の止血としても使えます• オムツ:赤ちゃんはもちろん、トイレがわりにも使えます• メガネ・コンタクトレンズ:普段使っている方は予備を準備しておいてもいいですね• 非常食:缶詰やフリーズドライ、インスタント麺など長期保存のできるもの• ペットボトルの水:水分補給や傷口洗浄にも使えます• タオル:濡れた身体を拭いたり、羽織としても使えます• 羽織もの:毛布やジャケットなど防寒に使えるもの• 着替え:靴下や下着類• ビニール袋:荷物の防水や水の持ち運び、寒さ対策にも使用できます• ティッシュ:トイレットペーパーがわりにも使えます• ラップ:食器に巻いたり、傷口の保護などに使えます• ツールナイフ:缶切りやナイフなどいろんな用途に使えます• 爪切り:衛生管理や爪や指を保護するためにはしっかり爪を切っておく必要があります• 救急薬品:胃薬や頭痛鎮痛剤など常備薬から、絆創膏や消毒薬、ガーゼなど• おもちゃ:子供と一緒に避難した後、子供が飽きないように遊べるものがあるいいですよ• ウェットティッシュ:お風呂に入れない状況では身体を拭いたり、アルコール入りは除菌もできます• 携帯トイレ:断水でトイレが使えない場合に備えて 実際に 自治体で推奨されているものを中心に、あると役に立つものをプラスしてリストアップしています。 非常時に備えて準備しておくと、 気持ち的にも安心ですね。 これらのものを準備し、• 自分の家が出火元で火事になった場合だけでなく 隣家からのもらい火で火事 になった場合• 大雨で水漏れが起こった場合• 洪水や土砂災害で家が流されたり床上浸水した場合• 雹 ひょう や落雷によって家屋が損傷した場合• 屋根や雨どいが損害を受けた場合 もし大きな災害が起こった時に、火災保険に入っていなかったら 1円も補償が受けられないどころか、• まだまだ住宅ローンが残ってるのに浸水した一階の リフォーム資金をさらに用意しないといけない• 全壊で建て替えのために 新たにローンを組まないと いけない• 家が住める状態になるまでの間に 住む家を借りないといけない という状況も実際に起こりうる話です。 もし、まだ火災保険に入っていないという方は、 今のうちに比較検討だけでもしておくと厳しい未来は避けられます。

次の

利根川群馬県庁裏ライブカメラ(群馬県前橋市大手町)

利根川 ライブ カメラ 群馬

Contents• 利根川のライブカメラ・中継映像で水位を確認! 利根川のライブカメラ 利根川のライブカメラに関してはこちらをご覧ください。 中継映像に関しては今後新たに公開されるものが出てくると思われます。 随時情報を確認しつつ、こちらに追記していきます。 🎥: 利根川の水位 利根川の水位に関してはこちらを見ていただくと便利です。 全体: 利根川(前橋)の水位: 利根川(上福島)の水位: 利根川(八斗島)の水位: 利根川(古戸)の水位: 利根川(利根川俣)の水位: 利根川(栗橋)の水位: 利根川(芽吹橋)の水位: 利根川(取手)の水位: 利根川(野田)の水位: 備えておきたい必需品防災グッズ(随時修正中) さてここからは最低限必要とされるグッズをあげておきます。 首相官邸のHPではうまく必需品をまとめてくれています。 チェックリストとして活用するといいかもですね。 kantei. html まとめ 利根川のライブカメラ・中継映像で水位を確認! と題して記事をお送りしております。 利根川のライブカメラはもちろん、中継映像について今後増えてくることもありますのでつどつど情報を追記修正していこうと思います。 利根川のライブカメラ 利根川のライブカメラに関してはこちらをご覧ください。 中継映像に関しては今後新たに公開されるものが出てくると思われます。 随時情報を確認しつつ、こちらに追記していきます。 🎥: 利根川の水位 利根川の水位に関してはこちらを見ていただくと便利です。 全体: 利根川(前橋)の水位: 利根川(上福島)の水位: 利根川(八斗島)の水位: 利根川(古戸)の水位: 利根川(利根川俣)の水位: 利根川(栗橋)の水位: 利根川(芽吹橋)の水位: 利根川(取手)の水位: 利根川(野田)の水位: それでは最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。 河川の水位・ライブカメラ関連記事 北海道地方 東北地方 宮城県の河川ライブカメラと水位 福島県の河川ライブカメラと水位 北陸地方 福井県の河川ライブカメラと水位 関東地方 群馬県の河川ライブカメラと水位 栃木県の河川ライブカメラと水位 茨城県の河川ライブカメラと水位 千葉県の河川ライブカメラと水位 埼玉県の河川ライブカメラと水位 東京都の河川ライブカメラと水位 神奈川県の河川ライブカメラと水位 甲信越地方 山梨県の河川ライブカメラと水位 東海地方 静岡県の河川ライブカメラと水位 岐阜県の河川ライブカメラと水位 三重県の河川ライブカメラと水位 近畿地方 奈良県の河川ライブカメラと水位 京都府の河川ライブカメラと水位 兵庫県の河川ライブカメラと水位 和歌山県の河川ライブカメラと水位 中国地方 鳥取県の河川ライブカメラと水位 島根県の河川ライブカメラと水位 山口県の河川ライブカメラと水位 広島県の河川ライブカメラと水位 岡山県の河川ライブカメラと水位 四国地方 徳島県の河川ライブカメラと水位 香川県の河川ライブカメラと水位 愛媛県の河川ライブカメラと水位 高知県の河川ライブカメラと水位 九州地方 沖縄地方.

次の