カンポ フル ライフ。 会社案内 総合福祉サービスの株式会社フルライフ

喉の違和感・異物感は「咽喉頭異常感症」かも|カンポフルライフ

カンポ フル ライフ

2020. 16 Tue TAコンサルタント養成セミナーの情報をリリース致しました。 2020. 2020. 2020. 16 Tue ストロークフルライフサポーター養成セミナー(SLS)の情報をリリース致しました。 2020. 16 Tue ストロークフルライフ体験セミナーの情報をリリース致しました。 2020. 28 Fri 一般社団法人ストロークフルライフ協会のウェブサイトをリリース致しました。 TAで自我を知り、人との関わりを知り、人生のシナリオを知る。 TAを深く理解すると、人生が変わります。 そして、ほんとうの自分らしい自分から人生を選択することが可能になります。 私たちは自我(エゴ)で生きています。 しかしこの自我(エゴ)は誕生直後からの親との関わりや出来事によって作られる「社会に適応するためのプログラム」に過ぎないのです。 私たちは自我(エゴ)がほんとうの自分だと勘違いしています。 自我(エゴ)は不安がベースのサバイバルプログラムですから、執着し、抵抗し、判断することで周囲との間に軋轢を引き起こしたり、目の前の現実を否定したりします。 そこに様々な苦しみや悩みが起こるのです。 自我(エゴ)は不安を埋め合わせるために、幸福や成功・承認を自分の外側に求め続けます。 自我(エゴ)をベースに生きていると、終わりのない欲求不満の人生を歩み続けることになります。 この講座では自分の自我(エゴ)プログラムの特長や特性をTAで読み解いていきます。 その理解が深まることで、今まで自我(エゴ)に振り回されて、あわただしく混乱していた人生から、本来の静かな自分にアクセスしやすくなります。 また、この講座の全課程を修了し、受験料(別途)を支払うことで一般社団法人ストロークフルライフ協会認定の「TAコンサルタント受験資格」が得られます。 「TAコンサルタント」資格を取得することでTAの知識を仕事に活かしたり、ストロークフルライフ協会の認定講師として「TAミニセミナー」の開催や心理テスト「TPAテスト」のコンサルタント価格での利用が出来るようになります。 「ほんとうの自分を生きる」そのための第一歩を、ぜひ踏み出してください。 受講資格は特にありません。 TA理論の基本的な部分である「エゴグラム」から、一番深い「人生脚本」まで学ぶことが出来ます。 この講座を受講することで、自分自身をはじめ、周囲の人たちや人間社会全体の理解が深まり、こころの安定が向上し、周囲とのコミュニケーションの悩みも自然と改善することでしょう。 自分の性格がどのような特徴で、良いところ、そうでないところ、そして性格がどのように作られてきたのかを理解していきます。 2日目ではワークシートを使って、自分も含め、周囲の人たちについてもTA理論に当てはめることで、さらに理解を深めていきます。 そして自分が取りがちな立ち位置(OK図表)の認識を深めることで、良い対人関係を作るにはどのように意識すればよいのかを学びます。 ストローク(承認)とディスカウント(値引き)です。 この二つのエネルギーの理解を深めることで、よりよい対人関係はもとより、自分自身の心の安定、幸せな人生の歩み方の方法を学びます。 ここでは、繰り返される「ネガティブなかかわり、コミュニケーション」を取りあげます。 自分では気づかぬうちに巻き込まれてしまい、なんのメリットもない「ネガティブコミュニケーション」の仕組みを知り、そこに巻き込まれない、そこから抜け出す方法を学びます。 そしてそれをベースとして自分の基本感情「ラケット感情」が作られます。 ここでは顕在意識の少し下にある無意識のプログラムに光を当て、自分の中にあるうまくいかないパターンを理解し、手放していくことを学びます。 ここでは自分が書いてしまった脚本のうち、特にうまくいかない「敗者の脚本」を中心に、自分の中を点検し、出来ればそれ手放していくということを学びます。 また、受講された方も復習として何度でもご覧になることが出来ます。 講座は交流分析という理論の知識習得だけではなく、自分で自分をどんどん掘り下げていきました。 楽しいだけではなくしんどさもありましたが、受講メンバーとそれを行っていくことで、「そこに学びがある」ことが何にも代え難い時間でした。 受講後は講座の終了が学びのゴールではないことを日々感じています。 自分の毎日に活かすこと、自分がTAを使って何を伝えられるか、以前より心の可動域が少し広がったことを感じつつ、そんなことを模索しています。 須藤 いづみ さん(TAコンサルタント資格取得) 刀根先生の講座はTAの知識を学べるのはもちろん、刀根先生の世界観を通して語られる内容は、とても興味深く勉強になります。 TAを内側から観るだけでなく、TAという枠を超えて外側から観ることで、TAに対する理解がより深まるように感じました。 また、シェアの時間が多いのも魅力のひとつです。 経験やその時の思い 感情 に丁寧に心を傾けて聴いて下さるので、安心して語ること、聴くことができます。 そして安心感の中にいるからこその新たな気づきや発見がありました。 知識と経験を智慧に変えて、より軽やかに、より健やかに生きていきたい方にお勧めします。 髙松 由枝 さん(TAコンサルタント資格取得) TAをもっと深く、体系的に学びたいと思い、昨年、このTAコンサルタント講座を受講しました。 受講前に、TCA(TOTAL CHARACTER ANALYSIS)を実施します。 これは、327問の設問に答えると、心理学の側面から、自分が数値化されるツールです。 講座は、このTCAの結果をベースに展開していきます。 TCAの結果を日常生活や行動に落とし込んで、自分を客観的に考察する、さらに、一緒に学んでいる仲間と共有していくうちに、自然と学びが深くなりました。 そして、講師の刀根先生の人生経験に基づいた幅の広い、奥が深い解説で、学びが定着して、実生活で活かせるようになって、本当にこの講座を受講して良かったと思っています。 2016年に肺癌ステージ4宣告を受けるも、奇跡的に生還。 全身に転移した癌は現在ほぼ消えている。 その経験も含め、より一層深い講義が好評。 自分が好きな人も、そうでない人もいるでしょう。 自分の理解が深まった分だけ、周囲の人たちへの理解も深まりまり、対人関係がよりよくなるでしょう。 「対人関係」は、人生の質を決定づけるものの大きな一つであることは間違いありません。 良い対人関係とは? 良くない対人関係とは? 良い対人関係を創っていくためには、どうしたらいいのか? どうしてあの人とうまくいかないのか? 対人関係の悩みは尽きません。 ちょっとここで立ち止まりましょう。 そもそも、最初の対人関係とは「誰」との「関係」なんでしょうか? そう、それは、「自分自身」との関係なのです。 人はみな、自分自身との対人関係を基礎(ベース)として、周囲の人たちと関係を構築していくのです。 「自分自身」とどういう「対人関係」を創っているのか?あるいは創ってしまっているのか?『他人と過去は変えられない』という有名な言葉があるように、良い対人関係を創っていこうと思えば、「自分自身」との関係を見つめなおす必要があるのです。 このセミナーでは対人関係を創っていくときに使うエネルギーを「ストローク(承認)」と「ディスカウント(値引き)」というふたつに分け、分かりやすく理解していきます。 このふたつのエネルギーの特徴が理解できれば、自分自身との関係も含め、きっと「対人関係」を良くしていくにはどうしたらいいのかが理解できるでしょう。 このふたつの基本的なエネルギーを理解することで、より良い周囲の人たちへのかかわり方、さらに自分自身とのかかわり方が理解できるでしょう。 では「幸せ」になるためには、いったい何が必要なのでしょうか? お金? 地位? 財産? 他者からの承認? 肉体的な美しさ? 確かにそれもあるでしょう。 しかし、心を静かに落ち着けて感じてみましょう。 「幸せ」、それはわたしたちの「内側」から感じるものなのです。 幸せとは「外側」の何かを得ることで獲得するものではなく、わたしたちの「内側」から湧き上がってくるものなのです。 このセミナーでは「ストローク(承認)」というエネルギーと「ディスカウント(値引き)」というエネルギーを体験することで、自分が無意識にどちらのエネルギーを使ってしまっているのかを知ります。 そして意識的に「ストローク(承認)」を選択することにより、「内側」から湧き上がってくる「幸せ」を感じ取るコツを体験します。 この講座を受講すると「ストロークフルライフ・サポーター」として認定され、「ストロークフルライフ・セミナー(1時間)」を実施することが出来るようになります。 16 Tue TAコンサルタント養成セミナーの情報をリリース致しました。 2020. 2020. 2020. 16 Tue ストロークフルライフサポーター養成セミナー(SLS)の情報をリリース致しました。 2020. 16 Tue ストロークフルライフ体験セミナーの情報をリリース致しました。 2020. 28 Fri 一般社団法人ストロークフルライフ協会のウェブサイトをリリース致しました。

次の

【楽天】パンダフルライフコレクション

カンポ フル ライフ

ハードな仕事と、長い人生の"重心"はどこにあるのか Q. そもそも「フルライフ 充実した人生 」とはなにか Q. フル 充実 の真逆にある、エンプティ 空っぽ な人生とは何か Q. 後悔が生まれる原因は Q. あなたはどのような戦略に基づいて、限られた時間を使っているか Q. 戦略の先に、自分は何をしたいのか Q. ところで「戦略」とは何か Q. 限りある時間の中で、Doing する とBeing ある のバランスをとるには Q. 真のWell-Beingとは A. 今日の仕事と、10年先の目標と、100年の人生をつなぐ、 未曾有の戦略書、登場。 目次 はじめに どうしたら一度きりの人生がフルになるのか 1章 仕事人生の重心は、すべて「信頼」にある 2章 生産性の重心をとらえる3つの「時間軸」 3章 創造性の重心は「大局観」にある 4章 人生100年時代の重心は「実りの秋」にある 5章 真のWell-Beingとは「自分らしさ」の先にある おわりに 新しい時代の重心は「私たち」である 経営を10年やって気づけば40歳になり、 散々言われ続けたように人生は思っていた以上に短いことを痛感。 そして健康で元気で気力あふれる状態でいられる時間は本当に短い。 このままでは人生に後悔することになってしまわないか?と自問自答していた時に 本書に出会いました。 非常に価値ある本で、いてもたってもいられず初めてAmazonのレビューを書きました。 経営者、父、長男など私の人生のあらゆる側面に良い影響を与える本でした。 コスパから考えると安すぎますね。 読後、1日しか経ってませんがLIFE PLANや経営計画の修正を行い、妻とも子供の教育についてのコンセプトについて話し合ったりしてます。 これまでもすごい本には何度も出会いました。 これよりも感動した本もありますし、もっと実践的な本もあるでしょう。 ですが、感動して一時的にモチベーションがアップするだけだったり、その実践のチャンスがすぐに訪れるとは限りません。 本書は時間をテーマにしているが故に、 読んだそのタイミングから既に影響を受けることができるのだと気づきました。 内容も素晴らしいですが、 自問自答を繰り返しながら展開するスタイルにも大きく感銘を受けました。 「良質な問いを立てる」ということで、これほどまでに素晴らしい思考に至ることができるのだ!ということを学ばせてもらいました。 良いお手本だなあと。 予防医学者・石川善樹氏の記す「充実した人生」の手引きは、いわゆる自己啓発本の皮を被った学術エッセーである。 だから安易にWell-Beingに寄らず、Well-Doingとのバランスを重視する。 本書ではそれを重心と呼び、人生のそれぞれのフェーズでどこに重心を置くべきかという議論が展開される。 例えば著者の立たれているブランディングのフェーズでは、Being(いる)とDoing(やる)の往来が大切だという。 ただしBeingはみんなで、Doingは一人で、という注釈がつく。 前者は雑談やスポーツなどの自由な交流を意味し、後者は読書や資料作成などの深い思考を指す。 これが「大局観」というクリエイティビティの素養を育むというのだ。 それは脳内において、セイリエンスネットワークが活性化している状態。 直感と論理の移行を助けることで、新たな発想を導き出すといわれている。 COVID-19の感染拡大によって、人と会うにもオンラインな今の状況においては、以前よりもモードの切り替えが意識しやすいことだろう。 そしてそれは必然的に、人生の最後に重心を置くべきWell-Beingが何かという問いも立てやすくする。 学術を原則とする著者は、Well-Beignの測定手法についても課題意識を持つ。 実際に、その再定義に向けても活動されているのだそうだ。 さらっと読んでしまうことのできる本書には、それだけの深い思考と考察が詰まっているのだ。 とある書評で見かけて面白そうだったので読んでみました。 とても読み易く、数時間で一気に読了できました。 Well-DoingとWell-Beingの「重心」を様々な観点から分析されています。 よくあるつまらないハウツー本ではないので、著者の意見や分析を軸に自分の中の「重心」の現状とあるべきを明らかにするベースになるように思います。 個人的には社会人学生をやっていたりして、本書の中盤の内容は概ね普段意識できているなと思いながらあまり新鮮味を感じずに読んでいましたが、後半になって、著者の研究分野に直結している内容は大変興味深く読めました。 よって、本書の本質は、後半部分にあるわけで、それまでの部分は丁寧な導入部分なのだと思います。 「人生100年時代」と言うキーワードに興味のある読者を広く呼び込んで、こう言った「幸福とは?」みたいな研究分野が少しでも広まって、ひいては一人一人の仕事や生活のクオリティが向上することにつながるための良書と思います。

次の

クラシエ製薬株式会社

カンポ フル ライフ

薬局・薬店向け漢方薬と、医療機関向けの医療用漢方薬の提供をビジネスの主軸に据え、事業を展開するクラシエ製薬。 さらに近年では漢方薬の提供のみならず、美と健康のための漢方情報サイト「カンポフルライフ(KampofulLife)by クラシエ」を立ち上げ、「カラダ」「ココロ」「キレイ」「食べる」「楽しむ」の5つのテーマに基づいた、漢方の知恵や美容と健康に役立つ情報を発信するなど、人々のより豊かで健康的な暮らしの実現をサポートしている。 そうしたクラシエ製薬において、近年、課題として浮上していたのが、データ分析基盤の強化によるさらなる市場シェアの拡大である。 薬品事業管理室 情報システム部 部長の別納 欣也氏は、「OTC向けの漢方薬で当社は業界1位の実績がありますが、近年、市場競争は熾烈化しており、さらなるシェア拡大のためにはこれまでとは違ったアプローチが必要になります。 その1つが、POSデータの分析をはじめとした、データ活用による営業活動や施策立案の実現です。 これにより、増加し続けるデータにも対応可能なデータベース基盤の強化と、高度分析のためのBIツールの導入が急務となっていました」と説明する。 また、薬品事業管理室 情報システム部 課長の仲川 能哉氏も、「これまではデータベースに入力された支店や商品の売上データなどをExcelに出力し、さらに会議資料や定型レポートに二次加工することで情報共有を行っていました。 しかし、これらの資料の作成や更新には、多大な時間と労力を費やしていました。 この作業を効率化することで、本来の業務に注力できると考えていました」と話す。 課題の解決に向けてクラシエ製薬は、データ量の増加や処理速度の向上を図るため、データベース環境をDWHに移行。 併せて、現場においても多角的な分析による情報活用の強化とレポート作成業務の効率化に向け、BIツールの導入を決定した。 各社の提案を検討した結果、最終的にBI環境構築のパートナーとして選び抜かれたのが、ウイングアーク1st社の国産BIツール「MotionBoard」を提案したジールだった。 薬品事業管理室 情報システム部 係長の松﨑 広氏は、「MotionBoardは国産製品であることがポイントとなりました。 グラフやタイトルの作成に際して、日本独自の様式にも柔軟に対応できる点に加えて、地図機能が優れていたことも魅力的でした」と説明する。 また別納氏は、ジールを選定した理由について「私たち自身に十分なBIの知識がなかったことから、パートナーには構築経験が豊富なベンダーを求めていました。 そこで、25年以上にわたるBI環境の構築実績と経験を持ったジールを選択しました。 実際、ジールはこちらからの質問にも都度、的確な回答を返してくれるなど、その高い知見は十分信頼に足るものでした」と語る。 マネージャーとして今回のプロジェクトに携わったジールの小川 諒祐は、「Excelへの出力機能など、クラシエ製薬様からのRFPに掲げられた26項目の要件に対して、最大限応えることができる製品の選定に努めました。 複数のBIツールを検討する中、最もクラシエ製薬様の要件に合致していたのが、MotionBoardでした」と説明する。 2019年の1月から、クラシエ製薬はジールの支援のもと、BI基盤の構築を開始。 ジールとの綿密な打ち合わせや導入教育を重ねたことによりプロジェクトは円滑に進み、4月にはBI基盤の本番運用を迎えることができた。 小川は、「MotionBoardでどんなことができるのか、クラシエ製薬様にイメージをつかんでもらえるよう、まずはサンプルとなるダッシュボード画面を用意するとともに、その作り方を対面で説明する場を定期的に設けました」と話す。 同プロジェクトに携わったジールの栗原 和音も「MotionBoard開発の内製化を実現するため、対面での説明時に画面作成のコツを都度、ドキュメントに残し、後でクラシエ製薬様が振り返ることができるようにしました。 文字だけでなく画面のスクリーンショットなどを用い、『ここでボタンを押す』といった操作方法もビジュアル化するなど、分かりやすいドキュメント作りに努めました」と説明する。 松﨑氏は、「ジールからは『社内ユーザの要件を引き出すためには、画面を見てもらいながらアジャイル的に進めて行くのが良い』とのアドバイスを受け、簡易的に画面データを作成し、社内ユーザと打ち合わせを重ねていきました。 また、グラフや集計表の効果的な配置や色使いについても、ジールから多くのアドバイスを受け、とても見映えの良い画面を作ることができました」と評価する。 仲川氏も、「今回、社内ユーザが違和感を持たないよう、なるべく既存のシステムと使い勝手や見た目が変わらないレポートやダッシュボード画面を作ることを前提に作業を進めていきました。 このような要件にもジールには的確に意図をくみとってもらえて、こちらが望んだダッシュボード画面が実現できました」と話す。 MotionBoardの導入によって実現されたBI環境は、さまざまな効果をもたらしている。 仲川氏は、「前日までの売上などの実績を毎朝、Excelを用いて二次加工し全社に配信していた作業がシステム化されました。 これにより、担当者の負荷が抑制され、もっと付加価値の高い仕事に時間をあてられるようになりました」と話す。 「また、これまではデータベースの処理能力の限界から3年以上前のデータを現場のユーザが自ら取得するのが困難でした。 しかし、データベース環境の強化とともに、MotionBoard を導入したことで、3年以上前にさかのぼって多彩な現場のデータを取得できるようになりました」(仲川氏) 松﨑氏も「営業担当者からは、『必要なデータがすぐに参照できるうえ、加工も楽になった』との声が寄せられています。 また検索機能により、商品分類に基づいた検索が可能となり、商品ごとの詳細な実績などが容易に閲覧できるようになりました」と評価する。 MotionBoardを活用した今後の展開について仲川氏は「活用しきれていないデータや、システムごとに分散しているデータもあるので、それらを既存のデータと統合し連携させながら、MotionBoardで可視化させてビジネスに生かしていきたいです」と語る。 最後に別納氏は今回のプロジェクトにおいて得られた効果について、次のようにまとめた。 「BI環境が整ったことで、さまざまなデータを自発的に見られるようになり、これまで以上に『数字を意識する文化』が社内に醸成されたと感じています。 また、現場のユーザが『MotionBoardで業務を効率化できる』と気づいたことで、さらなる業務改善に向けたアイデアの創出が加速していくと期待しています」.

次の