艦これ ss 安価。 【艦これ】提督「安価で艦娘に何かしよう」【大和SS】

艦これ安価ss 提督「オレ嫌われてる気がする」

艦これ ss 安価

vip2ch. 31 ID:2Z7RriEM0 妖精「今から俺の維持に従えば助かる、といったらどうかね?」 提督「それは……本当なのか?」 妖精「ああ、どうする?時間がないぞ」 提督「わ、わかった。 35 ID:2Z7RriEM0 妖精「あ、やっぱ無理。 36 ID:2Z7RriEM0 妖精『まぁそこは中間地点みたいなもんだ』 提督「それで、まさか俺に過去をさかのぼって死の原因から潰せってことか?」 妖精『そういうことになるな』 提督「だがガンなんてどう阻止すればいいんだ?俺の生活習慣とかが関わった自然発生的なものなんて……」 妖精『お前のガンは自然的なものじゃない。 86 ID:2Z7RriEM0 妖精「大本営の仕業だ」 提督「大本営が俺を……!?俺はやましいことなんて何も……」 妖精「胸に手を当ててよく思い出せ。 56 ID:2Z7RriEM0 提督「ホモセックスをさせようとしたんだ」 妖精「あのさぁ……」 提督「俺はノンケだ。 掘られるなんて冗談じゃない」 妖精「それじゃあ原因は分かったし止めに行くか」 提督「俺が反逆を企てたのはだいぶ昔だぞ?一体どこまで過去をさかのぼるんだ?」 妖精「何も企てた瞬間にさかのぼるわけじゃない。 15 ID:2Z7RriEM0 提督「憲兵とのホモセックスを断ったことがあったんだ。 もしかしたらその時に……」 妖精「確信犯じゃねーか。 24 ID:2Z7RriEM0 提督「憲兵から愛の告白を受けたんだ」 妖精「もう結ばれちまえよ」 提督「ノンケだって言ってんだろ!」 妖精「てかさ、その憲兵のホモセックス断ってばれたんなら憲兵かなり上の人物なんじゃないの?」 提督「そういえばそうだな……だがあの憲兵、断った時に悲しい顔するだけでとても通報するような奴ではないと思ったが……」 妖精「上位の憲兵には護衛に艦娘がつくことがある。 77 ID:2Z7RriEM0 提督「白露型1番艦の白露だったか」 妖精「あのいっちばーんとやかましい女か」 提督「ん?待てよ……白露は確か俺に常々敵意の視線を向けていた。 63 ID:2Z7RriEM0 提督「まず俺は大本営からホモセックスをせよという命令を受けた」 提督「当然俺はこれを曖昧にしたまま断り続けていた」 提督「だがある日あの憲兵が俺のことを訪ねてきたんだ」 提督「どこかで俺の不信感に気が付いていたんだろうな……あいつとは長い付き合いだったから」 提督「そしてあいつは言った『俺とホモセックスしてくれ!』と」 提督「あの時は意味が分からなかった。 だがあいつは俺のことを助けようとしていたのかもしれない」 提督「大本営のホモセックス命令は一回きりだ。 97 ID:2Z7RriEM0 提督「アイツは俺の強い拒絶に首を横に振った」 憲兵『分かった。 他の方法もあるかもしれない。 諦めずに探そう』 提督「そこでこの件は終わりに見えた……しかし不確定要素があったんだ」 妖精「まさか……」 提督「そう、白露だ。 あの日憲兵は護衛を連れてきていないと言った」 妖精「騙されたってのか?」 提督「いや、あの眼はうそをついてるようには見えなかった」 妖精「なら白露の単独行動だったってことか」 提督「憲兵に恋慕していた白露からしたら俺は邪魔な存在だ。 嬉々としてこの事態を報告しただろう」 妖精「愛の告白は?」 提督「それも憲兵なりのごまかしだったんだろう。 03 ID:2Z7RriEM0 妖精「それでホモセックスを断ったことがバレ、反逆の意思を見せたお前はしょっぴかれるという結末か……」 提督「なんてこった……」 妖精「だがこれでハッキリしたな。 その白露を潰せば解決だ」 提督「……それは出来ない」 妖精「なんで」 提督「憲兵は確かに俺にホモセックスを申し出た。 だがそれは嘘。 アイツだってノンケだ」 妖精「…………」 提督「それにな、憲兵は白露といつか結ばれたいと言っていたんだ。 49 ID:2Z7RriEM0 妖精「……どうするんだ?」 提督「……俺があの時ホモセックスを断らなかったらこんなことにはならなかった」 妖精「なら申し出を受ければいいじゃないか。 少なくとも命は助かる」 提督「駄目だ。 憲兵を、俺が汚す訳にはいかない」 妖精「じゃあ……!」 提督「もういい、もういいんだ。 23 ID:2Z7RriEM0 提督「俺がこのまま死ねば何も問題は起きずに終わる」 提督「憲兵だって仕事で俺に申し出たんだ。 白露が暴露したのも含めてアイツに危害が及ぶこともない」 妖精「……そうか」 提督「悪いな。 こんな大それたことまでやらしちまって」 妖精「……本当だよ。 俺が、馬鹿みたいじゃないか……」 提督「そう悲しむなって。 胃腸ガンならあと少しだけ生きれる」 提督「放っておいても大本営に殺される未来だ。 死ぬまでにやりたいことやろうや」 提督「な?顔、上げてくれよ。 お前が、そんな顔してたら、俺まで泣きそうになるじゃないか」 妖精「ああ……ああ……」 提督「……強く生きろよ、憲兵。 ありがとうな」 提督「そして妖精。 70 ID:2Z7RriEM0 ………… …… 妖精「数か月後、提督は死んだ」 妖精「アイツは死ぬまでの間、一番輝いていた」 妖精「本当に楽しそうに、影の無い顔でな」 妖精「憲兵は白露とケッコンしたそうだ。 提督の死には誰よりも悲しんでいた」 妖精「本音を言うと白露の奴は俺がぶち殺してやりたい。 だが提督との約束だ、それは出来ない」 妖精「白露のしたことは誰にも言わなければ憲兵と幸せに暮らすだけの未来になる。 63 ID:2Z7RriEM0 金剛「ヘーイ妖精!準備できたネ!」 加賀「今こそ提督の仇を討つ時」 島風「私が攪乱するね!」 大和「この主砲、全ての怒りをぶつけます」 北上「許せないよね~。 さすがの私もぷっつんだわ。 40 ID:2Z7RriEM0 妖精「行くぞ。 これは弔い合戦だ」 妖精「だが決して憲兵と白露のことだけは漏らすな。 35 ID:yORrkEo1o 乙 いい話ネー 知ってました?DMM GAMESに無料登録するだけで500円分のポイントがもらえます やり方 1. DMM GAMESのを行う 2. DMMにクレジットカードの情報を登録する 3. にアクセスして「初回無料500pt取得はこちら」のボタンをクリックする まだ艦これ、やってないの? 艦これはDMM GAMESから配信されているゲームで、アニメ化もされた有名タイトルです。 アニメで初めて知った人も多く、まだゲームをやったことがない人も多いと思います。 DMM GAMESのにアクセスします。 アクセスしたら、「 今すぐ出撃」をクリック。 DMMアカウントをまだ持っていない人は、を行います。 既にDMMアカウントを持っている人はログインして、DMM GAMESのを行います。 DMM GAMESアカウント登録画面 ニックネーム、性別、生年月日を入力したら、「 登録してゲームを開始する」をクリックして登録完了です! スマホ版 艦これの始め方 艦これは実は、スマホ(Android)でもプレイすることができるんです。 PC版とデータ連動しているので、PCとスマホ、両方で楽しむことができます。 DMMゲームズのアカウントが未登録の場合、を行う。 DMMゲームズストアのアプリをダウンロードします。 DMMGAMESストアのアプリを起動、艦これのアプリを検索、ここからダウンロードします。 カテゴリー• 783• 304• 125• 223• 139• 121• 187• 258• 483• 3 アーカイブ• メタ情報•

次の

提督「俺がヤンデレ製造機だって?」艦娘達「「「逃がさない・・・」」」

艦これ ss 安価

提督「やぁやぁ皆さん、元気ですか?僕は元気です。 」 提督「さて、突然ですが皆さんは何デレが好きですか?」 提督「ツンデレ、ク-デレなどたくさんの種類があるだろうと思います。 」 提督「僕は、その中でも特にヤンデレというものが好きです。 」 提督「その人が好き過ぎるが故に行き過ぎた愛を謳歌してしまう・・・なんて素敵な事でしょうか!」 提督「・・・おっと、ついつい興奮してしまいました。 話を元に戻しましょう。 」 提督「自分たちの好きなデレの子が中々いない!そう思う人が多いと思います。 」 提督「そこで僕は考えついたのです・・・」 提督「いないなら・・・作っちゃえばいいじゃないか、とね。 」 電「あの、その!・・・ありがとう。 」ニコッ 提督「・・・」 電「どうかしたのですか?・・・あっ!やっぱりやめたは無しなのです!」 提督「はははっ!大丈夫だよ。 ゆっくりお食べ。 」ナデナデ 電「はい、なのです!」 提督「いい返事だ。 」 電「・・・あ、あの司令官さんも一口どうですか?」 提督「ん?・・・そうだな、一口貰えるか?」 電「なのです!・・・はい、どうぞ!」ひょいっ 提督「おぉ、ありがとう。 」ボソッ 提督「早く、俺だけしか映すことのない淀んだ目にしてやらないとな・・・」 ・ ・ ・ 電「あ!司令官さん、どこに行ってたのですか?」 提督「ん~?ちょっと財布を忘れてな取りに行ってたんだよ。 」 電「はいなのです。 」 執務室 提督「・・・おわったぁ!」クタクタ 電「なの・・・ですぅ~」クタァ~ 提督「電、ご苦労さん。 気を付けるよ」ナデナデ 電「ならこの手は何なのです!?」 提督「ははは!」 23:00 提督「ふわぁ~。 そろそろ寝るかぁ~?」 電「そうですねぇ、お休みなさいなのですぅ」ウトウト 提督「おいおい、フラフラじゃないか!・・・仕方ない俺の部屋に寝かせるか。 」(計画通り) 1週間目 6:00 電「司令官さん、あさですよ?起きてくださいよぉ」ゆさゆさ 提督「あぁ、電。 」スッ 電「・・・あっ」 電「・・・」ジーッ 提督(俺のナデナデに依存心を見せ始めているのだ。 作戦は順調だな、ものほしそうな目でこちらを見ている。 さて、一緒に食べようか。 なんでも、な?」 響「そうか、なら続きをしてほしいな。 」コンコン 提督「・・・」カキカキ 電「司令官さーん。 」コンコンコンコン 提督「・・・」(まだだ、まだ時ではない。 ) 電「・・・司令官さーん。 」コンコンコンコンコンコン 提督「・・・」(いいね、いい感じだぞ電。 あと少しだ。 ) 電「・・・ふふっ。 」 提督「・・・?」 電「司令官さーん?居るのはわかってるのですよ?電は司令官さんが執務室に入るところ、ずっとずーっと見ていましたから。 」クスクス 提督「・・・」ゾクゾク 電「・・・あはは、お夕飯外に出しておきますね?ふふふっ・・・」フラフラ 提督「・・・いいなこの感覚。 でもまだ足りない・・・」 20:30 提督「・・・」ぐぅ~ 提督「も、もういったよな?ならばちょっとだけ・・・」ガチャ 電「・・・」ジーッ 提督「おうっ!?」 電「ほぉーら、やっぱりいたのです。 司令官さん。 」ニコニコ 提督(・・・前よりはましになっているがまだだ、この目じゃない) 提督「・・・」スッ 電「目も合わせないのですね?ふふっ、、、照れているのですか?」クスクス 提督「・・・」ガチャン 電「また・・・夜中に来ますね。 あははっ・・・」フラフラ 23:00 提督「さて、そろそろ寝るか。 」 コンコン 提督(やっぱり扉の前でずっと待っていたのか・・・タイミングが良すぎる) 電「来たのです・・・入れてもらえませんか?」 提督(あらかじめカギは全て閉めてある。 死角はない。 ) ・ ・ ・ 「母さん、大丈夫?」 「・・・あなた、あなた」ポロポロ 「母さん?・・・その箱はなに?」スッ 「っ!触らないで!」パチン 「・・・痛いよ母さん?」 「あんたが代わりに死ねばよかったのよ・・・!あなた・・・あなた・・・」 「・・・僕がわるいの?母さんが僕を見てくれないのは僕のせいなの?」 「そうよっ!全部あんたが悪いのよ!あの人が・・・死んだのも全部全部!」 「・・・そう、なんだね。 分かったよ・・・今までありがとう」ガチャ 「・・・」 秋津洲の場合(提督にライバルあらわるっ!?) 提督「さてさて、今日は新任の艦娘が来るんだったよな・・・どんな子だろう。 」 秋津洲「水上機母艦、秋津洲よ! 大艇ちゃんのことも、もう覚えてくれた?」 提督「提督だ、これからよろしくな。 ・・・ところで、大艇ちゃんというのはなんだい?」 提督(大艇は知っているが大艇ちゃんってなんだ?) 秋津洲「提督ったら~大艇ちゃんを知らないっていうのは恥ずかしいかも!この子よ!」 大艇「・・・」 提督「ふむ・・・。 」 提督(迷彩柄が濃い大艇にしか見えない・・・) 秋津洲「どう?可愛いでしょう!自慢の子だよ!」フンス 提督「・・・そうだな、特にこの迷彩柄がいい味を出している。 」 提督(取りあえず適当に返しておくか・・・) 秋津洲「わかってるかも!これは厚化粧じゃなくて正装だよ!」 提督(大艇に依存している状態か・・・許せないな、依存するなら俺にすればいいのに・・・) 提督「そうか、じゃあ取りあえずその大艇ちゃんとやらを私にくれはしないか?」 提督(すぐに廃棄して伊良子さんのチケットと変えてくれるわっ!) 秋津洲「この二式大艇ちゃん? ぜったいあげないっ!この子は私だけのモノかも!」 提督「チッ・・・じゃあ他の娘達に鎮守府の案内でもしてきてもらいなさい。 」 秋津洲「本当!?いってみたいかも・・・でも大艇ちゃんが・・・」 提督「大丈夫さ、大艇ちゃんも秋津洲のことが一番だと思うし。 」 秋津洲「いいの大艇ちゃん?」 大艇「・・・」 秋津洲「・・・そう、ありがとう大艇ちゃん!」ギュゥ 提督「さぁ、いこう?」 秋津洲「・・・うんっ!」ニコッ 提督(計画通り)ニヤァ ・ ・ ・ 提督「街に来るのも久しぶりだな。 」 秋津洲「うわ~!人とモノがいっぱい!楽しそうかも!」キラキラ 提督「そうだな、じゃあはぐれないように手でもつなぐか?」ギュウ 秋津洲「・・・ふぇ!?・・・うん。 」ギュ 提督(おぉ~柔らかい!イイぞ~コレッ!) 店員「いらっしゃいませ~・・・って提督さん!?なぜこのようなところに?」ビシッ 提督「あぁ、ただの食事ですので気を使わないでください。 」 店員「かしこまりました。 二名様でよろしいですね?」 提督「はい。 お願いします。 」 秋津洲「・・・」ギュッ 提督(うん、いい調子だ。 このまま嫉妬を覚えさせよう。

次の

【艦これ安価】白露「今日もいっちばーん!」 / SSまとめアンテナ

艦これ ss 安価

」 提督「開発資材は500。 」 大淀「提督? 使いすぎないでくださいよぉ? イベントも控えてるんですから。 」 提督「でえじょうぶだ。 明石に頼めばなんとかなる。 」 コンマ 00~10まるゆ 11~17阿賀野型 17~20金剛 21~30比叡 31~40榛名 41~50霧島 51~55伊401 56~60大鳳 61~70陸奥 71~75長門 76~80ビスマルク 81~86赤城 87~90あきつ丸 91~97加賀 98大和 99武蔵 コンマの秒数ややこしいけど許してください! 何でも島風! 」 榛名改二「アアアアアアアア!!!!! イギイイイイイイイ! 」 榛名1「ハルナハダイジョウブデスハルナハダイジョウブデスハルナハダイジョウブデスハルナハダイジョウブデス」 榛名2「えぇ... 」 榛名3「に、賑やかですね... 」 提督「ホントにごめん。 」 提督「4:00:00出るな! 榛名だけど、いいですかね? 」 榛名改二「これは夢だこれは夢だこれは夢だこれは夢だ」 榛名1「イヒヒヒヒヒイヒヒヒヒ」 榛名2「えっ... 」 榛名3「素数を数えろ... 」 榛名4「 全然良く ないです。 」 榛名5「何かごめん... 」 提督 もう見てらんない。 バーナー持ってこい! 」 ゴオオオオオオオオ 武蔵「よろしくな。 」 提督「kzbzkdkdbづしそあjshじしsjsbぢ!?!?!? 」 武蔵「落ち着け。 」 提督「welcom! Musasi! 」 武蔵「と言うか... 」 ハルナハダイジョウブデスハルナハダイジョウブデスハルナハダイジョウブデスハルナハダイジョウブデスハルナハダイジョウブデスハルナハダイジョウブデス ヒエーヒエーヒエーヒエーヒエーヒエーヒエーヒエー キリシマモダイジョウブダイジョウブダイジョウブダイジョウブダイジョウブダイジョウブ テートクハユズレナイネー! 武蔵「なんだこのカオスな指令室」 提督「すいません... 」 提督「大和を出したらハッピーエンド... 榛名が10人居たらバッド... 」 提督「行け! 」 榛名6「カオスですね... 」 榛名1「シズメシズメシズメシズメシズメシズメシズメシズメシズメシズメ」 榛名2「あまり大丈夫じゃないです... 」 榛名3「ヘェ... 来たんだぁヘェー来たんだぁ」 榛名4「あ艦これ。 」 榛名5「えぇ... 」 ダイジョウブダイジョウブダイジョウブダイジョウブダイジョウブダイジョウブダイジョウブダイジョウブダイジョウブダイジョウブダイジョウブダイジョウブダイジョウブダイジョウブダイジョウブダイジョウブダイジョウブダイジョウブダイジョウブ 阿賀野「カオスな鎮守府だね! 」 提督「すまん...

次の