37 度 が 続く。 「新型コロナは熱がダラダラと続く」分かってきた症状と厚労省が発表した「受診の目安」(ABEMA TIMES)

3日間微熱が続き、夜は37度まで熱が上がります。全身のだるさも3日間続いています。

37 度 が 続く

あなたの平熱は何度くらいありますか? 一般的には36. 0~36. 5度くらいの人が多いのではないでしょうか。 しかし、平熱というのは実はもっと高いのをご存知ですか? 医療機器メーカーの「テルモ」によれば、日本人の7割ほどは、36. 6~37. 2度の間が平熱なのだそう。 37度というと「微熱が出た!」というイメージがありますが、実はそうでもなかったようですね。 タレントの上原さくらさんは幼い頃から平熱が高く、36. 8度くらいを保っているそうです。 これを利用して、高校生のときに「微熱が出た」と仮病を使っては早退したこともあったのだとか(笑)。 むしろ、36. 8度は平熱そのものだったようです。 ただし、平熱が36. 5度より低い場合、37. 0度以上は発熱の可能性があるので注意しましょう。 上原さんは平熱が高いことが心配されて、その原因を大学病院で精密検査を受けたことがあるそうです。 結果は「原因は特にナシ」、異常でもなかったそうです。 しかしこの平熱が高いことは、今の時代、代謝が高く太りにくい体質といわれますよね。 平熱が高いことは、多くの人にとってはうらやましいことかもしれません。

次の

4日間37度前半の微熱が上がったり下がったりしています。発…

37 度 が 続く

ストレス性には高熱タイプと微熱タイプがある 精神的ストレスで熱が出ることがあります。 (1)高熱が出る場合 精神活動(授業に出る、仕事をする、人に会う、極度に緊張する、けんかするなど)に伴って高熱が出ることがあります。 これは小児によくみられるタイプですぐ解熱しますが、ストレスの原因を解決しないと何度でも繰り返すことがあります。 微熱はしばしば頭痛、倦怠感などの身体症状を伴います。 またストレスの原因が解決した後もしばらく続くことがあります。 ストレスによる熱は、かぜなどによる発熱とは起こりかたが違う かぜなどによる発熱は炎症をともなう かぜを引いたときの発熱は、ウイルス感染によって生じた炎症が信号となり、脳が交感神経と筋肉に命令して体温を上げ、ウイルスをやっつけやすくする反応です。 この時の信号として働くのが、炎症性サイトカインとプロスタグランジンE2 PGE2 とよばれる物質です。 かぜを引いたときにのむ漢方薬の葛根湯はサイトカインの産生を抑えることで、また解熱薬はPGE2の産生を抑えることで解熱作用を発揮します。 ストレス性の熱には解熱剤が効かない その一方で、精神的なストレス状況でも、ストレスに対処するために交感神経の働きが活発になり、体温が上がります。 両者は体温が上がるという点では同じですが、ストレス性の場合、サイトカインとPGE2は関与しないので、病院で血液検査をしても異常(炎症反応)はみられず、かぜ薬や解熱薬など炎症を抑える薬を飲んでも、熱は下がらないのです。 私は「ストレス性高体温症」と呼ぶ方がよいと考えています。 病院では「異常なし」と言われることも多い お医者さんは、まず器質的疾患をさがす 発熱をともなう病気にはいろいろなものがあります。 感染症、自己免疫疾患、悪性腫瘍などなど(体のどこかに悪い場所があるので「器質的疾患」といいます)。 これらの病気は手遅れになると、命にかかわることがあるので、病院の先生は、器質的疾患がないか、画像検査(CTなど)をすることもあります。 また血液検査をして炎症反応に特徴的なマーカーの有無を調べたり、甲状腺機能亢進症など代謝が亢進する病気でも体温が上がるので、これらのホルモンの値も調べるでしょう。 このような検査を駆使しても異常が見られないときに、担当の先生は「何も異常がありません」と説明することがあります。 担当の先生は、器質的疾患はないと説明することで患者さんを安心させようとしているのです。

次の

37度の微熱が続く人は要注意!考えられる原因は?病院に行くべき?

37 度 が 続く

こんにちは。 風邪の症状でお困りのことと思います。 ご記載の経過ですと、現段階では風邪の可能性が高いように思います。 風邪は対症療法が主になりますので、自宅療養が可能です。 体を温かくして良く休めると良いでしょう。 市販薬を用いると症状が緩和できるかもしれません。 発熱は体の防御反応ですので、風邪が治らない限りは、お薬を使っても効果が切れるとまた熱が出ます。 風邪自体を治す薬はありませんので、対症療法でしのいで、体の治癒力で風邪が治るのを待つしかありません。 風邪の症状としては微熱が4日間はそれほど珍しいものではありません。 強い頭痛が継続したり、症状が強くなってきたり、他に症状が出てきたり、体調に不安があるようでしたら、一度病院を受診すると良いでしょう。 どうぞお大事になさってください。

次の