ひぐらしのなく頃に解 ネタバレ。 厄醒し編

【ひぐらしのなく頃に】アニメ版『鬼隠し編』を解説!!※ネタバレ注意

ひぐらしのなく頃に解 ネタバレ

【関連記事】 真相と犯人は? ここからネタバレあるんで、知りたくない人はリターンしてください! ひぐらしの最高の盛り上がりといえば 『真相』と 『犯人』が発覚したとき。 彼女は、 昭和58年6月に何者かによって命を奪われる運命が確定しているという惨劇の被害者。 その惨劇を回避するために、オヤシロ様こと 羽生の協力で何度もパラレルワールドを行き来することになる。 数千万回ものパターンの分岐点を試みて、最終巻ではようやく惨劇を回避。 そして犯人にたどり着く。 そしてひぐらしのすごいとこは 後付け設定が一切ないということ。 【高野三四とは】 最序盤から登場する女性で、 一定の条件下で発症する 雛見沢症候群を研究。 自らの利益のために そのキーとなる古手梨花を狙う。 雛見沢村事件の通称。 雛見沢症候群の通称。 雛見沢の悪弊をもたらす「存在しない誰か」(ルールZに関連)について、詩音が独自に用いた比喩表現。 10%オフクーポンとかガンガン発行してくれます。 ぼくも紙で読んだりkindleで読んだりしましたが、結局『e book japan』が一番オトクでしたねえ…! 実際に使って感じた特徴は 下記の記事で詳しくまとめているので、ご興味のある方は是非チェックしてみてください。

次の

ひぐらしのなく頃に解ネタばれ

ひぐらしのなく頃に解 ネタバレ

祭囃し編までの世界では、美代子が友達の家に行った時に両親がデパートに行き、そこで両親は事故に遭って死亡します。 そして、その後の辛い経験を経て鷹野三四として雛見沢に来ます。 つまり、ラストのシーンで美代子がそのまま友達の家に行った世界が祭囃し編までの世界です。 また、美代子はデパートのレストランのお子様ランチの旗を集めており、20本集まったら何か素敵なことが起こると願掛けしていました。 さて、そこで解ラストのシーンですがこれは2通りの解釈ができるかと思います。 ・両親だけでなく美代子も事故に巻き込まれ死んでしまい、バスの事故以降のシーンは家族全員が仲良く死後の世界に旅立った事を描写している 大人梨花?の問答に従うと死ぬことになるので、実際は死んでいるという可能性もあります。 どちらが真相かは分かりませんが、本編とは違うIFの世界(鷹野が雛見沢に来ない世界)ができます。 また、本編で唯一救われなかった鷹野が救われる可能性がある世界(後者は微妙ですが)になります。 そのような一つのIFの世界を提示したのでしょう。 そして、賽殺し編の最後(OVAひぐらしのなく頃に礼 第4話)に梨花は、たった一度の人生を懸命に生きる人間「古手梨花」として生き、同時に何度も人生をやり直せる魔女「ベルンカステル」としての性格を捨てるという決意をします。 (「今こそベルンカステルの魔女ではなくて、古手梨花に戻らなくては」) この時、捨てられ切り離された人格が、梨花とは別の存在である魔女「フレデリカ=ベルンカステル」として新たに産まれたと考えられます。 魔女ベルンカステルは並行世界を自由に行き来できる(今までの梨花(羽入)の能力の拡張)ので、田無美代子の前に現れることができました。

次の

羽入 (はにゅう)とは【ピクシブ百科事典】

ひぐらしのなく頃に解 ネタバレ

ひぐらしのなく頃に 解 ~皆殺し編~ 其の八「終末」 梨花ちゃん(と沙都子)の家で、夕食を済ませた部活メンバー。 「こちらに向かっている」大石さんを待ちますが、一向に現れません。 「あの大石さんだから…滅多なことはないと思いますが…」 残念ながら射殺されてますからね…。 「鷹野さんが犯人」という可能性も、大石さんが最初に気づいているわけですから…。 そんな有能なこの世界の大石さんは、もういません。 大石さんが岐阜に行く前、梨花ちゃんの家に2人の警官を配備してくれていました。 彼らのもとにも、大石さんからの連絡はないようです。 「あとは我々がいるから大丈夫。 君たちも早く帰らないと、親御さんたちが心配するから」 警官に促され、帰宅する魅音・詩音、圭一とレナ。 「明日も皆さん、来てくださるそうですわよ。 皆さんの分のお菓子とか、用意しておかなくてはなりませんわね。 」 「明日」のことを話す沙都子。 『「明日」という日が…私にあるのかしら…』 「昭和58年6月21日」の日めくりカレンダーを見ながら、そんな思いにふける梨花ちゃん。 深夜、羽入が梨花ちゃんを起こします。 「もうすぐなのです……」 梨花ちゃんの死が「もうすぐ」であることを伝える羽入…。 玄関から突入する「山狗」。 2人の警官はテーザー銃(遠距離型のスタンガンですね。 昭和58年にあったか、定かではありませんが…)で気絶させられます。 2階の住居に侵入する山狗。 しかし…そこはもぬけの殻。 梨花ちゃんと沙都子は、寝間着に着替えずに普段着で布団に入り、すぐに逃げられる用意をしていたのです。 そして危険を察知して、窓から縄梯子で外に逃げていました。 逃げられたことに気づいた山狗は、人数をかけて沙都子と梨花ちゃんを追います。 しかし、沙都子が「裏山のトラップをいつもの3倍増し」にしており、なかなか追いつけません。 山狗のリーダーで、指揮を執る小此木は、思わぬ苦戦に焦ります。 「ダメよ、あの子たちを甘く見ちゃ…クスクス」 魅音の家を目指して、山中を駆けまわっていた梨花ちゃんと沙都子。 途中、梨花ちゃんが転んでしまいます。 暗闇の山中ですから、仕方のないことでしょう。 追手の山狗が2人を囲み、テーザー銃を手にします。 「ひぐらしのなく頃に 解」が見放題! 「hulu」は「ひぐらしのなく頃に 解」をはじめ、60,000本以上の映画 ・ ドラマ ・ アニメ ・バラエティが見放題の、オンライン動画配信サービスです。 月額933円(税込み 1,026円)で、2週間の無料お試し期間もあります。 ぜひ、お試しください! と、そこに現れたのは部活メンバー。 圭一はバット、レナは鉈、詩音はスタンガン、魅音は素手(!! 2人を囲んでいた山狗を倒します。 警官に促されて、帰宅する際に「イヤな感じがした」レナ。 各々武器を持って再集合し、梨花ちゃんの家に行ったところ、警官が倒れていたので、慌てて2人を探していました。 梨花ちゃんの話を信じ、レナの予感を信じたから。 互いが互いのことを、互いの言うことを信じているからこその行動ですね。 しかし、追手はまだいます。 同時に、少し離れたとことに山狗の車であろうワンボックスが。 おそらく、であり、でしょうね。 「運転はおじさんに任せておきな!」 車の運転ができる様子の魅音。 車が手に入れば、逃走はかなり有利になります。 辺りにいる山狗を倒し、車を奪おうと行動を起こす部活メンバー。 「いくぞ~!!」 圭一を先頭に、車に向かって皆が走り出した、まさにその時。 乾いた発砲音が辺りに響きます。 次の瞬間、持っていたバットを落し、圭一が倒れます。 そして喀血。 発砲音の先には、拳銃を構え、不敵に笑う鷹野さん。 圭一は、鷹野さんに撃たれたのです。 レナが 「みんな…行くよ!!今は…生き抜くことだけ考えるの!圭一君が、ここに留まることを望むはずがない! みんな!走れ~~!!!」 一斉に走り出す皆。 その姿を見て、息を引き取る圭一…。 『みんな…生き延びろよ…』 必死に走って逃げますが、相手は訓練を受けた特殊部隊。 徐々に追い詰められていきます。 「私が囮になる。 奴らを引き付けてる間に、みんなは逃げて」 「お姉!?」 「議論してる暇はないよ…あんたは沙都子を守る義務がある。 レナ、梨花ちゃんをよろしくね」 「行くよ、梨花ちゃん」 置かれている状況に頭が追い付かない。 そんな様子の梨花ちゃんの手を引き、レナは進みます。 その場を魅音に任せ、走り続ける詩音、レナ、沙都子、梨花ちゃん。 走り通しなうえ、圭一が撃たれた精神的なショックもあり、疲労困憊の皆。 「ちょっとだけだよっ!」 休憩をとっていたところに…現れたのは、魅音。 「お姉!無事だったん…」 詩音が言い終わる前に、木にもたれ掛かっていた魅音は倒れます。 背中は血で真っ赤…。 「ごめんねぇ。 もう死んじゃってるの…クスクス」 鷹野さんと山狗に、追いつかれました。 「詩ぃちゃん、2人をお願い」 レナが鷹野さんの前に、立ち塞がります。 「『連続怪死事件』は、全部鷹野さんの仕業だったんですね。 オヤシロ様の『代行者』のつもりですか?」 「『代行者』じゃないわ。 私が祟りを下すのよ。 これから村に起こる祟りは、私の祟り。 そう、私は人を超え、『神』になる。 オヤシロ様そのものにね。 」 「ハハッ、無理だと思うなぁ~! 鷹野さんが何をしたって、所詮は『ごっこ遊び』。 あなたはオヤシロ様にはなれない。 レナに煽られたあげく、鷹野さんはレナを撃ち殺したようです。 逃げていた詩音、沙都子、梨花ちゃんも、やはり山狗に追いつかれ、3人とも捕まります。 「さ~てぇ、誰から殺しましょうか~。 」 「私はいいから!私のことはいいから沙都子は助けてあげて!」 「検討してあげるわね…クスクス」 小さく笑いながら、詩音の頭を撃ち抜く鷹野さん。 「せっかくの頼みだしねぇ。 どうしようかしら、沙都子ちゃぁん。 クイズしましょうか。 ブロッコリーとカリフラワー、緑色はどっち?」 「カ、カリ…ブロッコリー…」 「正解」 言うと同時に、沙都子の頭を撃ち抜く鷹野さん。 鷹野さんが、梨花ちゃんに近寄ります。 「私を…殺す…」 「ええ、殺すわ。 女王感染者の死体が、この作戦のカギなの。 あなたは遠く離れた東京で、醜い政治的争いの道具になるのよ。 そして…鬼ヶ淵伝説のピリオドとなる」 手には白い布。 クロロホルムなのか、眠らせる薬剤を浸み込ませています。 「待ちなさい」 「あら、命乞い?」 「違うわ。 私を殺すなら、眠らさずに殺しなさい。 忘れないためよ。 あなたが私の腹を裂くのを。 私は魂に刻み付ける。 次にあなたに会ったとき、あなたが敵であることを思い出すために!」 梨花ちゃんの望み通り、起きたまま古手神社に運ばれ、そして「いつも通り」本殿とさい銭箱の間に寝かされます。 梨花ちゃんの手を握る羽入。 『ボクが忘れません…もし梨花が忘れていても、きっとボクが教えますから! ボクも…みんなと楽しく過ごす未来に…行きたかった!』 鷹野さんが現れ、梨花ちゃんの腹を裂いて殺します……。 「次の雛見沢」が始まる前、「今回は諦めもつく…みんなで力を合わせ、それでも奇跡は起きなかったのだから…」 梨花ちゃんは、あと少しが届かなかった世界を振り返ります。 「違うよ」 レナの声です。 見ると、部活メンバーが全員います。 「奇跡が起こらなかった理由、レナは知ってるよ。 あなた……本当に信じてた?」 レナの視線の先には、羽入。 「はうあぅ、あぅぅ、ボクは何もできない、非力な存在なのです。 見ていることしかできない、そんなボクが信じているだけで。 」 「奇跡は起こせた」 「そうだね。 あたしたちにあなたが加わっていれば、きっと勝てたと思う。 」 「あなたにも、運命と戦う勇気が必要だったの。 「2,000人!2,000人だぞ!」 「こんなバカげたことを考える『東京』の連中を、まずは遮断すべきなのだ」 どうやら、女王感染者である梨花ちゃんが亡くなり、2,000人の村人が「雛見沢症候群」を発症する今後について、議論されているようです。 「雛見沢症候群は、ご説明した通り非常に危険な病気です。 それが漏れれば、被害は2,000ではすみません。 しかるべき『決断』が必要とされています。 」 「被害は、最小限に抑えられるんだな?」 雛見沢分校に集められる村人。 マシンガンを持った「山狗」に見張られ、目張りされた教室に入れられます。 」 鷹野さんの命令で、教室の上の窓から、村人のいる教室内に缶が投げ込まれます。 気体を噴出し続けるガス。 次第に苦しみだす村人。 教室のガラスを割って、外に逃げ出す者もしますが、マシンガンでハチの巣にされます。 「祟りなきは神にあらず。 祟るがゆえに恐れられ、恐れられるゆえに崇められる。 今こそ神は降臨した。 我こそはオヤシロ様なり! あ~~っはははっははは……」 鷹野さんの高笑いが、雛見沢に響きます…。 はい、というわけで「皆殺し編」のご紹介でした。 あり得ないくらいの奇跡の連続。 そして、「運命の袋小路」だった、北条鉄平からの沙都子救出。 しかも鉄平を殺さず、誰も不幸にならず。 しかし、事態は急変しました…。 「オヤシロ様の祟り」の真犯人・鷹野さんの「終末作戦」発動。 梨花ちゃんを失い、雛見沢症候群を発症するしかない、雛見沢村民。 それらを「皆殺し」にすることが、「雛見沢大災害」の真相だったのです。 「火山性ガスの噴出」は、でした。 さて、最後にご紹介するのは「祭囃し編」です。 「祭囃し」いうくらいですからね、最後は運命に打ち勝ってくれるでしょう! 前の記事:皆殺し編 次の記事:祭囃し編.

次の