エポスカード 特徴。 エポスゴールドカードはメリットしかない!?優待特典や招待条件を徹底解説

エポスカードの特徴とメリット・デメリット💳スマホや公共料金の支払いでポイントを貯めてマルイの買い物を楽しめる

エポスカード 特徴

何か買い物をする以外でいっさいの出費がかかりませんので 国際ブランドはVISA エポスゴールドカードの国際ブランドは VISAとなっています。 VISAは日本はもちろんのこと、世界で最も普及している国際ブランドになるので、 そのVISAが使えるエポスゴールドカードは国内・海外でも広く利用できるクレジットカードとなります。 基本ポイント還元率は0. ゴールドカードとしては低めのポイント還元率ですが、ノーマルのエポスカードとは違い、 ポイントの有効期限が無いのが地味に嬉しいポイント。 また、還元率の計算は税込価格となっているため、例えば950円(税抜)の買い物では1,045円(税込)となるので、5ポイントを得ることができます。 年会費無料で持てるゴールドカードでは、他にイオンカードゴールド、セブンカード・プラス(ゴールド)などがあります。 基本的にはエポスカードの特典と同じですが、一部ゴールドカードにしかない特典が追加される形です。 海外旅行保険が自動付帯で内容も充実 エポスゴールドカードには、充実した内容の海外旅行傷害保険が付帯されています。 金利(利子)は高いですが両替所の手数料を考慮するとさほど変わりませんし、海外キャッシングのほうが何かと便利です。 エポスゴールドカードの場合は、というサービスを使うことでキャッシングの繰り上げ返済も可能となっています。 海外キャッシングの繰り上げ返済とは? キャッシングの借入金を通常より繰り上げして(早めて)返済する方法。 早く返済した分だけ利息を抑えることが可能。 この繰り上げ返済を利用すれば、 キャッシングにかかる金利を最小限に抑えられるので、お得です。 残念ながら海外のATM利用手数料はかかってしまうため、海外キャッシングできるクレジットカードの中では最もお得な訳ではありませんが、 それでもエポスゴールドカードは海外キャッシングに強いクレジットカードと言えます。 対象のラウンジがある空港• 羽田空港• 成田国際空港• 新千歳空港• 函館空港• 仙台空港• 小松空港• 中部国際空港• 大阪国際(伊丹)空港• 関西国際空港• 神戸空港• 広島空港• 松山空港• 福岡空港• 北九州空港• 長崎空港• 阿蘇くまもと空港• 大分空港• 鹿児島空港• 那覇空港• ホノルル空港• 仁川空港• ホノルルラウンジ 上記のラウンジでは、ドリンク(アルコール含む)と軽食のサービスを提供しているので、 飛行機に登場する前や移動した後での休憩に最適です。 ただし、いくつかの優待店でポイントアップの特典があり、また利用で割引となる店舗も多いので、使い方次第では十分にお得さが得られます。 国内旅行保険やショッピング保険はない エポスゴールドカードには充実とした内容の海外旅行傷害保険が自動付帯でついていますがが、 国内旅行傷害保険や国内・海外でのショッピング保険はありません。 これらの保険が必要な人は、別のクレジットカードを持つなどして補う必要があります。 月1回以下の利用は利用明細書発行料80円(税抜)がかかる エポスゴールドカードの利用明細書を郵送で受け取る場合、 月1回以下の利用だと80円(税抜)が必要となります。 なので、たった80円とは言え対象となる人は月2回以上利用するのがおすすめ。 ちなみに、を利用してオンラインのみで利用明細を確認する人の場合は、 月0回の利用でも一切の支払いは必要ありません。 保険デスクからセールスの電話が来る場合あり 僕は1度、 エポスカードの保険デスクからいきなり保険入会のセールスを電話で受けたことがあります。 その時は丁重にお断りしましたが、僕は電話があまり好きではないので「今時電話でセールスするのか…」と少し萎えた経験があります。 こういったセールスが苦手な人は少し注意ですね。 電話帳に登録しておくなどして対策をしておきましょう。 直接申し込む まずは、シンプルに 直接エポスゴールドカードを申し込むことです。 エポスカード(ノーマルカード)はマルイの店頭でも申し込みができますが、エポスゴールドカードの場合はのみとなっています。 ただし、後述の通り 直接エポスゴールドカードを申し込むのはおすすめしません。 エポスカードを利用し、インビテーションをもらって申し込む エポスゴールドカードは、 エポスカードを継続的に利用することでもらえるインビテーションを受けてから申し込むのが断然おすすめです。 なぜなら、インビテーションを受ければ 年会費永年無料でエポスゴールドカードを発行できるからです。 年間5,000円の節約は地味に馬鹿にできないですし、そもそもゴールドカードを無料で持てること自体が珍しいことなので、このキャンペーンは見逃すべきではないかと。 ちなみに、僕もインビテーションをもらってエポスゴールドカードを発行したのですが、エポスカードを半年間で20万円利用したらインビテーションが届きました。 なので、単純計算で1ヶ月3. 5万円を利用すれば、半年後にインビテーションが届く可能性が十分にあることになりますね。 まとめ:エポスゴールドカードはインビテーションで年会費無料となる海外旅行にもメリット多数のクレジットカード 以上、エポスゴールドカードの特徴やお得な特典、メリット・デメリットをまとめました。 エポスゴールドカードは、エポスカードの上位互換で、 エポスカードよりもさらに充実した特典の得られる海外旅行にもおすすめのクレジットカード。 もちろん、国内での利用でもお得です。 また、エポスカードを継続して利用することで届く インビテーション(招待状)によって、 年会永年無料で持つことのできる珍しいゴールドカードになります。 直接申し込むこともできますが、 エポスカードから利用してこのインビテーションを狙うことを強くおすすめします。

次の

エポスゴールドカード|クレジットカードはエポスカード

エポスカード 特徴

エポスプラチナカードとは エポスのクレジットカードは、エポスカード、エポスゴールド、エポスプラチナカードというラインナップです。 エポスプラチナカードが最もグレードが高く、ブラックの券面が高級感を感じさせます。 プラチナだけの券面のほか、サービスも進化しています。 エポスカードやエポスゴールドカードに付いているサービスがパワーアップしたり、新たなサービスが付いたりするなど、より充実したクレジットカードになっています。 エポスプラチナカードの入手方法 エポスプラチナカードを手に入れるためには、申し込みをするかインビテーションを受けるかの2通りの方法があります。 他社のプラチナカードではインビテーションのみのこともありますが、エポスプラチナカードはどちらもできるのが特徴です。 2つの入手方法をそれぞれチェックしておきましょう。 申し込みして発行する エポスカードを利用していない場合は、エポスプラチナカードを手に入れるには申し込みが必要です。 申し込みをすると、収入状況や勤務状態などを審査され、条件を満たして初めて、エポスプラチナカードが発行されます。 通常カードやゴールドカードに比べて審査は厳しくなるので、経済状況などを把握したうえで申し込みを行いましょう。 インビテーションを受ける インビテーションとは、カードの利用額に応じてグレードアップできる招待です。 エポスプラチナカードの場合は、エポスゴールドカードを一定額の利用をすることで、インビテーションが届きます。 申し込みでエポスプラチナカードを発行した場合との違いは年会費です。 申し込みでは年会費30,000円ですが、インビテーションでは年会費20,000円になります。 お得な年会費でプラチナカードを利用したい方は、エポスカードから利用実績を重ねてインビテーションを狙うのも方法のひとつです。 エポスプラチナカードの特徴 エポスプラチナカードは、エポスゴールドカードよりもサービスがグレードアップしています。 トラベルサービスや付帯保険もパワーアップしているので、より安心で快適なカードになっていますよ。 エポスプラチナカードの主な特徴を見ていきましょう。 最大10万円分の年間ボーナスポイントをもらえる エポスゴールドカードから年間利用額に応じて、ボーナスポイントを獲得することができます。 エポスゴールドカードでは最大1万円分ですが、エポスプラチナカードでは大幅にパワーアップし、最大10万円分の年間ボーナスポイントをもらえます。 利用するほどにポイントを得られるので、クレジットカードを多く使う方にうれしいサービスです。 誕生日月のショッピングに付与されるポイントが最大2倍に 通常月に200円で1ポイント貯まるエポスポイントは、エポスプラチナカードでは誕生日月に最大2倍にアップします。 Visa加盟店では1ポイントが2ポイントに、マルイウェブチャネルやマルイ・モディでは2ポイントが4ポイントになります。 分割払いでさらにポイントがアップするので、よりお得です。 家族での利用にお得なボーナスポイントをプレゼント 家族の中で一人でもエポスプラチナカードを持っていると、家族でエポスカードを利用したときにもらえるボーナスポイントが増えます。 家族合計100万円で2,000ポイント、200万円で4,000ポイント、300万円で6,000ポイントもらえて、エポスゴールドのシェアでもらえるポイントの2倍になります。 家族みんなでクレジットカードを利用する際は、エポスカードに統一して、お父さんやお母さんがプラチナを持っておくのがおすすめです。 各地の空港ラウンジが無料で利用できるプライオリティパス付き 国内旅行や海外旅行で出発を待つときに、空港ラウンジは快適なスペースですよね。 普段は料金のかかる空港ラウンジですが、エポスプラチナカードを持っていると、プライオリティパスというサービスで、無料で空港ラウンジを利用できます。 対象の空港ラウンジは、世界の1000箇所以上なので、国内・海外旅行を問わず、お得に空港ラウンジを利用してみましょう。 同伴者1名も空港ラウンジが無料に 空港ラウンジサービスは、エポスゴールドカードだとカード会員本人のみが対象でした。 エポスプラチナカードになると、会員本人と合わせて、同伴者1名も無料で利用可能です。 夫婦やカップルなどの旅行の際に2人でお得に空港ラウンジで過ごせます。 付帯保険は本人に加えて家族も対象 エポスゴールドカードまでは付帯保険は本人のみに限定されていました。 エポスプラチナカードでは、最高補償額が多くなるだけでなく、補償内容によっては家族も補償を受けられます。 エポスカード共通で付帯保険は自動付帯なので、持っているだけで本人も家族も安心して旅行を楽しむことができます。 国内旅行傷害保険付き エポスプラチナカードでは、海外旅行傷害保険に加えて、国内旅行傷害保険も付帯しています。 最高補償金額は本人1億円、家族2,000万円と金額面でも充実しているので、国内旅行に行く機会が多い方にとって、あると心強いカードです。 プラチナカード限定のトラベルサービスを付帯 エポスプラチナカード限定で、いくつかのトラベルサービスが付帯しています。 優待価格で国内外の旅行を楽しめるVisaプラチナトラベルなど豊富なサービスで、旅行をサポートしてくれるのが魅力です。 プラチナグルメクーポンでグルメを楽しむ グルメ好きにうれしいサービスがプラチナグルメクーポンです。 全国約100店舗のハイクラスレストランをネットで予約できるだけでなく、会員本人は無料で利用できます。 特別な日のディナーや自分へのご褒美などに普段は行けないレストランを訪れてみましょう。 Visaプラチナゴルフでプレーがお得に Visaプラチナゴルフは、国内・海外のゴルフ場を特別価格で利用できるサービスです。 プレー代金が4,000円優待されるので、お得に人気ゴルフ場でゴルフを楽しめます。 日本国内では約70のハイグレードコース、海外では約80のゴルフ場が対象で、選べるゴルフ場の選択肢も広いです。 Visaプラチナコンシェルジュセンターで食や旅をサポート Visaプラチナコンシェルジュセンターでは、食や旅など様々なシーンをサポートしてくれます。 旅程のサポートやレストラン予約、レンタカー手配などを依頼可能です。 旅や食事などで迷ったときは気軽に相談してみましょう。 まとめ エポスプラチナカードは、申し込みまたはインビテーションで手に入れられるエポスカードの最上級カードです。 エポスゴールドカードからさらにパワーアップしており、ポイントサービスやトラベルサービスがより充実しました。 付帯保険が家族に適用されたり、国内旅行傷害保険が追加されたりするのもうれしいポイントです。 サービスが充実したエポスプラチナカードを、申し込みやインビテーションで手に入れましょう。

次の

「エポスカード」の基本情報や特徴のまとめ

エポスカード 特徴

クレジットカードを申し込んですぐに入手できるのは早々ありません。 マルイのエポスカードセンターで申し込みをすれば、30分前後でカードが発行されます。 年会費が無料にもかかわらず、海外旅行保険が自動付帯なのも強みですね。 しかもエポスの海外旅行保険はかなり厚い補償が用意されています。 明日から海外旅行だ!でも保険が心配…という方にもピッタリです。 カードを見るたび竹野内豊を思い出せる、、かもしれない。 カードスペックと詳細 カード名 エポスカード(EPOS CARD) 国際ブランド VISA 対応電子マネー 楽天エディ、スイカ、SMART ICOCA、nanaco 年会費 永年無料 ポイントプログラム エポスポイント:還元率0. 5% マイレージ JAL/ANA0. マルイ店舗エポスセンター申込で最短30分受取可能 ・ネット申込後、マルイ店舗で当日受取も可能 配達受取は申込後1週間前後で受け取り ポイントプログラム エポスポイント。 月間カード利用1,000円につき1P還元。 ・1P=4~5円相当 ・還元率0. 5% ポイント交換・提携移行 VISAギフトカードやマルイ商品券、モンテローザ食事券、スターバックスカード、iTunesカード、KEYUCAお買物券など。 25%)。 移行は200p以上から ・1P=2. 5マイル マイル移行手数料 無料 電子マネー対応 Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA、nanaco(いずれも1000円チャージ毎にエポスポイント1p付与) スマホ決済 Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ ETC 追加可能(手数料なし) キャッシング・ローン あり 【付帯保険詳細:海外旅行の補償内容】 補償内容 金額(いずれも1事故、1疫病、1旅行の限度額) 傷害死亡・後遺障害 最高500万円 医療保障 傷害治療費用200万円・疾病治療費用270万円 携行品損害(免責3000円) 20万円 救援者費用 100万円 賠償責任(免責なし) 2,000万円 医療費キャッシュレスサービス あり 家族特約 なし 国内旅行保険 なし ショッピング保険 なし 渡航便遅延保険 なし 現地キャッシングサービス 可能 引受保険会社 三井住友海上火災保険 エポスカードは年会費無料カードのなかでスペック、実力ともにトップクラス!.

次の