獣 人 さん と お花 ちゃん 3 話。 獣人さんとお花ちゃん【16話】最新話のネタバレと感想!

【獣人さんとお花ちゃん3話巻を無料で読めるサイトはここしかない?zip・rar・漫画村は?】

獣 人 さん と お花 ちゃん 3 話

サナティが発情期で倒れている間に亀裂から人間の世界へ戻れるのにサナティを選んだ花。 もう後戻りはできません。 警備隊も2人を見逃してくれてお互いの気持ちを確かめ合うように始まるセックス。 「獣人さんとお花ちゃん【分冊版】第3話」のネタバレ 抱きしめられた身体が熱く息も動機も激しくて発情しているのではと思った花ですが、不思議とサナティだと怖さを感じませんでした。 人間界へ通じる亀裂を見つけたというサナティは警備隊に捕まる前に花を逃がそうとします。 手を絶対に話すなと言われドキドキする花。 しかし亀裂の前にくると既に警備隊が先回りしていました。 すると突然倒れるサナティ。 かなり具合が悪そうです。 花が触ろうとしますが強く咎められます。 サナティは花に発情しているのでした。 花は自分には帰らなきゃいけない場所がある、人間としての普通の生活、今なら亀裂からそこへ戻ることができるのです。 しかし花は今はサナティと一緒にいることを選びます。 放っておくことはできませんでした。 サナティだけでなく花も発情している?と思った警備隊は味方についてくれました。 そして獣人専用の避妊具を花に渡します。 そしてベッドで寝るサナティの元へ。 口につけられた拘束具を外すとまだ完全に発情がおさまっているわけではありませんでした。 逃げろと言ったのに逃げなかった花。 全てを受け入れろというサナティに黙って頷きます。 裸にされおっぱいを舐められます。 乳首を噛まれ思わず喘ぎ声が出てしまう花。 サナティは声も身体も甘い花に理性が吹っ飛びそうになりながらも焦らずゆっくりと愛撫していきます。 花は処女でした。 オナニーもしたことがありません。 大きく股を開き、身体が勝手に動いて反応する花。 獣人特有の長い舌が膣の中に入っていきます。 ぞくぞくしながら長い舌が奥まで入ってくるのを感じる花。 舌を挿れられながら固く勃起したクリトリスを軽く噛まれるとあまりの気持ちよさにビクッと反応します。 花はイってしまいました、そしていよいよ挿入です。 後ろから抱きかかえられる花。 その小さな身体を包み込むようにずぷっと挿入するサナティ。 少し痛みを感じるものの本能でお互いを求め合っているのでした。 「獣人さんとお花ちゃん【分冊版】第3話」の感想 ついに結ばれる花とサナティ。 人間と獣人のセックス解禁です。 3話はエッチな描写が満載です! 獣人と人間との禁断の恋だけどピュアな2人の関係が美しく描かれるだけなんだと思っていたのでびっくりしました。 セックスのシーンがたっぷりと、しかもその行為が生々しく、ドキドキしながら読みました。 普通の少女漫画とは違う細部まで何ページも描かれるエッチはとても官能的です。 獣人の前戯は人間とは違う部分がありましたね、それは普通なら手マンをするシーン、なんと爪が長いから傷つけないようにと舌を指の代わりに膣に挿入していました。 犬のような骨格なため、口自体が長く、そこから伸びる長い舌が子宮の入り口近くまで入り込んで愛撫してほぐしていきました。 人間のセックスとは違ったエロさがたまりませんね。 しかもクリトリスを長くない牙で噛む、そしてイってしまうという、それほど花のクリは勃起していたのかと、処女でオナニーも未経験なのにそれほどまでに興奮している花にもドキドキしますね。 初めてなのにアソコはびしょ濡れ、感じ方も申し分ないほど喘ぐ、恥ずかしそうにはにかみながら感じている姿がたまりません。 そんな花を可愛く愛おしく思いながらも理性が吹っ飛んでいくサナティもエロいです。 もうちょっと引っ張るかと思ったら3話でここまでエロいと今後はやりまくりなんでしょうか。 獣人専用の避妊具とかあって面白いですね。 その昔、人間と獣がセックスをして子供を残して獣人が産まれたわけで、それを留めようと隔離したお互いの世界ですが出会ってしまったが最後。 花とサナティが結局その歴史を繰り返すことになりそうですよね。 あまりにも展開が早いのでこれからどうなっていくのか想像もつかないので楽しみです。 それでは、 「獣人さんとお花ちゃん【分冊版】」のコミック情報です。 偶然見つけた壁の亀裂から獣人の住処へ忍びこんでしまった花は、迷い込んだ先で漆黒の獣人・サナティに出会い、大きな体躯に組み敷かれる。 鋭い双眸で侵入した目的を問うサナティの迫力に身震いする花。

次の

獣人さんとお花ちゃんのネタバレ!妄想レベルの世界観がグッド!

獣 人 さん と お花 ちゃん 3 話

80人の方が「参考になった」と投票しています。 どうせメルヘンお花畑なら… ネタバレありのレビューです。 とことんメルヘンお花畑甘いのを突き抜けて欲しかった! 中途半端なリアルさ残して、中途半端な終わり方あとは読み手の想像力に任せます…で終わりかーい! 続編がありそうでもある終わり方。 私はもう非現実的なら非現実的な話で全然構わない。 子どもに関する話題は一切なかったけど、家族になりたい…なら当然、結婚や子どもの話は出てくるはず。 それも二人で立ち向かい、乗り越える場面見たかったよ! 獣人と人間の子どもなんて、不幸になるだけ子どもがかわいそうなんて、葛藤するシーンも見たかったよ。 でも2人の子どもや2人なら幸せな家庭を築く、シーン見たかった。 現実世界は嫌なことしんどいこと当たり前だけど、漫画の世界は心情はリアルさを追求しつつ甘いお花畑で全然構わない。 漫画の世界くらい夢を見させてほしい。 56人の方が「参考になった」と投票しています。 気になる ネタバレありのレビューです。 Twitterで拝見し連載すると聞いてはいたのですが、いつも拝見するイラストや漫画は「獣人さんと人間の女の子がイチャイチャしてる」シーンばかりで、肝心の内容はシークレット状態。 それだけに気になる内容でした。 そして、ようやく解禁され始まったこちらでの掲載。 ストーリーとしては、異世界生活や異世界転生モノではなく、日本を舞台とした現代モノ。 未来でも過去でもなく、今の日本で繰り広げられている物語です。 そこで、どうやって獣人と出逢うのかと思っていたら……成程。 すんなりと違和感なく話がテンポよく進んでいるので、安心しました。 原作者さんと作者さんが別々らしいので、どうストーリーが進展して行くのか分かりませんが、どうか良作で終わる事を願っています。 66人の方が「参考になった」と投票しています。 獣人キター! ネタバレありのレビューです。 獣人ものでエロありストーリーを探してもケモ耳ばかりでイマイチ〜な時に広告で見つけて即12話まで購入。 好みの頭が完全に獣・体はムキムキでも毛があるからモフ・発情期ガルルル 完璧やないかいwムフフwwと一気に読んでしまいましたがかなり満足いく感じでした。 舞台は異世界モノかと思いきや現代モノ。 ヒロインは獣人に対してそこまで抵抗感はなく、出逢いから惹かれ合うまでのストーリーは短い時間の流れの中で1話1話の要所要所にギュッギュッと詰め込まれて獣人さんツンデレ。

次の

獣人さんとお花ちゃんのネタバレ!妄想レベルの世界観がグッド!

獣 人 さん と お花 ちゃん 3 話

獣人さんとお花ちゃんの見どころ 保育士を目指している花は、試験までに時間があるからお金を貯めるために何か仕事をしようと求人雑誌を片手に街を歩いていました。 演説の車からは 「人間の脅威をなくそう」と毎日変わらない言葉が繰り返されています。 花たちが暮らす人間世界と、近寄ってはいけない!危険だ!と入る事が許されていない壁の向こうの世界・・そこへ行ったら人間は食べられてしまうのだとずっと昔から言われているのです。 壁の向こうは昔研究で生れた獣と人を交わらせた恐ろしい 「獣人」が住んでいると聞かされてきました。 花は、小さな男の子が壁の亀裂から大事なボールを獣人の世界に入れてしまい潜り込もうとしている所に居合わせます。 まさに今、狭い隙間から向こうの世界に入ろうとしている少年を見て、花は代りにボールを取りに行く事となります・・これが花と獣人世界との接点の始まりでした。 壁の向こうに入った花は、ずっと聞かされていた危険な場所・行ってはいけないという言葉とは違った美しい場所に見入ってしまったのです。 そしてそこでサナティと出会います。 サナティは人間が入ってきたら警備隊に通報しなければいけない立場・・けれど、花を匿ってくれたり人間の世界に逃がしてくれようとします。 花は厳しさの中に優しさを持つサナティに不思議な感情を抱いていきます。 サナティは我を忘れて花を傷つけてしまう前に花を逃がそうとしていたのかな。 自分だけ逃げてしまっては、サナティが咎められてしまう。 だったらと、花はいっそ今から警備隊に出向こうかとも思うのですが、サナティは花に行くなと言うのでした。 自分の感情に戸惑う サナティは花の好意を嫌だとは思っていませんでした。 けれど同時に人間相手にこんな感情を持ち始めた自分に戸惑ってもいます。 壁の穴の所に着いた時、そこにはなんと部隊長が立っていました。 情に弱いサナティが警備隊の指示に背いて人間を逃がそうとしているのを、思いとどまる様にやって来たのです。 サナティは迷い込んでここに来てしまった花を見逃してほしいと言うのですが、部隊長は既に花の事がサナティの心の中で大事になってしまっている事も心配しています。 そんな話をしているとサナティが強い発情で倒れてしまいます。 これは獣人たちにはつきもので家でおとなしくしていれば風邪のようによくなるのですが・・本能的に強く繋がりたいと感じるとこの酷い状態から一ヶ月くらい治らないこともあるのだと言います。 サナティは明らかに花に発情しているのです。 部隊長は、サナティの性格をよく知っているんだね。 花の覚悟 部隊長は自分がサナティを抑えている間にすぐそこにある壁の亀裂から元の世界に逃げる事も出来るぞと言うのですが、花はサナティの事を受け入れる覚悟をしたのです。 後のことはサナティを治し捕まってから考えよう! 花は部隊長の手を借りて家まで戻ると、サナティと2人きりになったのです。 サナティは逃げる事も出来たのにそれを聞かなかったって事は、何があっても受け入れるって事なんだなとついに人間である花と身体を重ねたのです。 獣とは違って薄い肌・・簡単に傷をつけてしまいそうな繊細さを感じるのですが、不思議と花を抱いているサナティの心は穏やかで心地よく感じていたのでした。 ここまでが3話のストーリーになります。 <前話 全話一覧 3話を読んだ感想 獣人は人間が生み出して、壁の中に閉じ込めた様な感じ。 しかも勝手に獣人は人を食べるとか、壁の向こうは危ない所だ近寄ってはいけないって言っていたんですよね。 人間ってなかなか勝手な生き物だなって感じてしまいました 汗。 でもサナティ含め、獣人は獣の本能も残っているんですよね。 この本能をどうにか我慢して花を傷つけたくないと思っているサナティって・・ものすごいことしようとしている気がします。 それだけ花を大事に思い始めているって事だとも感じますが・・。 本能を我慢しすぎてたサナティは熱出て倒れてしまう所まで耐えたんですが、流石に心配になってしまう程の重度! 花はついにサナティに身体を許す覚悟を決めるのですが、それよりも前に花がサナティにしっかり惹かれてしまっていたからこういう流れになったんだろうと思います。 花もサナティも結構早い段階でお互いを意識していたように感じます。 種族を越えて惹かれあうって、どんな感じなんでしょうか。 人間に生み出された獣人は、何のために生まれて、どうして危険だ人を食べるんだなんて言われるようになっていしまったのでしょうか? そしてついに重なったサナティと花の今後は? やっぱり明日の朝になったら警備隊が迎えに来るのでしょうか? 捕まってしまうのはちょっと嫌だなって思うのですが、仕方ないのでしょうか。 壁の向こうには人間と獣人とのそれぞれの世界があるのですが、逆を言ったら壁一枚でしか区切られていない関係でもあると思います。 もう少しいい感じにお互いを尊重できる方法ないかなと思うのですが、獣人も人間の事良い感じに思っていない気がします。 何か方法がないかな!?と考えてしまいますね。 「獣人さんとお花ちゃん」は、高評価を得ているんです! そして・・レビューも熱のこもったものが多いのです。 獣人がカッコいい• 花がかわいい• 泣ける• 読んでいくうちに思った以上にハマった! レビュー読んでますます続きが気になってきました。 <前話 全話一覧 獣人さんとお花ちゃんのネタバレ3話!まとめ こちらでは「獣人さんとお花ちゃん 3話」の展開・見どころをご紹介しました。 ザっと3話のストーリーをまとめてみます!.

次の