ジャパネットたかた 強み。 自分のビジネスの強みを勘違いしていませんか?『ジャパネットたかた』の衰退と復活から考察する真の強み

【ジャパネットたかた】スチームアイロンの口コミ・評判を徹底比較【スチームQプラス】|テレビ通販まとめサイト

ジャパネットたかた 強み

やる気・自治体にどう貢献できるか・そのためのあなたの強みは何か・・・などを明確にすること。 読んでみると「ふむふむ・・・なるほど。 」という感じですが、実際に伝えようとすると「自分の強みが思い浮かばないんだけど・・・」という悩みにぶつかりがちです。 そして、あれこれ考えつつ、ネットやノウハウ本で自己PRの具体例を勉強しても「オリジナリティに欠けて面接官の心に響かない」という結果になるのはあるあるなんです。 たとえば、「部活 サークル でリーダーシップを発揮しており、人をまとめることに長けている」とかって言っても、「えっ?その長所を役所でどうやって活かすの?」って感じなんですよね。 そもそも役所において新人が人をまとめる機会なんてまず無いですからね。 なので、こういった「ありきたりの自己PR」は捨て去ってOKです。 【もし、人前で話をするとき、緊張している自分に気が付いたら、「そうか。 俺は今、『自分をよく見せよう』と思っているんだな。 言いたいことを相手に伝えることが一番の目的なんだから、そんなに格好をつける必要はないだろう」って自分に話しかけてみてはどうでしょう。 】 まさにこれが本質でして、相手 面接官 に自分を伝えるには「格好をつける必要なんてない」ということです。 自分を良く見せようと背伸びしたり、失敗したくない一心からありきたりの回答を用意したりしても・・・ぶっちゃけ面接官には響かないです。 伝えるべきは1つだけでして、「自分のやる気と強みを持って、自治体にどう貢献すべきか」ですね。 なので、「スラスラ話せないといけない」といったような事は考えなくても大丈夫です。 たとえ不器用でも、「自分という人間を精一杯知ってもらえるように頑張って伝える姿勢」こそが最も重要なテクニックだと言えます。 ちなみに面接官に優秀な人と思われようと背伸びしなくてもいいことについては、以下の記事で解説していますので、合わせて読んでみてください。

次の

自分のビジネスの強みを勘違いしていませんか?『ジャパネットたかた』の衰退と復活から考察する真の強み

ジャパネットたかた 強み

背伸びをしない。 がんばらない」 「ジャパネットたかた」(長崎県佐世保市 売上高 1,491億円 2009年12月期。 カメラ店としてスタートし1990年にラジオ通販を開始。 1994年にテレビ通販に参入,いまでは国内トップクラスの総合通販企業へと成長した。 高田社長によると,ジャパネットたかた成長の秘訣は, < 決して無理をしない。 背伸びをしない。 自分たちのペースを守って、着実な成長を心がけてきた >ことにあるということです。 無理に背伸びをすると、急成長の歪みが生じてしまい,サービスの質が低下し、お客さまに迷惑をかけるととなる,というわけです。 ・ 「ジャパネットたかた」を知らないという人は,まずいないでしょう。 ジャパネットたかたは,通販業者を超えて,人気ブランドになりつつあります。 長崎県佐世保市に本社を置き,年商1500億円の「ジャパネットたかた」。 佐世保市のカメラ店としてスタートし,いまでは国内トップクラスの総合通販企業へと成長した同社を率いる高田明社長の信条は「身の丈に合った経営」。 高田社長によると,ジャパネットたかた成長の秘訣は, < 決して無理をしない。 背伸びをしない。 自分たちのペースを守って、着実な成長を心がけてきた >ことにあるということです。 無理に背伸びをすると、急成長の歪みが生じてしまい,サービスの質が低下し、お客さまに迷惑をかけるととなる,というわけです。 長崎県佐世保市に本社を置く「ジャパネットたかた」(1,491億円 2009年12月期。 佐世保市のカメラ店としてスタートし,1990年にラジオ通販を開始,1994年にテレビ通販に参入,いまでは国内トップクラスの総合通販企業へと成長した。 同社を率いる高田明社長の信条は「身の丈に合った経営」。 高田社長によると,「ジャパネットたかた成長の秘訣は, <決して無理をしない。 背伸びをしない。 自分たちのペースを守って,着実な成長を心がけてきた >ことにあるということです。 また,高田社長は,機会あるごとに「海外進出に関しては今はその時期ではない」と言い切っています。 そして,「国だけでなく商品分野も身の丈を知る必要がある。 私たちには化粧品や食品を売る力はない。 勉強しないとモノは売れない,世の中はそんなに甘くないと思っています。 」とも語ったっておられます。 「ジャパネットたかた」(長崎県佐世保市 売上高 1,491億円 2009年12月期。 カメラ店としてスタートし1990年にラジオ通販を開始。 1994年にテレビ通販に参入,いまでは国内トップクラスの総合通販企業へと成長した。 経営理念は,経営者の「熱き思い」「ありたい姿」の明文化でもある。 明確な目標の提示は,従業員の帰属意識,さらには取引先との一体感の醸成とステーキホルダーと企業とを結びつける触媒の役割を果たす。 そんな想いで,商品開発からアフターフォローまで 全てに全力投球する企業であり続けることを目指す,とし,その実現に向けて,4つのミッションをしています。 ジャパネットたかたには,「クレド」がありその中心に「4つのミッション」があげられている。 「ジャパネットたかたクレド」の中にある「4つのミッション」 1 商品の先にある「生活」や「感動」を届けること 2 身近で便利で安心・快適な買い物手段であること 3 商品の最大限の価値を伝えること 4 楽しさ,面白さ,元気を与えること もちろんクレドがあればいいというものではない。 クレドが「生きている」のは,社員の共感とその実現・実行に向かっての全員の一体化にある。 カメラ店としてスタートし1990年にラジオ通販を開始。 1994年にテレビ通販に参入,いまでは国内トップクラスの総合通販企業へと成長した。 経営理念は,経営者の「熱き思い」「ありたい姿」の明文化でもある。 明確な目標の提示は,従業員の帰属意識,さらには取引先との一体感の醸成とステーキホルダーと企業とを結びつける触媒の役割を果たす。 ジャパネットたかたには,「クレド」がありその中心に「4つのミッション」があげられている。 「ジャパネットたかたクレド」の中にある「4つのミッション」 1 商品の先にある「生活」や「感動」を届けること 2 身近で便利で安心・快適な買い物手段であること 3 商品の最大限の価値を伝えること 4 楽しさ、面白さ、元気を与えること もちろんクレドがあればいいというものではない。 クレドが「生きている」のは,社員の共感とその実現・実行に向かっての全員の一体化にある。 私の一方的な思い込みによる問題提起であってはならないので,同社,および同社を率いる高田社長の経営姿勢,人となりを高く評価しているブログ,ホームページのリンク集を掲載します。 特に,九州大学での講演内容を簡潔・明解に紹介している,「講演でわかったジャパネットたかた社長のハイテンションの理由」は,要点を書き添えます。 単位取得もできる大学の正式な授業として開催されたものである。 ・高田氏は、長崎大学の受験に失敗し、大阪経済大学に入学している。 ・高田氏は27歳で結婚し、3坪しか敷地がない店舗を任される。 当初は1ヶ月の売り上げが55万だったが、300万の目標を設定し、1年で達成した。 その後も業績を伸ばしていく。 ・宣伝媒体としてラジオCMに目をつけた。 テレビCMは高すぎるので、ラジオを選んだという。 やってみたら予想を大幅に超える売上があった。 ・九州全域に進出するころには「通販九州」と名乗り、四国進出時には「通販四国」…このままでは進出するエリアが増えるたびに名前が変わると思い社名を変更した。 「ジャパネットたかた」の誕生である。 ・問題が出てくればそれを一つずつ潰していく。 「問題は階段を登るように一つずつ解決していけばいい。 一足飛びにはいかない。 ・テレビショッピング番組でのあのハイテンションは演技でもなんでもなく、「想いを伝える」「感動を伝える」事を実践したら自然とあのテンションになっていくそうだ。 ・2004年の情報流出事件については,自主的な営業停止を決めたという。 この対応はリスクマネージメントの模範として評価され、事件前を大きく超える業績拡大につながった。 同社は購入者への事故発生の連絡や,製品回収はしていなかったという。 販売されたTV台は,台湾製と中国製で,大阪市の輸入業者とジャジャパネットたかたの子企業が輸入した約47万台。 最初の事故は06年2月10日に山口県で起きた。 それ以後,天板ガラスや棚板ガラスが破損し,TVが落ちるなどする事故が全国で起きたが,ケガ人はなかった。 ジャ社は購入者への事故発生の連絡や,製品回収をしていなかったという。 事故について,経産省所管の独立行政法人・製品評価技量基盤機構に対し,ジャパネットたかたが1月21日,大阪市の輸入業者が2月3日に報告した。 火災やけが人が出ていない非重大事故のため,経産省への報告義務はないというが,同省は「09年,10年に事故が多発してから報告してきた印象。 原因調査を待って,回収などの指導をしたい」としている。 同社によると,テレビ台は台湾製と中国製で約46万5千台を販売した。 テレビ本体を載せる「天板」や,ビデオデッキなどを載せる「棚板」が破損,けが人は報告されていない。 原因について「メーカーの強化ガラス製造工程での処理方法に問題があったか,お客様の使用環境に起因している場合もある」と説明。 「もっとテスト強化を促すべきだったと深く反省している」としている。 事故発生以来,同社は購入者への事故発生の連絡や,製品回収をしていませんでした。 同省はジャ社幹部から事情を聴いており,「今回の事故中身では報告義務はないが,もう少し早く報告してほしかった」としている。 販売されたTV台は,台湾製と中国製。 大阪市の輸入業者とジャ社の子企業が輸入した約47万台。 最初の事故は06年2月10日に山口県で起き,それ以来,天板ガラスや棚板ガラスが破損し,TVが落ちるなどする事故が全国で起きたが,ケガ人はなかった。 ジャ社は購入者への事故発生の連絡や,製品回収をしていなかったという。 事故について,経産省所管の独立行政法人・製品評価技量基盤機構に対し,ジャ社が1月21日,大阪市の輸入業者が2月3日に報告した。 火災やけが人が出ていない非重大事故のため,経産省への報告義務はないというが,同省は「09年,10年に事故が多発してから報告してきた印象。 原因調査を待って,回収などの指導をしたい」としている。 同社によると,テレビ台は台湾製と中国製で約46万5千台を販売した。 テレビ本体を載せる「天板」や,ビデオデッキなどを載せる「棚板」が破損,けが人は報告されていない。 原因について「メーカーの強化ガラス製造工程での処理方法に問題があったか,顧客側の使用環境に起因している場合もある」との見解を示し,「もっとテスト強化を促すべきだったと深く反省している」としている。 【経緯】 原因は,強化ガラス製造工程での処理方法に問題があったか,お客様の使用環境にも起因している場合もある。 ジャパネットたかたとしては,独立行政法人の製品評価技術基盤機構(NITE)や,経済産業省の関係機関にも報告をし,その対策を進めるとともに,新聞,テレビ報道にて,先にお客様に事実を公表する形となった。 対応が遅れ,ご心配をおかけいたしましたこと,心よりお詫び申し上げます。 佐世保市のカメラ店としてスタートし,1990年にラジオ通販を開始,1994年にテレビ通販に参入,いまでは国内トップクラスの総合通販企業へと成長しました。 テレビ・ラジオショッピングをはじめ,新聞チラシ,カタログ,インターネット等多彩なメディアにて全国展開をしている。 商品企画開発,各媒体の企画・制作,商品仕入,受注業務,倉庫管理,アフターフォローに至るまで自社で一貫した管理運営体制をとっているのが特徴。 商品の紹介が単なる性能だけでなくて「想い」を伝えています。 そんな気にさせてくれるのも要因なのでは?この本は雑誌連載をまとめたもので,読みやすい編集となっています。 【】 | 【 】 | 【】 2011. 01up since 2011.

次の

ジャパネットたかたに学ぶ、公務員試験の面接官に自分を伝える方法|赤ずきんくんのみんなで公務員になろう

ジャパネットたかた 強み

今日は『ジャパネットたかた』から学ぶ通販ビジネスのポイントについて書きます。 『ジャパネットたかた』は昨年のビジネス情報番組で『社長退任をかけた勝負の20143年』というような内容の特集を見ていたことと、長崎の小さな町から出た1,000億円企業ということで個人的に注目していました。 皆さんもご存じの有名企業ですが、『ジャパネットたかた』は中高年向けのテレビ通販事業でこの10年で急成長してきた通販会社です。 2006年に初めて年商1,000億円を越え、その後2010年のピーク(年商1,759億円)まで順調に成長してきました。 これまでの『ジャパネットたかた』は、 【商品】 中高年が苦手なデジタル家電製品に特化してきた 【売り方】 自社制作のテレビCMと自社特番を使ったテレビ通販に特化してきた 【ターゲット】 中高年層に特化してきた 【商圏(立地)】 ネットでも紙でもなくテレビCMと自社特番に特化してきた このようなビジネスモデルで2010年まで好調に業績を伸ばしてきました。 しかし、2011年(1,531億円)~2012年(1,170億円)にかけて大きく売上を落としました。 理由は色々あると思いますが、大きくは次の3点が主因だと思います。 1)デジタル家電製品という買い替え頻度の低い商材を選んでしまったこと 2)商品の総合化をしてこなかったこと 3)テレビ通販に依存し続けてしまったこと これらの事象を見ると、『今売れていても3年後、5年後はどうなっているか分からない』という解に行きつきます。 どのような業種・業態でも時流が進むと『これまでと同じやり方』では通用しなくなっていきます。 人が年を取るように、時流の変化を止めることは出来ません。 現に、『ジャパネットたかた』では白物家電や調理家電、ウォーキングシューズなどの品揃え強化を図り(商品の総合化)、CS専門チャンネルやネット販売の強化(売り方と商圏の拡大)に着手することで過去最高益で再浮上しました。 もしくは、今のような時代なので、突拍子も無い新規ビジネスを立ち上げるという成功確率の低い多角化よりは、コア事業(強み)を活かした展開を常に模索し続ける必要性を感じずにはいられません。 そうなると、『3年に一度強みを活かした新しい事業の芽を出す』というくらいのスパンで常に新規事業を追い求め続けなければならないように思うのです。 勿論そのためには、『常に複数の新規事業構想が走っている』必要があります。 いずれにしても、『今のままの状態でい続ける』ということは不可能に近いということです。 『現状維持』でも安泰なのは、『シェア74%以上を獲って圧倒的一番企業の状態』以外にないのです。 出口 康介 Koussuke Deguchi 大手上場コンサルティング会社で7年に渡りメーカー、卸(問屋)、小売業まで、流通の商流全てのコンサルティングに従事。 その後、EC総合支援ベンチャーを経て2013年に出口総合コンサルティングを立ち上げる。 小手先のテクニックやノウハウではなく、中小・零細企業がWebを活用して永続的に売上アップを実現するための現場実行支援を得意とする。 特に、ECショップ支援については、『商品』、『立地』、『客層』を重視して小売業のマーケティング原理・原則に則ったコンサルティングサービスをご提供しています。 『ECの売上アップに必要なのは、集客でもデザインでも価格でもない。 お客様をセグメントし、お客様が欲しい商品を、力相応に勝てる立地で、お客様の予算に合わせて売れる仕組みを作ることだ』をモットーとしています。 会社URL : メール : ideguchi ide-con. com.

次の