きくらげ レシピ 人気。 きくらげを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

きくらげを使った人気レシピ【煮る編】おすすめ10選

きくらげ レシピ 人気

きくらげは生のもの、乾燥させたものがあります。 乾燥きくらげは生のきくらげに比べて保存がきくので常備をしている方も多いのではないでしょうか。 食物繊維がたっぷりと入っていますので、便秘解消効果があります。 きくらげはコリコリとした食感が特徴です。 子供から大人まで幅広い年齢層の方に人気がある食材です。 乾燥きくらげは水に戻して料理に使います。 炒め物はもちろん和え物やサラダでもおいしく食べることができます。 きくらげは他に炒め煮、あんかけ料理、タンメンや酸辣湯などのスープにもよく合います。 きくらげを使ったレシピは豊富にあります。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 こちらはひじきやきくらげなどの具材をたっぷり使った炒め煮のレシピです。 きくらげの歯ごたえを感じられる一品です。 フライパンにサラダ油を熱します。 ひじき、こんぶ、きくらげ、切り干し大根などを入れて軽く炒めます。 しょう油、砂糖などの調味料を入れて5、6分煮ます。 水気がなくなったら大葉を入れて完成です。 最後に大葉を入れることで香りが逃げません。 こちらはきくらげやレンコンの具材を使った炒め煮です。 食感を楽しむことができる一品です。 また食物繊維がたっぷり入っていてヘルシーですのでダイエット中の方にもおすすめです。 鍋にごま油を熱してレンコンやきくらげ、ショウガを炒めます。 そこへ調味料を加えて煮詰めるようにして調理していきます。 ネギを散らして混ぜ合わせたら完成です。 きくらげは中華食材のひとつで、きのこに分類されています。 生のものと乾燥のものがあります。 きくらげはコリコリとした食感が特徴的です。 カルシウム、鉄分、カリウムなどのミネラル成分が豊富に含まれていて、骨粗しょう症の予防や免疫力向上、がんの予防に効果があります。 また食物繊維も豊富に含まれていますので便秘解消に効果があります。 生のきくらげはそのまま切って料理に使います。 乾燥きくらげは20分ほど水につけて戻して使います。 ゆでてサラダやスープ、和え物のレシピに使います。 他にも炒め物や焼くレシピなど様々な料理にお使いいただける食材です。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

きくらげを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

きくらげ レシピ 人気

きくらげは中華食材のひとつで、きのこに分類されています。 生のものと乾燥のものがあります。 きくらげはコリコリとした食感が特徴的です。 カルシウム、鉄分、カリウムなどのミネラル成分が豊富に含まれていて、骨粗しょう症の予防や免疫力向上、がんの予防に効果があります。 また食物繊維も豊富に含まれていますので便秘解消に効果があります。 生のきくらげはそのまま切って料理に使います。 乾燥きくらげは20分ほど水につけて戻して使います。 ゆでてサラダやスープ、和え物のレシピに使います。 他にも炒め物や焼くレシピなど様々な料理にお使いいただける食材です。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 こちらのレシピはウェイパーを使った中華風のハンバーグです。 細切りにしたきくらげ、みじん切りにした玉ねぎとニンジン、ひき肉、調味料をボールに入れてよく混ぜます。 シリコンの型に入れて20分ほど焼いたら出来上がりです。 混ぜて焼くだけの簡単レシピになっています。 小さめに作っておくとお弁当のおかずとして入れることができますよ。 きくらげや豚バラ、えび、キャベツなどの野菜がたっぷり入ったあんかけ焼きそばのレシピです。 市販の皿うどんを使っていますのでお手軽に作ることができます。 具材を食べやすい大きさに切って炒めます。 あんかけの素のスープを流し入れとろみがついたら火を止めて麺の上に乗せて完成です。 お好みで練りからしをつけて食べてくださいね。 きくらげは乾燥しているものを見かけることが多いですが、きのこであることはご存知でしょうか。 気温が下がる冬以降に広葉樹林の枯れ木や切り株などに生えています。 きくらげは木耳と書き、外国でもユダの耳と呼ばれていて、耳の形に似ているとも言われます。 そんなきくらげですが、生のきくらげを選ぶ際にはできるだけ肉厚で表面にしっとりしたつやがあるものを選ぶことをお勧めします。 大きさや縮れ具合はあまり気にしなくても大丈夫です。 使いやすそうなものを選んでみてくださいね。 乾燥きくらげを使う際には20分前後水につけることが必要なので調理する時間を考えて水に戻しておくとよいでしょう。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:「揚げる」】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 きくらげは中華料理によく使われている食材で、コリコリとした食感が特徴的でクセになる食材です。 きくらげは耳に似た形をしていて木から生えていることから「木耳」と表記されています。 栄養価も高く、不溶性食物繊維、ビタミンD、ビタミンB群、ミネラル成分であるカルシウムやカリウム、鉄分が豊富に含まれていて、エネルギーが低く不溶性食物繊維はダイエットにも適した食材といえます。 乾物が一般的ですが生のものも販売されているので手軽に料理に使うことができます。 スープ、炒め物、蒸し料理等幅広く使うことができる食材ですのでおすすめです。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 きくらげはコリコリとした食感が特徴的で、この食感が好きという人がいるほど人気の食材です。 スーパーでは乾燥きくらげや生のきくらげが売られています。 乾燥きくらげは調理をする際はしっかりと水で洗い石づきなどの固い部分を取り除いて使います。 きくらげを使った主な料理には卵と合わせてオイスターソース等で味付けをした中華炒めや、色々な野菜と合わせた八宝菜等があります。 サラダ、スープ等にも使われていますし、フライ等にも使われていますので幅広く活用することができる食材と言えます。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 きくらげは生のもの、乾燥させたものがあります。 乾燥きくらげは生のきくらげに比べて保存がきくので常備をしている方も多いのではないでしょうか。 食物繊維がたっぷりと入っていますので、便秘解消効果があります。 きくらげはコリコリとした食感が特徴です。 子供から大人まで幅広い年齢層の方に人気がある食材です。 乾燥きくらげは水に戻して料理に使います。 炒め物はもちろん和え物やサラダでもおいしく食べることができます。 きくらげは他に炒め煮、あんかけ料理、タンメンや酸辣湯などのスープにもよく合います。 きくらげを使ったレシピは豊富にあります。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 きくらげはきのこの一種で、コリコリとした食感が特徴的な食材です。 分類は生きくらげと乾燥きくらげがあります。 乾燥きくらげは日持ちがするので常備しているという方もいるでしょう。 きくらげには食物繊維が豊富に含まれているので便秘解消効果があり、ビタミンDが含まれているので骨や歯を丈夫にする効果もあります。 またきくらげは低カロリーな食材なのでダイエット効果もあるとされています。 主に中華料理に使われていて炒め物や汁物などにも使われている食材です。 この他にサラダにも活用することができる食材なのでぜひ取り入れてみてください。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

きくらげのピリ辛炒め

きくらげ レシピ 人気

ALL RIGHTS RESERVED. 25分• 318kcal• 860• 693 厚揚げ しょうが にら 豚ひき肉 ごま油 豆板醤 【A】 オイスターソース しょうゆ 酒 水溶き片栗粉• 20分• 412kcal• 1666• 1838 チンゲン菜 かにかま 卵 塩 こしょう ごま油 サラダ油 水 【A】 水 鶏ガラスープの素 しょうゆ 塩 片栗粉• 20分• 332kcal• 1652• 1960 春キャベツ 韓国のり 【A】 おろしにんにく 塩 しょうゆ ごま油• 15分• 60kcal• 1722• 1984 白菜 しょうが 豚バラ肉 塩 こしょう ごま油 豆板醤 しょうゆ オイスターソース• 15分• 406kcal• 3829• 5209 せり 乾燥わかめ おろしにんにく 塩 ごま油• 10分• 20kcal• 2808• 3944.

次の