チャゲ。 チャゲが語るデビュー40年「もう一度、ASKAと一緒に歌を!」

ASKAがチャゲアスを脱退する本当の理由はCHAGE(チャゲ)が原因?心境コメントや1207の意味とは?

チャゲ

CHAGE and ASKA VERY BEST NOTHING BUT C&A(より) 8月25日、歌手のASKAがオフィシャルブログを更新し、音楽デュオ「CHAGE and ASKA(チャゲアス)」からの脱退を発表。 多くのファンが活動再開を待ち望んでいただけに、赤裸々な文章で綴られたASKAの脱退表明は大きな波紋を呼んでいる。 ASKAによると、チャゲアスのバランスが崩れ始めたのは2004年頃からだという。 また09年の活動休止宣言を経て、13年に開催予定だった復活ライブが中止となった点にも言及。 ASKAは「僕抜きの話し合いで『中止決定』して欲しくはなかったな」と、心情を吐露した。 ASKAの独白はさらに続き、今年7月に届いた弁護士のメールにChageから「できれば、二人で会いたい」と添えられていたことを告白。 「そんな大事な言葉さえ、弁護士を経由して伝えてくるあいつとの信頼関係は、もう築けません」と、Chageへの不信感をあらわにしている。 ASKAの脱退発表を受けて、Chageはファンクラブサイトで「皆様を悲しませてしまった事に責任を感じると共に率直にとても残念な思いです」と、心境を明かした。 「彼が理由に挙げている事に、ここで意見することはありません。 彼の思いは『彼の考え』である事に間違いありません。 そして誰が何を言っても『覆る』事はないのでしょう」と語り、あえて自身の主張は封印して、ASKAの脱退が避けられないことを示唆した。 1979年にデビューしたチャゲアスは、91年にリリースした『SAY YES』が累計売上枚数約282万枚を記録。 さらに、93年にリリースした『YAH YAH YAH』も200万枚超えのセールスを記録するなど、数々のミリオンヒットを生み出してきた。 なお、2013年の復活ライブ中止は、ASKAの体調不良を理由としている。 ファンに大きな衝撃をもたらしたのは、14年に起きたASKAの覚せい剤取締法違反(所持)による逮捕劇だろう。 執行猶予つきで有罪判決を受けたASKAは、16年にも覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕(嫌疑不十分で不起訴)されて話題を呼んだ。 ASKAの脱退という結末に、ファンからは「いつか2人のステージがまた見られると信じていたので残念」「さんざん迷惑をかけたのに、ASKAは身勝手すぎる。 Chageが責任を感じる必要はない」「ASKAはファンの気持ちに寄り添ってくれませんでしたね。 なぜこんなかたちで発表したのか理解に苦しみます」といった批判の声が殺到した。 一方で「ASKAの気持ちもわかる。 『CHAGE and ASKA』は2人でコントロールするには大きくなりすぎた」と、同情する声も寄せられている。 また、ヒット曲はほとんどASKAが作詞作曲していることから、「Chageが『5:5』を要求したのが本当なら、適正とは思えない」として、二人の間に歪みを生んだ原因がChageの側にあるとするASKAの主張に理解を示すファンもいる。 別々の道を進み始めたチャゲアス。 今後、どのような姿をファンに見せるのだろうか。 (文=編集部).

次の

チャゲ&飛鳥が解散したけどさ

チャゲ

Contents• チャゲ&飛鳥(CHAGE&ASKA)をASKA(飛鳥)が脱退? ASKAさんの公式サイトが8月25日更新され、次のように発表しています。 yahoo. 「私、『ASKA』は、『CHAGE and ASKA』から、脱退を表明いたします」と報告。 yahoo. これまでも デビュー30周年の2009年に無期限活動休止を発表し、復活ライブの話が浮上するも、ASKAさん に一過性脳虚血症の疑いがあり、静養が必要と診断されて中止に。 2014年にはASKAさんが覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕されたことをきっかけに、解散が報じられたこともありましたが、そのまま 活動休止状態が続いていただけに、今回の発表は残念です。 しかし、なぜ「解散」ではなくASKAさんの 「脱退」なのでしょうか? チャゲアス(CHAGEandASKA)を解散しない理由はなぜ? 実は、飛鳥さんはずいぶん前からチャゲさんに、チャゲアスの解散を要求していたそうです。 7月4日発売の週刊文春ではふたりの不仲と解散の可能性が報道されていました。 その記事をまとめてみると次の通りです。 2009年の活動停止の理由も 10年以上続く二人の不仲。 互いの連絡先さえ知らない関係で、ASKAさんが人を介して連絡しても、 チャゲさんからは一切返事がない。 毎年6月、ASKAさんが逮捕されるまで所属していた事務所『ロックダムアーティスツ』の 株主総会でふたりは1年に1度だけ顔を合わせる。 2人は同社の株式を50%ずつ所有しており、弁護士を挟んで話し合いをする。 今年の株主総会で、 ASKAさんはロックダムとCHAGE and ASKAの解散を要求したが、チャゲが同意せず。 その後、 ASKAさんはファンクラブの会員限定ブログで次のように記したそうです。 (略)会社を解散しないと言う理由には、「経営上」、頷けるところもありますので、それはいいでしょう。 それなら、僕には、会社を2倍3倍にするアイデアがありますので、それを提言しましたが、持ち株50の人が反対すれば、そうはなりません。 yahoo. しかし、ASKAさんのブログに対してはもちろん、取材した週刊文春の記者に対しても、ロックダム者の社長、つまり チャゲさん側は「特にお答えすることはございません」とノーコメントだったそうです。 ASKAさんはさらにブログで 「また憂鬱な株主総会、しかも不本意な8月25日がやってきます」とも述べています。 8月25日はチャゲアスのデビュー日。 しかも今年で40周年ということで、飛鳥さんの中には「今年で解散したい」という思いが強かったはず。 しかし、どんなにその意志を伝えてもチャゲさんから何の回答も得られず、のれんに腕押し状態。 苦渋の決断で 「解散」ではなく、「脱退」を選んだのではないでしょうか? ちなみに今後については、飛鳥さんはソロ活動に邁進していくことを発表。 12月の京都公演を皮切りに、来年2月の神奈川公演まで続く12公演の全国ツアー の開催も決まっています。 しかし、チャゲさんの今後についてやCHAGE andASKAのグループ名称をどうするのかという発表はまだされていません。 また、ASKAさんが「脱退」ということは、新メンバーを迎える可能性もあるのでは?などと早くもささやかれています。 ASKA(アスカ)さん脱退へのネットの反応 CHAGE and ASKA脱退表明したASKA。 再構築っていうならそうしてほしい。 それが復活、再結成なんだろ。 のスタッフさん、間違えないでほしい。 私の を簡単に壊さないでくれ。 も気分悪いよね、きっと。 いや、ファンが一番気分悪いよね。 というか、脱退という概念なのだろうか。 脱退? — かわさき kawaP1016.

次の

MOON LIGHT BLUES CHAGE&ASKA 歌詞情報

チャゲ

:顔写真のをお願いします。 ( 2015年8月) Chage 出生名 柴田 秀之 別名 チャゲ CHAGE 生誕 1958-01-06 (62歳) 出身地 ・ 学歴 中退 ジャンル 職業 担当楽器 活動期間 - ソロ活動期間 - - レーベル (1998年 - 1999年) (2001年) (2005年 - ) 事務所 (1979年 - 1990年) リアルキャスト (1990年 - 2000年) ロックダムアーティスツ (2000年 - ) La・Fuente (個人事務所) 共同作業者 山里剛 青木せい子 公式サイト Chage(チャゲ、 - )は、の男性、。 本名: 柴田 秀之(しばた しゅうじ)。 やのメンバーで、楽曲の・・を担当。 所属芸能事務所はLa・Fuente。 所属は。 公式ファンクラブは「 equal」。 表記名は チャゲ(1979年 - 1989年)、 CHAGE(1989年 - 2008年)、 Chage(2009年 - )と変わっている。 来歴 [ ] 出生から高校時代まで [ ] 、(現:)に生まれる。 その後、3月に両親の故郷である内へ転居。 幼少期は小学時代は部、中学時代は部に所属していたスポーツ少年だったが、高校受験を目前にした時期にの曲を聴いて衝撃を受け 、音楽へ強い興味を持ち始める。 時代には友人とアマチュアバンドを組んで活動しており、同高へ中途転入し別のバンドを組んでいた宮﨑重明 とは友人兼ライバルだった。 ポプコン出場からデビューまで [ ] 実家は祖父の代から福岡市ので天ぷら店を営んでおり、Chageも学校卒業後は父の跡を継ぐ予定となっていたため、第一経済大学(現:)入学後軽音楽部に所属し音楽にのめりこみ、果ては留年した際には「気が済んだか? もういいだろ」と父に言われ、板前の修業にいく算段がついていた。 しかし、まだ在学中の1978年、高校時代からの友人で既に出場経験のあった宮﨑()に誘われて『第15回』(通称・ポプコン)福岡大会』へ飛鳥とは別にエントリーした。 父に「ちょっとだけ待ってくれ。 思い出作りをさせてほしい」と1週間の猶予をもらいポプコンに出場すると、結果はチャゲが「グランプリ」を受賞し九州大会出場権を獲得、飛鳥が「最優秀歌唱賞」となった。 まだ地方大会で優勝しただけではあったが、すっかりその気になったChageは、その場で父に電話して「ごめん、店は継げんわ」と言ったという。 本選会で「入賞」を果たした。 1979年の『第17回ポプコン大会』も本選まで出場しグランプリ獲得を目指したが、結果はまたも「入賞」となってしまった。 結果は残念であったが、ヤマハに一目置かれていた彼らにはデビューの話が進行していく。 しかしそれは、ボーカルを務めたチャゲと飛鳥の2人組でデビューするという方針であった。 何度か断るも悩んだ末に残された5人の了承も得て承諾した。 そして『第18回ポプコン九州大会』にゲスト出演という形で7人最後の演奏を行った。 1997年までにシングル7枚、アルバム7枚を発表した。 同年10月から、系列で『 CHAGEのNORU SORU』が放送開始(1994年3月終了)。 には『スーパーFMマガジン CHAGEのNORU SORU』を引き継ぐ形で新番組『CHAGEの』が放送開始した(1995年2月28日終了)。 4月、CHAGE初のレギュラーテレビ番組、『P-STOCK』放送開始(1998年9月25日終了)。 新ラジオ番組『CHAGEのTreasure Box』も放送開始する(2000年12月25日終了)。 また、デビュー19年目にして初めてソロ名義での音楽活動を行い、アジア向けに『』を発売して、のコンサートで音楽活動を開始するという異例のスタートを飾った。 その後、日本でベスト・アルバム『』を発売。 でコンサートを開く。 9月、初のソロ・シングル「トウキョータワー」、10月に初のソロ・アルバム『 』を発売。 コンサートツアー『CHAGE CONCERT TOUR Feeling Place』も開催した。 大晦日には、初のカウントダウン・ライブ『CHAGE 1998 FINAL COUNT DOWN』をで行った。 7月、でラジオ番組『今夜はチャゲラッチョ』放送開始。 大晦日に札幌ドームで開催するCHAGE and ASKAのカウントダウン・ライブを盛り上げるために当初は3ヶ月の期間限定放送とアナウンスされていたが、12月まで放送が延長された(2003年12月29日終了)。 、『』(愛知万博)で行われていた『SHORT SHORTS FILM FESTIVAL EXPO 2005』のメイン・フェスティバル招待作品として、自らプロデューサー・カメラマン・音楽を努めた短編映画『missing pages』を出展。 その後、世界各国のショートフィルムフェスティバルに出品して数々の賞を受賞した。 、4月から系列で『 』が放送開始(2010年3月26日終了)。 また、10年ぶりとなるシングル「waltz」、アルバム『』を発表。 アルバムのには23年ぶりにを外したCHAGEが写っている。 11月からはコンサートツアー『CHAGE CONCERT TOUR 2008 アイシテル』を開催した。 2009年 - [ ] 1月30日、お互いのソロ活動を充実させるためCHAGE and ASKAを無期限活動休止にすることを発表。 ソロ活動が続行された。 3月、・アルバム『』を発売。 他のアーティストのやを収録し、石川優子とは25年ぶりに「ふたりの愛ランド」をした。 4月には、初の写真集『歌写(かしゃッ)! イベント『茶会』とツアー『Chageの細道』はこの年から始まった。 4月からは、JFN系列で新ラジオ番組『Chageの音道』が放送開始。 6月から『Chageの細道2010』を開催。 10月にシングル「まわせ大きな地球儀」を発売。 11月にはアルバム『』をASKAのセルフカバー・アルバム『』と同時発売した。 12月よりライブツアー『ChageLiveTour10-11 "まわせ大きな地球儀"』を開催。 5月、にて『Chageの茶会2011 〜銀座なう!〜』を開催。 また、夏季限定商品のにと出演。 にはこのCMのために新たに録音された、Chageと仲のデュエットによる「ふたりの愛ランド」の替え歌が使用された。 9月からは『Chageの細道2011』を開催。 会場でシングル「TOKYO MOON」を一般発売に先駆けて先行発売した。 シングル「GO! 」は、会場限定でCD販売した(5月にした)。 8月にはにて『Chageの茶会2012 〜座・藍燈横濱〜』を開催。 脚本・構成にを迎えて新たなステージを見せた。 1月25日、活動休止中であったCHAGE and ASKAを再始動させることを一旦発表。 3月、昨年の茶会の評判に応えて『Chageの茶会2013 〜座・藍燈横濱〜 Again』を大阪・名古屋・福岡・横浜で開催した。 しかし6月11日、体調不良を訴えたASKAが医師による診察で一過性脳虚血症の疑いがあり静養が必要と診断。 そのため、当初8月に開催予定だったCHAGE and ASKAとしてのスペシャル・ライブの延期を公表 するが、その後完全中止が決定される。 、4月からファンミーティング・ツアー『Chage Fan Meeting Tour 2014 〜青いハンカチーフを・・・〜』を開催。 会場とShop限定でシングルCD「永い一日」を販売した。 5月17日、一連の騒動で活動自粛中であったが警視庁に覚せい剤取締法違反(所持)の容疑で逮捕された。 これを受けて所属事務所(ロックダムアーティスツ)はコメントを発表。 Chageも「今日までASKAの回復を待ってきましたが、このような事態になり大変残念です。 突然の事でまだ頭の整理はつきませんが、今は現在開催中のファンクラブイベントに僕は全力を注いでいきます。 ファンの皆さま、関係者の皆さまには、ご心配ご迷惑をお掛けした事を心からお詫び申し上げます」とコメントを寄せた。 翌日にはChageが、広島でのファンクラブ・イベント公演後に報道陣の前に姿を現して謝罪した。 「」も参照 9月1日、公式ウェブサイト開設。 ライブツアー『ChageLiveTour2014 〜equal〜』を開催。 12月に初のを行う。 人物 [ ]• 実家は日本料理店で、父は元々Chageを板前にするつもりだった。 兄が1人おり、兄もChageに似た甲高い歌声の持ち主で、昔からChageよりも歌が上手かったために、Chageがデビューすることになった時、親戚などから「秀之よりお兄ちゃんの方が歌が上手いのに、なんで秀之が歌手になるの? 」と言われていた。 当時高校生だった叔父がの熱狂的なファンで、「お前はビートルズを聴くのだ! 」と小学生時代のChageにビートルズ観賞を強要したこともあり、大のファンになる。 その叔父はChageのデビューが決まると、「お守りとして持っておけ」と言って、The Beatles日本公演チケットの半券をChageに渡している。 兄が音楽に興味を持ち始めた頃に自身も再びビートルズに興味を持ち、音楽の道へ進む切っ掛けとなった。 ASKAとは高校時代に知り合うが、実は小学生の時に福岡の同じ少年野球チームに在籍していた時期があり、デビューしてからのインタビューでそのことが発覚する。 当時はお互い住んでいる地域も異なり意識することはなかったが、この時すでに顔を合わせていたことになる。 ChageとASKAの両人が認識している高校時代の最初の出会いは、ある日の放課後Chageが教室での曲をギターを弾いて歌っていたところ、ASKAが急に教室に入ってきて「それ、お前の作った曲か? 」と聞いてきたので、Chageがとっさに「そうだよ」と嘘をついて返答したのが最初である。 Chageによると、ASKAはその時Chageのことを「こいつ、天才だ」と思ったとのこと。 今ではすっかり定着しているをするようになったのは 、キャニオン・レコード(現:)移籍後の1985年に発売されたベスト・アルバム『』からである。 1990年頃からオールバックに帽子(バンダナ)を着用。 1996年末頃からは髭を蓄え始めた。 近年はバンダナをつけることはなく、サングラスに帽子というスタイルが多くなっている。 ライブのMCやテレビ出演の際の軽妙なトークとその朗らかなキャラクターから社交的なイメージを持たれる事が多いが、 ASKAによると「初対面の人には人見知りをする性格」とのこと。 ASKAは「Chageは自分が世間からどういうキャラクターを求められているのかをよく分かっている」と語っている [ ]。 2008年のコンサートツアー最終日に第1子となる男の子が誕生した。 名前の由来 [ ] 名前の由来の一説として、中学校時代にサッカーでヘディングのやり過ぎからボールの当たる部分だけ髪が薄くなり、最初は「ハゲ」と呼ばれていて、ハゲではかわいそうだから「チャゲ」と変わったことからと言われていた。 また、学生時代のので、本名の後ろに「 HAGE 」と書かれていたが、後ろの「 )」が消えて「 HAGE」になってしまい、前の「 」が「C」に見えて、「CHAGE」と呼ばれるようになったということを本人がテレビで話していた頃もある。 実際にCHAGEと名付けたのは高校時代に付き合っていた同い年の「タカ」という名前の女の子で、「絶対に『柴田』じゃまずいよ。 私が名前考えてきてあげる」と言われ、次の日に名前を考えてきたので、「じゃあ、もし俺が歌手としてデビューすることになったらこの名前を使わせてもらうよ」と約束して今日までやってきたとのこと。 著書にも同様のエピソードの記述があり 、「本名(柴田秀之)からの連想で考えついたらしい」と語られている。 作品 [ ] MULTI MAXの作品については「」を参照 Chageのディスコグラフィ リリースリスト スタジオ・アルバム 5 ベスト・アルバム 1 シングル 7 映像作品 11 シングル [ ] 発売日 タイトル 最高順位 収録アルバム 備考 石川優子とチャゲ 1984年4月21日 2位 とのデュエット作品 オリジナル・シングル 1st 1998年9月30日 トウキョータワー 18位 ソロデビューシングル 2nd 2008年9月10日 waltz 20位 3rd 2010年10月6日 まわせ大きな地球儀 23位 4th 2011年9月2日 (コンサート会場限定販売) TOKYO MOON 78位 カップリングには『』のカバーが収録されている。 2011年11月2日 (一般発売) 5th 2012年4月21日 GO! 対象外 コンサート会場限定発売 6th 2014年4月10日 永い一日 コンサート会場およびオンラインショップ限定販売 7th 2017年5月3日 たった一度の人生ならば/愛すべきばかちんたちへ 25位 配信限定シングル [ ] 発売日 タイトル 収録アルバム 2014年9月5日 Chage Fan Meeting Tour 2014 〜青いハンカチーフを・・・〜(「アイシテル」・「永い一日」のライブ音源) アルバム未収録 2014年11月5日 equal ChageLiveTour2014 〜 equal 〜 2015年7月15日 天使がくれたハンマー 2016年6月22日 もうひとつのLOVE SONG/NとLの野球帽 2018年5月16日 終章(エピローグ) MEMORIAL VERSION /Viva! Happy Birthday! 『 月が言い訳をしてる』、1994年11月4日。 『 月が言い訳をしてる 文庫版』幻冬舎、1997年4月1日。 『 歌写(かしゃッ)! ファンクラブ限定 [ ]• 『CHAGE IN U. 5』(、1994年)• 『Hopper meets Chage』(VHS、1999年)• 『Chageの茶会2012 〜座・藍燈横濱〜』(、2013年)• 『Chage Fan Meeting 2018(ウラ映像)+ Chage Live Tour 2017 ~遠景/Landscape~(ダイジェスト映像)』(DVD、2018年)• 『CHAGE 大いに唄う in 武道館 20th Anniversary Edition』(BD、2018年)• 『Chage 20th Anniversary Live Photo Book』(書籍、2018年)• 音楽家生活50周年記念アルバム『服部克久』(2009年) 「紫野 '09」に参加• 「3月のタンポポ ChageのOTOMODACHI大作戦 ver. 」(2011年) 系 震災復興応援番組『SEVEN Spirits』エンディング曲• ・アルバム『VREATH(ブレス) 〜My Favorite Cocky Pop〜』(2012年) 【Hybrid Disc】のとして収録されている「ナオミの夢」に参加• ・アルバム『』(2013年) 「Kids Are Alright "and" Chage」に参加• 西村智彦 『WONDERLAND』(2015年) 「幸せにしてるかい 〜恋人たちの80's〜」に参加 ツアーメンバー [ ] Chageの茶会・Chageの細道 [ ] 『Chageの茶会』とは、毎回異なるキーワードに基づき企画・構成されている。 都内近郊の同一会場で複数回公演するというスケジュールが多かったが、2013年の『茶会』で初めて全国4都市での公演を行った。 どちらも基本はアコースティック編成で音楽を提供している。 Chageの敬愛するのもじりであるとともに、アルバム『』が全体的に往年のブリティッシュ・ロックを意識したサウンドであることにも由来する。 2012年にはドラマーが佐藤強一に代わって、ライブツアー『ChageLiveTour2012』を開催した。 小島剛広• 2014年のライブ『ChageLiveTour2014』のツアーバンドにつけられた愛称。 西川進 G• 久松史奈 Vo• 小島剛広 B• 佐藤強一 Dr• 力石理江 Key 天使がくれたハンマー [ ]• 西川進 G• 佐藤強一 Dr• 小島剛広 B• 力石理江 Key• 芳賀義彦 G• 石橋優子 Cho もうひとつのLOVE SONG [ ]• 西川進 G• 力石理江 Key• タナカジュン Dr• 小島剛広 B• 芳賀義彦 G• 石橋優子 Cho Have a Dream! [ ] The Primrose Hills• Chage• 力石理江 Keyboard• 大島直美 Drums• 山田直子 Bass• Chage• 西川進 Gt• タナカジュン(Dr• 小島剛広 Ba• 浜口高知 Gt• 力石理江 Key• 石橋優子 Cho CRIMSON [ ] THE CRIMSONS• Chage• 西川進 Gt• 大島直美 Dr• 山田直子 Ba• KB Gt• 力石理江 Key• Yuko Cho feedback [ ]• Chage• 力石理江 Key• 西川進 Gt• KB Gt• 山田直子 Ba• 大島直美 Dr• Yuko Cho ディナーショー [ ] 2014年• ベース:渡辺等• ギター:今堀恒雄(21日)西海孝(28日)• パーカッション:梯郁夫• キーボード:力石理江• コーラス:Amazons 2015年・2016年• ベース:渡辺等• ギター:西海孝• パーカッション:梯郁夫• キーボード:力石理江• コーラス:Amazons 2017年• ベース:渡辺等• ギター:KB• ドラム:佐野康夫• キーボード:力石理江• コーラス:Amazons 2018年• キーボード:力石理江• ベース:山田直子• ドラム:大島直美• ギター:KB• バイオリン:白澤美佳• コーラス:大滝裕子 ライブ・イベント [ ] 年 形態 タイトル 公演数・会場 1998年 コンサート CHAGE 上海之行演唱会 2009年 5月23日 さくらホール 6月10日 6月13日 アワーズホール 6月14日 6月19日 つくば 6月26日 7月3日 7月4日 7月11日 小ホール 7月29日 8月2日 レインボーホール 8月4日 マリンホール 8月14日 中ホール 8月16日 静岡市民文化会館 中ホール 8月21日 小ホール 8月22日 パルシティ 8月29日 8月30日 さくらぴあ 9月1日 9月6日 太陽のホール 9月12日 9月17日 9月19日 9月23日 9月25日 9月27日 9月28日 第2ホール 10月2日 10月24日 10月25日 アートピアホール 10月30日 11月13日 中ホール (8月16日の振替公演) 11月20日 11月21日 サンケイホールブリーゼ 11月28日 11月29日 ゆうぽうと 2010年 3月27日 3月28日 SHIBUYA ENTERTAINMENT THEATER PLEASURE PLEASURE 3月30日 SHIBUYA ENTERTAINMENT THEATER PLEASURE PLEASURE 3月31日 SHIBUYA ENTERTAINMENT THEATER PLEASURE PLEASURE 4月2日 SHIBUYA ENTERTAINMENT THEATER PLEASURE PLEASURE 4月3日 SHIBUYA ENTERTAINMENT THEATER PLEASURE PLEASURE 4月4日 SHIBUYA ENTERTAINMENT THEATER PLEASURE PLEASURE 2014年 4月10日 4月15日 名古屋 ボトムライン 4月16日 大阪 umeda AKASO 4月17日 大阪 umeda AKASO (昼公演) 4月17日 大阪 umeda AKASO (夜公演) 4月22日 Mt. RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE (昼公演) 4月22日 Mt. RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE (夜公演) 4月25日 長野 4月27日 新潟 RED STAGE 5月5日 札幌 (昼公演) 5月5日 札幌 PENNY LANE 24 (夜公演) 5月10日 仙台 Rensa (昼公演) 5月10日 仙台 Rensa (夜公演) 5月11日 宇都宮 5月18日 広島 5月19日 福岡 (昼公演) 5月19日 福岡 イムズホール (夜公演) 5月25日 郡山 5月29日 Mt. RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE 5月30日 Mt. RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE (昼公演) 5月30日 Mt. RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE (夜公演) 6月1日 浜松 6月2日 名古屋 ボトムライン (昼公演) 6月2日 名古屋 ボトムライン (夜公演) 6月6日 神戸 (昼公演) 6月6日 神戸 チキンジョージ (夜公演) 6月7日 高松 (昼公演) 6月7日 高松 DIME (夜公演) 6月12日 Mt. RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE 6月13日 Mt. RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE (昼公演) 6月13日 Mt. RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE (夜公演) 2015年 ファンミーティングツアー Chage Fan Meeting 2015 ~57歳はじめての・・・~ ライブツアー Chage Live Tour 2015 ~天使がくれたハンマー~ 2016年 ファンミーティングツアー Chage Fan Meeting 2016 ~ここがファンミのど真ん中! Liverpool」「 NとLの野球帽」 2008年3月1日 大友直人 PRODUCE POPULAR WEEK 「 Gently」「 ボクラのカケラ」「 花暦」「 嘘」「 告白」「 ピクニック」 「SOME DAY」「マシュマロ」「機嫌が悪いの」「 レノンのミスキャスト」 「トウキョータワー」「 誘惑のベルが鳴る」「You've got a friend」 「 終章(エピローグ)」 2008年7月20日 第6回湯沢フィールド音楽祭 「ふたりの愛ランド」「 花暦」「マシュマロ」 「Mr. Liverpool」「 ボクラのカケラ」「トウキョータワー」「 終章(エピローグ)」 2008年7月26日 CHAGE SUMMER CONECRT in OISO 「 花暦」「お嫁においで」「ふたりの愛ランド」「 告白」「 ピクニック」 「SOME DAY」「マシュマロ」「 ボクラのカケラ」「機嫌が悪いの」 「 夏の終わり」「 終章(エピローグ)」「トウキョータワー」 2008年11月19日 音楽でつなぐアジアの絆 大阪アジア音楽祭 「アイシテル」「 終章(エピローグ)」「マシュマロ」 2008年11月25日 ライブW 木枯らしのコンチェルト 「ふたりの愛ランド」「waltz」 2008年12月22日 AIR-G' FM北海道「GOTCHA! 」presents 『CHAGE Acoustic Xmas Night』 「マシュマロ」「 花暦」「 嘘」「 告白」「機嫌が悪いの」「 レノンのミスキャスト」 「トウキョータワー」「星に願いを~WHEN YOU WISH UPON A STAR」 「きよしこの夜」「 ボニーの白い息」「 NとLの野球帽」「waltz」 「ふたりの愛ランド」「 終章(エピローグ)」 2009年2月4日 東京文化会館 POPULAR WEEK 2009 Produced by 大友直人 「遠い街から」「一杯のコーヒーから」「 花暦」「 嘘」 「他愛もない僕の唄だけど」「涙そうそう」「マシュマロ」 「 レノンのミスキャスト」「飾りじゃないのよ涙は」「トウキョータワー」 「 NとLの野球帽」「星に願いを~WHEN YOU WISH UPON A STAR」 「 終章(エピローグ)」「waltz」 2009年3月7日 Super Generation 2009 〜服部良一・克久・隆之 三代コンサート〜 「一杯のコーヒーから」「東京ブギウギ」「 終章(エピローグ)」「waltz」 2009年7月12日 DEBUT 30TH ANNIVERSARY Chage ACOUSTIC LIVE 2009 「遠い街から」「箱の中身はなんだろう」「マシュマロ」「Many Happy Returns」 「今夜だけきっと」「他愛もない僕の唄だけど」「遠くで汽笛を聞きながら」 「僕はどうかな」「夢のほとり」「 終章(エピローグ)」「飾りじゃないのよ涙は」 「東京ブギウギ」「Hello Goodby」「 NとLの野球帽」「waltz」「ふたりの愛ランド」 「 夢を見ましょうか」 2009年7月25日 Summer Greeting Live Chage In 安曇野 「遠い街から」「箱の中身はなんだろう」「マシュマロ」「他愛もない僕の唄だけど」 「遠くで汽笛を聞きながら」「飾りじゃないのよ涙は」「 NとLの野球帽」 「 終章(エピローグ)」「ふたりの愛ランド」 2009年7月31日 紋別 produced by 吉川忠英 2009年8月24日・25日 音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2009 〜Chageの寄り道 渚編 チャゲゾンズ〜 2009年11月7日 秋の佐賀城本丸御殿・エフエム佐賀ラジオ祭り 2010年7月4日 Chageの寄り道 渚編 〜大波~小波〜 「ふたりの愛ランド」「Many Happy Returns」「箱の中身はなんだろう」「 ベンチ」 「My Treasure」「想い出の渚」「お嫁においで」「チャコの海岸物語」 「涙そうそう」「飾りじゃないのよ涙は」「 めぐり逢い」「アイシテル」「渚の誓い」 「まわせ大きな地球儀」 2010年7月21日 日本製紙Presents 札響ポップスコンサートvol. 4 「 デェラ・シエラ・ム」「もうひとつのLOVE SONG」「ふたりの愛ランド」 「 終章(エピローグ)」「 YAH YAH YAH」 2018年3月21日 ONE+NATION music circus in 都城 2018 「もうひとつのLOVE SONG」「ふたりの愛ランド」 「 終章(エピローグ)」「 YAH YAH YAH」 2018年5月5日~5月20日 僕らのポプコンエイジ 2018 ~Forever Friends, Forever Cocky Pop~ 「 流恋情歌」「 終章(エピローグ)」「 NとLの野球帽」「ふたりの愛ランド」 2018年5月12日、13日 栄ミナミ音楽祭2018 「アイシテル」「 終章(エピローグ)」「機嫌が悪いの」 「Make You Feel My Love」「まわせ大きな地球儀」「 NとLの野球帽」 2018年8月12日~8月15日 IMPERIAL JAZZ 2018 「 終章(エピローグ)」「もうひとつのLOVE SONG」「 紫陽花と向日葵」 「ふたりの愛ランド」「君の瞳に恋してる」 2018年9月6日 黒フェス2018〜白黒歌合戦〜 「 YAH YAH YAH」 2018年10月12日 GORO MATSUI SONGBOOKS Vol. Dramatic LIVE 「 花暦」「 光の羅針盤」「Make You Feel My Love」 「たった一度の人生ならば」「 NとLの野球帽」「 終章(エピローグ)」 2018年11月30日 川島ケイジ & ソノダオーケストラ String Quartet & SPECIAL Guest Chage Holiday Concert 2018 『The Sacred Moment』 「 終章(エピローグ)」「SOME DAY」 2019年3月10日 Dear BEATLES 2019 2019年5月18日~6月2日 僕らのポプコンエイジ 2019 ~Forever Friends, Forever Cocky Pop~ 「 終章(エピローグ)」「ふたりの愛ランド」「 ひとり咲き」 2019年7月28日 てっし名寄まつり Chage ライブステージ 「遠い街から」「アイシテル」「いい日旅立ち」「あの素晴しい愛をもう一度」 「Mimosa」「 夏の終わり」「 終章(エピローグ)」「もうひとつのLOVE SONG」 「ふたりの愛ランド」「 あきらめのBlue Day」「たった一度の人生ならば」 「Graduation」 2020年5月10日 川島ケイジ STRINGS CONCERT 2020 ~My Sweet Ume Town~ Chage fes. 2015 〜音ふれあうも多生の縁〜 [ ] 出演アーティスト [ ] 1月17日、1月18日• Chage• Chage fes. band• Ba:• Gt:• Dr:佐藤強一• Key:力石理江• Cho:Amazons(吉川智子、斉藤久美、)• Gt:(ゲストメンバー) 1月17日• 1月18日• 1月17日 - 18日 オープニングアクト• セットリスト Chage [ ] 1月17日• equal• 勇気の言葉• トウキョータワー(with )• 終章~エピローグ~(with )• Let It Be with• Liverpool• 官能のEsplendida! 春の雪• WORKING• NとLの野球帽• 僕の見つけた気持ちのいい場所• まわせ大きな地球儀(出演者全員) 1月18日• equal• 勇気の言葉• TOKYO MOON• 時には昔の話を(with )• 黄昏を待たずに(with )• ふたりの愛ランド(with )• Liverpool• 官能のEsplendida! 春の雪• WORKING• NとLの野球帽• 僕の見つけた気持ちのいい場所• アーティスト 作詞 作曲 タイトル 備考 作曲 「シングルベッド」 CHAGE and ASKA アルバム『』に収録 作詞 「BLUE」 柿沢美貴 作曲 「ふたりはアイドル」 作曲 「贅沢な口実」 作曲 「1ページのAugust」 作曲 「ウィンクに染めて」 作曲 「SLOW DOWN」 CHAGE and ASKA アルバム『』に「スローダウン」としてセルフカバー収録 作曲 「そこはかとなく揺らめきハート」 作曲 「モッキンバードになれなくて」 作曲 「China Doll」 作曲 「月夜に機関銃」 CHAGE and ASKA の曲「ROLLING DAYS」(アルバム『』収録)の歌詞・タイトルを変えたもの 作曲 「手のひらの私」 作曲 「プン・プン・プン」 作曲 「赤いリボンの物語」 作曲 「麗彩Night」 作曲 「Newsにならない恋」 CHAGE and ASKA アルバム『MIX BLOOD』にセルフカバー収録 共作詞 共作曲 「Vのシナリオ」 ASKAとの共作 共作詞 共作曲 「Vのシナリオ VOL. 2」 作曲 「Graduation」 作詞はASKA 共作曲 「」 ASKAとの共作曲。 CHAGEのNORU SORU (1989年10月3日 - 1994年3月、)• CHAGEの (1994年4月5日 - 1995年2月28日、TOKYO FM)• CHAGEのTreasure Box (1998年4月6日 - 2000年12月25日、TOKYO FM)• 1998年4月 - 1999年3月 『-』• 1999年4月 - 2000年12月 『-』• 今夜はチャゲラッチョ (2003年7月7日 - 2003年12月29日、)• (2007年4月6日 - 2010年3月26日、系)• Chageの音道 (2010年4月4日 - 、JFN系)• Chageの 〜真夜中の音楽室〜 (2011年10月27日 - 2012年3月29日、TOKYO FM) テレビレギュラー• P-STOCK (1998年4月17日 - 1998年9月25日、)• Mライブ (2009年4月28日 - 2010年3月23日、)• (2016年11月9日 - 、) ゲスト出演• 春の祭典!あの大ヒット曲歌い踊る宴の2時間SP(2015年3月31日 ) CM出演• 企業CM(1998年)• 「クールミスド」(2011年) 脚注・出典 [ ] [] 脚注• 2014年10月26日閲覧。 ザテレビジョン. KADOKAWA 2020年4月3日. 2020年4月9日閲覧。 133• 1999年 "ASKA Secret History 1958-1979" [ブックレット]. ASKA 『』のアルバム・ノーツ• 朝日新聞. 2016年8月15日. 2017年4月24日閲覧。 2014年8月18日閲覧。 ヤマハ音楽振興会. 2014年8月18日閲覧。 CHAGE and ASKA 2003年6月8日. インタビュー. ショートショート フィルムフェスティバル EXPO 2005事務局. 2005年 日本国際博覧会 「愛・地球博」. 2014年8月20日閲覧。 ショートショート フィルムフェスティバル EXPO 2005事務局. 財団法人 2005年日本国際博覧会協会 2005年8月9日. 2014年8月20日閲覧。 2014年8月20日閲覧。 受賞内容が確認できる。 CHAGE and ASKA Official Web Site. ロックダムアーティスツ 2009年1月30日. 2014年7月7日時点のよりアーカイブ。 2014年8月31日閲覧。 2009年4月9日. 2013年12月12日閲覧。 ナターシャ 2010年10月1日. 2014年4月1日閲覧。 Walkerplus. 2011年6月7日. 2014年8月20日閲覧。 CHAGE and ASKA Official Web Site. ロックダムアーティスツ 2013年1月25日. 2014年7月6日時点のよりアーカイブ。 2014年8月31日閲覧。 CHAGE and ASKA Official Web Site. ロックダムアーティスツ 2013年6月11日. 2014年8月10日時点のよりアーカイブ。 2014年8月17日閲覧。 CHAGE and ASKA Official Web Site. ロックダムアーティスツ 2014年5月17日. 2014年7月4日時点のよりアーカイブ。 2014年9月2日閲覧。 MSN産経ニュース. 2014年5月19日. 2014年8月17日閲覧。 『月が言い訳をしてる』(幻冬舎、1994年)p. 『月が言い訳をしてる』(幻冬舎、1994年)p. 系『』 2004年8月30日出演時のトークより。 133• 『月が言い訳をしてる』(幻冬舎、1994年)p. BARKS 2008年10月24日. 2013年12月12日閲覧。 CHAGE Blog. ロックダムアーティスツ 2008年12月11日. 2013年10月30日時点のよりアーカイブ。 2014年8月20日閲覧。 系『』2004年8月30日出演時のトークより。 系『』 1998年11月17日出演時のトークより。 117• 『月が言い訳をしてる』(幻冬舎、1994年)p. 特設サイト. ロックダムアーティスツ. 2013年1月31日時点のよりアーカイブ。 2014年8月20日閲覧。 CHAGE and ASKA Official Web Site. ロックダムアーティスツ 2014年4月1日. 2014年6月26日時点のよりアーカイブ。 2014年8月20日閲覧。 BARAKS 2015年7月16日. 2015年9月14日閲覧。 CHAGE and ASKA Official Web Site. ロックダムアーティスツ 2012年12月5日. 2014年6月25日時点のよりアーカイブ。 2014年9月1日閲覧。 特設サイト. ロックダムアーティスツ. 2014年11月25日閲覧。 NISHIKAWA SUSUMU Official Website 2012年6月11日. 2014年8月20日閲覧。 Chageの茶会2012~座・藍燈横濱~ 特設サイト. ロックダムアーティスツ. 2014年8月20日閲覧。 Chageの細道2011 特設サイト. ロックダムアーティスツ. 2014年8月20日閲覧。 財団法人 都城市文化振興財団. 2-3 2009年. 2014年8月20日閲覧。 公益財団法人. 2014年8月20日閲覧。 LOVE FOR HAITI実行委員会. 2014年8月20日閲覧。 みやぎびっきの会 びっきこども基金. 2014年8月20日閲覧。 2014年8月20日閲覧。 LOVE RADIO. 2012年3月17日. 2014年8月20日閲覧。 サウンドメッセ実行委員会. 2014年9月5日閲覧。 公演中止 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] 公式ウェブサイト• レコード会社ウェブサイト• (2000年までの発売作品を取り扱っている) Blog・Twitter・Instagram• (2009年3月25日 - )• (2008年10月8日 - 12月26日)• chageshu -• chageshu06 - YouTube• - チャンネル• - チャンネル レギュラーラジオ番組のウェブサイト• 関連ウェブサイト•

次の