ヘチマ 育て 方。 ヘチマ(糸瓜)の育て方!栽培のポイントや種まきの時期と方法は?

ヘチマを栽培したい方必見!!育て方を紹介!!

ヘチマ 育て 方

1 種まき (4月中旬〜5月上旬) 遅霜の心配がなくなるこの時期が種まきに最適。 種は水に一晩浸しておきましょう。 水に浮いた種は発芽率が悪いので取り除きましょう。 プランターに、10センチ以上の間隔で1cmくらいの深さで1粒ずつまき、水をたっぷりと与えます。 土は市販の元肥入りの野菜用培養土を利用すると手軽です。 プランターには、水はけを良くするために鉢底石を敷きます。 鉢穴をふさぐ鉢底ネットを置くのもお忘れなく。 水やりは朝方に行い、夕方、土の表面が乾いているようでしたらまたやるようにしましょう。 あまりあげすぎると根が腐ってしまいます。 2 植えつけ (5月中旬〜6月上旬) 本葉が4~5枚開いたら、元気な苗を残して間引きし、畑や庭、またはプランターに植えつけましょう。 畑や庭に植えつける場合・・・ 苗を30cm以上の間隔をとって植えつけます。 植える1週間前から、土をよく耕して通気と水はけを良くして、必要に応じて肥料を準備し、しっかりとした土づくりをしておきましょう。 また、植え穴には、元肥をしておきましょう。 プランターに植えつける場合 プランターは、「野菜用」などの深く大きめのもの(幅70cm以上、深さが25cm以上)を準備しましょう。 株間は15~20cm以上間隔をあけて植えかえます。 あらかじめ元肥が施されている土を使う場合は、元肥は必要ありません。 8月上旬~中旬ごろに追肥をしましょう。

次の

へちま栽培・育て方とへちま水やへちまたわしの作り方、食用へちまのおすすめレシピとは?

ヘチマ 育て 方

ヘチマの品種 ・太ヘチマ(20cmほどで収穫して食用とする。 最大で60cmまで育つ。 ) ・トカドヘチマ(東南アジア諸国では広く利用されている。 ) 3. ヘチマの育て方 土づくり 日当たりがよく、生育適温の範囲内にある畑で育てます。 土壌の適応性には優れています。 植えつけの2週間前に苦土石灰を散布し、よく耕しておきます。 そのあと、堆肥と化成肥料を散布し、よく耕して畝をつくります。 畝幅は60cm、高さ10cmとします。 土壌の適正酸度はpH5. 8〜6. 8です。 種植え・植えつけ 5月上旬〜下旬に植えつけます。 生育適温が高いので、寒冷地では5月下旬〜6月中旬が植えつけ適期です。 暖地では4月中旬〜5月上旬に行います。 株間60cmで植え穴を掘ります。 水をたっぷり注ぎ、水が引いたら苗を植えつけます。 植えつけたら株元を押さえて安定させ、もう一度たっぷり水をやります。 管理 支柱立て・誘引 植えつけから2〜3週間後、つるを誘引するための支柱を立てます。 棒状の支柱ではヘチマの長いつるをカバーできないので、アーチ型のパイプなどを組み立て、上からネットを被せてつるを誘引します。 追肥・土寄せ つるが60cmくらいまで伸びてきたら、化成肥料(8-8-8)30g/㎡を株元に散布し、軽く土寄せします。 収穫 長さ20〜25cm、開花後8〜10日の若い果実を収穫します。 タワシ用には開花後40日〜50日の完熟果を使います。 ヘチマ水は収穫後に地際から30cm程度のつるを切り、地際側のつるの切り口を一升瓶などに差し込むと、一昼夜で満タンになるくらいのヘチマ水が得られます。

次の

ヘチマ(糸瓜)の育て方!栽培のポイントや種まきの時期と方法は?

ヘチマ 育て 方

自分で育てた苗か、市販されているものを鉢やプランター、地面に植え替えていきます。 植え替えは4~5月で、苗の本葉が4~5枚生えたものを植えていきます。 鉢・プランター 深さ30cm以上ある10号鉢に1株か、60cmプランターに1~2株が植え付けの目安です。 土は市販の野菜用培養土など水はけと通気性の高いものであればかまいません。 株同士の間隔が30cm以上空くようスコップで苗よりも一回り大きな穴を掘る• 株元が土に埋まらないよう植え付ける• たっぷりと水やりをする• 日向に置く 地植え ウリ科の植物は連作障害を起こしやすくなっています。 過去にキュウリやカボチャなどウリ科の植物を育てた場所への植え付けは避けるようにしてください。 根を広く、深く張るので、深さ30cmほど土を耕す• 植え付ける2週間前に、苦土石灰を1㎡あたり150g(コップ1~1. 5杯)混ぜ込む• 1週間寝かせたら、堆肥を1㎡あたり2kg混ぜ込む• 株同士の間隔が70~90cm空くよう苗よりも一回り大きな植え穴を掘る• 苗を植えて、たっぷりと水やりをする ヘチマ 糸瓜 の水やり、肥料の与え方は? 水やり ヘチマはたくさんの水を必要とする植物なので、土が乾いたらしっかりと水やりをします。 ただ、土が常に湿っていると根腐れを起こすので、特に春咲きは土が乾いてから水やりをしていくようにしてください。 一方、夏以降は生育が旺盛になりたくさんの水を必要とするので、毎日朝と夕方の2回水やりをするくらいがちょうどよいですよ。 肥料の与え方 ヘチマは、肥料が足りないとつるが思ったように伸びてくれません。 市販の培養土であれば肥料が混ざっているので大丈夫ですが、地植えや無肥料の土を使うときは、1㎡あたり150gほどの粒状緩効性化成肥料を土に混ぜておきます。 その後は、植え付けから10~15日後を皮切りに、8月中旬まで月1回肥料を施します。 一握り(30gほど)の粒状肥料を株元の土と混ぜ合せ株元に寄せていきます。 ヘチマ 糸瓜 の誘引、支柱立ての時期と方法は? ヘチマのツルは3m以上伸びるので、早い段階でツルを誘引していきます。 本葉が6~7枚ほどになったら、株のそばにネットを張ったり、支柱やフェンスを立てたりしてください。 ネットにはツルをひっかけるだけで、絡まって上へと生長していきます。 きれいに整えたいときは、麻紐などでツルをゆるく結んでください。

次の