ベトナム コロナ 感染 者 数。 268人が新型コロナに感染するも死者数は0 ベトナムがとった対策

【6月18日更新】【ベトナム】新型コロナウイルスによる影響について

ベトナム コロナ 感染 者 数

改めて新型コロナウイルスとは コロナウイルスが新しいウイルスで怖いものだとはみなさんご存知だと思いますいが、改めて新型コロナウイルスとはどういったウイルスで身体にどういう影響があるのか一緒に見てみましょう。 『ヒトに日常的に感染する4種類のコロナウイルス(Human Coronavirus:HCoV)は、HCoV-229E、HCoV-OC43、HCoV-NL63、HCoV-HKU1である。 風邪の10~15%(流行期35%)はこれら4種のコロナウイルスを原因とする。 冬季に流行のピークが見られ、ほとんどの子供は6歳までに感染を経験する。 多くの感染者は軽症だが、高熱を引き起こすこともある。 HCoV-229E、HCoV-OC43が最初に発見されたのは1960年代であり、HCoV-NL63とHCoV-HKU1は2000年代に入って新たに発見された。 』 NID国立感染症研究所ーコロナウイルスとは より引用 コロナウイルス自体はありふれたウイルスでのようです。 しかし、今回世界的に大流行している新型コロナウイルスは名前の通り新型で、今まで人から人に移っていた一般的なコロナウイルスとは違い、動物から人に移ってきた新しいコロナウイルスです。 2002年に大流行したSARSもその一つです。 SARSはコウモリから人に移ったと言われています。 新型コロナウイルスの症状 新型コロナウイルスの症状は通常の風邪と同様に、発熱、倦怠感、咳のような症状が出るようです。 そのため、症状だけでは通常の風邪と区別がつきにくいので注意しないといけません。 感染力はインフルエンザ並 今回の新型コロナウイルスは感染力が強いことでも知られています。 その感染力はインフルエンザより拡大スピードが速そうです。 ですが、新型で有効な特効薬が確立されていないということから各国が感染拡大に厳しく対応しているので、現状インフルエンザ程の大流行は抑えられています。 新型コロナウイルスの感染源は飛沫感染と接触感染です。 ウイルスを持った人からの唾やくしゃみの飛沫、またはウイルスが付いたものの触れることでも移ってしまうそうです。 潜伏期間は一般的には14日間ですが、それ以上の例も報告されています。 その為、感染症状が出る前に人から人へ感染を広げてしまう恐れもあります。 ベトナムの新型コロナウイルスの感染状況 2020年2月25日現在日本の感染者数は159人、死者4人ですが(クルーズ船内の感染者含まない)、ベトナムでの感染者は16人です。 また、完治者は日本では22人ですが、ベトナムでは全員が既に完治しています。 ベトナムでは感染者が2月16日以降増えていません。 ベトナムの新型コロナウイルスへの対応 ではなぜ日本とベトナムではこんなに感染状況が違うのでしょうか? それは隔離処置の違いにあります。 ベトナムの対応 ・感染者が集中していたソンロイ村を完全封鎖し、全村民(1万人)を完全隔離 ・全国の学校を2月29日まで休校 ・中国人のビザ発給を停止、国境封鎖 ベトナムの感染者はビンフック省のソンロン村に集中していて、感染が全国に拡大する前にすぐに封鎖などの対応をとったので日本のように感染者が広がらなかったのだと思います。 また、日本とは違い現在は中国人や中国からの入国を停止しています。 そのお陰で新たな感染者の発生も防げているのだと思います。 日本人がベトナムに入国できない? 現時点では、ベトナム国内の空港で発熱、咳などの症状が確認された場合、帰国指示や14日間の隔離処置をとっているようです。 また、現在はまだ検討中ですが、感染者が多い日本や韓国から来た人(ベトナム人も含む)の隔離も検討しているようです。 ベトナムは徹底して発生源を排除する方針です。 このような状況が続けば本当に日本人がしばらくベトナムに入国できなくなるかもしれません。 多くの企業が中国からベトナムに避難!? 中国といえば世界の工場として多くの外資系企業が中国に生産拠点を置いていました。 そしてベトナムはチャイナプラスワンとして中国依存を避けるための回避先でしたが、ここに来てベトナムの人件費、地理的な魅力だけでなく、中国の新型コロナウイルスの影響もあり各企業の中国撤退に勢いがついているようです。 新型コロナウイルスの影響による対策で目先の経済損失はありましたが、長期的には良い結果になるかもしれません。

次の

コロナ感染拡大でも「死者数0」を誇るベトナム…感染症対策は

ベトナム コロナ 感染 者 数

現時点で,ベトナム政府は,日本からの渡航者を対象とした特別な措置 の実施を指示し て いませんが,ハイフォン市では,このガイドラインに基づき,実際に自宅隔離を 求められている 邦 人がいますので,渡航・滞在に当たっては十分に御留意ください。 申告は,入国の直前に行う必要があります。 オンライン申告が 推奨されていますが,オンライン申告は,概ね入国の16時間前から利用可能である模様です。 空港等に到着後に紙で申告することも可能です。 )及び韓国からの入国者(日本人含む。 )に対し, 指定された場所で14日間待機し,国内において公共交通機関を利用しないことが要請されます。 また,航空機の到着空港の限定等も行われます。 死亡者 は発生しておりません。 3.ベトナム政府による入国制限 3月21日に掲載されたベトナム政府ポータルサイトの記事によれば, ベトナム政府は,3月22日から,すべての外国人の入国を停止するとのことです。 4.感染防止に向けた勧告等 (1) ベトナム政府 ベトナム保健省は,に加え,3月13日,アパートでの感染予防と制御に関する17のガイドラインを以下のとおり発表しました。 [1] 特に家に帰ったら,すぐに石鹸ときれいな水道で手をよく洗う。 [2] 袖,タオル,ハンカチ,ティッシュで咳やくしゃみをするときは,鼻と口を覆う。 使用後はタオルを洗うか,すぐにティッシュをゴミ箱に入れる。 ごみは所定の場所で処分する。 [3] 目,鼻,口に手を触らない。 唾を無差別に吐き出さない。 [4] 塩水又はうがい薬で良くうがいする。 [5] 体を暖かく保ち,運動習慣をつけ,熱を通したものを飲食,栄養のバランスを確保する。 [6] 仕事,外出,人混みからの帰宅後,すぐに着替えて洗濯する。 [7] エレベーターや階段を使用する場合,それぞれの表面との直接接触及び人々との会話を制限することを推奨。 [8] 人混みへ行くのを制限し,人混みの中ではマスクを着用する。 [9] 咳,発熱,息切れを示す人との接触を制限する。 接触する場合は,2メートル以上の距離を保ち,マスクを着用する。 [10] 通常の洗浄液で毎日自宅の環境を掃除する。 特にドアノブ,階段手すり,スイッチなどを定期的に消毒する。 [11] 家の換気を行う。 ドアや窓を定期的に開ける。 エアコンの使用を制限する。 [12] ゴミを毎日収集し,指定された場所に処分する。 [13] 自己健康管理及び毎日の体温測定を行う。 発熱,咳,のどの痛み,息切れの兆候が見られる場合は,マスクを着用し,人との接触を制限する。 ホットライン「1900 3228」又は「1900 9095」へ電話し,アドバイスを受けて,検査と治療のために最寄りの医療施設を受診する。 [14] 健康管理又は隔離の必要がある疑い事例があれば,直ちにアパート管理者に通知する。 moh. gov. vn),地元の保健当局のCOVID-19感染流行に関する情報を常に更新する。 感染症の状況についての不正の情報を宣伝しない。 [16] 地元の保健機関,マンション,アパートにおけるCOVID-19感染予防と制御に関する規制を厳守する。 [17] 感染症例,疑わしい症例,自宅での隔離の事例がある場合は,マンション,アパートの管理者の指示に従う。 (2) 日本政府 1. 2 月 25日、安倍晋三総理大臣は,新型コロナウイルス感染症対策本部を開催し,同本部において「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」が決定されました(以下のリンクも御参照ください)。 英文は掲載され次第御案内します。 英文は掲載され次第御案内します。 ): 2. 厚生労働省は, 「国民の皆様へのメッセージ」と題し,以下のとおり注意を呼びかけています。 感染症対策に努めていただくようお願いいたします。 ・風邪の症状や 37. (解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます) ・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。 マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。 なお、 現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状況であり、 インフルエンザ等の心配があるときには、通常と同様に、 かかりつけ医等に御相談ください。 複数の医療機関を受診することはお控えください。 また、厚生労働省は、 も発出しております。 日本に住むベトナムの皆様へ 1 日本の厚生労働省から,国民に対し以下のメッセージが呼びかけられています。 日本に住むベトナムの皆様におかれ ましても,重要な情報が含まれていますので内容をご確認ください。 2 3 4月17日、出入国在留管理庁において、新型コロナウイルス感染症の影響により解雇等され、実習が継続困難となった 技能実習生等の日本での雇用を維持するため、特定産業分野における再就職の支援を行うとともに、一定の要件の下、 「特定活動」の在留資格を許可し、外国人に対する日本での雇用を維持するための支援を行うことが発表されました。 4 5 6 7 8 6.日本から渡航される皆様へ ベトナムに入国する全ての人に対し,3月7日午前6時から医療申告が義務付けられました。 入国者は, 入国時に書面で申告するか,入国前にオンラインで申告することができます。 申告は,入国の直前に行う必要があります。 オンライン申告が推奨されていますが,オンライン申告は,概ね入国の16時間前から利用可能である模様です。 空港等に到着後に紙で申告することも可能です。 3月7日以降にベトナムに入国される方は御注意ください。 当館で仮訳した 7.その他ベトナム政府の関連文書 新型コロナウィルスに関連して,ベトナム政府が公表した関連文書について,当館が作成した仮和訳をベトナム語原文とともに掲載いたします。 なお,法的効力を有するのはベトナム語の法令自体であり,仮和訳はあくまでその理解を助けるための参考資料です。 本資料の利用に伴って発生した問題について,一切の責任を負いかねますので,法律上の問題に関してはベトナム語の法令を参照してください。

次の

ベトナムと日本のコロナ対策から見えること・すべきこと

ベトナム コロナ 感染 者 数

ベトナムは新型コロナウイルスによる死者が今も「ゼロ」だ。 一党支配下の政府による徹底した封じ込め策は国民の高い評価を得ているものの、自由を代償にしたやり方は果たして、望ましい姿なのか。 ベトナムで市民運動に携わり、民主主義を追求している論客、グエン・クアン・アさんに聞いた。 決め手は何でしたか。 「自国の医療システムがいかに脆弱(ぜいじゃく)か、政府はわかっていたということでしょう。 政府は感染者だけでなく濃厚接触者や、さらにその接触者らを特定し、隔離しました。 村全体を隔離した例もあります。 医療体制の許容範囲に感染者数を抑え込むため、できることを徹底した。 それが感染者の少なさや『死者ゼロ』につながったと見ています」 グエン・クアン・ア 1946年、ベトナム北部バクニン省生まれ。 ブダペスト工科経済大学で学ぶ。 ベトナム初の民間シンクタンク「開発研究所」を創設。 「中国も厳しい措置で感染を封じ込めました。 共通するのは共産党の一党支配体制です。 警察や軍、青年団体などあらゆる組織を政府の統制で動かせる『動員社会』であり、抑圧的手段も辞さない。 自由を手にしたことのない国民が従順であるとも言えるでしょう。 しかし対策の結果を左右したのは体制の問題ではありません。 「指導者の姿勢でしょう。 指導….

次の