借金 減額 シミュレーター。 借金減額シミュレーターって怪しいけど評判は?【サービス停止のため、今使えるサイト紹介中】

借金減額シミュレーターのデメリットとは?本当に大丈夫なのか?

借金 減額 シミュレーター

債務整理とは 債務整理とは、弁護士や裁判所に依頼・申請して借金を減額整理する法的手続きですが、負債額や収入の状態によって、取るべき方法が異なります。 具体的には、「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」という4つの方法があります。 債務整理するとどうなるかは、手続きの種類によって異なります。 ですので、まずは種類の概要から説明していきます。 債務整理の診断ができる借金減額シミュレーター 債務整理すると問題が解決可能どうか調べるための無料の 借金減額診断シミュレーター、口コミでも評判の良い 弁護士の法律事務所についても掲載しています。 借金減額シミュレーターは、5つの質問に答えるだけで、借金の減額方法や手続き後の月々の返済額がいくらになるのか、調べる事ができます。 しかも 日本全国OK、 土日祝日OK、 24時間受付OKです。 名前、住所も不要、匿名かつ無料で利用できるので、まずは試してみると良いでしょう。 借金減額診断シミュレーターを試してみて、解決できそうな結果が出た場合だけ、弁護士に相談すれば良いと思います。 >>無料シミュレーターに移動<< 債務整理の種類|借金減額によって返済苦から解放される4種類の方法 ここでは4種類の債務整理について説明していますが、実際には法律事務所でヒアリングを受け、弁護士などの有資格者が、どの方法が一番適切なのかを判断することになります。 例えば、借入をチャラにしたいので自己破産したい!と思っていたとしても、誰でも破産出来るのかと言えば、そうではありません。 債務整理の中でも裁判所で手続きが必要な方法については、一定の基準が設けられています。 希望通りにはいかない事を認識しておきましょう。 債務整理の種類その1.任意整理による借金減額 一番件数が多く、手続きも簡単なのがこの債務整理方法です。 読んで字のごとしではありませんが、任意の借金を選んで、金融機関と減額や利息カットなどの交渉を行う方法です。 任意整理は、一定の収入がある人がある人が対象です。 利息制限法で計算した後の元金を、3年から5年で完済できるかどうかが目途となります。 債務整理の種類その2.特定調停による借金減額 特定調停は、債務整理の中でも一番費用の安い方法です。 簡易裁判所に調停を申し立て、調停委員の仲裁のもので債権者側と借金返済について話し合います。 特定調停も一定の収入がある人がある人が対象です。 弁護士費用を捻出できない人は、特定調停を申し立てることで、調停委員が利息制限法により再計算を行ってくれます。 債務整理の種類その3.個人再生による借金の大幅減額 個人再生は、債務整理の中でも比較的新しい方法です。 民事再生法の規定に従い、個人債務者の負債の軽減と返済計画の策定を通じ、生活再建を支援するための制度です。 個人再生は、一定の「安定した収入」がある人が対象です。 非常に手間の掛かる手続きですが、住宅や自動車を手放さずに債務の整理が可能なため、自己破産は避けたい人など、利用者が増えている方法です。 債務整理の種類その4.自己破産による借金帳消し 自己破産は、債務整理の中でも究極の方法とも言える方法です。 他の手続きで借金問題を解決できない場合、自己破産を選択することになります。 自己破産で債務整理している手続き中は職業制限を受けたり、破産者名簿に記載されたり等のデメリットもあるため、検討は弁護士に相談の上で慎重に行う必要があります。 自己破産は、借金を完済できる目途がない人が対象です。 利息制限法で計算した後の元金を3年から5年以内に完済できない、または収入がない人ですね。 債務整理するとどうなる?!メリットについて解説! 債務整理すると「借金減額できる」メリットがありますが、減額割合は手続きの種類で異なります。 弁護士に手続きを依頼した場合、金融会社からの「催促がストップする」メリットもあります。 以下は、手続きごとのメリットです。 任意整理で債務整理するとメリットはどうなる? キャッシングやカードローンなどで利息制限法を超過して借り入れた負債については、正規の利率を適用して再計算を行います。 払い過ぎている金利分は元金に充当して借金を減額、充当する元金がない場合は過払い金として返還請求を行うことができます。 特定調停で債務整理するとメリットはどうなる? 前提として、支払い中の債務について利息制限法に基づいて再計算、減額が可能です。 弁護士費用が不要なこと、引き直し計算で借入残高を減額できるため、多くの方が利用した債務整理方法ですが、最近は利用者数が激減しています。 個人再生で債務整理するとメリットはどうなる? 個人再生の特徴としては、自己破産を除く他の手続きよりも元金の減額幅が大きく、5分の1〜10分の1に借入額の圧縮が可能です。 残債務(減額した後の借金)は原則3年、特別な事情がある場合は5年という期限をもうけ、返済を行うことができます。 自己破産で債務整理するとメリットはどうなる? 裁判所で免責が認められると、所有資産を処分される代わりに、全ての借金を帳消しにできます。 もちろん希望すれば誰でもできるという手段ではなく、返済の見込みがない事、免責不許可事由に該当しないことが条件となります。 債務整理するとどうなる?!デメリットについて解説! 債務整理するとメリットと引き換えにデメリットも発生します。 デメリットは手続きの種類によって異なりますが、共通するデメリットもあります。 以下は、手続きごとのデメリットです。 任意整理で債務整理するとデメリットはどうなる? 任意整理は法的手続きではない為、裁判所を通す必要はありませんが、債務者本人が貸主に申し入れても相手にされないデメリットがあります。 現実的には弁護士や司法書士に依頼することになります。 特定調停で債務整理するとデメリットはどうなる? 利息制限法を超過した貸付が減り、特定調停を行っても借金が減らないばかりか、残債務の一括返済を要求されたり、分割する際に将来利息を業者側が条件にしたりするケースが増えています。 現在、債務整理の方法として特定調停を選択するメリットは殆どないでしょう。 個人再生で債務整理するとデメリットはどうなる? 個人再生は、弁護士への依頼が必須の債務整理方法です。 再生計画を作成して貰った上で裁判所に申請し、許可を得る必要があります。 そのため、弁護士費用を負担する必要があります。 自己破産で債務整理するとデメリットはどうなる? ギャンブルや浪費、投資などによる債務は、いくら返せない状態であっても破産は認められません。 (例外として裁量免責される場合もあります) 税金も免責されませんので、税金を滞納して借金返済しているなら、優先順位が逆です。 参考: 債務整理するとどうなる?共通のデメリットはブラックリスト登録 債務整理すべての手続きに共通するデメリットと言えば、最大で10年間、新たな借入が出来なくなってしまう点です。 これは、手続きの方法や行った先に限らず、全ての金融会社での借入、クレジットカードの使用も不可能になります。 例えば、キャッシングやカードローンの返済に行き詰って債務整理を行ったとしても、住宅ローンや自動車ローン、事業資金の借入などもできなくなるのです。 債務整理するとブラックリストに登録されるデメリットの期間は最大10年間 金融機関は、貸金業規制法という法律に基づき、顧客への貸付を行った場合や、入金があった際には信用情報機関に履歴を登録することが義務付けられています。 また貸付を行う時には、信用情報機関に問い合わせをして、債務(借入)状況を確認することになっているのです。 これは法的に義務付けられているため、闇金などの違法業者を除けば、全金融機関が行っていることです。 債務整理すると信用情報機関に事故者(ブラックリスト)として登録されてしまう為、貸付時に事故があることが判明し、融資を断られるのです。 この情報は5〜10年間は解除されないので、その間は新たな借入が出来ないというわけなんですね。 参考: 債務整理しなくてもブラックリストに登録される場合もある! ただし債務整理を行っていなくとも、すでに支払いを滞納していれば、ブラックになっている可能性が高いです。 そういう場合にはデメリットとは言えないかもしれませんが、手続き後もクレジットカードが使用できないのは、いろいろと不便ですね。 ブラックリストに登録されている間は、住宅ローンも組めません。 債務整理すると最大で10年間は住宅ローンを組めないので、家を手放したくないなら自己破産以外の方法で手続きする必要があります。 詳細については、以下のページで解説しています。 参考: 債務整理すると借金は減額されるけど種類・方法は選べない! 任意整理、特定調停、個人再生、自己破産、債務整理には4つの方法があります。 どの方法で手続きを進めていくかは、依頼した弁護士と相談することになりますが、このページの初めにも書いたように、自分の自由にはなりません。 この点を、もう少し詳しく説明しますね。 債務整理の種類は自由に選べない! 例えば、債務整理で借金返済を一切無くしたいので自己破産したい!と思っても、収入が高かったり負債が低かったりすれば、自己破産はできません。 反対に、自己所有の自宅を処分されたくないので個人再生したい!と思っていても、無職で無収入の状態なら破産以外に方法はありません。 もちろん依頼者として希望を伝えることはできますが、債務整理方法は、収入と負債額のバランスで選択肢が決まってしまうのです。 特に裁判所に申請する個人再生や自己破産は、適用されるための条件が細かく決まっています。 自分で自由には選べないのです。 債務整理できない人もいる! 更に言えば、債務整理できるかどうかも、弁護士に相談してみないと分かりません。 例えば、年収1000万円の人が、消費者金融で10万円借りたとします。 他に、全く借金がないなら、いくら返済が苦しいからと言っても相手にはされません。 給料は全て奥さんに管理されていて払えないと主張しても無駄、債務整理はできません。 奥さんに相談して、消費者金融に返済しなさいと言われるだけでしょう。 このように、収入が多く、借金の金額が少なければ、自主的な努力で返済するよう促されます。 借りたお金を返すのは、誰でも苦しいものですから、苦しいというだけでは駄目なんですね。 では、債務整理できるかどうか判断する方法は?という疑問が湧きますよね? 基本的には弁護士に相談することをオススメしますが、「 」を利用すると簡単に判断できると思います。 債務整理は弁護士への相談をおすすめします! 生活のための現金が不足してしまった場合など、消費者金融から借金をする人も少なくありません。 沢山お金を借りてしまい、自力で返済することが難しくなってしまった場合は、債務整理が必要な場合もあると思います。 債務整理するにしても、金融会社ではなく、自分に有利になるように手続きをしたいですよね? とは言え、一般の人は法律に関しては詳しくはありません。 借金をしている消費者金融などの金融機関を相手にした場合に、自分に有利な形に持っていくのは簡単ではないのです。 債務整理は悪いこと、恥ずかしいことではない! 自分に有利な形で債務整理の手続きをするためには、弁護士や司法書士などの法律業務の専門家に手続きをしてもらう必要があります。 専門家はプロなので、金融会社相手に有利に交渉を進めることが可能です。 弁護士に相談と聞くと、何故か分かりませんが、悪いこと恥ずかしいことのように考える人がいますが、考えすぎです。 債務整理は、国が見つめた借金減額の方法なのですから、恥じる必要はないのです。 弁護士に相談して債務整理すると借金を減額できる! 弁護士や司法書士などの専門家に債務整理の手続きを依頼するとと、どのような形で有利に手続きをしてもらえるのでしょうか? 有利な点としては、任意整理による解決ですが、この際に交渉で利息、損害金をカットしてもらったり、元本の一部を免除してもらえます。 また債務に過払い金が発生している場合においては、弁護士に依頼して全額に近い金額を取り戻してもらうのも可能です。 そのため例え費用を支払ったとしても、自分に有利な形で手続きできるのです。 個人再生・自己破産の場合は、裁判所の費用が別途必要になります。 債務整理については、無料相談できる弁護士事務所もあります。 以下は、弁護士を紹介してもらえる無料電話相談窓口の情報を提供しているサイトです。 参考: 借金減額シミュレーターで債務整理診断! 債務整理は、弁護士や司法書士に依頼する必要があると言っても、いきなり法律事務所に連絡するのは勇気が必要です。 費用や評判も気になりますし、果たして解決可能かどうかも不安だと思います。 借金減額シミュレーターは債務整理できるか無料診断が可能 そこで、当サイトでは口コミでも評判の高い、無料の借金減額診断シミュレーターを利用する方法をおススメしています。 このシミュレーターは、5つの質問に答えるだけで、借金の減額方法や手続き後の月々の返済額がいくらになるのか、調べる事ができます。 しかも 日本全国OK、 土日祝日OK、 24時間受付OKです。 名前、住所も不要、匿名かつ無料で利用できる仕組みなので、試してみると良いでしょう。 借金減額シミュレーターで債務整理可能なら弁護士相談 借金減額診断シミュレーターを試してみて、解決できそうな結果が出た場合だけ、弁護士や司法書士に相談すれば良いと思います。 () 債務整理するとどうなるのか、一人で悩んでいても問題は解決しません。 勇気を出して行動すれば、必ず穏やかな日々を取り戻せますよ。 >>無料シミュレーターに移動<< 借金減額シミュレーターの診断後にLINEで債務整理相談 弁護士法人アシスト法律事務所の借金減額シミュレーターも匿名・無料で利用できるのですが、診断後にLINEで相談できるという特徴があります。 具体的に債務整理について相談したい方は利用してみてください。 >>無料シミュレーターに移動<< 債務整理の道標 関連サイト•

次の

借金減額シミュレーターは怪しい?口コミや評判はどうなの?

借金 減額 シミュレーター

安心なのは法律事務所が運営するシミュレーター 「借金減額シミュレーター、気になるけどなんだか怪しい…」 「本当にシミュレーション通りに借金を減らせるの?」 借金減額シミュレーターは、今ある借金を債務整理によってどれくらい減額できるのかを診断してくれるサービスです。 匿名・無料で利用でき、ものの数分で診断結果が分かる手軽さもあって、借金問題に悩む多くの人に利用されています。 ただ、お手軽に利用できるサービスであるからこそ、インターネット上には「怪しい」「しつこく営業を受けそう」といった口コミも決して少なくありません。 実際、シミュレーターの中には、 闇金などの違法業者が"ターゲット探し"のために運営しているものも存在するので注意が必要です。 シミュレーターを利用する際は運営元をしっかりと確認することが大切です。 一番安心なのは法律事務所が運営しているシミュレーターです。 個人情報の流出・悪用の心配はありませんし、しつこい勧誘を受けることも一切ありません。 また、債務整理の実績豊富な事務所が運営するシミュレーターであれば、 現実的な診断結果を受け取ることができ、それをもとに弁護士に無料相談することもできます。 債務整理の手続きについてはで詳しく解説しています。 シミュレーターはどこが運営しているの? 借金減額シミュレーターは弁護士や司法書士などの法律事務所が自社運営するものもあれば、一般企業が運営するものもあります。 法律事務所が運営するシミュレーター 債務整理に精通した専門家によるシミュレーションなので、信頼度の高い診断結果を受け取れるだけでなく、借金問題について無料相談することもできます。 無料相談の結果、債務整理をすることになれば、 手続き終了までは借金を返済する必要がなくなりますので、借金の督促からは解放されますし、それまで返済に充てていたお金を弁護士費用として貯めておくことができます。 また、シミュレーターの利用後に しつこい営業を受ける心配もありませんので、債務整理をするしないはあくまでご自身で決めることができます。 一般企業が運営するシミュレーター 仕業資格を持たない一般企業が運営するシミュレーターです。 その信頼度はともかく、診断項目については法律事務所が運営するシミュレーターと大差はありません。 大きく異なる点は、診断後、法律事務所は無料相談をしてくれるのに対し、一般企業では お勧めの弁護士事務所や司法書士事務所を紹介してくれるという点です。 「自分が住んでいる地域に弁護士事務所がない」という方には全国対応の事務所を紹介してくれますし、事務所ごとに費用や解決実績なども教えてくれますので、比較検討しながら依頼する事務所を選ぶことができます。 企業運営型シミュレーターの「ある事件」 一般企業が運営するシミュレーターの代表的なものとして、且つて「街角相談所のシミュレーター」が人気を博していましたが、現在ではサービスが終了しています。 運営元であるインターネット関連の会社が、 弁護士資格を持たない事務員に債務整理業務を行わせていた「非弁活動」の疑いで大阪地検特捜部に家宅捜索を受け、それを機に2018年12月をもってサービス終了となりました。 運営元の違法行為によって利用者に不利益が生じる可能性は低いでしょうが、やはりこういった事件を目の当たりにしてしまうと、 コンプライアンス意識の高い法律家の運営するシミュレーターを利用した方が安心と言えるでしょう。 弁護士に無料相談できる• 個人情報を厳守・家族にもバレない• 匿名・無料で利用できる 弁護士に無料相談できる 借金の減額診断だけでなく、借金問題のプロである弁護士から あなたに最適な解決方法を具体的にアドバイスしてもらえます。 天音総合法律事務所はこれまでに 数多くの借金問題の解決実績がある法律事務所です。 これまでに培ったノウハウを駆使して貸金業者との減額交渉を有利に進めてくれますし、他の事務所で断られた人でも親身に相談にのってくれ、債務整理を安心してお任せできる事務所として利用者から厚い信頼を得ています。 このような事務所に無料相談できること自体、天音総合法律事務所のシミュレーターを利用する大きなメリットになります。 個人情報を厳守・家族にもバレない 弁護士は法律のプロフェッショナルです。 一部の違法業者などとは違い、利用者の個人情報を減額診断や無料相談以外の用途で用いることはありません。 また、 減額診断結果もメールか電話での連絡となりますので、個人携帯であれば家族や同居人などに知られてしまうこともありません。 匿名・無料で利用できる 利用者の本名や住所を明かすことなく、無料で診断を受けることができます。 診断自体は幾つかの簡単な質問に答えるだけですし、パソコンはもちろんのこと、誰の目にも触れない所でスマートフォンやタブレットからも手軽に申し込むができます。 シミュレーターの診断結果は信頼できるのか? 誰でもお手軽に利用できる借金減額シミュレーターですが、その診断結果は本当に信頼できるのでしょうか? 借金減額の目安にはなる 結論から言いますと、100%正確な診断結果が出る訳ではありません。 借金の状況は借入先も含めて人それぞれですので、いくら弁護士と言えども、同じ計算式ですべての人の診断結果を正確に出すことは不可能です。 実際に債務整理を行ってみなければ本当に減らせる額は分からないというのが実情ですが、少なくても債務整理の実績豊富な弁護士による試算であれば、借金減額の目安にはなるはずです。 数々の貸金業者を相手に減額交渉をしてきた弁護士が、自身の経験に基づいたロジックで計算式を組んでいますので、債務整理の実績がない一般企業のシミュレーターよりは信頼性が高いと言えるでしょう。 シミュレーターを有効活用しよう 借金減額シミュレーターを利用したからと言って、必ずしも債務整理をする必要はありません。 借入日数が短期間の場合や、借入れ先が1社、借金総額が50万円以下の場合などは、債務整理をしても返済負担を大きく減らせませんので、おまとめローンや家計の見直しなどで解決の道を探していくことになります。 ただ、最初にシミュレーターを利用することによって、自分の場合は債務整理が有効なのか否かを知ることができ、それによって 他の解決方法と比較しながら選択肢を絞っていくことができます。 最終的には自分に最も適した解決方法を選択することがベストなので、そのためのツールのひとつとしてシミュレーターを活用してみるのもいいですね。 シミュレーター以外で借金減額を相談するには? 相手が法律事務所とは言え、「シミュレーターを介しての借金問題の相談は気が進まない…」という人は、法律事務所に直接相談をするか、もしくは公的機関などを利用して借金の減額を相談されてみると良いでしょう。 法律事務所に無料相談する 最近では多くの法律事務所が借金の無料相談を受け付けています。 弁護士への相談は敷居が高いと思われるかもしれませんが、あまり肩に力を入れずお気軽に相談されてみてください。 もちろん弁護士と言えど人間なので、合う合わないといった相性の問題はありますが、実際に法律事務所に勤めていた私から見てもほとんどの弁護士が「普通の人」でした。 借金問題の解決において最も重要なことは、専門家への早期相談・早期解決です。 本来であれば、シミュレーターを利用するまでもなく、 直接法律事務所へお問い合わせをすることが解決への最短ルートになりますので、事態が深刻化する前に専門家に相談をしてみましょう。 安心して利用できるのは法律事務所が運営するシミュレーター• 法律事務所のシミュレーターなら弁護士への無料相談も可能• シミュレーションによって債務整理での解決が可能か否かが分かる 借金減額シミュレーターを利用する際は、法律事務所が運営するシミュレーターを選ぶのが安心です。 個人情報はしっかりと守られますし、債務整理の専門家である弁護士が一人ひとりの状況に合わせて診断をしてくれますので、現実的な解決方法を知ることができます。 また、当サイトがお勧めするシミュレーターであれば、 匿名・無料での利用が可能なうえ、情報入力も1分程度で済みますのでスマホからでも簡単に申し込めます。 「借金問題を解決したいけど、何から始めればいいのかわからない…」 そのような方は、まずは借金減額シミュレーターで解決への第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

次の

借金解決ゼミナール(無料借金減額シミュレーター)は怪しい?評判まとめ | 借金返済どうすれば?

借金 減額 シミュレーター

30日間、無金利、無利息、即日融資 そして実際にキャッシングやカードローンを利用して、借り入れの罪悪感が消えたことはありませんか? 『無利息の期間は今だけ』と頭では分かっていても… 「借金ってカンタンだね。 まだ借りても大丈夫かな?」 という気持ちがふくらみ、気付けば芋づる式に借金が増えていた…という状況もありますよね(私がそうでした)。 そのような背景があるので、私たちは、 『無料』という言葉に警戒心を抱いてしまうのかもしれません。 「無料と言ってもさ…なんか罠があるんでしょ? デメリットがあるんでしょ?」という思いですね。 しかし、必要以上の警戒心は捨てて下さい。 警戒心が強すぎると、チャンスを逃してしまうので。 借金無料診断のカラクリ・仕組み 借金無料診断のカラクリは単純です。 カラクリという言葉には怪しい響きがありますから、ここでは「仕組み」と言い換えますね。 任意整理を弁護士にお願いする• 自己破産や個人再生を弁護士にお願いする• 過払い金返還請求を弁護士にお願いする 「いま手元にお金ないからムリ…」という場合でも、 分割払いに対応しているケースがあります。 私も任意整理時は貯金ゼロで、借金の取り立てに苦しんでいました。 それでも、任意整理の交渉期間中(約3ヵ月)は借金返済がストップするので、その間に費用を貯めれたんですよね。 弁護士に依頼すれば、借金の取り立ても止まりますよ。 あなたが借金問題で困っていることは、弁護士もよく分かっていますからね。 まずは、 少しだけ勇気を出して、LINE無料診断を利用してみて下さい。 ちょっとした行動で、結果は大きく変わりますので。 無料の部分と、有料の部分を、しっかり分けて理解する。 上手に活用する。 たしかに、任意整理や自己破産の手続きを依頼すれば、お金はかかります。 しかし 根本から借金問題を解決するには、そのような手続きが、本当に効果的ですよ。 私自身、任意整理で金利がゼロになり、一気にラクになりましたからね。 (2017年10月、200万の借金を全て完済しました) 結論として、弁護士の借金減額診断は安心して利用できます。 カンタンな質問に答えるだけですしね。 「まだ借金無料診断はいいかな?」と思うあなたへ 「まだ借金減額診断に申し込まなくてもいいかな…」 とあなたは思うかもしれません。 しかし借金問題は、放置すればするほど解決が難しくなります。 カードローンやキャッシングから始まり、 やがて、どこからも借りれず、闇金に手を出してしまう…。 そのようなことが実際にあるんですよね。 借金の泥沼にハマると、他のことが考えられなくなります。 目の前のお金以外、何も考えられなくなるのです。 それに気付いた今が、とても重要ですよ。 手遅れになる前に無料診断を利用して、借金解決の第一歩を踏み出してくださいね。 そして借金のない、素晴らしい未来を実現して下さい。 借金で悩まない未来を、ぜひ叶えましょう。 借金無料診断を利用すれば、その可能性がありますよ。 LINE無料診断• 借金減額シミュレーター• 借金減額診断シミュレーター その結果、 LINE無料診断や借金減額シミュレーターの話題は少ない ということが分かりました。 知恵袋で『借金減額シミュレーター』の質問自体はありますが、おそらくマッチング型のシミュレーターでしょう。 マッチング型とは、弁護士や司法書士とユーザーをマッチングするタイプのシミュレーターです。 弁護士法人アシスト法律事務所の無料診断はマッチング型ではないので、知らない弁護士・司法書士から連絡が来ることはありません。 純粋に、 弁護士事務所に診断してもらえるサービスですよ。 安心して申し込んで下さいね。

次の