トロン ボーン 奏者。 トロンボーン

ジャズのトロンボーン奏者・J.J.ジョンソンから向井滋春まで・これを聴けばトロンボーンが好きになる!

トロン ボーン 奏者

音色やルックスがダイナミックで、存在感のあるトロンボーン。 重たくて運ぶのが大変なうえ、繊細な造りをしているので、ケース選びが難しいと感じている人も多いのではないでしょうか?トロンボーンケースは、マルカート、KTL、プロテック、BAGSなど多くのブランドが扱っており、機能や特徴もさまざま。 種類がたくさんあって、どれを選んだら良いのか迷ってしまいますよね。 そこで、今回はトロンボーンケースの選び方とともに、人気の商品をランキング形式でご紹介します。 軽量なもの、とにかく頑丈なもの、かわいいデザインのものなど、それぞれに特徴のある商品がランクイン!大切な楽器を守るケース。 ぜひこだわって選んでみて下さいね。 まずは、ベル部分の収納可能サイズをチェックしましょう。 メーカーやモデルによって、楽器のベルサイズは異なります。 ケースによっても、対応ベルサイズはまちまち。 「一般的な規格だから大丈夫」と思っていても、選ぶ際には注意が必要です。 対応サイズが小さいと、もちろん楽器は収まりませんが、逆に大きすぎるのもNG。 移動中に楽器がぐらついてしまいます。 5インチまで」を目安に選ぶのがおすすめです。 ちなみに、テナー・テナーバスのベルサイズは7. 5~9. 5インチ、バストロンボーンは9. 5インチ以上が一般的です。 自分の楽器のベルサイズが分からなければ、メーカーに問い合わせて確認しておきましょう! テナーバス・バストロンボーンのケースを選ぶ際には、F管アタッチメントとバルブの収納可否もチェックしておきましょう。 F管アタッチメントは、「トラディショナルタイプ」であればほとんどのケースが対応していますが、少し珍しい仕様の「オープンラップタイプ」の場合は、対応しているかをしっかり確認して選びましょう。 バルブは、一般的な「ロータリーバルブ」なら特に気にする必要はありませんが、マイナーな「セイヤーバルブ」などには対応しているケースが少ない傾向に。 当てはまる人は、注意してくださいね。 ちなみに、アタッチメントが2つ付くバストロンボーンは、「バルブの設置仕様」にも注意が必要です。 「インライン」か「オフセット」のいずれかで、自分の楽器に合っているものを選びましょう。 中には、ケース内部のクッションを移動させることで、どちらにも対応できるケースもありますよ。 KTLのテナー・テナーバス兼用のセミハードケース。 F管アタッチメント・バルブともにほとんどの規格を収納でき、汎用性が高いのが魅力です。 アタッチメントのないテナー用に積み増しクッションも付いているなど、使う人への気遣いが見られます。 ただし、流通量の少ない楽器や、ナロースライド付きテナーバスは収納できない場合があるので、購入前に確認しておくとより安心です。 重量は2. 7kgと軽量で、リュック仕様で持ち運びしやすいのもうれしいですね。 セミハードケースでどれを買うか迷っても、「コレを選んでおけば間違いない」商品と言えそうです。 ベルサイズ 8. 5インチまで F管 トラディショナル、オープンラップ可 バルブ セイヤーバルブ可 ジャンル セミハード 重量 2. セミハードで迷っているならコレで... 耐久性のあるケースが欲しい方に とにかく軽い!アウトドアバッグメーカーならではの機能性も 最安値 ベルサイズ 8. 5インチまで 9インチまで ー 9インチまで ー 8. 5インチまで ー 9インチまで 8インチまで ー F管 トラディショナル、オープンラップ可 ほとんどのアタッチメントに対応 オープンラップ可 ー トラディショナル、オープンラップ可 ー ー トラディショナル、オープンラップ可 オープンラップ可 ー バルブ セイヤーバルブ可 ー ー ー セイヤーバルブ可 ー ー セイヤーバルブ不可 ー ー ジャンル セミハード ソフト セミハード セミハード セミハード セミハード ソフト 軽量ハード セミハード ソフトケース 重量 2. 7kg 2. 5kg 5. 01kg 2. 8kg 4. 2kg 2. 4kg 760g 3. 1kg 4. 92kg 2. 2kg 収納 小物入れ・サイドポケット付き サイドポケット付き 小物入れ・サイドポケット付き サイドポケット付き サイドポケット付き サイドポケット付き ポケット付き ー 背面ポケット付き アクセサリーポケット付き 商品リンク•

次の

世界的に超有名なトロンボーン奏者って誰ですか? (トランペットでいうメイ...

トロン ボーン 奏者

トロンボーン トロンボーンは人の声に一番近いとされ、15世紀頃から聖なる楽器として宗教的な音楽(主に教会)で旋律を支える役目として演奏されていました。 トランペットやホルンなどと同じ金管楽器で、唇を振動させることで音を発生させ、マウスピースを通じて楽器本体に伝えていきます。 楽器はその振動音を響かせる拡張器の役割を持っています。 他の楽器のようにキィやピストンを押して音を変えるのではなく、スライドを伸び縮みさせて音程を変えるため、非常に細かいピッチも取ることができます。 ハーモニーを作るのが得意な楽器です。 また、音が途切れることなく連続的に音程を変えられるので、多彩な音楽表現が可能です。 吹奏楽、オーケストラ、ジャズなどあらゆるジャンルで使用される楽器です。 ロータリーなどの複雑な構造を持たないもっともシンプルな形のテナートロンボーン。 テナートロンボーンは一般的にクラシックで多く使用されるテナーバストロンボーンよりも若干、管の太さが細く造られているものが多いです。 細管や中細管と呼ばれますが、管が細いのではっきりした明るいサウンドになりやすく、比較的、楽な息で吹ける傾向になります。 その特徴を活かし、ジャズやバンドのホーンセクションなど、ポピュラー音楽に使用されることが多いです。 細管や中細管よりも管が太い太管のテナートロンボーンも存在します。 こちらはオーケストラの一番奏者向きで、しっかりした息と正しい奏法で吹くと美しく豊かな音が出ますが、技術と体力が必要です。 テナーバストロンボーンは比較的、太い管で造られているものが多く、音も細管のテナートロンボーンよりも太く、柔かい傾向にあります。 そのようなことから、吹奏楽やオーケストラなどのクラシック音楽に使用されることが多いです。 また、迂回管が付いているのでテナートロンボーンでは出せない低音域を奏でられたり、遠くまでスライドを伸ばさずに演奏できるのも特徴です。 最近の吹奏楽部の中高生のほとんどがこのテナーバストロンボーンを使用しています。 現代のバストロンボーンは、大抵2個または1個のロータリーセクションを持ち、そのため遠いポジションまで腕を伸ばさなくても低い音が得られます。 また、バストロンボーン用の深めのカップを持ったマウスピースで吹くことにより、響きも豊かな低音を奏でることができます。 一般的に、2個のロータリーバルブを主管に沿って直列に並べる形態のものをインライン、2個目のロータリーバルブが主管にではなく1個めのバルブから伸びた迂回管に付いたものをオフセットといいます。 1個目のロータリーバルブを使用した際の調性はFになるものが多く 抜差管を長く抜くことによりEに変更できるものもある 、インラインのバストロンボーンに関してはもう1つのロータリーバルブも単独で使用することができます。 インラインとオフセットのどちらを選択するかは考え方の違いはありますが、低音域での演奏の際に使用するスライドポジションや吹奏感の好みで選ばれることが多いです。 インラインはロータリーバルブの使用の有無に関係なく、常に2つのバルブ部分を息が通るのに対し、オフセットは通常時と1個めのロータリーバルブを使用する際は1つのバルブ部分しか息は通らず、そのため開放的な吹奏感、響きを得られるものが多いです。

次の

トロンボーン|楽器/楽譜|山野楽器

トロン ボーン 奏者

起源は15世紀頃までにさかのぼります。 スライドの付いたトランペットを改良したものがはじまりとされており、当初は「サックバット」という名前でした。 トロンボーンは、管楽器の中では唯一古くからの形をそのまま留めている楽器です。 その柔らかく包みこむような響き、厳かな雰囲気をもつ音色は、 「神の声」とも呼ばれ、ルネサンス、そしてバロック時代にかけて、 教会での宗教音楽や、宮廷の儀式等で長く使用されていました。 ドイツでは現在でもその名残を受け、宗教曲を専門とした、トロンボーンのみで編成された楽隊があります。 19世紀にはいると、多くの ロマン派の作曲家たちによって、 交響曲等に効果的に用いられ、荘厳な響きのハーモニーはもちろん、力強く圧倒的なフォルテシモから、静寂な場面でのピアニシモまで、多彩な表現力を発揮する楽器として、オーケストラで活躍するようになります。 オーケストラの中では、主にハーモニーの構成や、ファンファーレのような華やかな場面の演出、また元来宗教色が強かったせいか、曲中の非常に重要な位置でコラール等の大事な役割を与えられることがあります。 20世紀初頭、アメリカでニューオリンズ・ジャズが発祥し、トロンボーンはさらなる可能性を開花させます。 6〜7人編成で即興演奏(アドリブ)を重視したスタイルのディキシーランド・ジャズを経て、1930年代〜40年代、 スウィングジャズが流行します。 トロンボーンは、大人数編成でのビッグバンド・ジャズには欠かせない花形楽器となり、自らもトロンボーン・プレイヤーであった グレン・ミラーは、スウィングジャズ時代にグレン・ミラー・オーケストラを結成し、「イン.ザ.ムード」や「ムーンライト・セレナーデ」等、数多くの名曲を残しました。 1950年以降のモダンジャズ、 ビバップスタイルの台頭により、サックスやトランペットがムーブメントの中心となりますが、同時期を席巻した J. ジョンソン、カーティス・フラー等、スピード感溢れる軽快なアドリブを鳴らすことのできる楽器として進化を遂げます。 その後、1950年代にブラジルで生まれた ボサノバや、中南米のラテン音楽等を取り入れた ラテン・ジャズ、フュージョン、ジャズ・ファンク等、ジャズの発展ともに幅広いジャンルで使用されています。 特にラテン・ジャズやボサノバは、トロンボーンの甘い音色と、魅力の奥深さが全面に発揮される音楽です。 また、東京スカパラダイスオーケストラ等に代表される、 スカのジャンルでも活躍の場があります。 忘れてはならないのが 吹奏楽ですが、吹奏楽の中では、ハーモニーや、ダイナミクス(強弱)のコントロールが重点的に求められ、また主旋律のうしろでリズムを刻む等、裏方的な役割もありながら、トランペットとともに輝かしい音色でバンドに華を添える役割をもった、とても「良いとこ取り」的な存在となっています。 主な金属は、 真鍮(銅と亜鉛の合金)ですが、ベルや抜差し管に用いる部分は、混ぜる金属の割合によって音色の種類を変えています。 基本的に、銅の割合が増えるほど音に柔らかさが増し、温かみのある音色になりますが、コントロールにパワーを必要とします。 管体、抜差し管、スライド管、ベルに用いられます。 明るく、軽やかで輝かしい音色をもっています。 ややオレンジがかった色をしていて、柔らかく力強い音を生みます。 ピンクに近い色で、柔らかく暖かみのある音。 パワーがあり、奥行きのある深い響きを出すことが出来ます。 音色は柔らかく、どっしりとした響きになります。 ほぼ銅100%に近いレッドブラスは「赤ベル」「コパーベル」等と呼ばれることがあります。 呼び方は国によってことなり、銅90%以上のものを「レッドブラス」と呼ぶ場合もあります。 深みのある繊細な音ですが、響き、反応ともに素晴らしく、音色に落ち着きをあたえます。 洋白、洋銀とも言います。 加工性・耐久性に富む金属で、フルートやクラリネットのキイに使われていますが、トロンボーンでは、主にスライド内管の素材に使われています。 外管に用いられる場合もあります。 表面仕上げの種類もさまざまです。 サビや腐食を防ぐため、管体にはラッカー塗装や、マウスピース等にはメッキが施されています。 表面処理によっても、音色に若干影響がでます。 楽器にかかる影響が少ないので、抵抗感が比較的少なく、コントロールしやすいのが特徴です。 ゴールドブラスに似た色になります。 ヤマハのカスタムサックスや、最近ではヤマハの中川英二郎モデルに用いられています。 銀メッキより柔らかく輝かしい音色、豊かな響きになります。 芯のある、明るめな音色です。 ヨーロッパの金管楽器専門メーカーをはじめ、アメリカ、日本、中国等、多くのメーカーでトロンボーンは作られています。 ここでは主に代表的なメーカーを紹介します。 クルトワ 世界的なトロンボーン奏者ミシェル・ベッケ氏が愛用しており、金管楽器ではもっとも古い歴史をもった老舗ブランドです。 パリオペラ座管弦楽団や、オランダのロイヤルコンセルヘボウ、ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場管弦楽団など、欧米の名高いオーケストラプレイヤーからも愛されています。 バック トランペットとの二台巨頭を構えるアメリカの人気メーカーです。 太く、パワフルな響きと、深みのあるその音色は多くの奏者を魅了し、プロアマ問わず愛用者がいます。 また種類豊富なマウスピースも人気です。 コーン アメリカの管楽器メーカーですが、輪郭のはっきりした輝かしい音色は、ヨーロッパの奏者からも支持が厚く、国や地域を越え世界中で人気の高いメーカーです。 現代の名手、クリスチャン・リンドバーグ氏もコーンを愛用しています。 キング アメリカのメーカーで、中でもテナートロンボーンは、ジャズトロンボーンの定番といってようでしょう。 日本のプレイヤーでは、中路英明氏や、片岡雄三氏らも愛用しています。 ハイノートで素晴らしいポテンシャルを発揮してくれます。 XO 株式会社グローバルが研究・開発に携わり、トランペットを中心にそのクオリティの高さによって近年人気の高まっているメーカーです。 トロンボーンはセイヤーバルブを搭載し、数種類のマウスパイプが付属したりと、自分に合った音色を追求できる楽器に仕上がっています。 ヤマハ いわずと知れた日本の管楽器メーカーです。 つくりが均一でバラつきが少なく、音程が良いのが特徴です。 ランクごとに非常に多くの機種が作られているので、ぴったりの楽器を見つけることが出来るでしょう。 基本的に、テナートロンボーンであれば細管、テナーバストロンボーン・バストロンボーンであれば太管が多いです。 テナーバストロンボーンで中細管の楽器の場合は、細管のマウスピースを使用します。 マウスピースだけでなく、楽器にも付けて吹いてみましょう。 通販でご購入の際は、今吹いているマウスピースの品番と、現在感じている吹奏感をお話頂ければ合ったものをお勧めさせて頂きます。 お気軽にご相談下さい。 理想は、ひとつのマウスピースをずっと使い続けて、自分の体を訓練していくことですが、もしかしたら自分のウィークポイントを助けてくれるマウスピースに出会うかもしれません。 どうぞ色々なマウスピースを試してみてください! トロンボーンは大量の息を必要とします。 体に余計な負担をかけない為にも、正しい「呼吸法」を身に付けることが上達への近道です。 1.足は肩幅ほど開き、リラックスして立ちます。 2.左手をおなかの上へ、右手を腰のうしろに当てます。 3.最初に息を吐き出してから、たっぷりと息を吸います。 4.息が体に入っていくと同時に、おなかや腰が膨れるのを意識してください。 5. 吸いきったところで、ゆっくりと息を吐き出します。 おなか、腰のふくらみをキープさせながら、ゆっくりと元に戻していきます。 以上が、基本の呼吸法、いわゆる「 腹式呼吸」です。 重要なポイントは、「息の吐き方」です! たくさん息を吸う事も大事ですが、「肺に入った息を、おなかで支えている」ということを忘れないでください。 ただし、体を緊張させてはいけません。 必要以上に力を入れると、腰を痛めてしまいます。 おなかの筋肉は柔軟にして、風船のように、膨らます、元に戻す、を繰り返します。 よく頂く質問を紹介します。 トロンボーンを始めてみたいのですが、どのメーカー・機種が良いのかよくわかりません。 長く続くか不安のお客様には、ヤマハの「YSL-456」(テナー・バストロンボーン)や、キングの「606CL」(テナー)などをおすすめしています。 低価格ながら、しっかりとした作りで、安心してお使いいただけるモデルです。 この先も長く同じ楽器で、とお考えのお客様には、販売価格20万円以上のものがおすすめです。 管楽器はお手入れが大変そうだけど? A. 基本的には、演奏後、ウォーターキイから水を出し、時間があればスワブを通すなどして、管体の中の水分を取り除き、クロスで指紋などを拭き取ってもらえれば大丈夫です。 詳しくは、をご覧ください。 調整はどのくらいの頻度で出せばいいの? A. 基本的に、一年に一回ほどのペースで点検に出してください。 必要に応じて、ロータリーの調整や、スライド調整、凹み直し等を行います。 体が小さくても吹けますか? A. もちろんです。 プロの奏者でも、体が大きくない方もいますし、女性もいます。 自分に合った楽器を使うこと、体の使い方、筋肉の使い方のコツさえつかんでしまえば、意識しなくても自然に吹けるようになります。 大きくて. 重そうだけど、持ち運びはラクではない? A. 楽器にはハードケースが付属しますが、普段の移動に便利な軽量のパックケースやソフトケースも出ています。 またリュック式のものや、肩にかかる負担を軽くするクッション付ストラップもありますので、お試し頂ければと思います。 練習はどこですればいいの? A. 練習場所は、川原など野外もおすすめしたいところですが(音量が増し、音質も向上します)、時間的にも場所的にも難しいですね。 家の中でも練習したい、という方には、練習用のミュートが最適です。 弊社では、ベストブラスのミュートをおすすめしています。 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-37-13 [TEL] 03-3312-7591 10:00〜18:00 [FAX] 03-3312-7592 は定休日です。 誠に勝手ながら 日曜・月曜・祝日は定休日とさせていただいております。 ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご了承くださいますよう、お願い致します。 代金引換・クレジットカード・銀行振込・郵便振込・オリコ分割・Amazon Payの決済方法からお選びいただけます。 [代金引換]• お買上 1万円以上の場合、手数料無料です。 1万円未満の場合は代引手数料330円がかかります。 商品到着時に 現金にて御支払い下さい(現金指定のシールを貼っております) [銀行前振込・郵便振込]• ご入金確認後の発送です。 (前払い)• 振込手数料はお客様のご負担となります。 郵便振込の場合は、ご入金確認まで3日程お時間がかかります。 [クレジットカード]• 各社の「一括」もしくは「リボ払い」がご利用いただけます。 必ずご本人様名義のクレジットカードをご利用下さい。 カードご利用内容についてお電話等で確認させて頂く場合がございます。 海外発行のクレジットカードはご利用頂けません。 他の決済方法へご変更をお願い致します。 御注文の際に決済が通りましても、後程、他の決済方法へご変更をお願いすることとなります。 何卒ご了承下さい。 [オリコ分割]18才未満ご利用不可• お買上金額が 5万円以上の場合、ご利用いただけます。 3回〜最大72回まで。 ご注文頂いた後、弊社より在庫状況と併せてお申込みURLをご連絡いたします。 お買い上げ 1万円以上送料無料(送料込み商品 海外発送は除く)• お買い上げ1万円未満は 全国一律 680円• 宅配便は 佐川急便・ ヤマト宅急便にて発送いたします。 海外への配送は対応致しておりません。 良品で取り扱い後の商品は、原則として返品できませんのでご了承ください。 当社のミスによる商品間違い・不良品・配送途中の破損自己は責任を持ってすみやかに交換手配させていただきます。 良品で未開封の場合は返品可能ですが、送料はお客様のご負担となります。 楽器は御注文後のキャンセルは基本的にご遠慮いただいております。 新品の楽器を最高の状態でお届けできますよう努めておりますので、何卒ご了承下さい。

次の