次亜塩素酸水 コロナ 経済産業省。 次亜塩素酸水は新型コロナに有効だと確認したが... 政府「吸入しないように注意を」

なぜ「次亜塩素酸水」が問題とされているのか? 三重大・福崎教授に聞く(TOKYO HEADLINE WEB)

次亜塩素酸水 コロナ 経済産業省

新型コロナウイルスの消毒方法の有効性評価で、販売実態や空間噴霧の是非で注目を集める「次亜塩素酸水」。 先日、経産省およびNITEが発表した「『次亜塩素酸水』等の販売実態について(ファクトシート)」が話題です。 何が問題なのでしょうか。 また「次亜塩素酸水」の有効性を維持するための注意点を教えてください。 福崎智司(以下、福崎)「製品安全データシートが添付されないまま配布されている、または液性に関する表示が不十分あるいは貼付されないまま出回ると、同じ次亜塩素酸水という名称だけでは市民が成分も分からず自己判断で使ってしまいます。 消費者が自律した判断で使えるようなデータシートや液性の表示が必要だということを指摘したかったのだと思います。 次亜塩素酸水というのは食品添加物の殺菌料、いわゆる食品衛生法上の名称ですが、水溶液そのものが流通することを前提に置いていません。 容器に充填して配布あるいは販売した時点で食品添加物からは外れていますので、配布や販売を行う際には『食品に適用するものではない』ということを注意喚起しなければいけません。 また、電気分解で生成した次亜塩素酸水にはpHと濃度に規定がありますので、その規定から外れるとこの名称も適切とは言えません。 一方、二液混合で生成した次亜塩素酸水溶液は分類としては雑貨ですので、pHや濃度に規定はなく、食品以外は何に使っても構わないということになります。 次亜塩素酸は酸化作用が強くて反応性が高い反面、濃度の減少が相対的に早く、特に紫外線によって分解が促進される特性があります。 日光が当たらない暗所で低温であれば、次亜塩素酸の効果は長持ちします。 これはエタノールでも同じことで、高温の場所で保管すると、濃度の減少が早まります」 「次亜塩素酸水」と「次亜塩素酸ナトリウム」を混同している消費者も多いです。 福崎「次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムは酸性とアルカリ性の違い、そして濃度が大きく違います。 その理由は、製造方法の違いにあります。 次亜塩素酸ナトリウムは、水酸化ナトリウムという強アルカリ性の溶液の中に塩素ガスを吸収させて生成します。 もともとの母液の水酸化ナトリウムがアルカリ性で、できた溶液は水酸化ナトリウムの中に次亜塩素酸が含まれたものです。 一方で次亜塩素酸水は、電気分解で製造します。 薄い食塩水を隔膜がある電解槽で電気分解すると、陽極側には次亜塩素酸と塩酸が、陰極側には水酸化ナトリウムが生成されます。 陽極側の酸性電解水と陰極側のアルカリ性電解水を混合して、弱酸性電解水を生成します。 さらに隔膜を入れず、塩酸を出発物質にして、電気分解した生成物を微酸性電解水と言います。 各電解水において、一定のpHと濃度の規定範囲にあるものを次亜塩素酸水と呼びます」 同様に「『次亜塩素酸水』の空間噴霧について(ファクトシート)」も話題ですが、「次亜塩素酸水」を噴霧して消毒効果はあるのでしょうか? 福崎「私も研究していますし、欧米の学術論文にも出ていますが、次亜塩素酸水を超音波式で噴霧した微細粒子が微生物やウイルスに接触すれば、必ず除菌効果が出ています。 ただし、水溶液そのものではなく霧状にすることで、対象物に届くまでに濃度が減少します。 私たちはもとの水溶液が、ある一定の距離に到達した時点での濃度を測定しています。 空間噴霧といえば空間全体を消毒するかのようなイメージを持って話をする専門家も多いですが、決してそうではないのです。 実際に空間噴霧を見たことがあると思いますが、上に吹き上げられた微細粒子は次第に落下を始め、やがて目に見えなくなります。 目に見えなくなった微細粒子からは気体状の次亜塩素酸が揮発しています。 気体というと通常は部屋全体に拡散するのですが、実際は次々に上から落下してくる微細粒子に吸着して吸収され、それを繰り返しているうちに濃度勾配ができます。 つまり床に近いほど次亜塩素酸の濃度が高く、私たちの顔の位置、そして天井に近くなるにしたがって低くなります。 空間の微生物を制御する際に、微生物がどこにいるかということを考えてみてください。 微生物は浮遊するよりは何かに吸着したほうが安定するので、浮遊菌より付着菌のほうがはるかに多く、さらに床に近づくにつれ数が多くなるのです。 浮遊している菌は換気をすれば、ある程度希釈されて薄まりますが、換気だけで室外に出ない付着菌や床の菌をどうするか、というのが問題なのです。 空間噴霧の微細粒子は落下して、膝から下に溜まっている菌に作用します。 たとえば汚れた空間で噴霧を行うと、私たちが着座した状態や起立した状態で顔の位置にくる次亜塩素酸はほぼゼロです。 これを長時間続けていて、初めて2~5ppbという薄い濃度になります。 ちなみに作業環境許容濃度というのがあって、1日8時間、週40時間暴露しても人体に影響のない濃度が定められていて、塩素ガス(次亜塩素酸の代替指標)に対しては0. 5ppm(=500ppb)で、このわずか1/100から1/250程度の濃度が顔の付近に漂うので、決して空間全体を消毒するという概念ではありません。 私たちは企業から依頼があれば濃度測定を行い、測定データに基づいた技術指導を行なっています。

次の

次亜塩素酸水、手指消毒も 経産省、一部判断を修正

次亜塩素酸水 コロナ 経済産業省

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、アルコール消毒液不足で、注目を集めた「次亜塩素酸水」。 による要請で、新型コロナウイルスに対する代替消毒方法の有効性評価を実施している「製品評価技術基盤機構(NITE)」は6月26日、限られた条件の下では 次亜塩素酸水が有効だとする最終報告を発表した。 条件としては、 一定濃度以上であり 、少量ではなく、モノの表面を十分な量で「ヒタヒタに濡らせば」有効だという。 次亜塩素酸水は、次亜塩素酸ナトリウムや消毒用アルコールと比べて高額で売られているが、アルコールのように「少量をかけるだけでは効かない」という。 また、人がいる空間での空間噴霧については注意を呼びかけ、「人が吸入しないように注意してください」「対策には消毒剤の空間噴霧ではなく、換気が有効」との指針を示した。 今回、次亜塩素酸水は「有効塩素濃度35ppm以上」であれば、新型コロナウイルスに有効だと発表された。 拭き掃除には、「有効塩素濃度80ppm以上」のものを使うように示し、次の使用方法が適切だとした。 ・皮脂汚れなど目に見える汚れをしっかり取り除いて、使うこと ・十分な量の次亜塩素酸水で物品の表面をヒタヒタに濡らすこと(アルコールのように少量をかけるだけでは効かない) ・20秒以上時間を置いてから、綺麗な布やペーパーで拭き取ること そして、安全のため、「濃度が高いものを使う場合、直接手をふれず、 ゴム手袋などを着用してください」と注意喚起したうえで、こうも結論づけた。 ・人が吸入しないように注意。 人がいる場所で空間噴霧すると吸入する恐れがある。 ・空気中の浮遊ウイルスの対策には、消毒剤の空間噴霧ではなく、換気が有効。 ・塩素に過敏な人は、物品の消毒であっても使用を控えるべき。 「有効塩素濃度35ppm以上」で良いのは、次亜塩素酸水をどばどばと20秒以上、かけ流して使用する場合だ。 「安全性への懸念から推奨していない」 一方、手指の消毒にあたっては、「石けんやハンドソープを使った丁寧な手洗いを行うことで、十分にウイルスを除去できる。 さらに消毒剤等を使用する必要はない」とこれまでと変わらない主張をした。 経産省、厚生労働省、消費者庁合同のブリーフィングにおいて、政府の検討会の委員長を務める松本哲哉・国際医療福祉大学教授は、次亜塩素酸水を優先して使う必要はないとの見解を述べた。 「(石鹸や洗剤などに含まれる)界面活性剤が、検討会で有効だと示されているので、それを用いて汚れを取り除けば、それ自体で十分な効果を期待できる。 なので、次亜塩素酸水を使ってもいいと思いますが、無理に使う必要はないし、優先的に使う必要はない」 「有人空間に噴霧するのは、安全性への懸念から推奨していない」 噴霧が推奨されないのは、先述の通り、今回の検証はあくまで物品の消毒方法としての有効性であり、 手指の消毒に使ったり、 空中に噴霧したりした場合の有効性、安全性は評価の対象外だったからだ。 安全性や有効性が確認されていないものを、空間噴霧によって人が吸入してはいけないというのだ。

次の

「次亜塩素酸水 一定濃度以上 十分な量使用で効果」経産省など

次亜塩素酸水 コロナ 経済産業省

次亜塩素酸水のウイルス感染予防効果は? 次亜塩素酸水は新型コロナウイルスの感染予防に効果はあるのか? まず、新型コロナウイルスの感染予防効果に関しては、現段階で確認できないので、「効果がある」とは言えない。 新型コロナウイルスの感染予防効果に関しては、次亜塩素酸水に限らず、新型コロナウイルスの感染予防対策グッズ全般に同じことが言える。 これに関しては、首掛けタイプのウイルスブロッカーに関する記事で言及しているので、興味のある方はご参照ください。 一般的なウイルスに対して効果が確認できていれば、新型コロナウイルスに対して効果を発揮できる可能性が期待できる。 厚生労働省の見解 厚生労働省(=政府と言えるだろう)は、の中で、次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの抗菌・抗ウイルス活性の比較表を掲載している。 資料が古い為か、コロナウイルスに関する記述はないが、 ノロウイルス、ヘルペスウイルス、インフルエンザウイルスに対して、抗ウイルス活性をあり(二重丸)としている。 経済産業省の見解 経済産業省では、新型コロナウイルスに有効な可能性がある消毒方法として以下を選定した。 次亜塩素酸水(有効塩素濃度 10~80ppm)は、各種の病原細菌やウイルスに対して高い殺菌活性や不活化活性を示します。 新型コロナウイルスを含めてコロナウイルスは、インフルエンザウイルスと同じくエンベロープをもつ粒子構造をもっています(図 2)。 したがって、次亜塩素酸水は新型コロナウイルスに対しても有効性を示すと推察できます。 前述の厚生労働省のの内容を新型コロナウイルスに特化してまとめているだけだ。 しかし、以下の文章には、ハッとした。 酸性電解水(次亜塩素酸水)は、ヒトや動物に感染する様々なウイルスに殺ウイルス効果を発揮します。 特に、 ウイルス粒子にエンベロープを有しているインフルエンザウイルスには効果が優れているので、同じようなエンベロープを有しているコロナウイルスにも効果があることが考えられます。 では、次亜塩素酸水はコロナウイルスの感染予防に効果は期待できるのか? 厚生労働省に関しては、古い資料にインフルエンザウイルスに効果があることを明言している。 あくまでも可能性の話だが、期待度は大である。

次の